花鳥にゃん月

カメラにはまり、心に入り込んだものを写して遊んでます。
日常のどこにでもある風景・・・

花火

2013年07月31日 | 花火

 今日は 8月1日 PLの花火です。

毎年、ベランダで見ています。

10km離れているので、ただ見れるというだけのことです。

でも、それなりに楽しんでいます。

今年は雲も多いし、ダメかなと思っていました。

いつもなら、音がして始まったとわかるのですが

今年はほとんど音は聞こえませんでした。

不思議ですね~・・・こんなに音の無い花火は初めてでした。

諦めていたので、準備もして無くて・・・。

でも見えるとやはり写真に納めたくなり、急いで準備。

手持ちでブレブレ、ほとんど没。

雰囲気だけでも・・・

ボツにしようと思ったのですが、面白いのでアップします。

どういう加減でこんなのが撮れたんでしょう??

 

コメント (14)

ガウラ

2013年07月30日 | ベランダの花

【 ガウラ 】

アカバナ科  北アメリカ原産

別名 ハクチョウソウ ・ ヤマモモソウ 

多年草で、一度植えたら毎年花を咲かせてくれます。

ピンクと白を同じ株数植えたつもりでしたが

今年は白いガウラがたくさん咲きました。

赤はほんの少しですが、チラホラ咲いています。

細い茎で、ヒョロヒョロと背丈が伸びます。

狭いベランダでは、横に広がらないように囲います。

ピンクは花によって色合いに微妙な変化が見れます。

伸びすぎて汚くなったので、上の方を刈り込んだら

また新たに綺麗に咲き始めました。

まだしばらくは、楽しめそうです。

コメント (10)

ひまわり

2013年07月28日 | ベランダの花

 暑中お見舞い申し上げます 

全く、毎日暑いですね。

へとへとですよ。

かと思うと、あちこちで豪雨の被害。

皆様大丈夫でしょうか?

 

 

豪雨には会いませんでしたが、とんでもないことが起きました。

我が家の団地でおととい殺人事件。

よりによって、同じ棟の同じ階。

 

夜遅くまで、警察の聞き取り、新聞社やテレビ局の取材。

玄関のチャイムはピンポンピンポン。

警察には対応しますが、他は全て拒否。

実際、私が留守中のことで、被害者は団地の住民じゃないとのこと。

何も知らないですもんね。

 

             

気分転換にヒマワリを

6月末にもらった種を蒔いてみました。

数日後には、早速芽が出てビックリ。

蕾を見ながら、まだかな~

 

昨日やっと一つ咲きました 

 

ヒマワリを育てのは、初めて。

咲くと 嬉しいものですね。

次に咲きそうなのはこの子。

このヒマワリは、60㎝位の背丈で、

花は 10cmくらい。

小さいですが、立派なヒマワリです。

コメント (14)

淀川で観察会

2013年07月21日 | 自然大学校

先日教室で、「淀川河口域の環境と生物」というテーマで勉強。

私は、大阪人じゃないので、淀川に関しての知識が全くなく

増して、どこにどんな川が流れてるかなんてちんぷんかんぷん。

最近あちこち出歩く度に、いろんな川や地名を聞きます。

でも、頭の中に地図がなく、場所の感覚がわかりません。

うちの近所を流れてるのは大和川っていうくらいのこと。

一度ちゃんと聞きたいと思っていました。

今回の先生は、淀川の源流まで行ったほどの、淀川が大好きな方でした。

桜の並木がとてもきれいだと聞いた「三川合流地」の

意味もはっきり分かりました。

そして今の淀川が、作られたもので、

元の淀川が、今の大川だということ。

写真で場所を見ながらの詳しい説明で、

ちんぷんかんぷんの私もざっくりとした位置関係がつかめました。

これからは、みなさんの話題にも少しは付いて行けそう・・かな??

 

                   

ということで今日は、この暑い中、淀川河口にある

十三干潟へ観察に出かけてきました。

干潟につくとすぐ出迎えてくれたのはハクセンシオマネキ。

 

 

そして 干潟に降りると、先生が

「みなさ~ん、カワザンショウガイを踏みつけていませんか~」

足元を見ると、小さな糞のようなものが・・・

近くで見ると、なるほど小さな貝でした。

 

 

わたくし、根っからの軟弱体質。

水の中へ入るのは無理だと最初から決め込み

周りでの観察及び、荷物番ということにしてもらいました。

 

 

皆さん、川のほうへ・・といっても目の前は梅田のビル群。

不思議な光景ですよね~

いろいろ生き物を採集していきます。

シジミもたくさん取れますが、デカイです。

 

私は一人、ハクセンシオマネキと遊んでいました。

私が、ちょっと動くとすぐ穴へ・・・・

 

鳥を探しましたが、セッカの鳴き声と

アオサギ、ダイサギ、ムクドリ・・・くらい。

 

半日だけの観察会でしたが、やはりこの暑さ、

かなり注意していましたが どうも軽い熱中症にかかったように思います。

こんな暑い時期は、出歩かないのが身の為のようです。

皆さんもお気をつけて(^_^)v

 

コメント (12)

今日の夕焼け

2013年07月19日 | 夕景

久しぶりに、夕焼けらしき夕景になりました。

素晴らしい…とまではいきませんが

やっと 夕焼け! と言えるものが見れたように思います。

 

時間の経過順に・・・・

コメント (6)

モミジアオイが咲きました

2013年07月19日 | ベランダの花

今日ベランダを見てたら、赤い花 発見

モミジアオイです。

一度に2個も咲いていました。

 

コメント (4)

街角散歩と・・・

2013年07月18日 | 街角散歩

通勤途中の近所で見つけました。

ランタナですが可愛い色で毎年楽しんでいます。

この色は他ではあまり見かけません。

 

これもちょっと可愛いでしょ。

塀もこんな風にしたらいいな~って思いました。

 

シニア自然大学の水曜夜の授業は天満です。

昨日はちょっと早めに付いたので、近所を散策。

大通りから路地に入ると急な階段が!

 

上からも

これは上町台地か何かなのでしょうか??

路地一本分の間がかなりの高低差です。

 

*****************************

それから・・・

我が家のベランダで知らない植物が・・・

我が家に20年以上ある 「金のなる木」の鉢に

ゼンマイのようなものを見つけました。

いろいろ調べましたが、シダの種類かな・・・??

というくらいしかわかりません。

 

なんで今頃生えてきたのかな~??

この鉢は邪魔になるし、愛想もないので

いつもは、隅っこに追いやって普段は水やるだけでほとんど目に留めていません。

急にゼンマイが生えてたのでびっくり

 

コメント (2)

六甲へ鳥見??

2013年07月15日 | バードウォッチング

 

一応、鳥見の仲間と行くのでバードウォッチング。

とはいえ、あまり鳥には期待してません。

この時期、六甲と言えば アジサイですよね。

道沿いにアジサイが続きます。

アジサイ見ながらも、もちろん鳥も探しますよ。

一番たくさん見た、ツバメ。

この子は、ちょっとツバメにしては変??

と思ったら、まだ巣立ったばかりの子ツバメのようでした。

休憩場所のすぐそばにいたのがこの子

この子も羽根がぼさぼさで判別は付きませんが

あまり飛ばなかったので、ケガでもしてるのかと・・。

多分ヒタキの仲間だと思うのですが。

 

 

そしてよく啼いていたのがウグイス。

最後に何とか姿が見れました。

大きな口を開けて ホーホケキョ!

 

八東では、まだ咲く前だったオカトラノオが

見事に咲いていました。

ネムノキもあちこちで満開

 

これはモミの木でしょうか??   実がきれいです。

 

可愛いかなと思って写しましたが・・セイタカアワダチソウです。

 

花も鳥もちょっと寂しかったですが、

久しぶりの六甲で、気持ちのいい風に吹かれて

リフレッシュ!!

コメント (12)

工作

2013年07月13日 | 自然大学校

キノコの観察会の翌日は、工作でした。

松ボックリや、ヤシャブシの実を使っていろいろ作ります。

言いたくないですが、いい年した大人が今更・・・って感じ。

 

実は、シニア自然大学は卒業後にいろんなところで活動できるように

指導者の教育も兼ねているようです。

ですので、子どもたちに自然に興味を持ってもらうよう

野山で見つけた木の実や葉っぱなどを使って、

それでどう遊ばせるかを、私たちに教えるための授業なのです。

 

とはいえ、ワイワイガヤガヤ

先生の説明なんか聞いていません。

勝手に作り始めるから、結局途中でおかしくなる。

まさに子どもに帰ったようにおじさん、おばさんたちがはしゃぎます。

年齢を重ねてもこういう時は、ほんと小学生と一緒!

 

授業の様子

みんなの作品

私の作品

 

 

情けない出来上がりですが・・・まあ、こんなものですか。

一応 クマ と フクロウ らしいです・・・

 

近所で見つけたトケイソウです。

面白い花ですね。

コメント (4)

キノコ

2013年07月11日 | 自然大学校

先週の シニア自然大学の講義は「キノコ・菌類」

私のクラスの受講日28日は都合が悪くて欠席・・・っていうか

八東にアカショウビン見に行く方を優先してしまいました 

シニア自然大学は現在4クラスありますので、

欠席の場合、他のクラスの講義に振り替え受講できます。

ですので今回は他のクラスでの振り替えにしました。

場所も近場の長居植物園でしたのでラッキーでした 

講師の先生は、大阪市立自然史博物館の学芸員の方ですので

長居植物園は庭のような場所。

*******************************

午前中は講堂での講義。

いっぱい聞きましたが、一つだけ紹介します。

日本にはたくさんキノコが出ますが、絶対触ってはいけないのは一つだけ。

カエンタケ 

猛毒があるのでかなり危険だそうです 

気をつけましょう 

午後からは公園内でキノコ探し。

こんなにいろんなキノコがあるかと驚くほど、次々と見つかります。

 

イッポンシメジ

 

キッコウアワタケ

 

コフキサルノコシカケ 

 

左の白いのが新しく生えたもので、右の茶色いのは古い物だそうです。

 

 

ツマミタケ

これは傘を開かないキノコ

 

ササクレヒトヨタケ

カサを開く前と 開いた後・・・・別物かと思いますよね。

 

 

ナカグロモリノカサ

 

ニセクロハツ  割ると中が空洞になっている

 

キノコを観察する時、必ず出る質問は、 「食べれますか?」

キノコの判別はとても難しく、似たものがたくさんあるので

皆さんは食べないようにして下さい・・・とのこと。

ですので、今日の観察会では、食べれますかというのは禁句です。

・・・といわれてても、見つける度に「食べれますか」との質問(笑)

皆さん食べることしか興味がないようで・・・。

 

最後に ヒナノヒガサ

小さなキノコです。

よく見ないと気付きません。

 

*******************************

最後にキノコは、カビと同じ。

目に見えるか見えないか・・で区別してるだけだとか。

でも細菌類も、同じ”菌”という文字で表現しますが、これは全く違うもの。

植物と動物以上にかけ離れたものだそうです。

簡単に言うと細胞には核がありますが、細菌には核が無いそうです。

これも、詳しく聞くととても面白い話なんですよ。

生命の始まりからの話になっていきますので私には説明は無理です。

今はDNAなどの研究で、植物界・動物界以外にも色々ある事が分かって来てます。

 

コメント (12)