花鳥にゃん月

カメラにはまり、心に入り込んだものを写して遊んでます。
日常のどこにでもある風景・・・

体力 つけなきゃ!

2014年05月31日 | 日々雑感

インドア派の私が バードウォッチングを初めて ちょうど10年。

最初は 月に一度出掛けるのが やっと

それを何とか 月2回くらい出れるようになるのに 5年くらいかかりました

それでも まだ 毎週というのは ちょっとしんどいかな・・

よほど気候が良く 体調が良ければ何とか行ける程度

 

おまけに年々 世間的には 体力も落ちてくる(と言われる)お年頃

なんか最近調子いいなって思ってると 次の日には急にガックリくる

ほとんど運動しないで半世紀生きてきた私には

自分の体の事が よくわかりません。

無理していいのか? これ以上はダメなのかという限界が

全く分からないんです。

 

分からない割にも 体力はつけたい・・・

数年前から 毎日の通勤を 一駅先の駅で乗り降りすることにしました

最初の頃は それでもしんどくて 時々ずるすることも・・・

でも最近は 割と普通に できるようになったので

もう一つ先の駅に挑戦しようと決めました。

ですので 今は 帰りの時だけ 二駅手前で降りています。

といっても 一駅の間隔は 歩いて20分から30分程度

二駅歩いても 1時間もかかりません。

もう少し慣れたら 朝も早く出て二駅頑張らなくてはと思っていますが

朝は何かと忙しく 早く出るのが 大変

早寝早起きの 習慣を付けなくてはいけませんね。

昔に比べれば だいぶ早起きにはなってるんですけどね

 

ただ歩いてもつまらないので 

ちゃんと 見つけた花は写してきました

 

途中のマンションの花壇に 見事に咲いてたドクダミ

こんなに綺麗に手入れされたドクダミは 初めてです。

一見 ドクダミだと思えませんでした

 

その横には アジサイ

もうアジサイの季節なんですね

 

知らない花

 

ムラサキサギゴケ

左に写ってる 丸いポツポツは ニワゼキショウの種

 

ニワゼキショウ

 

 

コメント (4)

バイカウツギ

2014年05月30日 | ベランダの花

我が家のベランダで 今盛りの花 バイカウツギです

バイカウツギ 

ウツギとつく仲間はたくさんありますが

ユキノシタ科 と アジサイ科 などに分かれ

私にはうまく判別できません

ネットで調べても まちまちで ますますわかりません

 

5月の初めごろに 蕾をたくさんつけます

グングン伸びた枝の先に まとまって蕾をつけます

 

丈夫で 繁殖力もあり 育てやすい植物です

剪定した 枝先を 挿しておくと根付きます

ですので 我が家にも 二株あります

 

普通 花びらは4枚ですが 中にはこんなのも

 

元あった木の花は 白っぽいのに 

増やした木の花は ちょっと中が ピンクがかっています

枝は 50cm前後に長く伸びるので 剪定をします。

ほんとはちゃんとしたルールがあるんでしょうが

よくわからない私は 適当に バッサバッサ切ります。

去年かなり刈り込んだので 今年はあきらめていましたが

見事に たくさん咲きました 

安心して今年も 花が終わったら バッサバッサ切りま~す

 

コメント (2)

ツタバウンラン マツバウンラン

2014年05月28日 | 野草

最近よく目にする 野草

ツタバウンラン と マツバウンラン

花はよく似ていますが 全体の姿は全く別

 

【 ツタバウンラン 】

オオバコ科 ツタバウンラン属

ヨーロッパ地中海沿岸が原産の 帰化植物

北海道から本州でみられる

 

【 マツバウンラン 】

オオバコ科 ウンラン属

北アメリカ原産の 帰化植物

本州から 四国九州でみられる

 

両方とも 少し前までは ゴマノハグサ科となっていましたが

今は オオバコ科となっています。

 

昔は見た目で 仲間を決めていましたが 最近は 化学が進み

 遺伝子レベルでの 分類分けが進んでいるようです。

 

大阪近辺では ここ数年でかなり 繁殖してるように思います。

単純に 私の感想にすぎませんが・・・・

 

いずれにしても 最近見かける野草は ほとんどが 帰化植物ばかりです。

コメント (6)

ユスラウメ酒

2014年05月26日 | 日々雑感

春先に 花をいっぱいつけた ユスラウメ

実が成りました

 

そこで ユスラウメ酒 作ってみました

ついでにレモン酒も

実が少ないので 小さな瓶で 作ってみました

実っては 放り込み 実っては 放り込み ・・・

でも 収獲は たったこれだけ

でもほんのり ピンク色

味もほのかに ユスラウメの香りがします

ソーダで 割ってみました

 

今日は、 がんばって 

梅酒  梅シロップ  塩ラッキョ を漬け込みました

 

昔は たくさん漬けていましたが

長いこと やってなかったので 

今回は少しづつ 試し漬け

 うまくいけば 来年は いっぱいがんばります。

コメント (10)

長居植物園も 花いっぱい

2014年05月24日 | 長居公園

長居植物園は 近くなので 年間パスを持っています。

去年買ったものが 切れます。

折角なので 最終日 午前中だけ 行って見ました。

 

ナンキンハゼの若葉

 

シロツメクサ と タンポポ

 

ヤマボウシ も 満開

 

季節ごとにいろんな花が植えられる お花畑

今は・・・

 

公園内の木々も いろんな花が 満開

ザクロ

  

 

センダン

 

 

 

土日は いつも家族連れなどで とても賑わいます。

平日なら 少しはのんびりと・・・・と思ったのは大間違い

小学校や幼稚園の 遠足で ちびっ子たちで 大賑わいでした 

 

コメント (8)

オドリコソウ

2014年05月22日 | 野草

実は 薬草植物園の 帰り道

とても ラッキーなことが ありました 

 

オドリコソウを 見つけたんです  

ヒメオドリコソウや ホトケノザは よく見てるのですが

オドリコソウだけは 見たことがなかった。

 

見たいと思った花でも よく知らないと 見つけた時に 気づかないことも多々。

なぜか数日前に オドリコソウの写真を見て 

ヒメオドリコソウや ホトケノザ との違いを確認したばかり。

 

帰る途中 畑の草むらを見ながら歩いていました。

通り過ぎて一瞬   あっ 今のはもしかして 

後戻りして 確認。

やはり オドリコソウでした。

確認してた写真と いっしょ!

リュックに しまってたカメラを取出し 写してきました~

 

普段から いろいろ見ておくものですね~

ほんとに ラッキーでした 

 

ヒナキキョウソウ も 見つけましたので

この花もよく似た花が いくつかあり ちょっと見には区別できません。

帰って またいろいろ調べて ヒナキキョウソウだろうと。

よく似た花には キキョウソウ ヒナギキョウ があります。

名前もよく似てるので ほんとにややこしいです。

 

よく見てる方には な~んだ・・・というようなことですが

植物歴の浅い私には まだまだ 大発見がありそうです 

コメント (4)

京都薬用植物園の 花々

2014年05月21日 | ハーブ

薬草の話も 大変面白く 興味深く聞いてきましたが

ちょうど花の時期ということもあり たくさんの花も楽しんできました

一つ一つ 説明したいのですが 

あまりにもたくさんでしたので 特に興味をひかれたもの

少しですが説明をつけておきます。

 

まずはハーブ園から

名前は いろいろ知っていても どれがどれなのか 区別が難しいです

よく似てますでしょう!

 

アーティチョーク 

チョウセンアザミとも呼ばれています

このつぼみが開くとアザミに よく似た花が咲きます

フランスではこのつぼみを食べるようですが おいしいそうです。

 

 

アロマを少しかじった人なら 非常に興味深いのが

ダマスクローズ

バラの女王といわれるほど 香りも上品ですばらしく

アロマやオイルも 美容と健康にいいものをたくさん持ってるようです。

 

きれいな花が咲いていました。

 

 

漢方薬に一番使われているのは カンゾウ(甘草)だそうです

7割の漢方に入ってるそうで 根が使われます

緊張を緩和する作用があり、名前の通り甘いので

最近は甘味料としても 使われるとか。

こんな花が咲いていました。

 

トウキの 葉と花

葉を取って もらって匂いを嗅いだら セロリのような いい香りでした

ちょっとかじったら 甘かったです。

 

チョウセンニンジの花(左) と カラスビシャク(右)

  

チョウセンニンジンは とてもデリケートな植物だそうで 囲いの中でした。

見学のためにちょっとだけ 開けてもらいました。

カラスビシャクは ウサギが食べに来るからと ネットの中。

育てるのも いろいろ大変そうです。

 

ニゲラの花

 

 

カラタネオガタマの花の香りは独特ですね。

バナナによく似た 甘~い香りがします。

これは薬草園の周りなどにたくさん生け垣として植えられていました。

シャクヤクの花は とても見事ですが 

よく使われる 漢方として第3位なんです。 

一位が甘草 二位は 生姜だそうです。

シャクヤクは 根を乾燥して使うそうですが

鎮痛作用や 婦人薬としていいそうです。

 

樹木林にもいろんな花が 咲いていました。

ヒマラヤヤマボウシは 黄色い花でした。 初見です。

 

シライトソウ これも初めて見た花です

 

とにかくたくさんの花が咲いていて

もっと載せたかったのですが・・・  選ぶのに 疲れました。

 

見ていただいて ありがとうございます 

コメント (4)

京都薬用植物園

2014年05月20日 | ハーブ

この春から 参加している 「身近な薬草の会」で

武田薬品工業株式会社の 京都薬用植物園へ行ってきました。

整備された 広い敷地に植えられた さまざまな薬用植物

 

 

ここはハーブの エリア

実物はよく知らないけど 聞きなれたハーブの名前はいろいろありました

へ~ぇ こんなんだったのかと 小さな感動の連続

(花もたくさん咲いていましたので 次回で紹介しますネ

ハーブは 根っこで ものすごく繁殖していきます。

ここでは それを防ぐために それぞれを植木鉢ごと埋めてるそうです。

私は一つの植木鉢にいろいろ植えていますので 

その内に、分けなくては・・・と思いました。

 

漢方薬として 現在認可されてるのは294処方。

その一つの漢方薬に対して使われている薬草が

まとめて植えてある 一角がありました。

葛根湯 には 7種類 その薬草がまとめてありました。

薬草一つ一つ これは何に…といわれても

なるほどと思っても ピンと来ないものです。

すごくわかりやすくて 素晴らしいと思いました。

ちなみに 葛根湯は 元気で体力のある人が

風邪の初期に飲むもので

体力のない人には 葛根湯から 葛根と麻黄を抜いた

桂枝湯 がよいとのことです。 

こんな具合に いろんな話を聞きました。

 

一番興味をひかれたのが 芍薬甘草湯

こむら返りにいいそうです。

見学に来る人が これはいいよという話をよくするそうです。

以前からこむら返りには悩まされていましたので

一度 試してみようかという気になりました。

 

この薬草園の周りに 色とりどりの生け垣がありました。

普通生垣は 一種類の木で作るので 色とりどりだと

枯れてるのでは??と思います。

ちょっと不思議に思ってみてたら

最初は100種類ほどの木を植えて 短く刈り込んで作ったものだそうです。

その内 周りの木々の勢いに負けたりして 無くなった木もあり

現在は80種類ほどになってるとか・・

 

この道の横に たくさん植えられていたのが ニッケイの木

昔よく食べた ニッキをとった木です。

京都で有名なお菓子 「八つ橋」にも使われていました。

ところが 絶滅危惧種となってしまい ここで大切に育ててるそうです。

今は 輸入したシナモンが代わりに使われてるそうです。

葉っぱも いい匂いがしてました

 

 

樹木園の 急な山道も上りました 

ここにもたくさんの木や植物が 自然に近い状況で育っていました。

頂上(174m)まで登ると いい眺めが! 

この武田製薬工業㈱の 薬草植物園は 

通常は一般公開されていませんが 

時々希望者を募って 見学させてくれてるようです

6月にもあるようですので 興味のある方は申し込んでみては 

 

見学申し込み

 

叡山電車 修学院駅から ちょっとわかりにくい細い道を くねくね歩きます。

途中 なんとなく不安に。

畑仕事をしている おばさんを見つけ 声をかけようと近づくと

 案山子さん でした 

今回も長々と書いてしまいました

最後までありがとうございます 

コメント (10)

カオリバンマツリ と バラ

2014年05月18日 | ベランダの花

毎日 気持のいい日々が続きます 

と いいながら 家の中で くすぶっています

ベランダが 日々 賑やかになっていき

あれもこれも 手を付けなければいけないことが 次々と出てきます

とりあえず 咲いたものから カメラに パシャッ

 

【 カオリバンマツリ (ニオイバンマツリ) 】

正しくは ブルンフェルシア・アウストラリス

ナス目 ナス科 ブルンフェルシア属の 常緑低木

 

毎日 ベランダに出るたびに ジャスミンのような いい香りに包まれます~  

咲き初めのころ

どんどん 花が増えていきます

この花は 咲き始めは紫で 次第に白に 変わります

いつも思うのですが この花は 私にとって

香りを楽しむだけの 花かなって

花そのものは 愛想のない花です

 

バラ 【ティファニー】

バラも蕾を付け始め 次々と咲いてくれます

バンマツリはもう終わりますが 

バラは まだまだ秋の終わりごろまで 楽しめます。

 

   

またまた くぅがナナを いじめる現場を目撃

水を飲もうとしてるナナの上から 狙う くぅ

飲み始めた途端  上から 猫パンチ

 ナナは飛んで逃げました 

この写真で見ると 手は届きそうにないのに

しっかり ナナのおしりをパンチしてました

 

くぅちゃ~ん ナナおばあちゃんを いじめないで~~

コメント (8)

ナナは 元気です

2014年05月16日 | ナナとくぅ

昨日は ちょっと心配させられた ナナ

だって 食べる事だけが 生き甲斐のような ナナ

ご飯食べないなんて めったにない事

 

昨日は 寄り道もしないで 急いで帰りました

玄関を開けて  ナナ~!

部屋の奥の方に いつものポーズで 座ってる姿が

やれやれ・・・ 

 

さっそく 餌場で ご飯の催促

はいはい もう少し待ってね~ 

 

ホッとしたら くぅ が気になります

そして 出がけには 玄関に転がされてた ぬいぐるみのミミ

玄関からはいなくなっていました

 

今度は どこに持って行ったのかな~

もしかして・・・っと ネコハウスを 覗くと

いたいた

写真を撮っていると すぐ くぅが やってきた

様子をみて 守りの体制

手を出すとすぐ 猫パンチが飛んできます

 

子どもだと 思ってるのかな~??

良くわからいけど かわいい

 

とりあえず 今朝も 餌を要求して 

ナナは うるさく 鳴き続けています

 

うるさい! って怒ったら 

ガン見 されました

 

コメント (6)