負けてらんにぇ ! みんなでなんとかすっぺ !!

南相馬市から新潟県三条市へ集団避難→同市内の雇用促進宅に→2015.2~同市内の戸建に転居 妻と二人暮らし。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

風を知る 2

2018-01-31 14:37:55 | 原発震災避難者




風を知るとは

動きを ・・・ 感じることです


風は

古代人にとっても

見えないものの力を知る

もっともよい手段でした



そして 現代の私たちは

知識と科学の進歩によって

目に見えない力を知る手段を

いくつも持っています


それなのに

その力に

驚きを ・・・ 感じなくなっているのです






コメント

風を知る 1

2018-01-31 09:34:30 | 原発震災避難者




風は

・・・ 目に見えないものです


そして 風の存在は

ただ

雲の動きや

草木の揺れる動きによってしか

・・・ 悟れません


私たちの眼に映じる風は

すべて「動かされるもの」を通して

・・・ 分かるのです



考えてみると

これはとても驚くべきことです


人間の目に映じるのは

必ず何かに動かされているものであり

動かすもの自体は

・・・ 目に見えません


             (2につづく)






コメント

不安を治(いや)すには 2

2018-01-30 17:43:32 | 原発震災避難者




・・・


このような心の不安を治めるには

どうしたらいいか


どうやらこれは

21世紀最大の課題といえるでしょうね


どんな国の政治家にも

いい解決策はないようです


むろん私も

こんな大問題を考えるつもりはありません

でもね ・・・


「清々しい静けさ

それだけが

この世の狂いを直すんだ」

老子のこの言葉に

自分なりにすがるんです


・・・

不安を治(いや)すには

澄んだ静かな気持ちになることだ

・・・ と






コメント

不安を治(いや)すには 1

2018-01-30 11:38:35 | 原発震災避難者




私たちの日常生活には

たえずいろいろな出来事が

入り込んできます


テレビや新聞の報道に

心は

いつも騒がしくなっています


心の乱れや不安を治めるには

どうしたらいいか



「清々しい静けさ

それだけが

この世の狂いを直すんだ」


・・・ 驚くほど明瞭な言葉です



すでに2500年前に

老子は

・・・ こう言っているんです


ということは

人間はすでにその前から

争いあっていたのです


それがそのまま

いまの時代に至っています


いや

今のほうが

もっとひどいかもしれない

・・・ 世界中の人の心を騒がす点ではね


                (2につづく)






コメント

これで充分 2

2018-01-30 06:22:32 | 原発震災避難者




ところが ・・・



木々は一定のところまで伸びると

みんな同じ高さに止まって

そこで受け容れるものを

栄養にして生きます



ポイントは そこなんです


人間というのも

あまり競争原理だけに執着せず

もうこれで充分だというところがきたら

あらそいをやめればいいんです






コメント

これで充分 1

2018-01-29 15:45:58 | 原発震災避難者




いまの社会では

自分と自分の家族の安全を確保するために

競争するのは重要ですよね


そのために

たたかったり争ったりするというのは

無理のないことなんです



木々だって

日を浴びるためには

どんどん伸びてゆかなきゃならない


それと同じように

人間だってやっぱり

外から栄養を摂って

自分の命を保つために

競いあいます


その点は

木々とまったく違いはないんですよ



ところが ・・・


               (2につづく)






コメント

柔らかな強さ 2

2018-01-29 06:44:20 | 原発震災避難者




世間の常識では

「強いものが勝ち

弱いものが負ける」

・・・ です


しかし 老子は

この常識とは正反対のこと

「柔らなものの強さ」を

説いたのですね



固くて強いものは

・・・ 死であり

柔らくで弱いものが

・・・ 命だけれど


その命を生かしてゆく智慧

・・・ それを知るのが

生きぬく人の強さなのだ

と言っているようです






コメント

柔らかな強さ 1

2018-01-28 16:16:40 | 原発震災避難者




「自分に勝つ」とは

世間の要求に

いやいや従ったりしないで

そういう心を抑えて

現在の自分を受け容れ

その自分に従うことです



そういう方向へ自分を向けるには

力づくで強引にするにではなく

柔らかな強さですることだ

・・・ と老子は言うんです


この言い方自体

じつに柔らかで

微妙なんですね



本来の「柔弱」は

「しなやかな強さをもつ優しさ」

・・・ と考えられます


            (2につづく)






コメント

足るを知る 2

2018-01-28 07:11:44 | 原発震災避難者




何かを他に求めないで

いまの自分に満足するとは

自分の内側に心を向けることです


すると

自分の本当に興味を持つものが

見えてきます


自分がほんとに願っていたことが

はっきりしてきます



それに従って生きる時

求めないで現在に足りていると

自分の内なるエナジーは

限りなく湧き出てくるのです



豊かな人間を

再発見するんです


知足とは

そんな

・・・ 積極的な態度なんです






コメント

足るを知る 1

2018-01-27 14:03:00 | 原発震災避難者



「足るを知る」ということは

「足りることにっよって

自分のなかに富を見つけはじめる」ことだ

・・・ と老子は言います



常識では

「足ることを知る」とは

貧しくても満足しろ

ということです


しかし

老子は

それこそ豊かなんだ

・・・ と言います


                (2につづく)






コメント

五郎太石でいる

2018-01-27 08:43:16 | 原発震災避難者




人として生きるには

いつも始原(はじまり)の

一の近くに居るがいい



名誉なんて

いくら数多く積み重ねたって

ガラガラ崩れちまう


ピカピカ光る玉になろうとしないで

五郎太石でいることですなあ






コメント

たかの知れた社会

2018-01-26 15:29:36 | 原発震災避難者




天と地のむこうの道(タオ)につながる

・・・ 自分があります



社会の駒のひとつである自分は

前のめりに走ってるけれど

そんな自分とは

違う自分がいる

・・・ と知ってほしいですね






コメント

善と悪 2

2018-01-26 05:46:10 | 原発震災避難者




悪の在るおかげで

善があるってわけです


同じように

ものが「在る」のも

「無い」があるからこそ

・・・ 在りうるんですね



お互いに

片一方だけじゃあ

・・・ 在りえないんですよ






コメント

善と悪 1

2018-01-25 09:00:23 | 原発震災避難者




美しいと汚いは

別々にあるんじゃないですね


美しいものは

汚いものがあるから

美しいと呼ばれるんです



善悪だって ・・・ そう


善は

悪があるから

善と呼ばれるんですよ


               (2につづく)






コメント

道(タオ)とは

2018-01-24 17:53:47 | 原発震災避難者




まず

名のない領域がありました


そここら

天と地が生まれました


天と地の間から

数知れぬ名前が生まれました


だから

天と地は

名のある万物の母なのです



この働きを

仮に

道(タオ)と名づけるのです






コメント