美津島明編集「直言の宴」

政治・経済・思想・文化全般をカヴァーした言論を展開します。

「ホモソーシャル」というヘンな概念にしがみつく人たち (兵頭新児)

2014年11月27日 17時17分55秒 | 兵頭新児
*兵頭新児氏は、(正真正銘の?)オタクの立場から、フェミニズム批判を展開し続けているユニークな論客です。また日々、ツイッターでフェミニズム勢力と丁々発止のやりとりをしていらっしゃいます。現場感覚にあふれた、その論の展開をお楽しみください。(編集者より)



 お久し振りです、以前も幾度か、こちらにお邪魔させていただきました兵頭新児です。
 一般的な教養というものが欠落しているため、いつもいつも話題がオタク関連ばかりで申し訳ないのですが、今回もまた、オタクネタです。
 と言っても……『仮面ライダー』なら子供の頃好きだった、という方も多いのではないでしょうか。
 目下、togetterで以下のようなまとめが話題になっています。

竹熊健太郎「女性が見る特撮は私にとって特撮ではない。特撮魂が曇る。」 (http://togetter.com/li/749752

 上のまとめは目下で六万view近くを達成し、「注目のまとめ」に挙げられています。
 さて、確かに『仮面ライダー』と言えば、藤岡弘の男らしい演技が印象的です。
 何しろスポ根ブームの折でしたから強敵に敗れても特訓で必殺技を身につけ、己の身体だけを頼りに悪と戦っていました。
 翻って今時の平成『ライダー』は軟弱なイケメンどもばかりが幅を利かせ、特訓一つせず、オモチャ会社の要望もあって重火器で敵を倒すヤツらばかり……全くもって、許せん!
 そう、実のところ現時点でも最新作『仮面ライダードライブ』が放映されており、『ライダー』は現行のコンテンツなのですが、しかし近年では変身前を演じるイケメン俳優に主婦を中心に女性ファンの目が集まる傾向にあり、男性ファンにとってはいささか複雑な心境であるのもまた、事実なのです。
 が、見ていくとこの意見は、むしろオタク勢から集中砲火を食らっているようです。
 このような狭量な見方は女性蔑視でありけしからぬ、というわけですね。
 いかが思われたでしょうか。

 1.いや、そうは言っても『ライダー』は男の子向けであり、竹熊氏は正論を言っているのでは。
 2.いや、そうは言っても平成『ライダー』は主婦向けのイケメン俳優を使っているし、男性向けとばかりも言えないのでは。
 3.いや、心の底からどうでもいいっス。


 いろんな意見が聞こえてきそうです。
 まあ、それぞれもっともな意見ではあるし、3.が一番多い気がしますが……。
 しかしオタク界ではどういうわけか、

 4.イケメン目当て以外の女性ファンも大勢いるのだ。

 という意見が多くを占めているように思われます。
 上のまとめでも、そうしたスタンスが目立っていますよね。
 これは一体、どういうことなのでしょうか?
 いや、心の底からどうでもいいとお思いかも知れませんが、もう少しおつきあいください。

 ――上に「最近のライダーは許せぬ」と書きました。
 しかし、これもぼくのホンネの部分もなくはありませんが、むしろ「政治的に正しくない特撮オタク」として仮想され、糾弾される「ロートル特撮オタク」像をやや大げさに演じみたものです。
 どこの世界にも「政治的な正義」というものがあり、意識の高い人たちが「それに反する者」を場合によっては勇み足で仮構して糾弾する、という傾向はありますよね。例えばですが「ネトウヨはどうせ○○なんだろ!?」「サヨどもはどうせ○○なんだろ!?」と決めつけての批判など。
 本件の竹熊氏は、確かに「仮構」というにはいささか自業自得、というよりは「ネットでつぶやけば炎上することは目に見えているのに、ガードが甘いな」との印象は拭えません(竹熊氏はオタク界では有名な編集者、ライターであり注目を集めている人ですから)。
 が、必死になって「ワルモノ」を探し出して叩いている人が正しいのかとなると、それも疑問です。
 竹熊氏は

>女性が見る特撮は、私にとっては特撮とは呼べないのですよ。若手イケメン俳優が出る特撮は、その時点でイケメンドラマであって、「似て非なる何か」なのです。特撮ドラマの「主役」はあくまでミニチュアであり着ぐるみであり、光線やメカ、破壊と爆発でなければならんのです。漢の世界なのです。

 とおっしゃっていて「いや、メカや爆発が好きな女性もいるぞ」との批判を浴びているのですが、それにしたってそうした女性は少数派であることは、間違いないでしょうから。
 さて、実はこれに類したことは、オタク界では定期的に起こっており、今までにも映画評論家の町山智浩氏、特撮映画監督の樋口真嗣氏、ゲームクリエイターの安田朗氏、そしてぼくなどもやり玉に挙がりました。
 意外なことに上のまとめでは「ホモソーシャル」という言葉を見つけ出すことはできませんでしたが、こうした場合、やり玉に挙がった人物は「ホモソーシャル」だからけしからぬ、と批判されることがお決まりであるように思います。
 これは、近年リベラル界隈で多用されるようになったフェミニズム用語です。ウィキペディアを見ると、

>ホモソーシャル (Homosocial) とは、ホモフォビア(同性愛嫌悪)とミソジニー(女性嫌悪)を基本的な特徴とする、男性同士の強い連帯関係のこと。それ自体同性愛的なものでありながら、男性同性愛者を排除し、異性愛者同士で閉鎖的な関係を築く。

 とあり、何だかわかったようなわからないような概念ですが、とにかく「男ばかりで女を排除するのは差別的である」程度の意味として、理解しておけばいいように思います。
 しかし、上にもある「ミソジニー」という言葉が出てきた時もそうだったのですが、何というか、「言いも言ったり」との言葉が脳裏に浮かびます。
 ミソジニーも何も、フェミニストこそ男性嫌悪の塊だし、女性一般を考えても、男性一般よりも異性を嫌う傾向は強いでしょう。
 ホモソーシャルだってそうで、フェミニストこそ異性を排除しようとする心理の塊だし、女性一般を考えても、やはり男性一般よりその傾向は強いはずです。
 ある時、リベラル寄りと思しき男性がツイッターでケッサクなことを言っていました。

女性の方がホモソーシャリティが強いなどと主張する者がいるが、とんでもない。女性は男性に対してリソースを独占しているわけではないのだから(大意)」

 今度は「語るに落ちる」との言葉が脳裏に浮かんできます。
 果たして男性集団が女性集団に対して、リソースを独占しているかどうか、疑問です。殊に日本では大体、男性は稼ぎを妻に預けるのが普通なのですから。
 しかしそれを置くとしても、もし本当に男性がリソースを独占している事実があるなら、わざわざ「ホモソーシャル」などという造語をでっち上げる必要などなく、その事実を指摘してはっきりと「女性差別だ」と批判すればよいのです。
 これは、昨今のフェミニズムが「ジェンダーフリー」などを説き始めたことと、同根であるように思われます。
 均等法が施行されてかなり経つのに彼女らの思うように女性の社会進出が進まない。そこで彼女らは男社会には女性を阻む見えない壁が、「ガラスの天井」があるのだと強弁し始めました。
 いえ、どんな共同体でも新参者を阻む壁はあり、それはそれで批判されるべき点もあろうかとは思いますが、そこを「女性差別」であるとする短絡はやはり「強弁」と言っていいように思います。
 一方、このホモソーシャルという概念自体はイギリスの社会学者イヴ・K・セジウィック『男同士の絆』で唱えられたものですが、これはあくまでイギリス文学の分析であり、作者自身が世界的に普遍的かどうかについて留保をつけている概念なのです。
 いえ、そもそもこの『男同士の絆』は、恋愛小説に出て来る恋敵であるはずの男性同士にこそ絆があるように感じられると説く、何だか腐女子の同人誌みたいなものでした。セジウィックはそれをもって、「即ち女を男の共有財産と考えているのだ云々」といった苦しい論理を展開しているだけであり、それを企業社会批判に持ち出すのは後づけというヤツです。
 そして、その時点でも相当に疑問符がつくこの概念が、とうとうオタク社会での「異端尋問」のツールに使われるようになってしまったのです。

 とは言っても(他の人たちの件も多かれ少なかれそうなのですが)ぼくの場合は完全に、100%冤罪だったのですが……。
 問題は『機動戦士ガンダム』について、ぼくが何の気なしに「女性ファンが少ない」とつぶやいたことから起きました
『ガンダム』はロボットアニメに戦争映画的なドラマツルギーを持ち込んだ、言わば「アニメが子供向け文化から、青年文化へと成長しようとしていた」時期の作品でした。今まで正義のスーパーロボットが悪の秘密結社と戦う活劇であった「ロボットアニメ」は本作以降、二つの国家がロボットという兵器で武力衝突をする戦争ドラマとなったのです。
 オタクにとって『ガンダム』は聖書にも近しい存在であり、「ガンダムに女性ファンが少ない」との発言は、ある意味ではキリストの人種論争に近い、厄介さを孕んだものなのです。
 ――が、ここからが重要なのですが、実のところぼくは「ガンダムに女性ファンが少ない」などと言ってはいないのです。
 最初からご説明しますと、ぼくはあくまで「ガンダムの女性ファンは、ロマンロボに比べると少ない気がする」と言っただけだったのです。ところがこの「ロマンロボ」と「気がする」との言葉を削った表題でtogetterにまとめられ、そのために炎上してしまったわけです。

1stガンダムに女性ファンは少なかったと主張する兵頭新児氏とそれに対する反応(http://togetter.com/li/657745)」

 また、相手側のまとめだけではこちらが不利なので、ぼくがまとめたブログも挙げておきましょう。

「『ガンダム』ファンの女子は少ない気がすると言っただけで政治的論争に組み込まれちゃった件(http://ch.nicovideo.jp/hyodoshinji/blomaga/ar516165)」

 まず、「気がする」と言っただけのことを断言したかのようにまとめるだけでも卑劣極まりないことですが、「ロマンロボ」との比較である点についてカットしたことは、それに輪をかけて何重にも下劣です。
 マニアックな話題になって恐縮ですが、この「ロマンロボ」とは『超電磁ロボ コン・バトラーV』、『超電磁マシーン ボルテスV』などのシリーズを指す言葉なのです。いずれも敵役として人気声優の市川治氏が演ずる悲運の美形キャラが配され、多くの女性ファンを獲得していました。ぼくのつぶやきは『ガンダム』の敵役シャア・アズナブルが明らかに上の美形キャラの影響下にあるが、にしてはそれほど女性ファンが多いように思えない(いずれにせよ『ガンダム』は超メジャー作品ですから、数からすれば多いかも知れないが、比率的にそこまで多いとも思えない)との意味だったのですが、そこをねじ曲げて広められてしまったのです。
 ちなみに、上のまとめを作ったのは加野瀬未友
 オタク界ではかなり古株のライターであったように思うのですが、彼はまとめを作ると共にフォロワーたちに「兵頭は『ぼくたちの女災社会』という本の作者だから、上の発言も宜なるかな」などと触れ回っていました。聞くところによれば、このような愚劣なやり方は、彼の常套手段だと言うことです。徒党を組んで他人をバッシングするとは、さすがにホモソーシャルの批判者はやることが違いますね
 わけがわからないのは、加野瀬は上に挙げたぼくのつぶやきの直後、ぼくに対して

>その市川治氏が演じたハイネルに女性ファンがいっぱいいたという話はもちろんご存じですよね

 と質問をしてきたことです。ぼくはそれをまず前提にしているのだから、彼は最初っからぼくの発言をまともに読んでもいなかったのです。ここまでマヌケな発言をしてしまったら普通、尻尾を巻いて逃げ出し、相手に関わるのはやめそうなものですが、加野瀬は実に邪気なく上のやり取りをもまとめにも掲載しています。
 これはつまり、加野瀬は表題でミスリードを誘っているとは言え、まとめ自体はことさらにこちらの発言を恣意的に削ってはいないということでもあります。
 しかし、それでもそこをまともに読もうとする者は少なく、極めて多くの人間が兵頭を「ホモソーシャルなワルモノ」として罵ってきました。ぼくも、仮にどれだけ攻撃的であろうと話せそうな相手に対しては対話を持つよう努めたつもりなのですが、ついぞ話が通じることはありませんでした。
 その中にはオタク界では著名な人物もおり、いささか意気消沈させられました。 
 一例を挙げれば、上のまとめなどに直接関わってはいませんでしたが、原田実氏。彼がまとめを見て加野瀬に軍配を上げるつぶやきをしていたのがどうにも納得しがたく、事情を説明するメールを差し上げたのですが、反応はありませんでした。この方、「と学会」のメンバーで(またかよ!)いわゆる「偽史」を批判する本を何冊も出していらっしゃるのですが……ここまで読解力を欠いた方に、そうした研究ができるものなのでしょうか……?
 ちなみにこの件自体は半年ほど前のことだったのですが、実は数日前にも、蒸し返してきた者がいました。

兵頭新児 hyodoshinji さんに「チンポ騎士団」と言われて粘着されたのでまとめました(http://togetter.com/li/747135)」

 粘着も何も、一方的に蒸し返し、また上の「ロマンロボ」の件について「そんなものは後付けだ」と(こちらの反論を少しでも聞いていればあり得ない)思い込みでこちらを罵ってきたのは相手の方なのですが、こちらの反論に言い返せなくなるといきなり「チンポ騎士団*1とはどういう意味だ説明しろ説明しろ」と大騒ぎするというおよそ理解に苦しむメチャクチャさで、こうした人たちにとっては『朝日新聞』同様、「人工事実*2」を捏造してイデオロギーの異なる者を貶めることだけが正義であり、「客観的事実などケシ粒ほどの価値も持っていない」と信じているようです。

*1 ツイッターなどで「女性に下心があるため、女性の味方を演じる連中」を指す言葉です。彼らは当初から、この言葉で揶揄されておりました。
*2「ARTIFACT ―人工事実―」というのは加野瀬のブログ名です。

 さて、ここでもう一つ、根本的なことを説明しておかなければなりません。
 オタクという存在が、かつては世間ではあまり好ましいものとしては捉えられず、しかしここ十年ばかり、商業的な成功もあって比較的市民権を得だした――といったことは、何とはなしに皮膚感覚でおわかりいただけるかと思います。
 が、それは逆にぼくを含めた古株のオタクは、オタクが全く市民権を得ていない時期に青年期を過ごし、極めて強いルサンチマンを抱えている、ということでもあります(いえ、今の若い人たちも主観としてはさほど変わりはないとも思いますが……)。
 いい歳をして子供向けのアニメ(いかに『ガンダム』は違う、といったところでそれを補強してくれる論理やマスコミの援護射撃は、当時はありませんでした)を見ている、場合によっては女児向けアニメのキャラに「萌え」ているオタク少年は、クラスメートの少女にモテる存在では、どう考えてもありませんでした。
 それは本件で炎上してよりの、竹熊氏の発言が象徴しています。 

>本当は私、女性と特撮映画を見て、盛り上がりたいのです。世の女性と私では同じ特撮でも見てる部分が違いすぎるのです。「モスラ」の頭に乗っている紙粘土製のピーナツ人形や、『サンダ対ガイラ』でサンダが柿ピーのように人間を食べるシーンについて熱く語り合える女性に、私は会った事がないのです。

 これに対しても「お前がそんなだから女性にモテないのだ」とのツッコミが入っており、まあ、それはその通りなのですが、見ていて胸が苦しくなるようなツイートです。
 マニアに絶大な支持を受けている唐沢なをき氏という漫画家さんの、漫画界の舞台裏を描いた傑作、『まんが極道』(第一巻「センス オブ ワンダーくん)には「俺のことをわかってくれるSF好きの女性を彼女にしたいが、そんな女、いるはずがない!」と嘆くSF漫画家志望の青年が登場しますが、それを思い起こさせる話です。
 さて、上に書いた、ぼくを一斉に攻撃してきた人々は(これも印象論になってしまいますが)どうも男性が多いように感じられました*3。
 では、彼らは「オタク」でありながら「リア充」であった、つまり女性にモテる青春期を送り、ルサンチマンを抱いていないがために上のような主張をしているのでしょうか。
 いえ……ぼくにはそうではない気がしてなりません。彼らにも「非モテ」としてのルサンチマンがあり、しかしそれを発露することは彼らのグルに厳重に禁じられている。そこで、そうしたルサンチマンを露わにした(と、彼らが思い込んだ)者に対して一斉に正義の刃を向けることで、不満を逸らしている――そんな図式にぼくには見えます。
 それはまた、フェミニストたちの言いつけを守り「ジェンダーフリー」思想にひれ伏すリベラル男性よりも、どう考えても「男らしい男」の方が女性にモテるだろうになあ、という無常観とも、つながるように思います。
 魔女狩りにあって宗教裁判で処刑された者も、そして教会の覚えめでたくなるために密告をした者も結局はモテない……神も仏もないとは、このことです。
 これはまた、前回にお話しした、東浩紀氏がオタクに対し「ホモソーシャル」、「ミソジニー」、「マッチョ」、「ネトウヨ」といったレッテル貼りを実に熱心に、極めて薄弱な根拠で行っていた件をも連想させます。
 結局、彼らは

「女性を排除するホモソーシャリティという絶対悪が厳然と存在している、していなければならないのだ」→
「だから女性のファンを排除する者を見つけ出し、抹殺しなければならないのだ」


 という幼稚な政治性に取り憑かれているのです。
 しかしオタク界が全体として、女性に排他的かとなると、それは非常に考えにくい。
 現にアダルト物含め、「萌え」系の漫画家さん、イラストレーターさんに女性は大勢いるし、女性作家が(女性であるからとの理由で)叩かれる傾向がないとは言いませんが、同時に女性であることが売りになる局面だって多いのですから。
 繰り返しになりますが、(竹熊氏の件は彼にも非がなかったとは言えないとはいえ)本件は自らのルサンチマンを見透かされたくないが故に、隣人を密告して魔女裁判にかけるといった抑圧的な不健康さを感じる事例でした。
 しかしこうした抑圧的な「教義」を、事実を捏造してまで守ることに、どこまでの意義があるのか、それは極めて疑わしいと言わざるを得ません。
 ぼくたちは、「女性が男性性を身につけることは絶対的に好ましいこと」という、政治的正義をもう少し、疑ってみるべきではないでしょうか
 ぼくには、アファーマティブアクションなどによって女性の管理職を増やさねばならないのだとの感受性の主こそが、一面では主婦や女性性を差別しているように、そのような論者こそが、どこかで女性を見下しているように思えてなりません。

*3 一方、とある腐女子ライターさんが本件について言及していたので、上の「ロマンロボ」についてなど事情を説明したところ一発でご理解いただき、またこちらが恐縮するような丁寧な謝罪の返事をいただいた、との一幕もありました。
「女性の理解者」たらねばと必死の形相で勇み足を踏んでいる彼らに比べ、こと本件については女性の方が常識的であったように思われます。
コメント (2)

大江健三郎『ヒロシマ・ノート』を埋葬する(その2)

2014年11月04日 08時43分24秒 | 戦後思想

ノアの方舟

大江健三郎『ヒロシマ・ノート』を埋葬する(その2)

フェイスブックで、当論考の「その1」アップの告知をしたところ、ある方からとても興味深いコメントをいただきました。

同じ陣営であるはずの左翼からでさえも、大江氏の政治言説は荒唐無稽過ぎて相手にされていない、というのです。世間知らずにもほどがある、絵に描いたような左翼小児病である、お花畑のおしゃべりはいい加減にしてくれ、というわけです。言われてみればさもありなんと思います。

では、そんな取るに足りない稚拙な思想的内容しか有しない大江政治言説を、いい歳をした大人が大上段に鉈(なた)を振り下ろすように批判するのはむなしいし、あまり意味がないことなのでしょうか。

自分なりに虚心に考えてみましたが、そうでもなかろう、と思われるのですね。

稚拙な政治言説を弄する大江氏は、他方で、文学者として押しも押されもしない超大物であり、超有名人であり、また、それにふさわしい文学的業績を残してきた人物でもあるのです。その場合、彼の文学外の発言は、稚拙であればあるほど、無内容であればあるほど、すなわち、人類的視野を強調したものであればあるほど、氏の文学の心酔者たちの深読みや、氏の高名をなんとはなしに有難がる権威主義者たちの誤読を誘発する、というメカニズムが生じることになるのではないでしょうか。″あの偉大なる文学者・大江健三郎の政治言説なのだから、素晴らしいものであるに違いない。一見、平凡なことを言っているようでも、実はそこに氏の深い思想や思いがこめられているはずなのだ″というわけです。そういう心的なメカニズムが働くことによって、大江・政治言説は、《権力》となります。その権力を利用しようとする不逞の輩の悪だくみは、断固阻止しなければなりません。そのためには、元を断つ必要があります。「王様は裸だ!」と言い放つ必要があるのです。そうして実は、大江氏本人が、そのような「不逞の輩」の最たるものなのではないかと、私は下司の勘ぐりをしているのですね。

ちょっと大げさにいえば、私がしているのは、そのような悪しき政治言説の不当な権力を撲滅するための、ペンによる闘いなのだ、と自分を奮い立たせておきましょう(いま妻が、私の背中に「遊んでいないでちゃんと働きなさい」という言葉の矢を放ちました。相変わらずの、時速一六〇キロ級の剛速球です。「義のために死ぬ気で遊ぶ」という太宰治の言葉をそっと噛み締める私を笑ってお見逃しください)。

大江氏の荒唐無稽な原爆本質論
氏が、原爆の本質についてどういうことを言っているのか。次をごらんください。

広島の原爆は、二十世紀最悪の洪水だった。そして広島の人々は、大洪水のさなか、ただちにかれらの人間世界を復活させるべく働きはじめた。かれらは自分たち自身を救済すべくこころみ、かれらに原爆をもたらした人々の魂をもまた救助した。現在の大洪水、凍結しているが、いつ融けて流れるかもしれない全世界的(ユニヴェルセル)な大洪水(デリュージュ)、すなわちさまざまな国家による核兵器の所有という癌におかされている二十世紀の地球の時代においては、広島の人々が救助した魂とは、すなわちわれわれ今日の人間の魂のすべてである。

正直に言いましょう。このくだりをはじめて読んだとき、私は呆気にとられました。そうして、こういう馬鹿げたまったく実感の伴わない考え方がどこをどうやったらひねり出せるのか分からなくて、大江氏の頭のなかを覗いてみたくなりました。

全世界的な規模の大洪水と言えば、私たちは『旧約聖書』のノアの方舟を思い浮かべます。唯一神ヤハウェは、人間世界が堕落と暴力に満ちていることに心を痛め、大洪水を起こして、ノアの方舟に乗り込んだ人々以外のすべての人類を滅ぼしてしまいました。人類にやり直しを求めたのですね。広島の原爆は、そういう意味での人類史的大洪水である。そう大江氏は言っているのです。つまり原爆が、堕落した人間世界に対する神罰に擬せられているのです。驕り高ぶりの極に達した人間世界は、原爆という清算によって一度は滅び、神に選ばれた「広島の人々」によって再構築されるべきである、と。

壮大なスケールの原爆イメージ、さすがは大文学者・大江健三郎だけのことはある、と言いたいところですが、みなさん、この話、どこかおかしいとは思われませんか。何かが巧妙に回避されている物言いであるような気がしませんか。

それは、当時の米国大統領トルーマンを頂点とするパワーエリートたちが生々しい権力意思によって広島・長崎への原爆投下を決定した、という厳然たる歴史的事実です。それを回避して原爆について語ろうとするので、「広島の人々」が多大な犠牲と被害から立ち直ろうとすることによって、原爆を投下したトルーマンやバーンズやグローブズやらの魂を救った、などという荒唐無稽で稚拙なことを語ってしまうのです。そう面と向かって言われたら、当のトルーマンは目が点になってしまったことでしょう。

その歪んだ原爆観の出どころ
では、大江氏はなにゆえ、そのような厳然たる歴史的事実を回避しようとしたのでしょうか。その理由は、次の三つではないかと思われます。

①反国家の立場をキープしたいから
②アメリカに対する「大袈裟な許しのポース」を示したいから
③「広島の人々」を特権化したいから

ひとつずつ説明しましょう。

まず、①の「反国家の立場をキープしたいから」について。当たり前のことですが、当時の日本はアメリカと戦争をしていました。戦闘状態にあったわけです。だから、無辜の一般国民に対するホロコーストとしての原爆投下や東京大空襲は、明白な戦争犯罪なのです。つまり、トルーマン大統領をトップにいただく当時のアメリカ国家は許されざる戦争犯罪に手を染めたのです。その意味で、日本国民は明らかにその被害者であり犠牲者なのです。それゆえ日本国民は、そのことに対して異議申し立てをする権利をそっくりそのまま保持しているのです。この分かりやすい話は、国家や国民の枠組みを前提とし、それを鮮明に打ち出すことになります。そういう事態は、反国家の立場をキープしたい大江氏としては、どうしても避けたかったのでしょう。だから、大洪水などという絵空事のメタファを持ち出したのでしょう(本当にそれを信じこんで主張したのなら、それこそ単なるバカです)。これでは、原爆投下の責任の所在があいまいになってしまいます。「魂を救う」ことが原爆の最大のテーマになるなんて、ちょっとズレすぎです。本人としては、もしかしたら俗人のレベルを凌駕しているかのような自己陶酔に浸ることができたのかもしれません。それとも、人類の苦悩を一身に背負って苦しんでいるかのようなポーズを作りたかったのでしょうか。

では大江氏は、なにゆえ反国家の立場に固執したのでしょうか。戦後の日本では、反国家・反権力のポーズをとることが知的であり良心的である証しとされてきました。おそらく大江氏は、″まわりから知的であり良心的であると見られたい″という内なるスノビズムに抗しきれなかったのではないかと推察します。大作家としての過剰な自意識がしからしめたのかもしれません。

次に、②の「アメリカに対する『大袈裟な許しのポーズ』を示したいから」について。私は、「その1」で、″耐えがたいほどの屈辱を受けた者は、屈辱を与えた当の相手に対して大げさな許しのポーズを示すことで、相手に対して精神的に優位に立ったと思いたがる″と申し上げました。大江氏の言語的身ぶりは、その倒錯心理に促されたものであるような気がします。そのことは、「広島の人々」が多大な犠牲と被害から立ち直ろうとすることによって原爆を投下したトルーマンの魂を救った、というトルーマンでさえも当惑してしまうに違いないような誇大妄想に端的に示されています。

大江氏は、自分がそのような倒錯心理に促されて言説を展開していることについて、おそらく無意識的なのではないかと思われます。なぜなら、そのことについて自覚的であるならば、同じ心理に促されてルメイに勲章をくれてやった当時の日本政府に対して憤る資格が自分にないことに当然気づいたはずであるからです。つまり、当時の日本政府と大江健三郎氏は、一見正反対の立場にあるようですが、実は被屈辱者の無自覚な倒錯心理を有する点では同じ穴のムジナなのです。

この事実が意味するところは、極めて深刻です。というのは、日本政府と大江健三郎氏が共有する倒錯心理は、決してアメリカに歯向かわないことによって担保されているという意味で、占領軍の検閲機能がその精神構造の深部に埋め込まれていることを含意するからです。占領軍による検閲は、日本が二度とアメリカに歯向かわないことを目的としています。だからその完成形は、被占領者がアメリカに歯向かう心理的な傾きを自ら禁圧するようになることと言えるでしょう。すなわち、日本政府や大江健三郎氏の振る舞いは、占領軍の検閲システムの完成形なのです。ところが大江健三郎氏は、たびたび日本政府を担う自民党政権に対する嫌悪の念を表明しています。つまり、彼としては日本政府と対立しているつもりでいるわけです。それは、支配者であるアメリカからすれば、「devide and control」 (分断統治)が日本国内でうまく機能していることの喜ばしい証となりましょう。極めて深刻、と申し上げた理由がお分かりいただけたでしょうか。

③の「『広島の人々』を特権化したいから」に話を移しましょう。これについては、「その1」でいろいろと申し上げたので、その詳細についてあらためて語るまでもないでしょう。大江氏が、弱者のルサンチマンの有する陰湿で不健全な屈折した内なる権力志向を満たすうえで、現実の国家の生々しいせめぎ合いを超越したかのような気分に浸りながら原爆を神罰としてイメージすることが極めて好都合である、ということです。「広島の人々」の観念上の黒子として、大江氏は、彼らとともに原爆という神罰を喰らった人類のさまよえる魂を救うという壮大な精神的偉業を成し遂げることになるのですから。私が絵空事を言っているのではありません。それを言っているのは大江氏であって、私はそれを祖述しているだけなのです。事実大江氏は、広島の人々を「聖者」と呼んでいます。そうして自分はそれに同伴する者である、と。

当然のことですが、いま述べた①の反国家・反権力マインドと②の被屈服者のゆがんだ倒錯心理と③の陰湿な弱者の権力志向とは、大江氏の心のなかで複雑に絡まり合っています。それらを三つの要素として取り出してみたまでです。

浅はかな人間洞察
大江氏は、以上のような荒唐無稽な原爆観を開陳したうえで、原爆投下の責任者に関して、次のような、驚くべき心理分析をしてみせます。

原爆を投下したアメリカの軍事責任者たちが、広島市民たちの自己恢復力、あるいはみずからを悲惨のうちに停滞させておかない、自立した人間の廉恥心とでもいうべきものによりかかって、原爆の災厄にたか(″たか″の二字に傍点あり――引用者注)をくくることができたのであろうことを僕はたびたび考える。しかし、もっと広く、われわれ人類一般が、このように絶望しながらもなお屈服しない被爆者たちの克己心によりかかって、自分たちの甘い良心を無傷にたもつことができたのであることも、われわれは忘れてならないであろうと思う

こういうのを、世間では寝言といいます。大江氏はここで、おおむね次のように言っているのです。すなわち、″トルーマンは、原爆の悲惨さに屈しない広島市民たちの自己恢復力に期待し、安心して広島に原爆を投下することに決めたのだ。また、人類が甘い人道主義の夢に浸っていられるのも、広島市民のおかげである″と。トルーマンは、原爆の破壊力を十分に知っていたからこそ広島に原爆を投下することに決めたのであって、投下した後、広島市民がその破壊力に屈しないことを信じていたから安心して原爆を投下したわけではありません。そんなことなどおそらく一秒も考えなかったでしょう。当時のトルーマンの心を占めていたのは、ソ連がいち早く対日参戦を宣言することによって、日本が早々と降伏してしまい、原爆の驚異的な破壊力を全世界に知らしめる機会を失ってしまうのではないかという不安でした。″そんなことでは、アメリカが戦後の世界政治でリーダーシップをとれなくなってしまうではないか。また、議会に対して、原爆製造のために二〇億ドルつぎ込んだ言い訳ができなくなるではないか″というわけです。

大江氏は、政治のリアリズムにまったくその想像の触手が伸びていません。かすりもしていません。そこには明瞭に、大江氏の人間洞察の浅はかさが示されています。それは、端的に言えば、無残というよりほかはないでしょう。しかし本人は、広島市民の崇高な精神に身を寄せた気でいるのですから、いい気なものです。氏はおそらく「文学的想像力」の意味を取り違えているのでしょう。″生々しい政治の現場で示される赤裸々な人間心理のおぞましさから目を覆い、おのれの青白い妄想をふくらませるだけふくらませることこそが文学的想像力なのである″と思い込んでいるのでしょう。そうとでも解釈しなければ、ここに示されている、人間洞察の致命的な浅はかさが説明できません。ノアの方舟をのこのこと持ち出してきたって、どうしようもないものはどうしようもないのです。

放射能への恐怖心を煽るのはよくない
大江氏は、原爆の悲惨さを強調するために、読み手の、放射能への恐怖心を煽っているとしか思えない物言いをしています。該当箇所を引きましょう。

原爆後の広島の土地には、七十五年間、草が生えることはないと予言する声のあったことが記録されている。この声の主は性急なあやまちをおかした愚かな予言者だったか? むしろ、かれこそが、もっとも率直な、限界状況の観測者だったのである。かれの予言はすぐさまくつがえされた。夏のおわりの雨はこの荒廃の土地にすぐさま新しい芽生えをうながした。しかし、より深いところで真の破壊がおこなわれていたのではないか?僕は、顕微鏡によって拡大された葉の細胞が、なんとも表現しがたい微妙なみにくさに歪んでいるオオイヌノフグリの標本をみて、傷ついた人間の肉体を見たとおなじ、なまなましく本質的な嘔吐を感じたことを思いだす。じつはいま緑に茂っている広島のすべての植物が、あのように致命的な破壊をこうむっているかもしれないではないか?

そう述べたうえで、大江氏は、原爆症が子孫に遺伝する懸念について何度も触れ、原爆と放射能の恐怖を執拗に強調します。視えない放射能についての、このような非科学的で冷静さを欠いた感情的な煽りは、百害あって一利なしの、どうしようもなく困った代物です。人騒がせにもほどがあります。

例えば、長崎大学・原爆後障害医療研究所のHPには以下の記載があります。すなわち、

①被爆による遺伝的な影響はいままでのところ証明されていない。
②100ミリシーベルト以下の被ばくについては、現在までのところ、がんになるリスクが増加することは証明されていない。
http://www-sdc.med.nagasaki-u.ac.jp/abdi/publicity/radioactivity_qa.html#a04

放射能や原爆症の遺伝的な影響というナーバスな問題について、このような冷静で慎重な発言こそが求められているのです。なぜなら、大江氏のような不用意な発言は、放射能への過剰な恐怖心を煽ることで、事態への合理的で冷静な対応を著しく困難にするからです。私たちは、マスコミや反原発知識人による、一般国民の放射能への恐怖心に対する無責任な煽りによって、福島原発問題や原発再稼働問題の解決が著しく困難にされてしまっている現状を目の当たりにしています。大江氏は、そういう無責任な煽りのパイオニアだったのです。五〇年前の自分の感情的で過剰な発言の後に判明した科学的知見を本書に追記などの形で盛り込んだり、それらを織り込んだ論考をあらたに発表したりすることを、大江氏がネグレクトしてしまっていることからもそう言えるのではないでしょうか。私には、大江氏がひとりの物書きとして信じられないほどの不誠実な対応をしているように映ります。

文学で成功した文体を政治言説にそのまま持ち込むことの問題点や、中国の核兵器保持に対して半ば賛意の表明をしていることの奇妙さなど、言い残したことはまだあるような気がしますが、大事なことはもう言い尽くしたような気がしますので、このあたりで筆をおこうと思います。

最後に、ふたたび若い人たちへ。このように愚劣で傲慢で無内容で百害あって一利なしの『ヒロシマノート』を読んで、「原爆の被害がこんなにひどいものだったとはまったく知らなかった自分が恥ずかしい」などと妙な反省心を起こして、バカな自己卑下の人生に足を踏み入れる愚を犯さないようにしてください。それは悪質なカルトに入信するような振る舞いなのです。反日教の先達たちを悦ばせるだけの、そういう無残な被害者をひとりでも少なくするために、大江カルト思想は、前時代の遺物として、歴史博物館に埋葬されなければなりません。その時期はいまなのです。

あなたはあなたを理屈抜きに生き生きとさせる何かにためらわずに打ち込めばいいのです。命短し、人間いずれは無縁仏になるのですから。


参考文献
・『ヒロシマノート』(大江健三郎 岩波新書)
・『なぜアメリカは日本に二発の原爆を落としたのか』(日高義樹 PHP文庫)
・『冷戦の起源 戦後アジアの国際環境Ⅰ』(永井陽之介 中公クラシックス)
・『原爆を投下するまで日本を降伏させるな』(鳥居民 草思社)
コメント