花鳥にゃん月

カメラにはまり、心に入り込んだものを写して遊んでます。
日常のどこにでもある風景・・・

ヤマモモ と エキナセア 

2017年06月28日 | 日々雑感

近所の ヤマモモの木に たくさん実が付いています

誰も取らないので 木の下は赤黒く汚れています

欲しいなと思うのですが 取っていいものかどうかの判断がつきません

公園だったり 団地内に植えられたものや 街路樹にも・・・

大阪には イチョウの木が多く 落ちてる実を拾う人もいます

でも ヤマモモは 木から直接取らないといけないので 迷います

 一般的に どうなんでしょうね??



熟れる過程で いろんな色になるので 見るだけでも楽しい


       


最近よく見るようになった花 エキナセア


よく目立つ 独特のフォルム

面白ですね~

 

真上から

 

 

黄色い部分に 小さな花でも咲いてるのかと思いましたが

花粉のようです

 

よく知りませんでしたが ハーブとして利用されてるんですね

 

北米のネイティブインディアンが風邪などの予防に使っていたそうで

根っこに 免疫機能を高める成分が含まれているようです

根っこじゃない部分は 乾燥させてハーブティとしても使えるようですが

種類もいろいろあるようですので 調べてから使う方がいいでしょうね

コメント (2)

歯医者とにゃんこ

2017年06月27日 | 日々雑感

今日は 親知らずを 抜いてきました

1時間もかかって 先生は やっとこさで抜いてくれました


20年ほど前に抜いた時は 2時間ほどかかりました


というのも

私の歯は 持ち主によく似て 根っこが曲がっています

先日は 違う歯の 治療も してもらったのですが

その歯の根っこも曲がっていたのです


先生の四苦八苦される様子に 頭が下がります

時々 大丈夫ですかと 声をかけてくださいますが

先生の方が大変なのに・・・って 思いました

それでも 無事終わって ホッとしています


麻酔が切れたら痛みますからと 痛み止めをいただきましたが

6時間ほど経ちましたが まだ ちっとも痛くありません

この後 寝てる時に痛んできたら・・・まあいいか 明日は休みだし



今日は歯医者さんの近くで見つけた にゃんこ


自転車置き場の屋根で 毛づくろい中

カメラを向けたら ギロリ!


アップにしたら もっと怖い!


知らん顔して 通り過ぎ お尻の方から振り返ったら

やっぱり にらんでた


この子も この辺でよく見かける子


よその猫ばかりだと くぅちゃんに申し訳ないので

うちの くぅ

今までは 玄関から 全く出したことはないのですが

最近 玄関ドアを開けると ちょっとだけ 出て来ます

そして のびをします


でも これ以上はダメ!

コメント

蓮池で 遊んできました

2017年06月26日 | 長居公園

 

長居の植物園案内を 途中で抜け出し 園内をうろうろ

蓮池では 花はもう少し先になりそうでしたが 

葉っぱと水面が ちょっと面白そう

遊んでみました








 

コメント

長居植物園案内 6月

2017年06月25日 | 長居公園

6月の植物園案内は 昆虫が中心でした

子どもって ほんとに虫が好きなんですね

虫好きの ちびっ子たちが たくさん参加していました

 

まずは クスノキの話から

今頃 よく見かける アオスジアゲハ(右下の蝶)↓

クスノキの葉を食べて 幼虫は育ちます

 

そして 今回教えてもらったのは 上の葉に付いた 黒い点々の犯人

クスベニヒラタカスミカメムシです

 

去年の夏に 公園のクスノキが たくさん葉を落とし 枯れるのではとの心配もあったとか

ところが どうも犯人は このカスミカメムシの大発生が 原因だったようです

今まではいなかった虫ですが ここ数年で 近畿から どんどん広がっていっているらしい

 

今のところ 大発生しているものの 葉を落とすだけで 他の害は見つかっていないので

駆除とかは 考えていないとの事

葉はおちても 新しい葉が 出てきてるので 今後の様子見というところのようです


虫ではありませんが たまたま発生しているのでと 見せてくれたのは

粘菌の仲間で 変形体の ハイイロクロホコリ

芝生の中に生えたクローバーの葉に たくさんくっついていました

一見 葉の周りに 霜が付いたように見えたのですが

カメラの顕微鏡機能で 写してみてびっくり…気持ち悪いです

最近降った雨で 急に発生したようです


そばに 咲いていた ネジバナ

 

 

次は コクチナシに 卵を産み付ける オオスカシバ

ときどき見かける蛾の仲間ですが 見た目は大きな蜂のようです

残念ながら 今回は見つからず

写真は コクチナシの花と オオスカシバの卵

 

ハーブ園でも いろいろ昆虫を捕まえては 説明をされていましたが

ちびっ子が多いので おばさんたちの方まで サンプルが回ってきません

ちょっと おばさんとしては 退屈

 

次は 折角ジャカランダが たくさん咲いているので・・・と

花は 筒のような形

落ちている花を拾い 中を見ると 4本のオシベと 1本のメシベのように見えます

ところが 花は散ってもメシベは残って 実をつけるものだとの説明

なるほど・・・じゃあ これは何? となると オシベの変化したものでしょうね

そこで 木に付いた花を割いてみると 中に 1本(矢印)メシベがありました

 

この後も 説明は続いていましたが 虫はもういいかなと 帰ることにしました

どうも 虫はあまり興味を そそられません

でも 子供たちは とてもよく知っていて いろいろつかまえてきては 質問していました

コメント

ケムリノキ スモークツリー

2017年06月24日 | 植物 花

ケムリノキ とか スモークツリーとか 呼ばれています

 

近所で ピンクと白を 見かけます

長居植物園でも 見かけますが 学芸員さん曰く これは花じゃありません!

植物園の 開花情報で紹介されていることに 抵抗を感じるらしく

リストから 外すよう言いました・・・と

とは言え 花より 確かにこの姿の方が 目立ちます

 

花はこんな感じ

 

そして 花が どんどん伸びて 煙のような状態になっていきます

伸びたところに 毛のようなものが見えますか?

 

これがどんどん伸びて 煙のように見えるのです

時々 この毛の先っちょに 種のようなものができるのを 見ることがあります

その写真がありましたので 追加しておきます

コメント (4)

ちっちゃな ちっちゃな 花

2017年06月23日 | 植物 花

よく似た 花です

毎年見つけては どっちかな??と いつも迷います


まず キキョウソウから


そして ヒナキキョウソウ


特徴としては キキョウソウは 1本に数個の花が咲きますが

ヒナキキョウソウは てっぺんに 1個だけ花が付きます


偶然 隣り合って咲いているの見つけました

左が ヒナキキョウソウ 右がキキョウソウ

キキョウソウは ダンダンキキョウとも 呼ばれています

段々に 花が付くからでしょうね


もう一つ よく似た花に ヒナギキョウがありますが 今年は見つけられなかったな・・


花だけじゃなく 名前までよく似ていて こんがらがってしまいます


ちょっと 違いますが これも小さな花です

ミゾカクシ


形が面白いですよね

コメント

梅雨らしくなって アジサイも映えます

2017年06月22日 | 植物 花

梅雨かと思いきや 梅雨らしい天候になりました

は 鬱陶しくて 好きではないのですが やはりこの季節 雨が降らないといけません

美味しいお米を 思いっきり 食べたいですからね~

とは言え 昨今よく聞く 糖質ダイエットを考えると 思いっきりご飯が食べれません

この年になると たまった脂肪は 容易く減ってはくれませんし・・・辛いところです



ボヤキは さておき やはり梅雨に似合うのは アジサイ

昨日の大雨で 今朝はイキイキしてるように 見えました


         ガクアジサイ 


     斑入りもありました


      カシワバアジサイ 


      隅田の花火 


アジサイの場合 花のように見えるのは 花じゃなく ほんとの花は こっち


      ダンスパーティ    かわいいので大好き


       アナベル 


    長居植物園も 見ごろですよ~

コメント

長居植物園講座 6月

2017年06月18日 | 長居公園

6月ですので そろそろかな~と ジャカランダの木のある場所へ

咲いていました  


では 6月の講座へ

やっとなじみの植物の名が 出て来ました

毎回 講座が終わると アンケート用紙が配られます

そこに 質問とか意見を書くと 次の時に回答だったり 説明をしてもらえます

その時 聞いた内容ですが

被子植物の実は 果実と言い  裸子植物の実は 種子と言うそうです

分かっていそうで 分かっていなかったんですよ 私・・・


講義が終わり 園内散策

やはり 実物を見ながらの 話しの方が 分かりやすくていいですね


イナゴマメに 実ができていました

幹から 直接実が付いてるのが 面白い


カツラにも 実が付いていました

バナナみたい


アジサイが だいぶ咲いてきていたので アジサイ園へ

普通の人は 派手なアジサイがたくさん咲く方へ行くのですが

先生は 逆のアジサイ園へ

花が少なく 目立たないので 私もほとんど行かなかった場所


イワガラミ・・・ここに あるとは知らなかったな


アマチャ


アマギアマチャ


アジサイの仲間でも ひっそりと咲いていたので 気づかなかったです


先生は 僕 これが大好きなんです・・と 紹介してくれました

ついつい賑やかな方ばかりに 気を取られていたんですね

ちなみに アマチャは お茶にして飲んでたそうです

甘いそうですよ 


次は ちょっと 気を付けたい話


シキミの実

この実が もっと熟すと 裂け目の部分が割れて 

香辛料でよく見るハッカクとそっくりになります

同じ仲間なので よく似ているのですが

注意しないと シキミの実は 死亡するほどの毒です

 

もう一つ キョウチクトウ

この花もよく見ますが これも毒があり 危険な植物です

なんで 公園や学校の周りに植えてるのか 分かりません!

本来なら 植えるべきではない と 先生

花 葉 木や枝 根っこ それに植えられている地面にまで

 毒が広がるそうです

間違っても 枝を取って 箸代わりに使ったりしないでね

 


最後に ハスのはなし

今年の冬に 蓮を根元から 刈り取ってしまいました

そう言えば いつもなら枯れ葉が浮いてるのに 珍しく何もない池でした

今では 新しい葉が どんどん出てきています

奥の方は 深いので見えませんが もう少ししたら伸びてくるそうです

 途中で腐ってしまう恐れもあったらしく 葉が出てきて ホッとされたようです

蕾も 付いていました


7月に入ると 早朝開園が行われ 7時半から 入れますよ~

コメント (2)

長居植物園講座 5月

2017年06月17日 | 日々雑感

5月の講座の時は シャクヤクが満開でした


講義の内容は 属ごとに 種類の数や特徴と

世界的な分布と 日本には何種類あるかなどが 説明されます

資料の表紙に 黄色の花がスタンプされているのがわかりますか?

この花が 今 園内で咲いていると 講義後の散策で 教えていただきました

エゾキスゲ


講義の最初は 前回の復習もかねて 質問が出されました


園内散策では バラ園へ

この講義の先生は バラにメチャクチャ詳しい方でした

詳しすぎて ほとんど記憶に残りません

一つだけ 残ったのは

日本に原生しているバラは ノイバラだけということ


大きなカロリナポプラの樹下は 真っ白

綿毛が すごいです

 

カラタネオガタマ

モクレンの仲間ですので 先日のタイサンボクと 似ています

大きさは雲泥の差ですが・・・

 

サワグルミの実

 

よく似ていますが ちょっと違う アカシデの実

 

ヤマボウシ

 

やっと 5月分が済みました

次は 6月分

コメント (2)

長居植物園講座 4月

2017年06月16日 | 長居公園

実は この春から 長居植物園で開かれている講座を受けています

えっ? 今まででも 行ってたんじゃ・・って?


今まで参加していたのは 長居植物園の中にある

大阪市立自然史博物館の 学芸員さんが行ってる 植物園案内

今回は 植物園の職員による 講座

2時間の内 1時間は室内で 分類学の講義

残りの時間は 園内散策


植物の基礎を 教えてもらえるかと思いきや 分類学の 勉強でした

ですので専門用語が ポンポン出てくる説明に 頭がついて行きません

ブログ書こうにも 何をどこまで書いていいのか まとまらず

ついつい 今まで 書けないまま来てしまいました


でも 折角行っているのに このまま ボツにするのもな~・・

ということで 雰囲気だけ 4月に戻って アップすることにしました


**********************************************

毎回 資料は たくさん配られます


初回だけ 分類表が付いていました

これは 今回の講師の先生が 作られたもので

日本語版は これしか無い! と強調されていました

というのも 資料を探したけど 見つからなかったそうです


APGⅣによる被子植物系統樹


最近は 植物の分類が 大きく変わってきています

今までは 見た目で分類されてきていましたが

最近は 遺伝子情報から分類されるようになってきています

古い情報と新しい情報が 入り混じった状態ですので

どれが正しいのか 迷うことも度々


上記のタイトルに 被子植物と書かれていますが

遺伝子情報で 分類されているのが 被子植物だけだからです

それも今のところ すべての植物を調べきれていないので

これからも 変化していくだろうとの話でした


いろいろ話はたくさん聞きましたが ど素人の私には 

頭の中を ぐるぐる回るだけで ぜんぜんインプットされませんでした

 

もう少しゆっくり 進めませんかと聞いたら

一年間の講義の予定・資料等 作成済みなので 今更無理

分からない事や 聞きたいことがあれば 講義後個人的に聞きに来てください

いくらでも説明しますよ といわれました


珍しい植物が 長居にもあります・・・といって 見せてくれたのが

Welwitschia mirabilis(奇想天外)

葉は 一対の2枚のみ


後半の園内散策

ちょうど四月 花見で大賑わいの中 歩きました


ソメイヨシノは オオシマザクラエゾヒガンが交配してできたと

言われてきたが 実際に 交配してたら アマギヨシノになった

ですので この2種以外に山桜が入ってる可能性があるとの事でした


ちなみに 今年エゾヒガンを植えたばかりなので・・・と見せてくれた

まだ木が若く  花は チラホラでした


タイサンボクが 咲き始めていた時でした

モクレン類は かなり古い植物の仲間

特徴は 花弁や蕊が らせん状ん並んでいるところ



講義とは 関係ないのですが ちょうど咲いていたのでと紹介

キクカチャ


キンカチャ

 

次は 5月分です

コメント (2)