負けてらんにぇ ! みんなでなんとかすっぺ !!

南相馬市から新潟県三条市へ集団避難→同市内の雇用促進宅に→2015.2~同市内の戸建に転居 妻と二人暮らし。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

備えあれば 1

2017-02-28 22:20:57 | 原発震災避難者




「 28日午後4時49分ごろ、宮城県などで震度5弱を観測する地震があった。気象庁によると、震源地は福島県沖(北緯37.5度、東経141.4度)で、震源の深さは約50キロ、地震の規模(M)は5.6と推定される 」 ・・・ このところないほどの物々しい体制で ・・・ テレビ放送があった



「 二度あることは三度ある 」

と言います


「 天災は 忘れた頃にやってくる 」

耳にタコができるほど

・・・ 聞き慣れた言葉です


しかし

次のような諺(ことわざ)もあります ・・・


「 喉元過ぎれば熱さを忘れる 」


                                (2につづく)






コメント

区別と区域 10

2017-02-28 19:56:36 | 原発震災避難者




人をタテ

志をタテ

家をタテ

お茶をタテ

そして

何々駅をタツ


人物は タツ人でしょうか



それに対して

横は

ヨコしまな心のヨコ恋慕

ヨコ目を使ってヨコ流し

ヨコ車を押し

ヨコ槍に ヨコ紙破り

ヨコ道をヨコ切り

かねヨコせとは ・・・ これいかに



横でいいのは ・・・ 横綱

タテで悪いのは ・・・ 腹


言挙げしない神道を

つい 言挙げした感 ・・・ 深しですね


あしからず ・・・ お許しを






コメント

区別と区域 9

2017-02-28 17:00:12 | 原発震災避難者




道は 縦に歩くように

日本は “道”の国で

字は 縦に書くのが基本です


また 横にも書ける ・・・ 自由自在

横文字の英語を 縦に書くと

読みにくく ・・・ 首が疲れる



読む姿も

横文字は ・・・ 「 イヤダ イヤダ 」と

頭を横に振り

縦字は ・・・ 「 ナルホド タルホド 」と

読む姿です


                                  (10につづく)






コメント

区別と区域 8

2017-02-28 13:58:49 | 原発震災避難者




レールもないのに

地球は 軌道を回るように


人間は 体重があっても

重さを感じないのが

・・・ 健康体

・・・ 神の道です



道を歩くのに

光がなければ ・・・ 道は見えず

物があったら ・・・ 歩けません


故に 神道とは ・・・ 光と片付けで

毎朝 掃除から始めます


手が二本あっても 邪魔にならないように

整理整頓しておけば

物があっても ・・・ 邪魔になりません



人間の体は ・・・ 神体で

見事に整理整頓されて

・・・ 無駄がないように出来ています


                                (9につづく)






コメント

区別と区域 7

2017-02-28 10:59:55 | 原発震災避難者




神創造の生命を破壊する核爆発や

そして 原発事故 ・・・


環境汚染は ・・・ 地球生命の危機

まさに

・・・ 沈みゆく舟の中で争っている姿です



自然を征服するという人間は

必ず ・・・ 死を迎えます



神道は ・・・ 武士道


死あるが故に

生を活きる“死生観”に立って

神の道を悟るのが

・・・ 神道です


                                (8につづく)






コメント

区別と区域 6

2017-02-28 07:58:51 | 原発震災避難者




神なる自然を征服するという人間の傲慢は

神を冒瀆(ぼうとく)するものであり

地球全体が苦しみ ・・・

地震や 噴火 洪水で

・・・ 自己治癒を起こしている

と読むべきです


                           (7につづく)






コメント

区別と区域 5

2017-02-28 04:38:06 | 原発震災避難者




科学は

神を知ることにあるのに

科学によって

バイオテクノロジーの遺伝子組み換えで

・・・ 植物をつくります



オレンジの“オレ”と

カラタチの“タチ”の組み換えで

“俺達”を作り

( このオシャレな表現 ・・・ 分かってくださいなぁ )


馬と鹿で “馬鹿”の新動物を

クローンで作ったら

・・・ “苦労”するだけで

( このダジャレ的表現 ・・・ お笑いくださいなぁ )


動植物との区別もなくなり

見事なる調和による地球生命全体が

・・・ 病となり

食や 薬の ・・・ 副作用が残ります



無残な話です ・・・


(6につづく)






コメント

区別と区域 4

2017-02-27 21:41:35 | 原発震災避難者




言挙げしない大自然は

無限の動植物から細菌に至るまで

それぞれの使命を与え

共存共栄の一つの生命体が

・・・ 地球です


然るに

空気に包まれていながら

・・・ 空気を忘れ

万有引力によって

歩いている有難さも ・・・ 知りません



月まで行って初めて

空気や 引力の有難さを ・・・ 感じています


                                (5につづく)






コメント

区別と区域 3

2017-02-27 11:05:35 | 原発震災避難者




神ながら事挙げせぬ

この大自然は

無限の動植物が生きています



しかも

百花繚乱(ひゃくかりょうらん)と

咲き乱れる植物が ・・・

他の植物との交配が

なぜないのか ・・・ の不思議さ


動物でも

他の動物との交尾がないのか



人は 人であって

・・・ 猿が進化したものではありませんね


                                (4につづく)







コメント

区別と区域 2

2017-02-27 08:05:38 | 原発震災避難者




全てに

区別と区域があります



人間社会にも

親子 夫婦

男女 子弟

・・・ の区別はあります


体でも

頭に 手足の

・・・ 区別があります


頭を撫でるのに

手の代わりに足で撫でれば

子供でも怒りますね



区別は ・・・ 使命です


夫婦は 同県はありますが

・・・ 同権はなく

夫婦に

・・・ 使命の区別はありますなぁ


                              (3につづく)






コメント

区別と区域 1

2017-02-27 05:05:13 | 原発震災避難者




神は 区別と区域で

見事な共存共栄の地球一家

としています



人は 火を使う動物で

火という字は

人が 松明(たいまつ)を持っている象形文字です


火を使い 物を作る人間は

区域に関係なく

どこにも住んでいます



本来は

肌の色の区別から

住む区域もあったことであろう

・・・ と思います


                          (2につづく)






コメント

道をもって 6

2017-02-26 20:51:09 | 原発震災避難者




百獣の王ライオンであっても

作ったものは

歯磨きとライオンズクラブのみ

・・・ ( もちろん 冗談ですよ )


物を作る想像心がある人間は

万物の霊長と言えども

人間のみでは ・・・ 生きられません


動植物と共存共栄の地球です



また 共存共栄であっても

人は 虎やライオンと一緒には住めず

水の中でも ・・・ 生きられません



全てに 区別と区域があります


人間でも 人間として差別はないですが

・・・ 男女 人種の区別はあります


動植物には

・・・ 区別と区域があります


北極の白熊は 暑い所で生きられず

ライオンは 北極に行けば

・・・ 歯磨きにされます

・・・ ( もちろん もちろん 冗談ですよ )






コメント

道をもって 5

2017-02-26 16:47:55 | 原発震災避難者




地球は 一瞬の止まりもなく動き

動植物は 空気に包まれて

・・・ 共に生かせれています


この地球も 太陽系にあり

太陽系は 銀河系の中にあり

銀河系は また宇宙の中にあるように

大宇宙の中の ・・・ 我れですね



神社の鏡は ・・・ 我れを写し

鑑(かんが)みる ・・・ 鏡み


“かがみ”の“が”をとれば

・・・ “神”となります


我れとは 宇宙なり 神となりと

宇宙的めざめの為の ・・・ 鏡です



思うに

“ 人は神なり ”とキリストが言うように

人のみが神のように

“ 想像力があるので ・・・ 物を作ります ”


人間以外の動物は ・・・ 物を作りませんね


                                   (6につづく)











コメント

道をもって 4

2017-02-26 08:10:04 | 原発震災避難者




宗教には

教祖・経典・戒律がありますが

神道には ・・・ 何もありません


建物は 拝殿があるだけで

参拝するものは

山であったり

岩の磐座(いわくら)*であったり

神に依り代*に対して参拝するだけです



お金も ・・・ 賽銭箱(さいせんばこ)で

それも あの世の賽の河原の賽銭でしょうかねぇ


賽銭箱の前に立つと

「 明日は死なり 」と ・・・ 賽の河原に立つ心で

「 今日一日 今日一日 」を死生観で活きるべし

・・・ と観じます



それとも ・・・ さいころの賽の目でしょうか


百円の賽銭で

一万円の賽の目を祈るか

・・・ 人それぞれの感性でしょうね

                               (5につづく)







*古神道における岩に対する信仰のこと。あるいは、信仰の対象となる岩そのもののこと。

*神霊が依り憑く(よりつく)対象物のことで、神体などを指すほか、神域を指すこともある。





コメント

道をもって 3

2017-02-26 05:03:11 | 原発震災避難者




神道には

教えがなく ・・・ 道をもって示し

宗教は 字が示すように

教えを持って ・・・ 宗なる道を説きます


よって 宗教には

説法する講堂の大伽藍(だいがらん)が必要となり

それを建て 維持するのは金が必要となり

檀家制度をとり

時には

博打(ばくち)場となったことから

“寺銭(てらせん)”と言う言葉が残った

・・・ と聞きます


                               (4につづく)









コメント