負けてらんにぇ ! みんなでなんとかすっぺ !!

南相馬市から新潟県三条市へ集団避難→同市内の雇用促進宅に→2015.2~同市内の戸建に転居 妻と二人暮らし。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

女の深さ

2012-04-30 22:00:10 | 原発震災避難者


弥彦神社を訪ねて



むかしの女( ひと )は ・・・

夫や子が( また 自分自身が )病気になったときには

まず 自分の手で治そうとしました。


力( ちから )及ばないときにのみ

医者に頼ったものでした。


こどもがおかしい それ医者へ 薬局へ ・・・


それしか能のない女性は ・・・ ダメです。

どうせ 料理もヘタでしょう。


女として ・・・ 「 深く 」ないのです。






コメント

ここは安心の世界

2012-04-30 20:00:59 | 原発震災避難者


弥彦神社を訪ねて



ここは ・・・ 安心の世界


生きても 死んでも

お金があっても 無くても

ともかく どっちへ転んでも

「 安心 」から外へ 転がり出ることはできない。

こんな安心なことはない。


当たり前のことを

当たり前に ・・・ 気付いただけです。






コメント

愚か ・・・ 「 わかっちゃいるけど やめられない 」

2012-04-30 18:30:50 | 原発震災避難者


弥彦神社を訪ねて



むかし懐かしい植木等の歌に 「 スーダラ節 」 というのがあります。

この歌の最後は

「 わかっちゃいるけど やめられない 」 という言葉でおわります。


なにかちょっと聞くと いかにもふざけているようですが

そこには 人間のどうにもならない深い悲しみが

・・・ 歌われているのではないでしょうか。






コメント

飽食・狂食 ・・・ 感覚マヒ

2012-04-30 17:06:27 | 原発震災避難者


弥彦神社を訪ねて



いま 食物は 街にあふれ ・・・

食物による「 食病 」が はんらんしています。


豊かさと不安の中で

人の心も 飽食・狂食状態

食物がつくる ・・・ いのちの貴さへの感覚が

・・・ マヒしているのではないでしょうか。






コメント

女性は 適当に「 おしゃべり 」がいい ・・・

2012-04-29 23:00:29 | 原発震災避難者


弥彦神社を訪ねて



中国人が < 姦 >( かしましい )という文字をつくったのは

何千年の昔であったか ・・・


どうやら

時代の今昔 洋の東西を問わぬ

その基本的な性(さが)であるようです。


それで いいのです。

それが 自然なのです。


度を過ぎないなら 女性は

適当に多弁であるほうが < 女らしく > て よろしいのです。


「 沈黙は金 」は < 男らしさ > のための格言。


男とちがい 女性の無口は

貫禄につながらなくて ・・・ 陰気をつくりだすだけですからね。






コメント

雌弁 : 女性のおしゃべり

2012-04-29 22:00:54 | 原発震災避難者


弥彦神社を訪ねて



雄弁をもじって ・・・ 「 雌弁 」 といいます。


女性に特有の多弁や

舌の回転の速さを言ったものです。


夫婦が 口だけで喧嘩をすると ・・・

まずたいていは 女房サンの勝ち。

小銃と機関銃で撃ち合いをするようなものだから

かないっこないのです。


茶の間で 奥さんの長電話に

イライラしていたご亭主が 「 いいかげんにせんかい! 」

と爆発しそうになる( もしくは してしまう )というのは

ままあることでしょうが ・・・

この反対は めったにないでしょうね。






コメント

強いもの ・ 弱いもの

2012-04-29 20:00:49 | 原発震災避難者


弥彦神社を訪ねて



強いものは

強いことには その力を発揮することができますが

・・・ 裸になることができません。


裸になること

持てるものを一つでも捨てることは難しいです。


しかし 弱いものは

・・・ 弱さに徹することは至難ではありません。



弱いものを大切にし 共に生きる社会が

もっとも人間らしい共同体だと思うのですが ・・・ 。






コメント

わたしはアタマがわるいです

2012-04-29 18:06:07 | 原発震災避難者


弥彦神社を訪ねて



わたしはアタマがわるいです。

だけど わるくたっていいじゃないですか ・・・


ものおぼえがわるいです。

でも わるくてもいいじゃないですか ・・・

必要なことは 誰かがおぼえていてくれます。


アタマがわるいと不自由です。

不便ですが ・・・ 仕方がありません。


これで ・・・ いいのです。

これが ・・・ いちばんいいのです。

アタマなんか よくてもわるくても

・・・ これで いいのです。







コメント

母親は オフクロ

2012-04-29 09:19:10 | 原発震災避難者


弥彦神社を訪ねて



母親が家にいる ・・・ というだけで

「 子は 満たされた気持 」 を抱くことが出来ます。


それぐらい ・・・ 母親の存在は

大きく 絶対的です。


母親が 子を包む“お袋”であるのは

胎児のときだけではありません。

生まれてのちも ある年齢までは

やはり ・・・ オフクロなのです。


そのお袋が不在のとき

子は 安らぎをもちえず ・・・


「 ただいまー 」

「 (シーン) ・・・・・・・・ 」



「 お帰りなさい ・・・ 母の返事に 子の安堵 」






コメント

「 あなたの心がわからない 」

2012-04-29 07:19:54 | 原発震災避難者


弥彦神社を訪ねて



恋愛に破れた男女がよくする言葉

「 あなたの心がわからない 」



好きな相手の心を 心で理解しようとするから

・・・ 破局するのです。


曖昧模糊とした心を 心で理解しようとするところに

・・・ 無理があるのです。



心の問題を 心に訴えて

・・・ どうします ?






コメント

避けられないことに

2012-04-29 05:11:21 | 原発震災避難者


弥彦神社を訪ねて



避けられないことに

・・・ 真心を尽くす


避けられないことに

・・・ 学ぶ






コメント

オシャベリ

2012-04-28 22:00:29 | 原発震災避難者


弥彦神社を訪ねて



オシャベリ(饒舌)ということ

それは ・・・ 語るべき何ものをも持たないということです。


心の空ろさ(空虚)から ・・・ オシャベリとなります。






コメント

過剰地獄

2012-04-28 20:00:21 | 原発震災避難者


弥彦神社を訪ねて



われわれは 自然を犯しすぎました。

それによって

人間は 人間を犯しすぎました。


罰として ・・・ われわれは

「 過剰 」という地獄へ堕ちました。


言わなくてもいいことを言い

しなくてもいいことをして

永久に ・・・ 多忙です。






コメント

病院は ・・・

2012-04-28 18:00:13 | 原発震災避難者


弥彦神社を訪ねて



病院は

病人を 半病人 にするのが

・・・ とてもうまいです。


しかし

半病人から 健康人 に育てるメニューは

・・・ ありません。






コメント

迷惑 ・ つながり

2012-04-28 15:14:59 | 原発震災避難者


弥彦神社を訪ねて



「 他人に迷惑をかけてはいけない 」 と

月並みなことしかいえない ・・・ われわれ大人たち。



生きるってことは

ずいぶん迷惑をかけること ・・・ なのですね。

迷惑をかけるということは

そのひととつながりをもつこと ・・・ なのですね。



生きるってことは

たくさんのいのちとつながりをもつこと ・・・ なのですね。






コメント