負けてらんにぇ ! みんなでなんとかすっぺ !!

南相馬市から新潟県三条市へ集団避難→同市内の雇用促進宅に→2015.2~同市内の戸建に転居 妻と二人暮らし。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

腕のある大工

2017-10-30 07:03:32 | 原発震災避難者





腕のある大工は

節のある木材も

・・・ 上手に生かす



人生の旅路で

転びそうになったとき

つかんだ教えがまちがっていたら

一生は

・・・ 台なしになってしまいます






コメント

泥中の蓮 6

2017-10-29 21:17:46 | 原発震災避難者





泥がなければ

・・・ 育たず

・・・ 花も咲きません


泥が ・・・ 大事

泥が材料だけれど

・・・ 泥 ≠ 花



蓮の花が

泥の色や匂いをとどめたら

誰もふり返りはしないでしょうね



泥の姿も匂いもとどめず

あの花を咲かせるから

人々は

・・・ 賞(め)で

・・・ 愛(いと)しむのです









コメント

泥中の蓮 5

2017-10-29 17:42:32 | 原発震災避難者





蓮の

二つめの語りかけは ・・・


「 泥が ・・・ 大事

泥が ・・・ 材料

泥がなければ

・・・ 花は咲かないよ


しかし

泥がなければ

・・・ 花は咲かないけれど

泥イコール

・・・ 花ではないよ 」

ということです


               (6につづく)






コメント

泥中の蓮 4

2017-10-29 15:00:07 | 原発震災避難者





私の周辺にも

いろいろな感情の泥がうずまき

私の中からも

自分でも目をそむけたいような泥も

ときにふき出す ・・・



限りなく花は追うが

・・・ 泥は厭(いと)い


泥から目をそむけ

逃げようとしています


            (5につづく)






コメント

泥中の蓮 3

2017-10-29 12:00:18 | 原発震災避難者





高原陸地に蓮花生ぜず

卑湿淤泥(ひしつおでい)にこの花を生ず

                       『維摩経』



蓮の語りかける言葉に

耳を傾けてみます



まず 最初の語りかけは

“泥を嫌っていないか?”

という ・・・ 問いかけです


泥という言葉に象徴する

わが心にかなわないことから

・・・ 逃げようとしていないか



健康はいいが

・・・ 病気はかなわない

得するはいいが

・・・ 損することは嫌

成功はいいが

・・・ 失敗はかなわない

愛することはいいが

・・・ 憎しみからはのがれたい


                   (4につづく)





コメント

泥中の蓮 2

2017-10-29 09:00:45 | 原発震災避難者





「泥中の蓮花」といい

「泥多ければ仏だいなり」といい


お寺の本堂の須(しゅ)弥壇(みだん)上にも

一対の木蓮(もくれん)華(げ)が飾られているように


古来より仏の教えは

泥中に咲く蓮花にたとえて

・・・ 説かれてきました


               (3につづく)






コメント

泥中の蓮 1

2017-10-29 06:09:27 | 原発震災避難者





高原陸地に蓮花生ぜず

卑湿淤泥(ひしつおでい)にこの花を生ず

                      『維摩経』



乾燥した高原や陸地や

清流には ・・・ 蓮は育たず

泥沼 泥田の中にしか

・・・ あの美しい花は咲かない

というのです


                  (2につづく)







コメント

うたかたの人生 6

2017-10-28 09:00:49 | 原発震災避難者





東日本大震災

福島第一原発事故前の

四十数年間 ・・・


健康で 病知らずであったばかりに

気づかず

見えず

聞こえず

心をそらに過ごしてきてしまったが


病をいただいたお陰で

一刻一刻が

一度一度の出会いが

こんなにも ・・・ まぶしく

こんなにも ・・・ 得がたいものとして

深い喜び共に

・・・ 迎えさせてもらうことができました






コメント

うたかたの人生 5

2017-10-28 06:04:28 | 原発震災避難者





首相とか

社長とか

大学教授とかいう

肩書を持ちだせば

病は

死は

・・・ 遠慮してくれますか


そんなことはありません

金を山と積めば

病は

死は

・・・ 遠慮してくれますか



いかなる名誉も 財産も

病や

死の前には

全く無力であることが

・・・ 思い知らされたのです



名誉や 財産を

手に入れることができたことへの酔いは

病の 死の宣告の前に

たちまち醒め

うたかたのように

・・・ 色あせ

・・・ 消え去ってしまうのです


(6につづく)






コメント

うたかたの人生 4

2017-10-27 07:03:07 | 原発震災避難者




このところ

入院生活が続き ・・・


病院で気づかされたことは

お金も 肩書も 地位も

何も役に立たない

・・・ ということ


ベットに横になった

まるごと人間が

・・・ そこにいるだけ



そして

その人間の心の中に

何が詰まっているか

ということが

一番問題なんだ ・・・ と

はっきりわかりました


                     (5につづく)






コメント

うたかたの人生 3

2017-10-26 14:00:31 | 原発震災避難者





着替えていく衣装

持ちかえてゆく持ち物にばかり

・・・ 心をうばわれ


持ち主である私

衣装の着手である私自身の

それも

今日只今を どう生きたらよいか

などということは

・・・ 思いつきもしないままに


                  (4につづく)






コメント

うたかたの人生 2

2017-10-26 11:00:03 | 原発震災避難者





年齢と共に

欲しくなるものが変わり


手に入れたいといって

・・・ 酔っ払い

・・・ のぼせあがり


失った ・・・ といって

落ちこんだりしながら

・・・ 一生を終えていきます

 
                    (3につづく)







コメント

うたかたの人生 1

2017-10-26 07:53:03 | 原発震災避難者





裸で生まれて

裸で死んでいく



そのしばらくの間 ・・・


小さいときは

ガラガラの玩具ぐらいで

満足していたものが


成人するほどに

自動車がほしくなり

異性がほしくなり

金がほしくなり

名誉がほしくなる ・・・


               (2につづく)






コメント

遺言 2

2017-10-25 20:28:03 | 原発震災避難者





死者の遺言 ・・・

その一言とは



「 死ぬんだよ

・・・ あなたも


必ず

・・・ この日がくる


予告なし

・・・ まったくなしに



いつ ・・・ その日がきてもよいような

毎日

毎時間の生き方をしなさい 」


・・・ ということではないでしょうか







コメント

遺言(ゆいごん) 1

2017-10-25 16:12:46 | 原発震災避難者





共に避難生活を続けてきた同郷者が

・・・ 若くして急死


・・・ 黄泉(よみ)へと旅立ちました


私は

縁あって ・・・

火葬式に立ち会いました



葬式の意味の一つは ・・・

旅立つ人が

全身を挙して遺(のこ)った者たちへ贈る

・・・ 最後の一言があるはずです


その一言を

・・・ 肝に銘じて聞く


そして

その一言を

毎日の生活の上に

一歩でも 二歩でも

・・・ 実践することができたとき

死者の遺言を聞き得た

・・・ といえるのではないでしょう



その一言とは

何か ・・・


                  (2につづく)






コメント