花鳥にゃん月

カメラにはまり、心に入り込んだものを写して遊んでます。
日常のどこにでもある風景・・・

和歌山電鐵~紀州鉄道

2016年03月31日 | 日々雑感

別に 鉄道が好きなわけでもないのですが

今回は ちょっとした鉄道旅をしてみました

 

 というのも 初めて 「青春18きっぷ」を購入

5枚で1セットなので 

娘との西国巡りで 4枚を使うと 1枚残り

その 1枚を使うために いろいろ考えて

ニタマちゃんに会いに行き 紀州鉄道にも乗る計画を立てました

大阪から和歌山 和歌山駅から和歌山電鐡に乗り換えます

和歌山電鐵は18きっぷが使えないので 1日乗車券を購入

まっすぐ ニタマちゃんのいる貴志駅へ

そして 帰りは 途中下車して

西山口から 大池遊園までの一駅を歩くことに

西山口の駅のホームと 途中出会った可愛い「おもちゃ電車」

子どもたちに 大人気のようです

 

田畑の間を のんびり気分で 歩きました

レンゲやヒメオドリコソウをはじめ いろんな草花がいっぱい

あっという間に 大池遊園駅についたので

ついでに 近くにある「大池遊園」にも行ってみた

 

池の周りには 桜の木も多く 

あと数日すれば 満開で ここも賑わうだろうな~

 

ムラサキサギゴケが びっしり

 

鳥も あちこちでさえずり 賑やかでした

シジュウカラ ウグイス ジョウビタキの姿も

ホオジロも いい声で鳴いていました

そして 先日会えなかった イソヒヨドリのオスにも 

何ヶ所かで出会いました

イソヒヨドリの声も 今回初めて じっくり聞きました

御池遊園駅

のんびりしすぎたので 慌てて帰りの電車に

次は 和歌山から 御坊へ

御坊駅の端っこにあるのが 0(ゼロ)番ホーム

そこから 紀州鉄道に乗ります

終点まで4駅 2.7㎞の 短い鉄道です

日本一短いと聞いたのですが

調べると 日本一じゃなくなったようですね

 

終点の 西御坊駅 

ここで終点なのですが 線路は続いていて

川で 切り離されていますが その先にも線路は伸びていました

 

この川にいた コサギ

電車は次の発車時間まで 30分ほどあり

それまで 町をぶらぶら・・・

喫茶店で珈琲でもと思いましたが見つからず

諦めて駅へ

 

御坊まで戻り そのまま帰路へ

ちょっと 疲れましたが 目的もあまりなく

ぼーっと 電車に乗るのも たまにはいいかも

コメント (2)

タマ駅長に 会いに

2016年03月30日 | 日々雑感

2代目 タマ駅長 ”ニタマ”ちゃんに

会いに行ってきました

和歌山駅に着いて 和歌山電鐵(株)に乗り換えます

 

到着ホームから 和歌山電鉄のホームまでの壁面に

書かれた猫たちが 案内してくれてるみたいです

 

ホームに着くと 電車が待っていてくれました

電車に乗って 30分ほどで タマ駅長のいる貴志駅に到着

 

ホームから見た駅内

 

早速 タマちゃんのいるところへ

 

寝てます

 

係りの方が ちょっかいを出して 時々遊んでるみたい

ネコパンチ いっぱい出していました

 

駅舎を外から見ると・・・

猫でした

 

駅舎には お店があります

グッズを売っていたり 軽い食事もできます

その建物の 天井の上の方に 隠れネコがいます

探してみるのも 面白いですよ

 

駅のホームには 大きな桜の木と 小さな社

そして 亡くなった先代タマちゃんのお墓?

あと一週間くらい遅かったら 桜が綺麗だったでしょうね

コメント (6)

ヒメウズ

2016年03月28日 | 植物 花

ヒメウズ

キンポウゲ科ヒメウズ属

 

とても小さくて 目立たない花です

可憐で 好きな花です

コメント (4)

やっと カンムリカイツブリに出会えました

2016年03月27日 | バードウォッチング

今日は いつもの鳥見のメンバーと 矢倉海岸へ

矢倉海岸は 今回初めての場所

淀川と 神崎川が合流して 大阪湾にそそぐ場所です

 

今回もいろいろ見ましたが 

私の中では なんといっても カンムリカイツブリ

夏羽に変わっているものもいて とてもきれいでした

 

今日は どこに行っても ツグミ ツグミ

せっかくなので オスと メスの見分け方を教わりました

左に比べて 右は黒っぽいでしょ

黒っぽいのがオスで メスは色が薄く茶色っぽい感じです

下の写真では 光の具合もありますが

実際見てみると ほんとにツグミかと思うほど

オスは 黒くて かっこよく見えました

 

イソヒヨドリのメス

目の前にいたのに 気づかないくらい 岩に同化していました

 

カモメ

手前を横切るように飛んでる鳥は ツグミ

 

岩の上に イソシギ

 

ジョウビタキのオス

メスもいたのですが 撮り損ねました

 

オオシマザクラかな??

メジロが たくさんいたのに こんな写真しか撮れませんでした

 

電線止まりの カワラヒワ

相変わらずの 証拠写真ばかりで 恥ずかしい限りです

 

お仲間さんを撮る先生を 撮ってみました

 

魚をくわえた ミサゴが飛んでいくのも 見れました

初めて行きましたが いい場所です

カモやシギ・チドリなどが多い 寒い時期に また来たいものです

 

今回見た鳥

ツグミ シロハラ ムクドリ ヒヨドリ メジロ シジュウカラ ジョウビタキ

カワラヒワ ウグイス アオジ ハクセキレイ オオバン カルガモ 

ヒドリガモ カンムリカイツブリ キンクロハジロ ユリカモメ カモメ

イソヒヨドリ ダイサギ コサギ アオサギ イソシギ カワウ キジバト 

トビ ミサゴ スズメ カワラバト ハシボソガラス ハシブトガラス 

以上 31種

コメント (6)

長居植物園案内 3月

2016年03月26日 | 長居公園

今月も 長居植物園での観察会に 参加

 

クスノキ

同じ場所に生えてる クスノキですが

上と下の枝 違う木かと思うほど 葉の付きが違います

常緑樹とはいえ 葉の寿命は 一年くらい

ですので それぞれのタイミングで 古い葉から新しい葉へ

入れ替わっているそうです

 

トネリコ

ちょうど花の時期

これは 雄花の花序

ひとつの冬芽の中に 葉と 茎と 花序8個くらいが

詰まっているようです

 

キンカチャ

葉っぱも お茶の葉に似ていますが 

ツバキの仲間です

 

同じくツバキの仲間ですが

 葉も花も もっと小さくて 目立たないのが

キクカチャ

 

シキミ

これもちょっと 目立ちにくい花でした

シキミは 毒があるので 気を付けた方がいいようですよ

 

毒があるため 動物も食べない

なので シキミの実は ぎゅーっと縮んで

自分で 種を飛ばすらしい

 

オオシマザクラ

桜はいろんな種類が有り 識別も 難しいです

見分け方のコツ

葉と花が一緒に出るか出ないか

葉やガクに毛があるかないか

などを調べて見分ける参考にするそうですが

大変そうですね

 

オオカンザクラ(大寒桜)

 

モチノキ

雌雄が 別々の木に分かれています

左は雄花 右は雌花

雄花の木は たくさん花が咲いていましたが

雌花の木には あまり花は咲いていませんでした

蕾が少しあっただけ

だいたいは 雄花の後に雌花が咲くものだそうです

ただ モチノキは 性転換するそうです

まだ 木の研究はあまり進んでいないので

今後研究が進むと 性転換する木の種類が 増えていくだろう

とのお話でした

 

サンシュユ

遠目には 花がたくさん咲いているように見えましたが

ほとんど花は終わっていました

花後の蕊が残った姿です

小さい粒々 一つ一つが 花ですので

ひとつづつが実になります

赤い実がたくさん付いた姿も 可愛いですよね

 

クヌギか? アベマキか?

これらは良く似ているので 見分けが難しいのですが

今の時期は 一番見分けやすいそうです

左 クヌギ 雄花の花序がたくさん垂れ下がった姿

右 アベマキ 葉とは長一緒に出てくるので 葉が目立つ

 

毎度のことですが 聞けば聞くほど 

頭の中が こんがらがって 余計分からなくなってしまう

でも 聞いた時は 分かったような気になる

 

何度も何度も 聞いてるうちに 少しづつですが

身についてる気はします

 

今回も たくさんの方が 参加していました

コメント (2)

たまには スズメ もね 

2016年03月25日 | バードウォッチング

一時期 スズメの姿を あまり見かけないことがありました

でも また増えてきてるような気がします

最近は 何十羽もの群れを 見ることも増えてきました

 

ヒヨドリは 毎日のように見ているのですが

ほとんど カメラは向けません

でも 嫌いな訳じゃないですよ

 

この子は 一羽のヒヨドリから しつこく追いかけられていて

他のヒヨドリに 助けられて やっと枝に止まってホッとしているところ

怪我してないかと アップで撮ってみましたが

大丈夫なようでした

 

普通のハト  以前は 野鳥じゃないので 観察中に見ても 無視

でも 最近は カワラバトとして 数に入れることもあるそうです

 

このハト オスメスの 区別つきますか?

私 分かるんです

左が オス  右が メス

なぜって 今の時期 やたらと オスがメスを 追いかけてるでしょ

だから 追いかけられてる方がメスで 追いかけてるのがオス

 

これ ある方が 自慢げに 教えて下さった 見分け方

ただし この時期しか 通用しない方法ですけどね(笑)

 

          おまけ          

 

これは鳥仲間の方に頂いた 写真です

ユキホオジロ っていうそうです

かわいいでしょう

あまり可愛いので お願いして 頂きました

コメント (6)

紅 と 白

2016年03月24日 | 植物 花

ソメイヨシノの開花宣言が ちらほら聞こえてきましたね

その前に 今 真っ赤に染まってる木があります

 

カンヒザクラ(寒緋桜)です

もとは「ヒカンザクラ」と呼ばれていたのですが

違う桜で 「ヒガンザクラ(彼岸桜)」があり

混同を避けるために カンヒザクラと呼ぶようになったとか

 

遠くから見ると・・・

真っ赤ですね~

 

まだ 咲いてないのかと 思いがちですが

これで 目いっぱい咲いた姿です

ちょっとすぼみ加減で 咲く姿は 特徴的です

 

そして白いのは コブシです

ハクモクレンと 良く勘違いされますね

 

 

今日の北風で 花びらもたくさん散って

もう終わりのようでした

 

コメント (2)

長居植物園も 賑やかになってきました

2016年03月23日 | 長居公園

少し前ですが お天気のいい日の 長居植物園

 

珍しい花が ありました

一度見たいと 思っていた シラネアオイ

『早春の草花展』の 温室の中で咲いていました

やっと見ることが出来ました

 

ツバキ類が 満開でした

不思議な椿 発見

名札を探したのですが 見つかりません

何というツバキでしょうね??

 

追記: carino3さんより ”卜伴(ボクハン)”という椿だと

教えていただきました

 

ギンヨウアカシア(ミモザ)も 満開ですね

 

ラベンダーも咲きはじめてる

 

レンギョウは やっと 数個

 

菜の花かと思いきや 

「 茎ブロッコリー スティックセニョール 」

という名札が ついていました

 

ロードレイヤ

いつ見ても 華やかな 花です

 

猫も 日向ぼっこです

コメント (8)

ユスラウメ

2016年03月22日 | ベランダの花

わが家のベランダで

ユスラウメの花が 満開です

 

 

花はたくさん咲いたけど 実はいくつできるかな~

コメント (6)

巨椋干拓で 鳥見

2016年03月21日 | バードウォッチング

巨椋干拓地に 鳥見に行ってきました

やはり 鳥は少なかったです

 

鳥を探して 歩いていると 

とても驚く光景に 出会いました

それは つくしの群生

行く先々で たっくさんのつくしが あっちにもこっちにも

 

この道 いっぱいに枯草みたいに見えるのは 全部つくし

すごいですね ~ 

 

小さな草花もいっぱい

ホトケノザ オオイヌノフグリ ヒメオドリコソウ

ナノハナ カラスノエンドウ タネツケバナ

オランダミミナグサ  キュウリグサ などなど

 

そして 畑のあちこちで見かけたのが 大根

大きな大根が 収穫されないまま 置かれて

花まで 咲いていました

何か意味があるのかな~??

 

 

鳥はというと ツグミは たくさん見ました

 

ヒバリ

土の色と ほぼ一緒なので 見つけにくいです

 

ケリも  見つけにくかったですね

 

トビ

獲物を見つけたのか 畑に降りてきました

 

セグロセキレイのつもりで 写したのですが

もしかしたら ハクセキレイかも??

どっちかな~??

 

モズも かろうじてゲット…見納めかな~

 

カワセミは 飛ぶところだけ 2度

キセキレイ ジョウビタキ チョウゲンボウ ミヤマガラス

コサギ アオサギ  など・・

小倉駅のそばで 美味し~いお蕎麦を食べて 帰ってきました

コメント (8)