負けてらんにぇ ! みんなでなんとかすっぺ !!

南相馬市から新潟県三条市へ集団避難→同市内の雇用促進宅に→2015.2~同市内の戸建に転居 妻と二人暮らし。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

食べたらゴロリと横になれ

2013-10-31 22:02:14 | 原発震災避難者


大遠足



胃が弱い人は

どうしても気力が低下し ・・・ 体も弱くなりますね。


とくに胃が沈んでいると ( つまり胃下垂 ) 気も沈みます。


胃は 食べものをエネルギーに変える大切なところです。

どんなに栄養のある食べものでも

胃や 腸が弱ければ ・・・ 消化も吸収もできません。


胃の弱い人は 食べたらすぐ右側を下にして

20~30分横になるか 腹ばいになるかしてくださいナ。

食べものがなるべく早く 腸に移るようにすると良いでしょう。


こうすると 胃が消化活動に使う血液を確保することもできるのです。



左側を下にすると 胃がよじれますから ・・・ ご用心 ご用心。






コメント

ビタミン剤のとりすぎは ・・・ 結石作る

2013-10-31 21:00:06 | 原発震災避難者


大遠足



ビタミン剤は 副作用がないから安心と

大量に錠剤やカプセルでとる人がいます。


たとえば 一般的にビタミンCは 体にいいとされているため

ビタミン剤を大量に ポリポリと食べている人がいるほどです。


しかし いずれにしても

とり過ぎや片寄りが ・・・ 体にいいわけがありません。


たとえビタミンCであっても やたらとり過ぎると

体の中にシュウ酸カルシウムができやすくなり

腎臓や尿管 膀胱を通過するとき

・・・ 結石を作る可能性があります。


ビタミン類は 必要以上にたくさん飲んだところで

吸収される量が ・・・ ほんのわずかです。

錠剤やカプセルでとるより 普段の食事でおいしくとる方が

体も 精神的にもいいし ・・・ 第一 安上がりで簡単というものです。






コメント

今日限りの生命 ・・・

2013-10-30 23:30:58 | 原発震災避難者


大遠足



人間は誰でも ・・・ 他人の死を眺めています。


そして 自分にだけは 死は ・・・ 遠い遠いところの問題だと思っています。

しかし 死は誰のうえにも ・・・ 突然やってきます。


ワラにもすがりたい気持になっても ワラさえみつかりません。

だからこそ 「 今日という一日を 今日限りの生命なのだ 」 と思って

・・・ 必死になって生きるべきです。


明日は ・・・ もう眼がさめないかも知れないのですから。






コメント

生命は ・・・ 短い

2013-10-30 22:00:58 | 原発震災避難者


大遠足



世間のものはすべて 変化しないものはありません。

一瞬一瞬 すべて 変化しつづけています。


自分の生命さえも いつ消え去ってしまうかわかりません。

だからこそ 吾我をはなれ 無心になって

現実を正しく ありのままを見る力をもつ必要があります。


生命は短い。

だからこそ ・・・ 貴いのです。


貴い生命を 吾我にまとわりついて

この世のすばらしさに気づくことなく

・・・ 終わりを迎えてよいのだろうか。



無常を思い 吾我をはなれ
 
・・・ とらわれない心をもちたいものです。






コメント

生涯で一番充実した日

2013-10-30 20:16:57 | 原発震災避難者


大遠足



いつ自分の生命が消えるかわからないとすれば

・・・ 平々凡々と 日を送ってはいられません。



今日一日が 今までの生涯で一番充実した日でなくてはならない

・・・ と思います。






コメント

無常迅速 ・ 生死事大 ・・・ 人生

2013-10-30 12:00:51 | 原発震災避難者


大遠足



人は 無常迅速を肚にすえて ・・・ 生きなければなりません。


生死事大を ・・・ しっかりと生活の中にふまえていなくてはなりません。



人生は 無常迅速・生死事大なのだととらえたとき

人生の景色が がらりと変化してきます。



無常迅速は 自然と一体になることです。

自然の呼吸の中に自分をひたしきっていくことです。


そして そこから得た気(エネルギー)で

未知への挑戦に生命を燃やしていくことです。



人生は 無常迅速のフィルターでみると

・・・ 新しい輝きをもって迫ってきます。






コメント

なぜ 死ぬ気になれぬ ?

2013-10-30 09:00:06 | 原発震災避難者


大遠足



よく 飲み屋などで

あたりかまわずわめきちらしているサラリーマンを目にします。


自分がだらしないのは

隣の客のせいであり

カウンターの中のバーテンのせいである

・・・ といった調子です。


気をきかして へたに慰めの言葉でもかけようものなら

険しい表情で ・・・・ ケンカを売ってくる勢いです。



ときによって 人を射抜くような険しい目なので

「 あんたが 真剣になるのは飲み屋だけかいな。

会社で険しい目をしたことがあるのかいな 」

と ・・・ 皮肉の一つも言ってやりたくなります。


いや これは皮肉ではありません。

ケンカを売って 「 さぁ 殺せ ! 」 と開き直れるものなら

なぜ ・・・ 仕事の場で死ねぬのか。

仕事の場で なぜ ・・・ 死ぬ気になれぬのか。




死ぬ気で ・・・ ガンバルべきものを。


ナサケナイ ・・・ はなしです。






コメント

よそに花園ありと思うなかれ

2013-10-30 05:15:44 | 原発震災避難者


大遠足



遠くに咲く花は美しく見える ・・・ といいます。


しかし 近づいて見れば なんと 自分と同じただの雑草じゃないか。

わざわざ 遠くの花を見るために

忙しい時間を割き 重い足をひきずってきたというのに ・・・ 。



だれにも このような体験があります。


ハイキングやピクニックの寄り道ならまだましですが ・・・

このために 短い一生を台なしにする人の

・・・ なんと多いことでしょうか。



「 いまの職場はおもしろくない。

もっとほかに移れば 才能が発揮できるのに ・・・ 」


もっと ・・・ 働きやすい職場があるはずだ

もっとほかに ・・・ 自分の才能はあるはずだ

もっと ・・・ 給料のいい職場があるはずだ

不平不満は 数限りない。



・・・ 甘ったれ人間のやることです。

よそに花園ありと思うなかれです。






コメント

マラソン選手の言い訳 ・・・ 自己意識

2013-10-29 22:54:41 | 原発震災避難者


大遠足



あるマラソン選手が 入賞できなかったレースを振り返って

次のようなことを言っていました。


「 風が強くて走りづらかった。体の調子はよかったので

風がなければ入賞できたでしょうに ・・・ 」


まず ・・・ 耳を覆いたくなります。

このマラソン選手は

レースのたびに暑さのせい 排気ガス 強風のせい

・・・ と言っているのではないかと。


マラソン選手なら 走者はすべて同じ条件です。

もしかりに 走りながら

 
少し風が強くなった

もう少し行けば ビルの谷間で風圧が少ない

などと ・・・ しじゅう一喜一憂していては

勝てるはずがありません。


そこには ・・・ 自己の意思がないのです。



マラソンは 人生に例えられます。


人生にしても ・・・ 然(しか)りです。






コメント

病気という曲がり角

2013-10-29 20:53:20 | 原発震災避難者


大遠足



走っている自動車も 曲がり角にさしかかれば

かならず スピードを落とすものです。


ところが こと人生になると

曲がり角に来たのに スピードを落とすことを忘れて

なんとか切り抜けようともがくあまり

そのスピードのままで突っ走ってしまう。


・・・ これでは ケガをしないほうがふしぎです。



人間 病気をしたからダメになるのではありません。

病気という曲がり角で

スピードを落とせない人間が ・・・ ダメになるのです。


禁じられている酒をのみ タバコを吸い

健康のときと同じリズムで仕事をする ・・・ 。


それが ・・・ 一生を台無しにするのです。






コメント

「 すなお 」 ・・・ 随所に主と作(な)る

2013-10-29 18:51:19 | 原発震災避難者


大遠足



「 すなお 」 とは 服従することではありません。

その場その場で対処していくことです。



「 なになにをしなくちゃ 」 ・・・ ではなく

「 こうしたら うまくいくんじゃないか 」

という ・・・ 楽しみいっぱいで進める世界です。


ひいては

「 こうしたら うまくいくのだ 」

と ・・・ 自信のある生活を基礎づけます。






コメント

ドッコイ そうはいきません

2013-10-29 14:27:48 | 原発震災避難者


大遠足



私のことを他人 ( ひと ) さまは

「 こんなふうな人間だ 」 と決めてかかろうとなさいます。

ドッコイ ・・・ そうはいきません。


私は 自分でも自身の色合いがわからないほどに

・・・ カラフルな人間さまの世界に生まれてきました。


他人さまに 私の色合いを決定してもらうほど

・・・ 老いぼれてはおりません。



他人さまは ・・・ 私のことを

「 こんなふうな人間だ 」 と定義したがっています。

ピリオッドを打ちたがっています。

ドッコイ ・・・ そうはいきません。


あなたも人間さまなら

これを ・・・ 自分の身上にしてほしいものですが。






コメント

龍 ・ 虎 ・・・ あなたが主人公

2013-10-29 11:26:46 | 原発震災避難者


大遠足



風は虎に従い 雲は龍に従う ・・・ といいます。


虎とは ・・・ あなたです。

龍とは ・・・ あなたです。

そして ・・・ この私です。



世の中 不景気とかいっていますが ・・・


不景気などという風は

虎であるあなたしだいで ・・・ どうにでもなります。


雲は 龍であるあなたの目的です。

それも あなたしだいで ・・・ どうにでもなります。


要は あなたが ・・・ どこまでも主人公であることです。






コメント

前方不注意 ・・・ 人生

2013-10-28 22:00:04 | 原発震災避難者


大遠足



連鎖事故 ・・・ というのがあります。


自分で車を運転していて

他の車が事故を起こすと

そっちにハッと気をとられ ・・・ 自分もドーンとぶつかる。

他のことに気を取られず ・・・ しっかりと前方を注意していれば

こんなことはありません。


人生も ・・・ これと同じですね。






コメント

人生の流れ ・・・ 速 ( すみ ) やかに行け

2013-10-28 19:00:17 | 原発震災避難者


大遠足



「 おだてられたり 」 「 落とされたり 」 で

われわれのマイペースがこわれるのではありません。


「 おだてられた場所に居座ろう 」 としたり

「 落とされた場所に居座ろう 」 とすることで

行きづまりの人生の壁を

・・・ 自分でつくりあげている のです。


私どもは

つねに人生の流れのなかで 動いていなくてはなりません。

居座ることは ・・・ 許されないのです。


ましてや 「 自分を押さえつけること 」 は

かならず ・・・ 自己の破たんにつながります。


速やかに行け 速やかに行け

久しく住 ( とどま ) るを得ることなかれ ・・・ ですね。






コメント