ミューのガーデン日記

八ヶ岳南麓清里高原のペンション「ゲストハウスミュー」のブログです♪
庭の薔薇たちや猫のこと、清里暮らしの日々を・・・・

祈り・藤原新也展

2023年01月23日 | 日記・エッセイ・コラム
Eテレの日曜美術館で取り上げていたので、どうしても行きたいと思って世田谷美術館に行ってきました。
家に「藤原新也 東京漂流」の厚い本があってずーと気になっていますが、まだ読めずにいます。生活クラブ生協の「生活と自治」の裏表紙にエッセイと写真が連載されていて毎回楽しみに読んでいました。

沢山の写真があって展示するのが大変だったろうと思いました。
心惹かれたのは死に関する写真と文章でした。今月29日までです。

チケット売り場で私よりかなり年配と思われる方が「貴女には私が65才より若く見えますか」と職員と話しているのが聞こえました。65歳以上は入場料が割引になるのですが、年齢を証明するものが必要なのです。持ってくるのを忘れたのか、何か事情があったのでしょうか、私は複雑な気持ちで聞いていました。規則は規則なのでしょうが、何か良い方法がないものでしょうか。






お正月

2023年01月05日 | 日記
2023年が始まりました。
どうしようかと思う程いっぱいだった冷蔵庫と冷凍庫が空き空きにになってお正月が終わりました。食材がどんどん減って行き、食べる事は凄い事とあらためて思いました。

毎朝朝焼けの富士山が見え、穏やかな三が日でした。
今年こそコロナも戦争も終息し、平和でマスクなしの暮らしが戻ってくることを願います。

庭からの朝焼けの富士山

薪ストーブ(気持ちの良い暖かさ)


今年も落語会

2022年12月05日 | 日記・エッセイ・コラム
去年も同じ事を書いたようですが、今年も落語会が開催出来て
新しい年が迎えられます。
11月の最終土曜日に開催してもう13回目です。
今年の演目は「蔵前駕籠」と「猫の災難」
私は夕食の準備などがあるので落語を聞く事が出来ないのが残念です。
いつも隣の厨房で笑い声だけを聞いています。
夕食後、せたガヤ姉妹のライブで盛り上がりました。



食堂のテーブルにグリーンの毛氈を敷いて高座、後ろには高山の骨董屋で見つけた銀屏風。落語会が始まります。

ピンクのドレスのせたガヤ姉妹素敵!

トンビ

2022年11月22日 | 日記・エッセイ・コラム
今朝目が覚めて外を見ると隣の牧草地にトンビが次々と舞い降りてきました。
一羽・二羽・三羽・・・・数えると九羽。
こんなにたくさんのトンビが来るのは初めてでした。何かを啄むでもなく何をしているのかわかりません。一羽ずつ飛び立ってまた降りてきたりしていましたが、その内いなくなりました。
子供の頃、トンビが空中で輪を書いてその内急降下すると蛇をくわえて飛んでいくのをよく見ました。

トンビの思い出はお遍路をしていた時、高知県の海岸でトンビの群れと烏の群れが喧嘩をしていました。数で優る烏が勝ったのかトンビはいなくなりましたがあんな光景を見たのも初めてでした。一休みさせてもらった近くの家の方は、トンビには魚のあらに醤油をかけてあげると言われたことが印象深く時々思い出されます。

11月の富士山


11月の富士山(朝焼け)


今年の干し柿


ピッカピカ !

2022年10月30日 | 日記・エッセイ・コラム
いつまでこの仕事を続けられるか分かりませんが、長年使ってきたガスレンジを取り換えることにしました。
何度も部品を取り換えながら使ってきましたが、5年前ぐらいから部品がもうないと言われ、何とか工夫しながら使ってきました。食洗器の修理に来ていた業者さんに聞いてみたら同じようなのがあるという事で、カタログを送ってもらい買い換えることにしました。
半日で取り外し取り付けが終わり、新しいガスレンジが使えるようになりました。今までのは22年余使いました。新しいのも30年は使えるでしょう。
一番嬉しいのはガスの炎が均等に出ることです。そして自動点火!今まではチャッカマンで点火していました。なかなか点かなく、何度もカチッ・カチッとしなければならないのがとてもストレスでした。オーブンも温度計がついて無かったのでガス口の角度で温度調節、パンを焼くのも一苦労でした。
みんな解決してニコニコの日々です。あとはガスレンジ代分を働かなくてはなりません。

習慣は恐ろしいもので、レンジを使おうとするとチャッカマンが置いてあった所に手が伸びていることです。


22年間 有難う❣