負けてらんにぇ ! みんなでなんとかすっぺ !!

南相馬市から新潟県三条市へ集団避難→同市内の雇用促進宅に→2015.2~同市内の戸建に転居 妻と二人暮らし。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

良寛さん 14

2018-03-31 12:00:39 | 原発震災避難者




うらを見せおもてを見せて散るもみぢ



裏も表もすべて見せて散るもみじのように

私は散っていきます


裏をあの世

表をこの世とすれば

一枚の葉は

・・・ 表裏一体

・・・ 生死一如


そんなに悲しみなさんな



(貞心尼が

「生き死にのさかひ離れてすむ身にも

さらぬわかれのあるぞかなしき」

と詠んだ歌に対して

良寛がこたえた最後の言葉)


良寛さんといえば

かならず出てくることばですね


               (15につづく)






コメント

良寛さん 13

2018-03-30 21:06:29 | 原発震災避難者




生涯身を立つるにものうく

騰々として天真に任す



立身出世にも気が向かず

のんびりのほほんと

・・・ 自然のままに任せています


                (14につづく)






コメント

良寛さん 12

2018-03-30 17:02:27 | 原発震災避難者




道のべに菫(すみれ)摘みつつ鉢之子(はちのこ)を

忘れてぞ来しあはれ鉢之子



坊さんの全財産は一衣一鉢


鉢の子は自分の分身であり

自分の命そのもの


その大切な鉢の子を忘れてきてしまったよ


(鉢の子=托鉢のときに僧が使う木の器 鉢)


                   (13につづく)






コメント

良寛さん 11

2018-03-30 14:00:07 | 原発震災避難者




この宮の森の木(こ)したに子供らと

遊ぶ春日は暮れずともよし



子供たちは純真だけれど

その裏に悲しい宿命をいだいているかもしれない


こののどかな春の日が暮れないでほしいね


               (12につづく)






コメント

良寛さん 10

2018-03-30 10:39:48 | 原発震災避難者




瓢(ひょう)として浮雲のごとく

また西に去る



行こうと思って行かなくても

おのずから行くところはあるものです


(西=極楽浄土の方向 安らかな境地)


                  (11につづく)






コメント

良寛さん 9

2018-03-30 07:01:33 | 原発震災避難者




世の中にまじらぬとにはあらねども

ひとり遊びぞ我はまされれる



人にへつらったお世辞をいうよりは

一人で詩歌をよみ

書を書くくらしの方が

私には向いているようです


・・・ 良寛さんらしい言葉ですねぇ


                (10につづく)






コメント

良寛さん 8

2018-03-29 18:00:08 | 原発震災避難者




敬上憐下(けいじょうれんげ)



上を敬い下を憐れむ


含蓄ある言葉ですね ・・・


                (9につづく)






コメント

良寛さん 7

2018-03-29 14:51:07 | 原発震災避難者




心こそ心まどわす心なれ



心が迷う原因は

・・・ 心にあります


その迷う心を捨てれば

迷いもなくなりますよ


              (8につづく)






コメント

当たり前 3

2018-03-29 07:11:36 | 原発震災避難者




柳緑花紅(やなぎはみどり はなはくれない)



ある日

柳があるがままの緑色に

花はそのまま紅色に見える日がきます



真実をそのまま見るには

少しの勇気も必要です


柳は緑色でよし

花は紅でよし


それぞれが自分の色を持っていてよし

・・・ ということです






コメント

当たり前 2

2018-03-28 22:18:13 | 原発震災避難者




柳緑花紅(やなぎはみどり はなはくれない)



柳を描く時に

手にたくさんの色鉛筆を持ち

花を塗るにも

たくさんの絵の具を用意しました


この緑は

見えている緑ではないはずだ

あの人の言う言葉は

文字通りではないはずだ

もっと違う意味が込められているにちがいない



上から下から斜めから

疑って疑って検証して

信じることを忘れた日々


何をやっても少しはずれてしまっているのに

気づいたことはありませんか


                   (3につづく)







コメント

当たり前 1

2018-03-28 15:58:36 | 原発震災避難者




柳緑花紅(やなぎはみどり はなはくれない)



当たり前ということです


柳は緑色 花は紅色


ただそれだけの

ありのままの自然の姿こそが

真実だ ・・・ という意味です


                (2につづく)






コメント

良寛さん 6

2018-03-28 07:19:39 | 原発震災避難者




山かげの岩間をつたふ苔水の

かすかにわれはすみわたるかも



チョロチョロと流れる苔清水のように

私は ひっそりと澄みきった心境で

住んでいることですよ






コメント

良寛さん 5

2018-03-27 07:30:04 | 原発震災避難者




鮎は瀬(せ)に棲(す)む鳥は木に止まる

人は情けの下にすむ



人と人との心が通じなくなったら

鮎や鳥に笑われますね


               (6につづく)






コメント

良寛さん 4

2018-03-26 22:06:37 | 原発震災避難者




霞立つながき春日に子供らと

手毬(てまり)つきつつこの日暮しつ



子供たちは純真そのもの

良寛も童心にかえって

一日中マリつきをしていることです


               (5につづく)






コメント

良寛さん 3

2018-03-26 18:00:11 | 原発震災避難者




生あるもの

とりけだものにいたるまで

なさけかくべき事(こと)



ノミ シラミ 蚊にいたるまで

いのちあるものをすべて大切にしました


               (4につづく)






コメント