花鳥にゃん月

カメラにはまり、心に入り込んだものを写して遊んでます。
日常のどこにでもある風景・・・

ヤマセミに 会いに

2014年06月30日 | バードウォッチング

ヤマセミを見に 行きました~

今回は 運よく 到着してすぐ飛んできました

でも 少し居ただけで どこかへ・・・

 

しばらくすると また別のヤマセミが飛んで来て

しばらくの間 近くで 漁をしてくれたので

しっかり見る事が出来ました

 

羽根の手入れ 頭の毛もふわふわ

 

正面は 絵になりません

 

これこれ やはり ヤマセミは横を向いてくれないとね~

 

ちょっと斜め上も 

 

はい 逆の横顔も 

 

もっと しっかり横向きで・・ これぞ ヤマセミ 

 

あっ 魚見つけたかな

 

川に飛び込みましたが…残念でした

何回か飛び込んだのですが

私のカメラと腕では その姿をとらえるのは 至難の業 

まぁ 止まってる姿でも 写せたので 満足満足 

 

今回はヤマセミ目的の 鳥見でしたので

この後 お昼を食べて 早々に帰りました

 

 今回 観察した鳥 

ヤマセミ  ホオジロ(あちこちで いい声で囀っていました)

差し歯じゃなくてサシバ(数羽 空高く気持ち良さそうに舞っていました)

カワウ  カワセミ(私は見損ねてチョット残念) 

アオサギ(たくさん見ましたが 目の前をゆっくりと舞う姿は素敵でした

トビ イワツバメ ウグイス ヒヨドリ ヤマガラ カワラヒワ など

コメント (10)

サンゴシトウ

2014年06月28日 | 植物 花

サンゴシトウ

マメ科 デイゴ属

 

真っ赤な花が 目立ちます

この花は 長い間咲いています

今頃6月から咲き始め 11月頃まで花が絶えません

でも やはり 咲き始めの今頃が一番きれいです

 

サンゴシトウ 別名 ヒシバデイゴと言います

葉の形が ひし形をしています

 

ついでに そばに咲いていた

アメリカオニアザミ

 

トゲトゲが とても痛そうで 近寄りがたい花です

最近 よく見かけます。

コメント (4)

ツルニンジン ウコン ・・・ 月桃餅 

2014年06月26日 | ハーブ

『身近な薬草の会』に参加して 今回2度目

前回は あまりに難しすぎて どう説明しようかと

悩んでるうちに時間が過ぎ ここでの紹介は断念しました

 

もっと 簡単なお話だと思いきや めちゃ専門的!

前回は ツルニンジン ウコンなどを勉強

あまりに 先生 詳しく説明してくださるので 時間が足りず

途中で終わり 今回はその続きから

 ウコンというのは よく知られていますが

秋ウコン 春ウコン ガジュツ があり

使う部分や 塊か粉か・・などによっても呼び名が変わる

それも 日本と中国でも それぞれが違うという話

下の表 見てもわかりませんが 聞いてもよくわかりませんでした

結局 ウコンといっても 様々あるんだなということだけを理解

秋ウコンと春ウコンの色の違いを実物で

一応聞きながらメモしましたが いまだによくわかりません

下は ウコンの花の特徴の説明

ウコンの成分クルクミンは そのままだと大きいので吸収しにくい

そのため ナノ化する

最近よく聞く ”ナノ”化の仕組みまで 教えていただきました

おまけに クルクミンがもつ抗うつ効果の

実験と結果の説明まで

専門用語がどんどん出てきて 頭がついていきません

でも なんとなくわかったような気がするのは 

先生の説明の努力の賜物・・・でしょう

 

難しい話ばかりでは ありません

今回は 月桃餅(げっとうもち)に挑戦

 

もち米 と 粉黒糖 と 水を 混ぜ合わせて 生地を作ります

それをゲットウの葉でくるみます

 

蒸し器で30分ほど蒸して出来上がり

同時に やかんでトチュウ茶も作りました

 

みんなで試食 

美味しくいただきました  

コメント (4)

ジャカランダ

2014年06月24日 | 植物 花

ジャカランダ

ノウゼンカズラ科の 落葉高木

世界三大花木の一つ。

カエンボク(火炎木)、ホウオウボク(鳳凰木)、ジャカランダ=シウンボク(紫雲木)

以前にも紹介した事が有りますが このジャカランダが 長居公園にあります。

植物園の中にもありますが 私は地下鉄長居駅1号出口近くの木を 

毎年楽しみにしています

そして 今年も咲きました

 

とにかく大きな樹ですので 花のアップが撮りにくいのが悩み

 

 

天王寺の一心寺にもあり 今満開だそうです

日本で唯一 群生林があるのは 宮崎県日南市にある道の駅なんごう

写真でしか見た事ないので ここも一度行って見たい場所の一つです

 

コメント (12)

北海道 最終日 と 花々

2014年06月23日 | バードウォッチング

カメラの充電もしっかりやり いよいよ最終日

今日こそ!・・と意気込んだものの 最終日は朝から雨

早起きして散歩に出た人が ノゴマいるよと

メールくれたらしいのですが 携帯はよそ部屋で充電中

がっかりです 

 

朝食に出た お味噌汁に入っていたのは

小さな 小さな ホタテの赤ちゃん

初めてでしたの びっくり!

美味しく戴きました

食後に美味しいコーヒーも 入れて下さり 満足満足 

 

準備もでき いよいよ最終日の出発

宿は宗谷岬にあり 目の前が 最北端

ここでもみんな 思い思いに記念撮影 

 

最北端 まで来たんだな~・・・と改めて感慨にふける

この計画が持ち上がるまで ほんとに来るとは 

全く思っても いなかったもので・・・

絶対行かない場所・・ぐらいに思っていましたから 

 

空港のある 稚内まで戻ります

途中どんどん 雨の量も増えてきました

それでも 鳥を見つけたら 雨の中 観察

根性ですよ 

 

まだ オジロワシを 堪能しきれていない

不燃焼気味の思いを みんな抱えて

再度 大沼に行こうということに

あそこなら 建物の中で観察できる 

 

大沼野鳥観察館に到着 

また来ました~  と挨拶した後 オジロは?

すると いるよとの返事 

どこどこ・・・・・・・遠くの屋根に止まっています

もっと近くに行きたいと

数人で車に乗り 少しづつ 少しづつ 近づく

もう限界だろうという場所で

雨の中 満足いく写真ではありませんが

なんとか この目で確認できて 満足

ダメもとで もう少し近づこうとしたら 

やはり飛んで行ってしまいました 

 

     追記    

今回見た鳥たちを 書くのを忘れていましたので

遅ればせながら ここに追記します

センダイムシクイ  ウミネコ  コヨシキリ  ノビタキ  アオジ  ホオアカ

ウグイス  カッコウ  オオジシギ  ノゴマ  オジロワシ  ツメナガセキレイ

コムクドリ  ニュウナイスズメ  オオジュリン  モズ  チュウヒ  マキノセンニュウ

トビ  ムクドリ  スズメ  ミサゴ  カワラヒワ  セグロカモメ  キンクロハジロ

ホシハジロ  ウミウ  アオサギ  ハクセキレイ  ベニマシコ  ゴジュウカラ

イワツバメ  アマツバメ  コマドリ  ヒバリ  ツツドリ  ハソボソガラス  キジバト

たくさん見ました~

          

 

後は稚内市内で 飛行機の時間まで 買い物したり

回る寿司屋さんで 美味しく昼食 

ちょっと食べすぎてしまいました 

 

お土産もたくさん買って 飛行機も無事飛んで

みんな無事に帰ってきました 

ということで 旅行記も終わり

後は撮り溜めた 花を紹介します

                         

 イソツツジ

 

エゾカンゾウ

 

カラマツソウ

 

コツマトリソウ

 

サギスゲ

 ワタスゲもありましたが かなりのピンボケ

ワタスゲと サギスゲの違い 調べました

ワタスゲは 穂の先に花は一つ サギスゲは 数個咲くそうです

 

ルピナスは まだこれからのようです

 

ヤマドリゼンマイ

 

ミツガシワ

 

ホロムイイチゴ

 

ヒレハリソウ(コンフリー)

 

ハクサンチドリ

 

タテヤマリンドウ

 

ショウジョウバカマ

 

長々と ありがとうございました

ほんとにあんなに遠くまで行ったのかと

夢の中の出来事になりつつありますが

楽しい旅行でした 

 

お仲間の皆さん ありがとうございました~  

コメント (6)

北海道 ドタバタ珍道中 二日目後篇

2014年06月22日 | 日々雑感

すみません 長々とお付き合いさせて・・・

もっと簡潔にまとめればいいのでしょうが ここが素人!!

言いたい事いっぱい 見てもらいたいものいっぱい

なかなか 簡潔にとはいきません

もう少し お付き合いよろしく 

 

                       

兜沼から サロベツ原野へと 車を走らせ(歩かせ・・の方がいいかも)

途中 いろいろ鳥も見つけましたが カメラに

記録が無いもので 思い出せません

今回のブログのためにと 手帳にいろいろメモるつもりでしたが

帰って見たら 結局何も書いてなくて 1ページも埋まっていません

ですので 写真に記録されてる 撮影時間を見ながら

記憶を絞り出して 書いています

 

サロベツ原生花園に行く予定でしたが

通り越したということで 別の場所での観察も

場所は 良くわかりません

   

ここでも オジロワシが飛んでるのを見つけ

しばらく行方を追いましたが 遠くへ行ってしまいました

諦めきれない 二人  ・・・・置いてくぞーー

 

 あちこちで 風車がたくさん並んでる光景を見ました

 

サロベツ原生花園到着が お昼

コンビニで買ってきた お弁当で腹ごしらえ

早速原生花園の中へ

 

入るなり ノゴマ

テンションあがります きれいです

またまた 悔しまぎれで 写しましたが・・・

 ここでもお仲間の写真を借りました

のどの赤が可愛いでしょ

この赤が見たかったのよね~

 

そして 出ました  オオジシギ 

木のてっぺん

ここでも Iさんの写真を 拝借

 

シギと名がつくのに 電柱の上などによく止まるそうです

車の中でも電柱止まりの オオジシギ見ました

 

ここは 見渡す限り 湿原が広がっています

黄色い花は エゾカンゾウです

 

鳥用カメラが使えないので鳥は見て楽しむだけに 

コンデジカメラで 花々を撮ることに集中

花もたくさん見つけましたので 次回まとめて紹介しますね~

サロベツ原野を堪能して ビジターセンター

間近で見れないだろうと 写してきました 

オジロワシのはく製(?)

 

 

サロベツ原生花園を 2時間ゆっくり楽しみました

次は 宗谷岬にある今晩の宿へ

あまり時間に余裕がないということで できるだけ

途中で止まることは 禁止(?)

 

なんとか 無事宿へ到着

着くなり 宿のすぐそばに ノゴマ!!

悔しいけど 明日に期待することにしよ~っと

今晩しっかりカメラに充電しなくちゃ 

 

宿の食事は たこしゃぶ  美味しかった~

わさび置きにしてあったのは 北海道の形をした昆布でした

出汁を取った後の昆布を 型を使って宿の方が切り抜くそうです

これが結構大変だとか・・・ とっても素敵な 宿でした

 

3日目につづきま~す 

コメント (8)

北海道 ドタバタ珍道中 二日目前篇

2014年06月21日 | バードウォッチング

二日目は 5時起きで 7時出発 

とりあえず 最北端の駅 稚内駅

この駅舎には 道の駅とかコンビニが併設されています

いつでもどこでも 昼食が食べれるようにと コンビニで買い出し

 

そしてすぐ近くの ノシャップ岬

ノサップ岬ではなく ノシャップですよ~

ここで 海を見てたら お仲間さんが アザラシがいる 

海のブイのそばで 時々顔を出すという

遠くて良く見えないけど 確かにらしき姿が波の間にチラチラ

近くにいた 地元の方に 確認すると

「そんなもの居るはずがない 今までこの時期に見た事ない」

写真を見せても これはブイ だとか アザラシじゃないとあしらわれた

そこでお仲間さんが この写真を見せたら アザラシだということに

(仲間のIさんの写真を拝借)

地元のおじさん びっくりしてました

ついでにウミウ

 

次も 最北端ネタ   マクドナルドのお店

このベンチに 入れ替わり立ち代わり座って 記念撮影

 

一段落して いよいよ 鳥見にスタート 

相変わらず 鳥を見つけるたびに止まって観察

電線止まりの アオジ

高い場所に止まって囀る姿は こちらでしか見れません

 

次はエゾシカ 発見!

 

のろのろ・・・やっと9時半前に 兜沼に到着

ここで ニュウナイスズメ ゲット!

ここまで赤っぽい羽根は 奈良では見た事ありません

 

30分ほど 楽しんで つぎへ 

 

みんなが鳥を探しているのに 私は 北海道だ~

あちこち カメラに納めました

 

と、 コムクドリを見つけて 車ストップ

電線に ペアのコムクドリ

 コムクドリ 初見!!・・・やっと会えました~

そばの電線からは すぐ飛んで 遠くのサイロへ

もちろん 最大ズームで 狙います・・・なんとかとらえた姿

コムクドリを堪能して 走りだしたら 次は キタキツネ

またまたみんな 大はしゃぎ

 

ここで 大事件 !?

何とカメラの 電池切れ

早速 替えの充電池に入れ替え ・・・ あれっ??

なんと 入れ替えた電池は空っぽでした 

ちゃんと充電したつもりでしたが・・・・・

 

サイテーーーー 

 

 

気を取り直して次へ

コンデジで 景色だけは 撮れます~~

・・・・と 自分を慰めながら 進んでいると

カッコウだ!!

声はよく聞くもの 姿を見たのは初めて

それも すぐそばの電線に!!!!

無駄な抵抗  コンデジで

あまりにも情けないので Iさんの写真を拝借

 

最後に 兜沼で撮った お気に入りのショットを

 

すみません 長くなりますので この辺で

つづく・・・

コメント (6)

北海道 ドタバタ珍道中

2014年06月19日 | バードウォッチング

はるばる 北海道まで 行ってきました。

まさか こんなところまで 来ることになるなんて 思ってもいなかったな~

今年の一月 京都で鳥見の時に 北海道へ行かないかとの話。

行きたいけど いけないな…と思っていましたが

お仲間さんたちのお誘いや 娘から猫の面倒見るから行っといで・・の後押し。

思い切っていくことに!

 

一日目 4時起き。

電車や飛行機に乗り遅れない事ばかり考えて 朝からクタクタ。

関空から千歳 千歳で乗り継いで 稚内

ところが いよいよ到着という稚内で

一度着陸態勢に入ったものの 再度上空へ。

強い風で降りられないとのアナウンス。

上空を旋回しながら様子を見て ダメなら千歳へ引き返すかも・・・って。

引き返されたら困るな~・・・ 予定がめちゃめちゃに・・

一時間ほど旋回して やっと着陸 ホッ

 

早速レンタカー借りて 大沼へ~ …のはずが

鳥の姿を見つけるたびに 止まって観察するので

ちっとも前に進まない  

 

まずは コヨシキリの可愛い声に 感動    

 

 かなりの時間をかけ 何とか大沼に到着 

 大沼には 野鳥観察館があり  

着くなり 係りの方に オジロワシはいますか? と聞くと

5分前まで いたけどもう飛んで行った・・・

一同 ショック 

 

ここで、 途中で止まりすぎたからだ とか 

飛行機が遅れたからや とか ワイワイガヤガヤ   

8人もいると あーだ こーだと にぎやかです 

しばらく待ってみましたが オジロワシは来そうにないので諦めて 次へ

 

 でも お昼を食べてなかったので おなかペコペコ

食事のできるところを探しに 出発 

 といっても 相変わらず ちょこっと走っては止まり 

ちょこっと走っては止まり・・・でなかなか進みません

 

ファミレスを見つけ 食事 

近くに咲いてた ライラック きれいでした 

 

 食事も終わり 次の目的地 メグマ沼へ 

もちろん 相変わらず 止まり 止まり ノロノロ・・・

止まるのは 珍しい鳥だけじゃないですよ

何だスズメか・・とか 空を何かが舞えば オジロでは・・トビか~とか

とにかく鳥というものすべてに 反応しますので 進むわけがない 

こんな事が出来るのも 鳥仲間だからこそ

メッチャ 楽し~い 

これが普通の人なら 完全にブチ切れる でしょうね ウフッ

 

そんな中 見つけた 電線止まりの ノビタキ

 

何とかメグマ沼に到着 

湿原に囲まれたメグマ沼まで 木道が続きます

木道を歩きながら 次々と鳥を見つけて みんな 大はしゃぎ

今回の 目的の一つ ツメナガキセキレイ

名前の通り 爪が長いですよね

 

小雨も降りはじめたので 車に戻り もう一度大沼へ行こうかということに

オジロワシの姿もなく 雨で 鳥も良く見えません

 

諦めて 宿に向かうことにしました

途中 車の中から写した セグロカモメ

 

宿は稚内市内 その前に ちょっとお土産屋さんの下見に 稚内港へ

大きな漁船が たくさん並んでいました

一日目 なんとか 無事終了

つづく・・・・

コメント (10)

ロブスター??

2014年06月13日 | 植物 花

【 グレビレア・ロブスター 】

ヤマモガシ科

別名 シノブノキ ハゴロモノキ

見た通り 似てるから ロブスター かな?

面白いというか 不思議というか・・・

 

天気も良くないし 花を撮っても あまりきれいじゃない

没にするものも 多い

でもやっぱり カメラは持ち歩く

 

ツボサンゴ 見つけました

 

 

 

アオスジアゲハも め~っけ 

 シロツメクサの上をしきりに飛んで

蜜を吸っていました 

以前 自然大学で アオスジアゲハは 

クスノキに卵を産みつけると聞いて 驚いたのを思い出しました

その後 クスノキの周りでたくさんの アオスジアゲハを見て

なるほどな~と 納得したものです

 

コメント (12)

アカンサス

2014年06月12日 | 日々雑感

近所で見つけた でっかい花

あまりの大きさに最初見た時は驚きました

去年見つけたのですが どでかさの割に 目立ちません

木々の陰に 隠れるように 植えられています

色合いも よく見るときれいなのですが 

薄暗いと気づかず通り過ぎてしまいます

【 アカンサス 】

キツネノゴマ科 ハアザミ属

 

去年 初めて見つけて ここでも紹介しましたが

その時は アサンサスモリスという名前

何種類かあるようで モリスとかスピノスス(スピノサス)とか

ちょっとよくわからなくなったので 今回はアカンサスとしました

 

見れば見るほど 不思議な形の花です

下からも

なぜか この場所でしか見たことありません

コメント (6)