貢蕉の瞑想

青梅庵に住む貢蕉の日々のつぶやきです。

意味のないのものの・・・

2017-10-01 14:54:00 | 日記
意味のないのものの・・・

平成29年10月1日(日)

 今日は都民の日。

 昨日は柏の葉キャンパスへ、今日は有楽

町へと二日連続で都会へ出かけた。

 昨日は公設市場へ行き、昼食にマグロ

専門店で食事。マグロを堪能。

 表示もわくわく



 今日は、有楽町で買い物。主として食料

品を調達。軽い靴も手に入れた。

 青梅で二日過ごすのと、昨日今日の二日

間は、全く気分と疲労感が違う。

 都会へ行くと意識が全開。140%の力が

必要となる。

 田舎者の私などには、錯覚現象を呼び覚ま

すのだ。

 意味のないものとしての自然との違いか?



矢板市: 剣神社

 2017(平成29)年 5月18日

 平安時代末期、源頼義と義家が、前九年の

役で勝利し、ここに太刀を奉納したことか

ら、「剱大明神」と号したそうだ。

 その後、神社として当地に移される。

 この山から算出されるつるぎ石は、石灯籠

を初めいろいろ物に活用されたが、現在は

産出していないという。 

 石段を上ると、小さな社殿があった。



剣神社鳥居



剣神社の由緒など説明



平和の碑



剣神社社殿



参拝



 芭蕉の句碑は見当たらず。 

苔むして風情は残っていた。

コメント