ネコ好きSENの洋画ファン

ワン5ニャン9と共棲。趣味は洋画と絵画。ライフワークは動物・野生動物の保護救済、金融投資。保護シェルターの設立をめざす

友だちじゃなかったんだね(さらに続き

2019-08-08 12:56:37 | ネコ大好き★

 

 

年齢を重ねると

友だちになるのは難しいようだ

 

もっと若いころは、気があったり話があったり、好みが同じだったりで

友だちになる。

 

用もなく会ったり、話したり

さっきまで会っていたのに

家に帰ってから電話するのもざらで

 

 

大人になると

みんな忙しい

 

用がなければ会うこともない

 

あの団体さんたち

数人は懇意に

 

考え方も一緒だし

がんばっているし

 

友人になろう、友人だ、と思っていた。

 

でも

こうしてみると

違ってたんだね

 

手足だったんだね

 

都合よく動く手足

それが欲しかったわけだ

 

それでいいんだし

じゅうぶんなんだけどね

 

もう少し深いところで付き合えているかな

 

思ってたこっちが馬鹿で

 

 

友人なら~~してくれる、と思ったのが間違い。

 

 

ぼくは要求したことがないし、

むしろ

いつも提供していただろう

 

 

いちどくらい考えてくれたってよかったのに

 

あの人、よくやってくれてる。

一度くらい要求があれば受け入れてやろう、

とか

ダメもとで当たってみようか、とか

友だちならあるはずの

寛容とか

やさしさ

 

 

微塵もなく

 

友人もどきみたいなこともなく

 

 

けっきょく

 

友だちは必要なく

 

都合のいい手足が欲しいわけで

 

それでいい

 

それでいいんだけど

 

ゲッコーが

「友だちが欲しいなら犬を飼え」と

言っていたが

 

ぼくの場合なら

「友だちが欲しいならネコと暮らせ」

 

なるほど

なるほど。

言い得ている。

 

なるほど。

 

 

 

 

 

コメント

あがいたがダメだった。(昨日の続き

2019-08-06 11:49:32 | ネコ大好き★

 

 

昨日の続きである。

 

昨日、おらは我慢しきれずとうとう

「〇〇を返してください。悲しくて何も手につきません」

とメールしたのだ。

 

いけないことだとわかっていたが

ほかにどうしょうもなかった。

 

 

そして、帰ってきてくれる、と儚い夢を抱いた。

(儚い(はかない)と夢、っていう字は似ているね。

いま気がついたよ

 

もしかしたら〇〇は帰ってきてくれる

から

きっと帰ってきてくれる

ぜったいに帰ってくる

と思った。

 

 

そして、数時間後

我が家のプロムナードに

団体さんの車が入ってきた!!

 

「〇〇が帰ってきた!」

 

飛び出すおいら、

しかし車から降りてきた団体さんは手ぶらだった。

 

「なんだ、手ぶらか」

「いいところにもらわれたよ。

若いご夫婦で、戸建ての家だし。こっちが言わなくてもすぐに写真を送ってくれてね」

 

 

アイパッドを開く団体さん。

確かにきれいな室内だ。

我が家と違ってゴミ一つ落ちていない。

 

〇〇の写真

見るだけで胸が苦しくなってくる。

 

みがかれた階段の途中で、こっちを見ている〇〇

ご飯をうまそうに食べている〇〇

 

だが

写真にうつる〇〇はとても幸せな表情とは言えなかった。

ぼくの家ではこんな表情はなかった。

 

 

「寂しい顔をしているじゃないか」

「そりゃあまだね。しかたがないでしょう。

でも二人ともすごく気に入ってくれて

この子は幸せだよ」

 

 

それはあんたが思う幸せなんだろう、と思った。

 

まいどまいどきれ~~~にお掃除が行きとどいてる部屋で

ご飯食べさせてもらえたら

あんたらのいう「ネコさんは幸せ」なんかね、と思う。

 

ひとりぽっちで幸せなんかね。

 

なにがなくたって

生まれ育った兄弟といっしょが一番いいに決まってるじゃないか。

ずっとずっと

いっしょで

ネコが大好きで飼い方のすべてを理解している飼い主と

大好きな兄弟と楽しく日々を過ごせるなら

その以上の最良なんてないじゃないか。

 

兄弟を飼っているおれが、これ以上は飼えない、っていうならしかたがないが

飼える、っていうのを

飼わせてくれと懇願するのを

飼わせないのは

子ネコのためでなく

あんたらの都合なんだろう。

 

まだ引き渡し時の翌日なのに「もう無理」というのは

ネコのためでなく

あんたらの面子なんだろう。

 

おれに相手の住所も電話番号も教えないのは

直接行動されたら困るからなんだろう。

 

 

この団体から抜けよう。

おれはもう辞めよう。

 

 

 

 

今頃さがしているだろう。

お兄ちゃんはどこにいるの

弟はどこにいるの

 

どうしていないの

 

泣いているだろう

 

そしてひとりぼっちで眠る

 

夕方

飼い主さんが帰ってきて

食事をし

愛撫をされて喉をならし

やわらかいベッドで眠る

 

だけどふと

夜なく蝉の声に目を覚まし

まわりをみる

 

誰もいない

どうしていないの

あの暖かな

優しいぬくもり

悲しさに小さな声をもらす

 

そして

何日かが過ぎ

似たような日々を過ごし

 

やがて

秋となり

 

涼しげな気配に目を覚ました時

ふとまわりをみる

 

なにもない

いつものように

なにもない

 

わたしは何を探しているのだろう

いつも

何を見たいのだろう

 

わからない

 

でも

前に何かあったような

それは何だったのか

確かにあったはずの

なにか心を濡らしたものが

それがなんだったのか

 

だんだん思い出せなくなる

 

もう

まわりを見ることもなくなる

 

日々に慣れ

生活に慣れ

 

 

でも

ときどき

なぜか

やわらかい日差しの中に

ふと

何かわからないものがこみあげてくる

 

それがなんなのか

思い出せないけれど

 

遠い昔

 

ずっとずっと遠い昔に

なにか

心が溶け込むようなぬくもりのあったことを

 

すぐ横に

優しい眼差しがあったことを

 

よくはわからないけれど

わからないけれど

 

思い出すのです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

つらくて悲しくて

2019-08-05 11:17:20 | ネコ大好き★

 

つらくて悲しくて涙が止まりません。

 

やらなければいけないことが山ほどあるのに

なにも手につかない。

 

 

それは、保護していた子猫を

里親に出したからです。

 

さいしょに、ぼくが協力している保護団体から

兄弟子ネコが二頭きて、

翌日のこりの一頭、女の子ネコがきました。

三人ともまだ生後一か月半ほどです。

 

 

女の子ネコはとてもこわがって、

二頭の兄弟に身体をおしつけてふるえていました。

 

ぼくは三頭をかわいがりました。

やせっぽっちで

まだ幼くて

こんな小さな子たちを捨てる人がいることが

信じられない。

 

 

名前も付け、

おいしいご飯と

飲み物

そして遊びの時間。

愛情たっぷりにかわいがっていました。

 

しだいに

その女の子ネコも徐々に徐々に慣れてきてくれて

一週間目あたり、ようやく触らせてくれるようになり、

十日を過ぎる頃に、抱っこして撫でると

目を細めてごろごろと喉を鳴らし、甘えてくれるようになりました。

 

 

三人子ネコは仲がとてもよく、

お姉ちゃんは弟の体をなめてきれいにしてあげ

身体の弱い弟も

目を細めて幸せそうに身体をゆだね

三人がいつもいっしょに重なるように寝ていて

元気いっぱいに遊んで

食べて

なにをするにも本当にほほえましかった。

 

 

それが

それが

先週

保護団体から電話があり

「三匹の里親探しを始めるので写真を送るように」と言われました。

 

ぼくはまだ早いと

とくに身体の小さな弟は動かすことが危険だ。

女の子ネコは怖がりで、ようやくなれたのに

また新しいところ(里親さんのところ)で最初から始めるのは厳しいと

返事をした。

 

すると

里親は探してもすぐには見つからない

時間がかかるから

よゆうをもって探したほうがいい。と言うのです。

 

 

そうかもしれない、

このご時世、そう簡単に見つからないだろうと

三日ほどおいて

しかたなく写真を何枚か送りました。

 

 

しょっちゅう三子猫の写真を撮っていたので

可愛く撮ってしまったので、また、それもいけなかったのかもしれない。

 

 

写真を送った後

ああは言われたものの

すぐに決まってしまうのではないかと不安になり

 

ぼくは身体の弱い弟、

他の二人に比してあまり遊ばない、

一番小さな男の子ネコを引き取ると

申し出ました。

 

この子の育成にはとても注意が必要で、他人に預けることが心配だったからだ。

 

だから

「〇〇は自分が引き取ります」と。

これはよかった。

 

間違いはこの後だ。

 

 

写真を送って、

 

まだ二日もたたないうちに

「女の子の里親さんが決まった」という。

 

早かった。

あっという間だ。

 

 

ぼくは、話が違うじゃないか、とおもった。

 

もう少し,人なれして、心が成長してから譲渡するのだと。

すぐには決まらない、と言ったじゃないか、と。

 

それにぼくは、自分で飼いたい、とも思い始めていた。

 

でもそこは、その里親さんは、

団体さんとも知り合いだそうで、ネコ好きの、申し分のない里親さんだと。

もう話は決まっていて、

明日取りに来る、と言う。

 

 

だから

ぼくは「その子も自分で飼いたい」と言うことができなかった。

なんか無言の圧力があって、飼いたいといえなかった。

 

 

なんどもなんども

里親さんによくない点があったらぼくに返してと頼んだ。

よくない点があるはずないだろうと思いながらも、なんとかぼくの意向をくみ取ってほしかった。

 

そして

ぼくはあわてて

「のこりの一頭(男の子ネコ)も自分で飼う」、と言った。

ぼくが言えたのは

その言葉だけだった。

 

 

女の子が連れていかれるまで

何枚も写真を撮った。

何十枚もとった。

 

その子もわかっているかのように寂しい顔をする。

泣きそうな顔をして、兄弟の体に顔をうずめている。

 

わかるのだ。

きっとわかっているのだ。

 

 

 

迎えが来たとき

その子は部屋から姿を消した。

 

ぼくは大声で探した。

探しながらも

出てくるな、隠れていてくれ、と願った。

 

そうしたら迎えに来た人を返せるから。

 

 

でも何度も名前を呼ばれたその子は

隅のほうから

出てきてしまった。

 

名前を呼べば出てくる子だった。

 

あんなに人間を怖がっていたのに

ぼくを信用して

なついて

呼ばれたら出てくる子だった。

 

 

ぼくは涙が止まらなかった。

取りに来た人が

泣いているぼくを見て

理解しがたい顔をしていた。

 

 

泣いているぼくに

「そんなに懐いているなら」

という言葉もくれなかった。

 

 

今はもういない。

二頭だけは確保した。

 

あの子のいない世界がさびしくて

悲しい。

悲しいよ。

 

ごはんも二皿

 

走りまわる姿も

一人足りなくて

 

あの子の存在がこんなにもこんなにも大きかったなんて

今更ながら

ただ

泣くばかり

 

 

あの子が一番悲しいだろう。

やっと幸せになれたのに

三人一緒で

もう離さないでと

ぼくに祈っていただろうに

 

見知らぬ地で

一人だ。

兄もいない。

弟もいない。

心落ち着く匂いと暖かいぬくもりもない。

 

 

ぼくのせいで。

ぼくの優柔不断なせいで。

 

 

 

ぼくには金もあるし

大きな家もある

 

その子を飼うことに

三人を飼うことに

まったく障害はなかった

 

なのに

こうなってしまった

手放してしまった

 

こんなに愛していたことを

いまさらながらに

 

心から愛し合っていた子を

 

 

もう返してくれとは言えない

 

止まらない涙で

残った二人の背中を撫でるだけだ。

 

こんご

もし団体さんからの希望で

子ネコを預かることがあるなら

 

ぼくは

所有権はぼくにある、

と約束を交わしてから預かることにする。

 

そして

ぼくが所有権を放棄した場合のみ

里親を探せる

という条件を付けることにする

 

 

でも

 

まだ

帰ってきてほしいと願っている。

なにか

懐かないからとか

先住ネコとうまくやれないから

とか

 

なんでもいいから

ぼくのもとに帰ってきてくれないか

 

お願い

お願い

 

帰ってきて

 

そうしたらもう二度と

ぜったいに

放さないから

 

 

 

 

 

 

   

  

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

ちょっと気になることが??

2019-08-01 10:04:37 | きみとのシーズン

 

すみません、

ここだけの話にしてほしいんですけど。。

 

ちょっと気になることがありましてね。

 

はい、

いつもの話とは違うわけですけど。

 

ちょっと。。。

 

あの。

心配をあおるようで本当申し訳ないって思うんですけど。

 

だから

そんな話は聞きたくないッ!ってひとは

ここでどうぞお読みくださるのを中止に。。。

 

いいって方だけ。。

 

 

あの。

 

 

 

本編に行く前に、というか本編はすでに書きあがっていたんですけどね

書き足そうと、下書き状態にしたままだったんですけど

緊急にお知らせしたいことがありまして、

ええ、

わたしのブログを読んでくださるみなさまに

緊急でお知らせしたいことがあるんです。

 

 

それは

ぼくが見た夢なんです。

 

夢です。

夢。

 

ただの夢。

 

ただの夢なんですけど

 

すごくリアルで、気になる内容だったので

ちょっと、ここに書かせていただきます。

 

 

直接的に関係のある人には、たいへん申し訳ないことかもしれません。

余計な不安を掻き立てるな!

おっしゃる通り、

ごめんなさい、です。

 

本当にごめんなさい。

 

 

でも、知らせておきたいというか

まあ、

耳半分に聞き流してくださいね。

 

 

ちょっと前に見た夢です。

 

 

それは、、、

 

ぼくは高台の豪奢なマンションに引っ越します。

居間も広く、レースのカーテンを揺らして大きな窓から光が差し込んでいます。

家具の調度品も輸入もので

まるでデラックスホテルのスィートのようです。

 

マンションは中庭も広く、

建物の周りが緑の自然にかこまれ、

天然の温泉なんかもあるみたいです。

そして

なんといっても目の前に広がる青い海!

白い砂浜につづく美しく青い海が光りを反射して輝いています。

 

 うれしい!

よかった!!

 

 

ですが

 

ですが

ぼくは次第に異和を感じていくのです。

 

大切な息子&娘がいない。(ワンとニャンのこと)

 

「おーーーい」

 

 

どこにいるのかと探していくと、

新築ゴージャスな部屋なのに、廊下に出るための裏ドアがやたらと古い。

黄ばんで、なんだか年代物のような古さ。

 

 

その裏ドアを開けると廊下が暗い。

 

どんよりとし、ずっと向こうまで暗い。

そして突き当りの壁がやたらと大きいのです。

 

不必要にでかい壁。

 

なんでこんなものがここにあるのだろう、と思う。

 

 

フェンスに手をつき、見下ろすと大きな公園

木々で覆われた緑の公園。

 

でも誰もいない。

 

誰も。

 

子供も。

四本足の動物も。。

 

 

公園だけでなく、どこにも誰もいない。

 

すると

そのとき

 

ぼくの頭の上のほうから

声が聞こえてきた。

 

はっきりと。

 

 

早くここから去りなさい

 

 

 

やわらかい、優しい女性の声です。

ゆっくりとした口調で語りかけてきます。

 

 

 

早くここから去りなさい

 

 

 

意味が分からない。

そもそも

声がするだけで姿が見えない。

 

でも、はっきりと聞こえる。

明るい日差しの中から、暖かな声が。

 

 

「来たばかりなのに。なんで」

 

 

ここはなくなります

 

 

「ええっ?」

 

 

すべて崩れます。

ここはすっかりなくなります。

 

 

 

どういうこと。

唐突すぎてにわかに信じられない。

ふと見ると

大きな壁に「平塚」と刻まれている。黒いはっきりとした文字で。

 

平塚?

 

「平塚が、ですか?」

 

 

そうです

平塚はなくなります

すっかりなくなります

早く去りなさい

一刻も早く去りなさい



 

そこで、ぼくはハッと目を覚ましました。

心臓がどきどきしていました。

夢だと気づいて大きなため息をつきました。

 

 

「平塚」

 

「平塚」

 

 

ぼくは、平塚がどういう場所かは具体的には知りませんでした。

 

 

神奈川県のどこかであることや、電車や車で通過したことはありますが

その地に降り立ったり、長く居たことはありません。

 

 

それで、

どういうところかとスマホで地図検索したら

神奈川県の

茅ケ崎のもっと先に平塚があり

目の前に、海・相模湾が広がっていて

ちょっとゾッとしました。

 

 

「地震か」

 

と思いました。

 

 

 

ただの夢の話、ですが

なんだかやたらと気になったので

ちょっと

書かせていただきました。

 

 

 

平塚にお住いのかた

不安をあおる様で申し訳ありません。

 

 

とりあえず

逃げ道の確保だけは

怠らないように

ヨロシクお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

SENのお金の悩み相談所その6

2019-07-12 15:11:15 | ファイナンス・インテリジェンス

 

 

みなさん、ハロ~~~~!!

もう暦の上では夏ですね。(肌寒いが

7月ですよ!!

今年も半分終わっちゃったわけで。

 

近況でいえば

パソコン買いました。

7使っとったんですけど、やたらと調子が悪くて。

 

SBIのトレーディング画面がうまく表示されず、

これには困ったとして。

問い合わせたらオペレータさんが、

「ああら、あーた、まだ7使ってるの? 7の対応はそろそろ終わるよう」

という感じで。

 

立ち上がりも遅かったり、アクセスしてもなかなか開かなかったりで

不自由してたとです。

 

で、

そんなこんなで新しいものにしたんですけどね。

これがまあ、データ移動がめんどくさいんですよ!

写真とか文書とか、印刷もしなくちゃなんなくて。

もう、なんのかんのって。

アプリとかもね、入れなおさなきゃならないわけですよ。

 

で、

わからず。

最新性って操作性もぶっ飛んでいて。

ぜんぜんわからない。

機能もすっごくってね、おじさんはそんなに使わんとです!

いらんです。

いらんとです!!!!

 

それでは前回のつづきです。

 

 

 

 

SENの不連続小説 その6

 

 

 

 

おれSENは

東京の郊外

倒壊間近の雑居ビルの 2階で「お金の悩み相談所」を営っている。

 

独身、彼女なし、借金あり。

スーツは一張羅で、

これをクリーニングに出すと1日中ジャージでいるしかない。

 

客はほとんど来ない。

細々と株投資をしながら、陽気なネコたちと過ごしている。

 

 

でも、

ごくたまに

客が来ることもあるのさ。

 

世知辛い世の中だもの。

それぞれの悩みを抱えながら。

 

 

 

 

 

「その話っていうのはね、

少し前の……ちょうど6月になった頃だったかな。

一日中しとしと雨が降っていて

肌寒くってね」

 

 

 

「今日もそんな感じだよね」

 

 

 

「もう少し寒かったねえ。

夜だったから……9時を回ってたかな。

いつもなら、客も来ないし、6時くらいに閉めるんだけど

たまたまその日は居たんだよ、野球を見てたりしてさ」

 

 

 

「今はドームだから、雨でも中止にならないよね」

 

 

 

「そうそう!

 

まあ、それはいいんだけど、そのとき、ドアフォンが鳴ったんだ。

小さい音で、テレビでホームラン打っていたら聞こえなかったんじゃないかってくらい」

 

 

 

「壊れてたの? ドアフォン」

 

 

 

「そうじゃなくて!

押す力が弱いんだろ。

押すのを迷ってたみたいなんだよ」

 

入ってきたのは男と女だった。

男が二十七、八歳くらい、女のほうはもうちょっと若いくらいのカップル。

傘がなかったのか髪とか服の肩あたりとか濡れていて

なんだかやつれているというか、疲れているというか、

若いのにさ、男のほうはやたら暗い感じ」

 

 

 

「ふうん……ここってお金の相談所でしょ。

もしかして借金取りに追われてるのかな」

 

 

「どうだかねえ。。

そういうのには来てほしくないけど。

 

男のほうは顔色が悪くて、白っぽいっていうかクリーム色というか

立っているのもきつそうで女にもたれてた。

やたら大きなコートを着ているんだけど、その下はパジャマみたいな。

ほら、袖の先とか、足の、コートの下のところから見えるじゃん。

縞柄のパジャマが見えたんだよ」

 

 

 

「夜逃げかな」

 

 

 

「ちょっと口を挟まないでくれる。

それでね、すわってくださいって言ったら、すぐにすわって。

その、きみがすわってる二人掛け用のソファ。

ふたりがぴったりくっついてるのよ」

 

少年は自分が座っているソファに目をやり、ちょっと顔をしかめた。

 

 

 

 

「夜分おそくにすみません、って女のほうが切り出した。

肩までの髪でおでこだして、灰色のトレーナーに紺のスカート、足元は

スニーカー。連れの男よりしっかりしてる」

 

 

すみませんけど、お金の相談ではないんです。

 

ほう、ではご用件はなんですか?

 

わたしたちの結婚の立会人になってほしいんです。

 

 

 

「け、っこんの立会人? どういうこと」

 

 

 

「いきなり言われて、おれも驚いちゃったよ」

 

 

 

別に立会人もいらんでしょ。

ふたりで結婚届に署名して、ハンコ押して役所に出せばいいんだし。

 

客の男がせき込んだ。

ものすごく激しく。

背中を丸め、肩を揺らし、とても苦しげだ。

 

 

おれはタオルをとり、ふたりにわたした。

女がタオルで男の髪や肩を拭いてやっている。

自分が濡れているのは全く気に留めず。

 

男は小さく呻き声をあげて、ソファの背にもたれた。

 

ライトに照らされた顔を見て、

さっき表情が暗く見えたのは目の下に深い隈ができているからだ、と気づいた。

 

 

 

 

 長いのでつづく

 

 

 

 

 

 

 

コメント