負けてらんにぇ ! みんなでなんとかすっぺ !!

南相馬市から新潟県三条市へ集団避難→同市内の雇用促進宅に→2015.2~同市内の戸建に転居 妻と二人暮らし。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

話を打ち切る ・・・ 活人剣

2013-03-31 23:00:56 | 原発震災避難者


散歩 ・・・ 春近し



客が来る。

話がはずむ。

だが 必要とあれば すっと立って

「 それでは 今日はこれで 」 と打ち切らねばなりません。


話を聞いている途中で 時計を気にするようでは

すぱっと ・・・ 打ち切ることはできません。


相手の話に相づちを打って ・・・ 聞き

質問し 意見を述べ

「 あっ もう時間です 」 と言って 

・・・ あっさり 席を立ちます。

これが ・・・ 活人剣です。



聞かされる ・・・ 自分ではなく

聞く ・・・ 自分があれば

自分から ・・・ 話を打ち切ることもできるはずです。






コメント

すべて自分です

2013-03-31 21:00:53 | 原発震災避難者


散歩 ・・・ 春近し



頭を下げてあやまるのは ・・・ 自分です。


手を合わせて感謝するのも ・・・ 自分です。



だれかのかわりに ・・・

あやまったり 感謝したりしているのではありません。






コメント

人生 そのものずばり

2013-03-31 19:00:15 | 原発震災避難者


散歩 ・・・ 春近し



「 人事をつくして天命を待つ 」 といいます。



これは

するだけのことをしたから

その結果は運にまかせるしかないのだ と解釈されています。



だが 本当はそうではないのです。


人事をつくす ・・・ そのときその場で 精いっぱいがんばる。

天命を待つ  ・・・ 天から授かった寿命を待つ。


つまり 人事をつくして天命を待つとは

そのときその場で 精いっぱいがんばって

そうやっているうちに ・・・ 自分の寿命がつきるということです。


これが人生 そのものずばりだ ・・・ ということなのです。






コメント

呼吸を合わせる ・・・ ねがい

2013-03-31 17:13:00 | 原発震災避難者


散歩 ・・・ 春近し



坂村真民さんの詩です。



わたしのねがいは

呼吸を合わせることである

石とでも

草でも

呼吸をあわせ

生きてゆくことである



「 呼吸を合わせる 」 とは

万物 万境に「 沿う 」 という 水の姿勢にほかなりません。


石とでも 草とでも ・・・ というのですから

人間にたいしてこそ まず呼吸を合わせるべきこと

・・・ は当然です。


それが愛であるし 調和ということでもあるのでしょうね。



だが ・・・ これは そう簡単ではありません。


簡単でないからこそ 真民さんは

あえて これを「 ねがい 」 としたのだと思います。






コメント

打てば響く 2/2 ・・・ 生きた世界

2013-03-30 21:30:16 | 原発震災避難者


散歩



人間関係とは ・・・ 反響です。



与えたり もらったりするのではありません。


向こうから来たものを

また 向こうに投げ返す。



その繰り返しを ・・・ 「 生きた世界 」 と呼んでいます。






コメント

打てば響く 1/2 ・・・ 常に勉強

2013-03-30 19:30:45 | 原発震災避難者


散歩



教えたり 教えられたりする時間は ・・・ どこにもありません。


つねに ・・・ 勉強です。






コメント

「 近くの神様 」 ・・・ 一人前

2013-03-30 17:36:20 | 原発震災避難者


散歩



「 遠くの神様 」には 気軽に頭を下げられる。



加えて

「 近くの神様 」に 頭を下げることができれば ・・・ 一人前です。






コメント

努力の足りない自分 ・・・ 不幸せ ・ 苦労

2013-03-30 15:00:40 | 原発震災避難者


遠足



この世に

「 不能 」 ・・・ という言葉はありません。

「 努力が足りない 」 ・・・ ということはあります。



「 努力の足りない自分 」 を認めないから ・・・

「 不幸せ 」とか 

「 苦労 」 という言葉が出てくるものと思います。






コメント

湯気 ・・・ その感覚

2013-03-30 12:00:10 | 原発震災避難者


散歩



温かいご飯一膳を食べるにしても

熱いみそ汁一杯をご馳走になるにしても

立ち昇る湯気 ・・・ を大事にしています。


・・・ その感覚が なんともいえずによいものです。






コメント

無能 ・・・ うれしいかぎり

2013-03-30 09:00:44 | 原発震災避難者


散歩



わたしはこのごろ

自分が無能であることがわかってきました。


・・・ うれしいかぎりです。






コメント

「 いじけそう 」

2013-03-30 05:07:09 | 原発震災避難者


散歩



「 いじけている 」 ・・・ というなら まだよい。


「 いじけそう 」 ・・・ という若者が 意外と多い。



これはまた どうしたことでしょうね ・・・ 。






コメント

焼けば灰 ・・・ 自分の寿命

2013-03-29 22:30:41 | 原発震災避難者


散歩



焼けば灰

・・・ 吹けば飛ぶ。


だれもが ・・・ 寿命を持っています。






コメント

万法一に帰す ・・・ ひねって痛い この自分

2013-03-29 21:00:07 | 原発震災避難者


散歩



万法一に帰す

・・・ すべての法は ひとつに帰する。


そのひとつとは なにか。



そのひとつとは

・・・ ひねって痛い この自分です。






コメント

生まれてきた理由

2013-03-29 19:00:23 | 原発震災避難者


散歩



この一個の私は なんのために生まれてきたか。


じゃまになるほど多い人間の中に

それを押しのけ かきわけて

さらに みなさんの迷惑になるために生まれてきたのか

・・・ それではいけない。


多くの人びとに

いじめられ

こずかれ

その人びとの餌食になるために生まれてきたのか

・・・ これでも悲しい。



この私が生ずることによって 無限の空間が拡がって行く

・・・ これでなくてはなりません。






コメント

弱い存在

2013-03-29 15:57:47 | 原発震災避難者


散歩



指先にトゲひとつ刺さっただけで ・・・

字も思うように書けなくなります。

気分までうっとうしくなります。


まったく人間とは ・・・ 弱い存在ですね。






コメント