すちゃらかな日常 松岡美樹

すちゃらかな視点で世の中を見ます。

【2019-20プレミア展望】野獣・マンUは番狂わせを起こす(ただし気分が乗れば)

2019-08-22 06:55:58 | 海外サッカー
カギはメンタルと相手との相性だ

 誤解を恐れずに言えば、マンチェスター・ユナイテッドは獰猛な野獣の集団だ。それだけに平均点の仕事ができず、出来不出来の非常に激しいチームである。

 ではなぜそうなるのか? それは彼らが2つの要素に大きく左右されるからだ。(1)モチベーション(メンタル)と、(2)相手チームとの噛み合わせである。

 その意味で2019-20シーズン・プレミアリーグ第1節のチェルシー戦(4-0)と、第2節のウルブス戦(1-1)は今季の彼らを占う上で貴重なサンプルになるゲームだった。

マンUはカウンターのチームである

 まず大前提として、ユナイテッドはカウンター型のチームである。そして4-0で圧勝した相手のチェルシーは、ポゼッション型のチームだった。ゆえにこの試合では、噛み合わせ的に「盾と矛」の関係が成立した。

 つまりカウンターが得意なユナイテッドにとって、チェルシーのようにパスをつないでポゼッションしてくるチームはやりやすい相手なわけだ。

 流れるようなパスワークで前にかかって攻めてくるチェルシーの背後には、広大なスペースがたっぷりある。ユナイテッドからすればボールを奪い、カウンターをかければ、このスペースを使うことができる。

 フィニッシュが甘く攻撃を完結できない今季のチェルシーは、こうしてボールを奪われユナイテッドの格好の餌食になった。

 獰猛な野獣の集団であるユナイテッドは、チェルシー戦のように1点、2点と得点を連取し、相手が血しぶきをあげてのたうち回るのを見て、ますます精神が高揚する。いよいよメンタルが上がり、ゴールするたびに味方同士が集団で抱き合い喜びを爆発させる。5~6人の選手が繰り広げるユナイテッドのあの抱擁の塊は、さながら野性的な原始の儀式を思わせる。

 相手チームとの噛み合わせがハマり、モチベーションが上がって激しい肉体の競り合いになれば劇勝する。これが野獣ユナイテッドの勝ちパターンである。

気勢が上がらない「盾と盾」の関係

 一方、ユナイテッド戦を1-1の引き分けに持ち込んだウルブスは、ユナイテッドと同じカウンターのチームである。ゆえに噛み合わせ上、前半はユナイテッドが仕方なくポゼッションしていたが、得意でない戦い方だけにパスのつなぎがぎこちない。

 しかも自陣に引きこもり、守備ブロックを作って待つ専守防衛のウルブス陣内にはチェルシー戦のようなスペースがまったくない。

 ユナイテッドはボールを持たされ、苦手な戦い方を強いられたあげく、敵陣には自分たちの好物であるスペースがないのだ。当然、試合運びがギクシャクし、思ったように攻められない。展開のしかたも雑だった。

 これではさっぱりメンタルが上がらない。高揚感がない。チェルシー戦のようなノリノリの展開ならば疲れていても「出るはずの1歩」が、出ない。「まあいいか」と足を止めてしまうーー。これでは勝てるはずがない。かくてウルブス戦は、まんまと引き分けに仕立て上げられてしまった。

5位、6位あたりが指定席か?

 さて、ここから導き出せる今季ユナイテッドの行く末はどうか? まずマンチェスター・シティやアーセナルなど、格上、または同格でポゼッションしてくるチームとは案外いい試合になるだろう。

 まあ圧倒的な王者シティに勝てるとは思えないが、それでもユナイテッドのカギになるメンタルの盛り上がり、精神の高揚さえ試合で呼び起こすことができれば何が起こるかわからない。中心選手のポグバが典型だが、彼らは気持ちさえ乗れば奇跡も起こせる(が、気持ちが乗らなければヤル気のない凡百のチームに成り下がる)

 一方、ウルブスのようにビッグ6をうかがう中位のチームが守備的な戦いをしてくれば、ユナイテッドはけっこう苦戦するだろう。実力がそう変わらない上に、戦い方がまったく噛み合わないのでは苦しい。

 ただし下位のチームがゴール前にバスを停めてディフェンディングサードにブロックを作るようなやり方をしてきたとしても、さすがに下位なら力の差があるだけに何とかしてしまう可能性は高い。

 とすれば総合的に考えれば、シティやリバプール、トッテナムには勝てなくても、それを追う第二グループを形成する5位、6位あたりがユナイテッドの指定席になりそうだ。

 いやいや、気持ちがグイグイ乗り、上位を食いまくる彼らの暴虐的な野生の戦いが本当は見たいのだが……と個人的な希望を最後に書き添えておこう。
コメント

【プレミアリーグ】早くも開幕のヤマ場がきた 2019-20/第2節~マンチェスターC 2-2 トッテナム

2019-08-19 07:52:56 | 海外サッカー
両者一歩も譲らず

 第2節にして早くも優勝決定戦のような切迫した展開になった。マンチェスター・シティは1試合を通じてハイプレスをかけ続け、トッテナム・ホットスパーのビルドアップを制限する策に出た。

 シティの5レーン戦術と、ライン間でボールを受ける動きにトッテナムが幻惑されやや後手を引いたが、どちらが勝ってもおかしくない引き締まったいい試合だった。

 シティのフォーメーションは4-1-2-3。スタメンはGKがエデルソン。最終ラインは右からカイル・ウォーカー、オタメンディ、ラポルト、ジンチェンコ。アンカーにはロドリ。インサイドMFは右がデ・ブライネ、左がギュンドアン。3トップは右からベルナルド・シウバ、アグエロ、スターリングだ。

 一方、トッテナムのフォーメーションは4-2-3-1。スタメンはGKがロリス。ディフェンスラインは右からカイル・ウォーカー・ピータース、 アルデルヴァイレルト、ダヴィンソン・サンチェス、ローズ。セントラルMFはウィンクスとエンドンベレ。2列目が右からシソコ、ラメラ、エリクセン。ワントップはハリー・ケインだ。

敵のウラをかく巧妙なフィニッシュ

 試合の立ち上がりから、シティが激しくハイプレスをかけてトッテナムのビルドアップを壊そうとする。

 逆にシティのビルドアップに対しては、トッテナムは守備時に4-4-1-1へ変化しミドルプレスでパスコースを制限する対応をする。トップ下のラメラが、シティのアンカーのロドリを見ている。

 シティの1点目は前半20分だった。シティは左サイドから最終ラインに落ちてきたボールを今度は右サイドに展開した。まずCBオタメンディが右WGのベルナルド・シウバにパス。シウバは寄せてきたデ・ブライネにボールを落とし、デ・ブライネがダイレクトでアーリークロスを入れる。

 これに対し逆サイドに走り込んだスターリングが、どフリーのヘッドでファーサイドに叩き込んだ。スターリングは前節のハットトリックに続き早くも4ゴール目だ。彼はボールのある(シティの)右サイドを見ている敵DFの背後から、死角を突いてうまくライン裏に走り込む動きをした。好調だ。

 一方、トッテナムも負けじとその3分後に追いつく。セントラルMFのエンドンベレがトップ下のラメラに縦パスを入れ、ラメラは軽く運ぶドリブルをしてからゴール中央、ボックスのすぐ外から左スミにきれいなシュートを決めた。

 このときは前にいたエリクセンが、マーカーを引っ張ってラメラのためのスペースを作った。このエリクセンの動きが、ラメラにフリーでシュートを打たせる事前の仕込みになった。

 両チームのこれら1点目を見ると「シュートってこんな簡単に入るのか?」と感じさせるが……それだけ完全に敵のウラをかいた巧妙なフィニッシュだったということだ。

シティの5レーン戦術が威力を発揮する

 この後も両チームは点を取り合う。まずシティだ。前半35分。右サイドでベルナルド・シウバからパスを受けて裏抜けしたデ・ブライネが、敵GKと最終ラインの間を狙って絵に描いたような強くて速いグラウンダーのクロスを入れる。アグエロはダイレクトでただゴールに流し込むだけだった。2-1だ。

 シティは大外から右SBのカイル・ウォーカーが、その内側のハーフスペースからはデ・ブライネが圧をかける。(トッテナムから見て)これら左サイドを突くダブルの動きに、トッテナムは左SBのローズとCBサンチェスのコンビネーションに迷いがあり、しきりにデ・ブライネにニアゾーンを狙われる。シティの5レーン戦術が奏功していた。

 これに対しトッテナムは後半11分、左コーナーキックから途中出場したばかりのルーカス・モウラがヘッドで押し込んで2-2とする。

 その後、途中出場したジェズスのゴールが、今シーズンからプレミアリーグに導入されたVAR判定でハンドを取られ取り消される一幕も。結果、シティは決勝ゴールを召し上げられた。これにて2-2の引き分け、痛み分けだ。

 とはいえジェズスは前節もVARでゴールを取り消されており(このときはオフサイド)、きわどいところを狙うシティにVARの導入は凶と出ているかも? もっとも圧倒的な王者シティには、それくらいのハンデがあったほうがリーグがおもしろくなるかもしれないが。
コメント

【プレミアリーグ】アーセナルが手堅く1勝 2019-20/第1節 ~ニューカッスル 0-1 アーセナル

2019-08-12 07:56:11 | 海外サッカー
危なげなく1点を守り切る

 アーセナルは立ち上がり、ボールが落ち着かなかったが徐々に持ち前のパスサッカーを見せ、1点先行してからは危なげなくポゼッションして逃げ切った。

 アーセナルのフォーメーションは4-2-3-1。スタメンはGKがレノ。ディフェンスラインは右からメイトランド-ナイルズ、チェンバース、ソクラティス、モンレアル。セントラルMFはジャカとグエンドゥジ。2列目は右からネルソン、ウィロック、ムヒタリアン。ワントップはオーバメヤンだ。

 アーセナルはラカゼットやルーカス・トレイラ、ペペら主力をやや温存したようなスタメンでスタートした。

 ニューカッスルはボールを奪うと、速いタイミングで前線にロングボールを送り込むダイレクト攻撃をする。ただし攻撃が単発で、ボールを失うと二の矢、三の矢がない。

 前半20分頃からはニューカッスルがゾーンを下げ、以降はアーセナルがパスをつないでポゼッションする試合展開になった。特に前半終盤はニューカッスルがずっとブロック守備をする形が続いた。

 この試合、唯一の得点は後半13分だった。アーセナルのメイトランド-ナイルズが右サイドで敵のパスをカットし、そのまま速いカウンターからクロスを入れる。エースのオーバメヤンはこれをワントラップしてから、敵GKの脇をループシュートで抜いた。

 1点先行され、ニューカッスルはアーセナルのビルドアップに対し前からプレスをかけるようになった。だがニューカッスルはパスがつながらず、攻撃が形にならない。

 逆にアーセナルは先制してから慎重にパスをつなぐようになり、そのままポゼッションして最後まで逃げ切った。アーセナルは戦力を温存し若手を使ったため攻撃に破壊力は感じさせなかったが、1点先行してからは無難な試合運びだった。

 これで開幕からビッグ6はリバプールとトッテナム、マンチェスター・シティ、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッドが順当に勝ち点3をあげ、チェルシーだけは痛い1敗を喫した。さて、シーズンはこれからだ。
コメント

【プレミアリーグ】シティが開幕大爆発、スターリングがハットトリック 2019-20/第1節 ~ウェストハム 0-5 マンチェスター・C

2019-08-11 08:58:57 | 海外サッカー
シティが開幕節からスタートダッシュ

 イングランド・プレミアリーグの2019-20年シーズンが幕を開けた。開幕節では、王者マンチェスター・シティがスターリングのハットトリックなどで大量5点をもぎ取り、いきなりスタートダッシュをかけた。

 シティのフォーメーションは4-1-2-3だ。スタメンはGKがエデルソン。最終ラインは右からカイル・ウォーカー、ストーンズ、ラポルト、ジンチェンコ。アンカーはロドリ。右インサイドハーフにデ・ブライネ、左インサイドハーフにはダビド・シルバ。3トップは右からマレズ、ジェズス、スターリングだ。

 シティはジンチェンコが偽SB化してステイしたり、逆にボックス辺りまでボールを持ち込んだり活発だ。CBのラポルトもスペースがあればドリブルで持ち上がる。こうして彼らは最終ラインから2タッチ以内で流れるようにビルドアップする。

 一方、ウェストハムはボールを失うと、前の2人を残してディフェンディング・サードまでリトリートし4-4のブロックを作る。逆に前で失うとプレスをかけるが、シティは簡単にウェストハムの第1プレッシャーラインを突破して行く。

 前半のポゼッション率はイーブンだが、ウェストハムはボールを持っても中盤で引っかけられ、なかなかフィニッシュへ行く形にならない。

後半、シティのポゼッション率は70%を超えた

 シティの1点目は前半25分だった。ボールを持ち、ドリブルで左から中に入り込んだジンチェンコが右サイドへボールを展開する。オーバーラップしたSBウォーカーがパスを受けてセンタリングし、最後はジェズスが決めた。

 後半6分のシティの2点目は、(シティから見て)右サイドに偏っていたウェストハムの陣形を横パスの連続技でうまく突いた。まず中盤でボールを奪ったマレズがドリブルから左のデ・ブライネにパス。デ・ブライネがさらに左のスターリングにラストパスを送り、スターリングがゴールに沈めた。

 一方、後半30分の3点目は、中央でボールをキープしたスターリングが右サイドのマレズにパス。スターリングはその間に縦へ走ってライン裏へ飛び出し、マレズからラストパスを受けてGKの頭上を抜くシュートを放った。

 また後半41分の4点目はマレズがPKをもらい、アグエロが決めたもの。そしてとどめの5点目は後半47分だった。こぼれ球を拾ったマレズが、裏抜けを狙ったスターリングにスルーパスを出し、スターリングがこれをゴール右スミに決めた。

 シティはポジショニングとボールの運び方が非常に機能的で、その点、ウェストハムとは雲泥の差があった。後半のシティのポゼッション率は実に70%を超えた。またスターリングはワンプレイ終わっても足を止めずに3人目の動きをするなど、よく走った。運動量が彼のハットトリックを呼んだ。

 さて、まずはマンチェスター・シティが開幕1勝目をあげた。果たしてこれが長い今シーズンの行方を暗示する勝利になるのだろうか。ペップの高笑いが聞こえてくるようだ。
コメント

【2019-20プレミア展望】今季のアーセナルは目が離せない

2019-08-09 07:52:36 | 海外サッカー
チェルシーからダヴィド・ルイスが電撃移籍

 イングランド・プレミアリーグの移籍期限となる8月8日(日本時間9日午前1時)に、ビッグディールのニュースが飛び込んできた。アーセナルが、チェルシーからブラジル代表DFダヴィド・ルイスを完全移籍で電撃獲得したのだ。イギリスBBCは、2年契約で移籍金800万ポンド(約10億円)と報じている。

 加えてアーセナルは同日、以前から狙っていたスコットランド代表DFキーラン・ティアニーを移籍金2500万ポンド(約32億円)で獲得している。左SBのティアニーは1997年生まれの22歳。昨季はリーグ戦21試合に出場し4アシストを記録した。2016年にはスコットランド代表デビューし、12試合に出場している。

 これまで攻撃の比重が高かったアーセナルはDF陣の弱体化がネックになっていたが、これらの補強によりチーム全体がグッと締まった。特にベテランで守備陣を指揮できるダヴィド・ルイスの加入は大きい。

ペペの加入でリーグ屈指の3トップに

 一方、攻撃陣に目を転じれば、リールからクラブ史上最高額8000万ユーロ(94億円)の移籍金でコートジボワール代表FWニコラ・ペペを獲得している。ペペは昨季リーグ・アン全試合に出場し、22ゴール11アシストと輝かしい活躍を見せた。

 かくてアーセナルの3トップは、リーグ屈指のリバプール3トップにも匹敵する破壊力を備えるに至った。

 ピエール=エメリク・オーバメヤンは昨シーズン通算22得点を挙げ、リバプールのサラー、マネと並び得点王に輝いた。かたやアレクサンドル・ラカゼットは19ゴール10アシストをマークしている。

 これにスピードのあるテクニシャンのペペが加われば、指揮官ウナイ・エメリの構想はグンと広がりを増す。この3人を生かし、新たに4-3-3の採用も見えてくる。

中盤にはダニ・セバジョスを獲得

 また中盤にはレアル・マドリーから期限付き移籍で22歳のダニ・セバジョスを獲得しており、これによる戦力アップも見逃せない。4-2-3-1フォーメーションならば、プレシーズンで好調なエジルとのトップ下争いには注目だ。

 このほか中盤では守備的MFルーカス・トレイラのほか、グラニット・ジャカやマッテオ・ゲェンドゥジの成長が著しい。

 アーセナルはプレシーズンマッチでは、アグレッシブな全域プレッシングで敵を自由にさせないコレクティブさが目を引いた。トランジションを重視し、監督のコンセプトが見事に浸透したコンパクトでオートマチズムを感じさせるチームに仕上がっている。

 ダヴィド・ルイスの加入により課題だった最終ラインが引き締り、ペペが加わった「黄金の3トップ」が爆発すれば、マンチェスターシティとリバプールの優勝争いにからんで、ズバリ4位以内。チャンピオンズリーグ出場権獲得もいよいよ現実味を増すだろう。
コメント

【レアル久保建英】大暴走する日本の「スターシステム」

2019-08-04 09:30:10 | 海外サッカー
レアルは大手術が必要か?

 レアル・マドリードがピンチである。

 プレシーズンのインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)はアトレチコ・マドリーに3-7と大敗するなど、いいところなし。

 その後参加したアウディカップでも、なんと3位決定戦で格下のフェネルバフチェと5-3とザル同士の打ち合いになる始末だ。そのため危機感を抱いたスペイン紙は盛んに「久保が必要だ」などと煽るが、はてさて。

 実際、レアルが深刻なのはスタメン組にモチベーションがない点だ。メンタルに問題がある。まるで消化ゲームのような雰囲気で致命的にインテンシティが低い。球際も激しく競るでなし、緩慢なパスミスも目立つ。

 守備の崩壊も目が当てられない。レアルは前でボールを失うと自ゴールまで敵が直通になる。攻撃陣はボールロストするととたんに足を止め、ネガトラもへちまもない。

 チーム全体に強くプレスをかけるわけでもなく、両サイドは絞りながら引いてこないわ、バイタルはスカスカだわ、もうさんざん。

 選手別ではオーバーウェイトのエデン・アザールはゲームから完全に消えている。あのダイエットが必要な胴回りは致命的だ。クロスを入れる際にカラダをひねるのにもひと苦労している。

 かたやベンゼマはフェネルバフチェとの3位決定戦では、相手がユルかったせいでたまたまハットトリックしたが、やる気がないのはミエミエで動きが重くインテンシティが低い。

 この2人が象徴的だが、ほかにもミスだらけのマルセロや、アンカーなんて無理なのに押し付けられてひと苦労のクロース。また準レギュラーのイスコは自己中サッカーでバランス感覚に欠ける。チーム全体にスタメン組は決定的に覇気がない。まるで今のレアルは死人の群れのようである。

売り上げ倍増を狙う商売人たち

 てなわけで危機感を抱いたスペイン紙は、「久保をトップチームに」などと蜂の巣を突ついたような騒ぎになる。とはいえ彼らスペイン人の反応は久保うんぬんがというより、むしろだらしのないスタメン組に対するアンチテーゼである。同国人を応援したい日本人とはちがう。

 だがそれを利用して日本のメディアが煽るわ、煽るわ。「スペイン紙が久保絶賛!」「スペイン紙の人気投票で久保が1位に」などと、スペイン現地紙の紙面を引用する形で、いかにも「客観報道」を装いながら恣意的な情報コントロールが行われている。洗脳だ。

 そもそも試合の70分すぎからたった20分だけプレイした久保をつかまえ、「美技に圧倒!」みたいな持ち上げ方をするのはどう考えても異常だ。

 もちろん久保が1軍入りすれば、それを追う日本のスポーツ紙やサッカーメディアは売り上げ倍増でウハウハだろう。ラ・リーガを配信しているDAZNも契約者数がハネ上がる。降ってわいた未来の「広告塔」に、さぞかし電通も舌なめずりしているにちがいない。

 かくて「久保特需」を狙う商売人たちによる、あのテこのテの報道合戦が炸裂するわけだ。

 だいたい練習中のユルいミニゲームで久保が見せる小ワザ動画をいちいち公式ツイッターで配信して人気を煽る、レアルの営業サイド自体が異常なのだが。

 で、じゃあ実際どうなんだ? といえば……そりゃあ、いまの生気のないスタメン組で行くくらいなら、ヴィニシウスと久保、ロドリゴを軸にしたほうがはるかにマシ、に見えてしまうのがレアルの致命的なところなわけで。
コメント

【国際親善試合】「世界」に伍した横浜FMのハイライン・ハイプレス ~横浜FM1-3マンチェスターC

2019-07-29 09:35:40 | 日本サッカー
プレミア覇者に超攻撃サッカーで挑む

 アンジェ・ポステコグルー監督率いる横浜F・マリノスが、プレミア覇者のマンチェスター・シティ相手に堂々、殴り合いを仕掛けた。

 プレッシング・ゾーンを前に設定し、最終ラインを過激に高く保つ。これでハイプレスをかけて敵のビルドアップを破壊し、ショートカウンターを見舞うゲームモデルだ。もちろん王者相手にすべてが通用したわけではないが、肉を切らせて骨を断つ横浜FMのサッカーはとんでもなく爽快だった。

 横浜FMのフォーメーションは4-2-3-1。スタメンはGKがパク・イルギュ。最終ラインは右から広瀬陸斗、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、ティーラトン。セントラルMFは喜田拓也と扇原貴宏。2列目は右から仲川輝人、三好康児、遠藤渓太。ワントップはマルコス・ジュニオールだ。

 一方、マンチェスター・シティのフォーメーションは4-2-3-1。スタメンはGKがブラボ。最終ラインは右からウォーカー、ストーンズ、ラポルト、ジンチェンコ。セントラルMFはロドリとデ・ブライネ。2列目はベルナルド・シウバ、ダビド・シルバ、サネ。ワントップはスターリングだ。

シティのハイプレス対策は?

 立ち上がりから横浜FMは盛んにハイプレスをかけ、シティのビルドアップを壊そうとする。だがシティは巧みにプレスの網の目をかいくぐり、前にボールを運ぶ。

 シティの監督グアルディオラは、横浜FMのプレスのかけ方を事前にスカウティングしていた。で、この日はセントラルMFを2枚にし、ビルドアップ時にはロドリだけでなくデ・ブライネもかなり低い位置まで下りてきた。そのためビルドアップ時におけるボールの預け所が多くでき、これが横浜FMのハイプレスを無力化した。

 両SHのベルナルド・シウバとサネはサイドに開いて充分に幅を取り、サイドチェンジのボールを受けている。カットイン専門の中島翔哉(ポルト)にはぜひ見習ってもらいたいものだ。

 さてシティの1点目は前半18分。高い最終ラインを敷く横浜FMのライン裏に抜けようとしたベルナルド・シウバに対し、GKブラボからのロングパスが通る。いまやGKがスルーパスを出す時代なのだ。

 このパスを受けたシウバが、右に回り込んでボックス内に侵入したデ・ブライネにパス。ボールをキープしたデ・ブライネは正対したCB畠中をかわし、ゴール右スミへ強烈なシュートを叩き込んだ。

熱くなったペップが檄を飛ばす

 横浜FMの最終ラインからは強くて速いグラウンダーの縦パスが出る。特にビルドアップの一歩目になる畠中の強いパスはすばらしい。サイドに開いたアタッカーに出すグラウンダーの斜めのパスあり。山なりのダイアゴナルなサイドチェンジのボールあり。彼はJリーグというレベルを超えているのではないかと感じた。

 一方、横浜FMのマルコス・ジュニオールは偽9番で、しきりに中盤へ下りてきてはボールにからむ。彼の一人二役が多くのチャンスを作る。

 かくて横浜FMの同点弾は前半24分に生まれた。中央の三好から右前の仲川にパスが出てシュート。シティのGKブラボが弾き返すが、そのリバウンドをマルコス・ジュニオールが拾って二の矢のシュート。これもDFに弾かれたが、セカンドボールを遠藤が冷静にコースを狙いダイレクトで決めた。1-1の同点だ。

 直後の給水タイム。ペップが熱くなり、DFカイル・ウォーカーをつかまえて激しく檄を飛ばしていたのが痛快だった。それだけ横浜FMが圧力をかけているのだ。試合内容からは、この時点では「ひょっとしたら横浜FMが勝つんじゃないか?」とも感じた。実際、横浜FMの縦に速い攻めに、なんとあのシティが警戒して慎重にリトリートしているのである。

GKパク・イルギュは「第二のスイーパー」だ

 なにより目を奪われたのは、横浜FMのGKパク・イルギュである。前半31分、左サイドのジンチェンコから、横浜FMの浅いライン裏に抜け出したスターリングに矢のようなスルーパスが出る。だがGKパク・イルギュはすばらしい出足で前へ出てパスカットした。

 同様のシーンは一度や二度ではなかった。シティは横浜FMの高いラインの裏を狙って盛んにスルーパスを突き刺す。それをGKパク・イルギュが素早い飛び出しでことごとく刈り取って行く。横浜FMのハイライン戦術にあって、彼は広大なライン裏を掃除する「第二のスイーパー」として欠かせない。

 一方、シティの最終ラインも、横浜FMがバックパスすれば少し上げる、とこまめに上下動してゾーンを非常にコンパクトに保っている。

 またSBの広瀬とティーラトンが偽SB化する横浜FMの変則的なビルドアップに対し、シティも強烈なハイプレスで対抗する。狸と狐の化かし合いだ。戦術的に非常に見ごたえのある試合である。

ゴールとゴールの間が近い現代サッカー

 そしてシティが勝ち越したのが前半40分だった。ビルドアップ時にデ・ブライネがボックス近くまで下りてボールをもらう。彼は中盤でベルナルド・シウバとワンツーをかました後、裏抜けしたスターリングにスルーパス。スターリングは短いドリブルからゴールを仕留めた。1点リードだ。

 このあと前半40分台に、横浜FMには何度も惜しい得点機があったがモノにできない。実質、この山場の空振りで試合は決まった。もしここで横浜FMが得点していれば、ゲームはまだわからなかった。結局は、決定力。日本のサッカーは個の力を上げ、この大きな軛(くびき)から一刻も早く自由になる必要がある。

 ハイラインの横浜FMに対しシティも非常にコンパクトなため、この試合では一方のゴール前からもう一方のゴール前まで、ボールが光速で移動した。息もつかせぬ攻防だった。

 現代のフットボールでは精巧なビルドアップから縦に速くボールを運ぶ技術と戦術が進化し、そのためゴールとゴールの間が近い。決して「縦ポン」などではない戦術的なコクがある。
 
 シティはプレシーズンでフィットネスが上がっておらず一部主力も欠いたとはいえ、横浜FMの健闘は光った。日本のサッカーはまた一歩、「世界」に大きく近づいたと感じさせられるゲームだった。
コメント

【ICC】久保建英の鮮烈デビューと抱える課題 ~バイエルン3-1レアル・マドリー

2019-07-22 09:51:11 | 海外サッカー
彼はキラーパスを狙い続けた

 海外クラブのプレシーズン大会であるインターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)が行われ、レアル・マドリードの久保が鮮烈なデビューを飾った。さて同時に見えた課題とは?

 この試合、レアルは前半にモドリッチやベンゼマ、エデン・アザールらレギュラー組を出場させ、後半には11人を総入れ替え。久保やロドリゴ、メンディ、ルカ・ヨヴィッチなど新戦力をお披露目した。

 前半、レアルのフォーメーションは4-2-3-1で余裕のポゼッションを見せ、孔雀が羽を広げるかのように美しく優雅にふるまった。対するバイエルンは硬質で、スキあらば縦に速いカウンターを見舞う。まるでアーティストと機械工のような対決になった。

 レアルのビルドアップは主にセントラルMF経由、サイド経由の2ルートだが、どこからでも組み上げられる柔軟性がある。一方のバイエルンはややミスが多いが攻めが速く、守備が固い。ボールを保持して押し上げると攻撃に人数をかけ、5~6人がボックス内になだれ込む。

 前半15分にMFコランタン・トリッソの先制点でバイエルンがリードし、かたやレアルはベンゼマが惜しいチャンスを何度も外し決め切れない。試合は1-0で折り返した。後半はレアルの最終ラインが雑で2点取られはしたが、さてこのゲーム最大の見どころがやってきた。

久保はオフ・ザ・ボールに課題か?

 後半になるとお待ちかねの久保が登場した。4-1-2-3の左インテリオールでの出場だ。いきなり最初のタッチでループシュートを繰り出すなど、まったく物怖じする様子がない。

 その後はライン間でボールを受け、前にスペースを見つけると久保は盛んにスルーパスを突き刺し続ける。ハッキリ意識してキラーパスを狙っているようだ。

 ただパスが微妙に長く、なかなか通らない。おそらく久保は受け手が瞬時にスペースへ走り込むイメージでパスを前めに出しているのだろう。このへんのあうんの呼吸は修正する必要がある。

 一方、ボールの受け方や隠し方は精密で、相手ボールになると敵のビルドアップに対し第1プレッシャーラインに加わりプレッシングもした。そのプレイぶりはまるでレアルに10年いる選手のようだった。

 この試合で観る限り、久保はどちらかといえばボールを持ったときに輝く優雅なボール・プレイヤーだ。反面、オフ・ザ・ボールはやや物足りない。

 例えばパスを出したあと、足を止めてパス&ゴーせずワンツーを受けそこねる。守備に回ると中間ポジションを取りながら、あと1メートル左に寄れば敵のパスコースを背中で切りながらカバーシャドーが利く、という局面で足が止まってパスを出され、後追いになるようなシーンが散見された。守備面ではまだまだやることがある。

 一方、オフェンス面でも「自分はパッサーだ」と決め込んでいるかのようなポジショニングで、運動量も物足りない。もちろんそこに「居る」ことに意味がある、というポジショニングはあり得るので判断はむずかしいが。

 個人的には、速い攻撃のチャンスになれば、積極的に前線に飛び出しみずから点の取れるアグレッシブなMFをめざしてほしい。もちろん彼はまだ18歳だ。今後に期待するとしよう。
コメント

【アフリカ選手権・決勝】ロングボールが飛び交う大乱戦 ~アルジェリア1-0セネガル

2019-07-21 08:51:28 | 海外サッカー
人が血を流しバタバタ倒れる

 アフリカ大陸の選手権であるアフリカ・ネーションズカップ2019の決勝が行われ、アルジェリアとセネガルが対戦した。アルジェリアのフォーメーションは4-4-2、セネガルは4-2-3-1だ。

 なんと決勝弾は試合開始1分20秒だった。

 アルジェリアのバグダード・ブーンジャーが左サイドからドリブルでカットイン。彼が打ったシュートがセネガルDFの足に当たり、空高く舞い上がったボールはGKの頭上を計ったようにゴールへ吸い込まれた。この1点を守り切ってアルジェリアがみごと優勝した。

 先制点が早い時間帯だったせいか、波乱の幕開けになった。その後の試合は荒れに荒れる大乱戦である。

 準決勝のナイジェリア戦では組織的だったアルジェリアは、決勝で気がはやるのか中盤を省略してロングボールを放り込む。それに対抗するかのように、セネガルもロングボールを敵陣に突き刺す。もはやシステムもへちまもない「戦争」だ。

 当然、オープンな撃ち合いになり、中盤はこぼれ球を競り合いデュエルの応酬だ。たまたまいいところにボールが転がってきたほうが勝つサッカーである。カラダとカラダがぶつかり合い、人が血を流してバタバタ倒れる。個と個が競う激闘だ。

 組織的なはずのアルジェリアの豹変ぶりを見ればわかる通り、ふだんはロジカルに戦うよう訓練されてはいても、決勝とあってアフリカの「戦士」の血が騒ぐのだろう。槍をボールに変えての、個と個によるまさに戦争が展開された。

 日本人から見れば考えられないが、こういうサッカーも世界にはあるのだ。

 もはや秩序や組織などないカオスである。ボックス内で競り合いになったFWは、必ずオーバーにぶっ倒れてPKをもらおうとする。

 それだけじゃない。ハーフタイムに入ったかと思うと、引き上げてきた敵味方同士が入り乱れてピッチの上で小競り合いになる。もう血が騒いでアウト・オブ・コントロールなのだろう。こういうメンタリティもあるんだなぁ、と、ある意味、感心した。世界は広いのだ。

 てなわけで準決勝の記事で予想した通り、アルジェリアが優勝してめでたし、めでたし。いやはや、いいもん見せてもらいました。
コメント

【国際親善試合】砕かれた「日本人らしさ」 ~川崎フロンターレ1-0チェルシー

2019-07-20 08:54:00 | 日本サッカー
結果的に勝ったが内容は大差

 川崎フロンターレはショートパスをつなぐ小さいサッカーをする。悪い意味でガラパゴス化した日本人らしいスタイルだけに、そのまま日本サッカーの課題が浮き彫りになった試合だった。負けたチェルシーのポゼッション率は61%。ボールを握ろうとする川崎Fの「自分たちのサッカー」は砕かれた。

 川崎のフォーメーションは4-2-3-1。スタメンはGKがチョン・ソンリョン。最終ラインは守田英正、谷口彰悟、ジェジエウ、登里享平。セントラルMFは下田北斗と田中碧。右SHは阿部浩之、左SHは齋藤学。ワントップは小林悠だ。

 一方、チェルシーのフォーメーションは4-2-3-1。レギュラークラスはジョルジーニョやコヴァチッチ、ペドロ、ダヴィド・ルイス、アスピリクエタ、マルコス・アロンソらが出場した。チェルシーのビルドアップは中央のセントラルMF経由、サイド経由とまんべんない。プレシーズンだというのに楽にパスをつないでいる。

 一方、川崎は立ち上がりからチェルシーの激しいプレッシングを受け、自慢のパスワークがたどたどしい。各駅停車だ。川崎は選手間の距離を縮めてショートパスをつなごうとするために、複数の選手がまとめてチェルシーによるプレッシングの餌食になりやすい。ゆえにカウンターに弱い。

 かたやチェルシーはピッチを広く使い、ボールスピードがケタ違いに強くて速い。スペースのない現代サッカーにおいて、密集地帯でパスを通すにはボールスピードが必要だ。パスが遅くて弱々しい川崎とは対照的である。

日本人は「カラダの入れ方」を研究すべき
 
 川崎がプレスにもろいのは、ファーストタッチが雑なせいもある。川崎の選手は最初のトラップに失敗し、ボールを1回弾く間にマーカーに詰められる。ファーストタッチで潰される。その点、チェルシーの選手はボールコントロールが非常に巧みで、敵に距離を詰められても簡単にボールを失わない。

 またフィジカルの差も激しく、チェルシーの選手にカラダを入れられると川崎は何もできなくなる。またチェルシーの選手はフィジカルが強いだけでなく、カラダの使い方そのものがうまい。このあたりも日本のサッカーは基本から見直す必要がある。

 とはいえオフ明けでフィットネスが上がってないチェルシーだけに、後半が半分も過ぎるとすっかりダレた試合になった。そして試合終了間際の後半42分、途中出場した中村憲剛の技術が巧みなラストパスとなって結実し、同じく途中出場のブラジル人FWレアンドロ・ダミアンの決勝点を呼んだ。

 結局、最後の最後はシーズン真っ最中でコンディションのいいJリーガーと、休み明けでカラダが重いプレミアリーガーとの差になった。

 巷間、日本のメディアは「川崎Fがプレミアの雄、チェルシーを撃破!」などと大はしゃぎだ。結果だけに囚われ、だれも「内容」を見ようとしない。暗澹たる思いがする。日本のサッカー関係者はぜひこのゲームを緻密に分析し、日本サッカーが抱える深刻な問題点を修正するための教材にすべきだろう。
コメント

【PLアジアトロフィー】プレシーズンマッチとは思えない興奮度 ~マンチェスター・シティ4-1ウェストハム

2019-07-19 08:53:44 | 海外サッカー
シティは今季もやりそうだ

 プレミアリーグもいよいよ2019-2020シーズンが迫ってきた。で、「プレミアリーグ・アジアトロフィー2019」と銘打ち、マンチェスター・シティとウェストハム、ニューカッスル、ウルブスの4チームによる勝ち抜きプレシーズンマッチが中国で行われている。

 そのうち注目のカード、シティとウェストハムの対戦を、シティにスポットを当ててレビューしよう。

 マンチェスター・シティのスタメンは、ダビド・シルバら一部を除き若手である。だがそれでも十分にうまくて速い。鬼のようにプレッシングし、球際も激しく相手に自由にやらせない。

 なんせボールスピードが日本人とはまるでちがう。何気ないインサイドキックのボールが、スーッと糸を引くような軌道を描きカッ飛んで行く。加えて非常にコンパクトだ。10代後半の選手がスタメンに名を連ねているのに、これだけレベルが高いのだから参ってしまう。

 シティのフォーメーションは4-1-2-3。急造チームだからか、あまり可変しない。とはいえグレードはやはりシティのそれであり、きっちり最終ラインからビルドアップして最後はアタッキングサードへなだれ込んで行く。

 この日彼らがあげた4得点のうち、ダントツだったのは前半33分のダビド・シルバによる1点目だ。右サイドからの長いアーリークロスを、軽く胸トラップから2タッチ目で決めて見せた。

 クロスが当たったのは胸というより肩に近く、そのせいで胸トラップしたボールが高く上がってしまったので「外すかな?」と思ったのだが余裕だった。さすがである。

後半にはお待たせのレギュラーメンバーが

 一方、後半のシティはデ・ブライネやベルナルド・シウバ、スターリング、サネら、お待たせのレギュラーメンバーがぞろぞろ交代出場した。

 前半は「若手とは思えないおもしろい試合だ」と思って観ていたが、後半に彼らが入るととたんに空気が変わった。ファーストタッチの滑らかさがまるでちがう。敵に考える時間を与えないプレースピードが凄まじい。

 後半のハイライトは、58分のスターリングによる3点目だろう。背後からの斜めの長いラストパスをもらい、短いドリブルからしっかりゴールに収めた。

 おまけにサネのアシストも凄かった。敵のミスパスをカットしたサネが、そのままダイレクトでそれをラストパスに変えたのだ。何でもかんでも2タッチ以内で仕上げてしまう。あんなプレイはあんまり記憶にない。

 なお点差はついたがウェストハムも、カウンターからの滑らかなパスの繋ぎがなかなかよかった。瀕死のニューカッスルで腐っているFW武藤嘉紀は、当初、ウェストハム入りも噂されたが……つくづくウェストハムに入団していたらなぁ、と残念でならない。

 それはともかく、シティは今季も優勝争いをリードするのだろう。リバプールとのつばぜり合いが今から楽しみだ。
コメント

【アフリカ選手権・準決勝】アルジェリアの鋭い縦パスが敵を引き裂く ~アルジェリア2-1ナイジェリア

2019-07-16 09:27:05 | 海外サッカー
マレズが劇的な「サヨナラ弾」

 アフリカ大陸の選手権大会である、アフリカ・ネーションズカップ2019の準決勝が14日に行われた。

 アルジェリアは準々決勝のコートジボワール戦ではやや守備的だったが、今日は積極的だ。フォーメーションは2センターの4-4-2。グラウンダーの長くて鋭い縦パスを突き刺してビルドアップしている。彼らは緩いショートパスをつなぐナイジェリアからボールを刈り取り、前半35分までに3度のシュートチャンスを作った。

 アルジェリアの選手は日本人のような献身性があり、走ることを厭わない。メンタルにアフリカ的なムラっ気がない。彼らはナイジェリア人とくらべ腰回りが太く、重心が低くて安定感がある。フィジカルに優れ球際も強い。そして組織的だ。

ビルドアップを封じ込められたナイジェリア

 一方のナイジェリアは4-3-3だ。彼らは局所で鋭さも見せるがボールスピードが致命的に遅く、アルジェリアの緻密なプレッシングにひっかかりビルドアップに四苦八苦している。

 特に前半40分にアルジェリアのMFマレズ(マンチェスター・シティ)が右から入れたクロスがオウンゴールを誘って1点を先行されてからは、ナイジェリアは最終ラインでボールを回すか縦にロングボールを放り込むかの二択になった。だが、それでもナイジェリアは後半27分、アルジェリアのハンドによるPKでなんとか1-1と同点に追いつく。

 そして大団円は後半アディショナルタイムに訪れた。アルジェリアのマレズがゴールやや右寄りからのFKを左のサイドネットに叩き込み、ほぼ同時にタイムアップになった。突然試合が終わったので、一瞬、何が起こったかわからなくなるほど劇的な「サヨナラ弾」だった。

 アルジェリアの労を惜しまないプレッシングがナイジェリアのビルドアップを封じ込め、相手に絵を描かせなかった試合である。ヨーロッパの最前線では、敵のビルドアップをどう制限するか? が一大テーマになっている。忍耐強い日本人なら、アルジェリアのような豆なプレッシングはマスターできる。日本代表にとっても参考になるゲームだった。

決勝はアルジェリア対セネガルに

 一方の準決勝もう1試合は、セネガルが延長戦の末に1-0でチュニジアを下した。これで19日の決勝はアルジェリアとセネガルの対戦になった。

 ただセネガルは悪い意味でアフリカ的で規律がユルく、チュニジア戦では走るのをやめたり3~4人が攻め残ったりしていてあまりいい印象はない。彼らはロシアW杯ですばらしく速いショートカウンターを見せていたのに、すっかりルーズなチームに変わっていて驚いた。

 セネガルにはリバプールのマネがいるので楽しみだが、心情的には献身的なアルジェリアの肩を持ちたい。
コメント

【森保ジャパン】森保監督の「頭の中」をプロファイリングする

2019-07-15 16:29:51 | 日本サッカー
彼は何を考えているのか?

 森保監督がメディアに戦術を語らないため、めざすサッカーがわかりにくい森保ジャパン。想像すれば、おそらくポジショナルプレイの要素にトランジションとデュエル、縦への速さ重視、といったところだろうが、実際に森保監督は頭の中でいったい何を考えているのだろうか?

 森保監督を語るときには、おそらく彼が西野ジャパンで得たであろう体験がヒントになる。

 本田が現場監督でチームを仕切り、柴崎がポジショナルプレイ的なアイディアを出す。こんなふうに選手が自主的に意見を言い、ふところの深い西野監督(当時)が聞き役に回る。そのことで選手の個性が実戦に生かされるーー。

 西野ジャパン内でのそんなチームコミュニケーションを見て、森保氏は民主的な、一種の「ゆとり教育」的なチーム運営に目覚めたのではないか?

 竹刀を持ち、生徒を追い回すこわもて体育教師のようなサッカー指導者とは対極にある、物わかりのいい温和なリーダー像。いかにも民主主義者が誘惑に駆られそうな指導者像である。

 ならば自分がめざすサッカーを公開でしゃべれば、それは押し付け教育になる。で、「オレは対外的にものをしゃべるのをやめよう」と考えた。だから森保監督はメディアに戦術を語らないのではないか? いい意味で自己顕示欲が強かったハリルとはまるで正反対のやり方だ。

 ゆえにまず選手に素でプレーさせ、特徴や武器を見定める。で、それらを組み合わせてゲームモデルを作ろうとしているのではないか? つまり監督が「これで行け」とトップダウンするのでなく、各選手の個性や強みを生かすボトムアップでチームを作ろうとしているのだ。この記事『まず選手の個性ありきのシステムであるべきだ』で書いたように。ならば、いまは各選手の特徴を観察している段階なのだろう。

 だから中島の自由奔放なプレイスタイルを見ても、ふつう頭の固い指導者なら「もっと球離れをよくしろ」とでもいいそうなものだが、言わない。ポジショニングの修正やシステムの噛み合わせについても、あえてハーフタイムで修正しない、のではないか? いかにも大胆な放任主義だが、これも「自分の頭で考えろ」=ボトムアップということなのか?

 このやり方がいいか悪いかは抜きにして、森保監督の頭の中を客観的に推論するとすればこんなふうになる。

 とはいえ2022年のカタールW杯に向けたアジア2次予選は今年9月から始まる。2020年の東京五輪ももうすぐだ。そろそろ森保監督の「正体」が姿を現すころではないか?

 もし万一、現状修正なしで無策のまま本番に突入するようなことがあれば、この記事での推論は単なる深読みになってしまうが……そうならないことを祈りたい。
コメント

【J1第19節】首位・FC東京は永井を生かすゲームモデルを確立せよ ~FC東京0-3川崎F

2019-07-15 08:16:38 | サッカー戦術論
このままでは貯金を吐き出すだけだ

「久保効果」で首位に躍り出たFC東京は、久保建英がいなくなったあとどんなサッカーをやっているのか? そんな興味でJ1リーグ第19節、対川崎フロンターレ戦を観戦した。すると相手が悪かったせいもあるが、想像以上に深刻な状況だった。

 いったい何をやりたいのか、見ていてまったくわからない。恐らく彼らには確たる羅針盤がなく、自分たちが何をすべきかわかってない。ピッチで漫然と「ただ困っている」だけなのだ。

 川崎Fがパスを繋いでポゼッションし、FC東京は4-4のブロック守備からカウンターを狙う、という展開に見えた。だがFC東京にはボールを奪ってからの手立てがない。展開力のないFC東京は、逆にボールを持たされると途端に組み立てに詰まるのだ。

 最終ラインからビルドアップするわけでもなく、かといってロングボールを入れこぼれ球を狙うわけでもない。サイドを使う意図もほぼゼロ。ポジティブ・トランジション(守→攻の切り替え)時のアイディアがない。ただ最終ラインが意味もなくボールを持ち、困っているだけなのだ。

 当然、そこに川崎Fの第1プレッシャーライン(FW)がプレスをかけ、ボールを奪われる。で、カウンターを食らう。この繰り返しだった。たまたまボールを前へ持ち出せたケースではフィニッシュへ行く場面もあるが、確たるコンセプトに則ってやってるわけではない。そんな印象だ。いい意味での「自分たちのサッカー」がないのである。

縦に速いダイレクト攻撃をすべきだ

 では、FC東京はどんなサッカーをやるべきなのか? まず現有戦力から考えれば、最終ラインから丁寧にビルドアップし、ポゼッションするような戦い方は向いてない。というか、できない。

 まずボールの収め所がない。代表の大迫のように強力なポストプレイからの落としで、MFに前を向いてボールを持たせてやれるFWはいない。中盤にも、フィジカルを生かしたボールキープで時間を作ってくれる選手がいない。チーム全体にボール保持力がないため、そんな細かいことをやろうとしても潰されてしまう。

 ただ反面、このチームには速いFW(永井謙佑)と上手いFW(ディエゴ・オリヴェイラ)が2人いる。アタッキングサードにおける破壊力はある。ならば、速いタイミングでファイナルサードにクリーンなボールを送り込むダイレクト攻撃が向いているはずだ。

 例えばラインを低く構えて相手にボールを持たせ、速いカウンターを狙う。このとき引きつけている敵の最終ラインの背後には、膨大なスペースがあるはずだ。そこでボールを奪えば速い切り替えから正確なロングパスをライン裏に落とす。で、スピードのある永井を走らせる。あるいは機動力豊かなSB室屋のいるサイドを徹底して使い、早めにサイドから勝負のアーリークロスを入れる。そして強力な2トップの瞬間的な破壊力に賭ける。そんなゲームモデルである。

正確なロングパスを蹴れる森重を生かせ

 そもそもCB森重はハリル時代の日本代表で、絶妙な長いサイドチェンジのボールや、前線の選手の足元に正確につけるロングパスをバシバシ出していた。なのに今はそんな気配すらない。なぜやらないのか?

 例えば森重とは逆のサイドのFWをタッチライン際まで開かせ、そこに精度の高いサイドチェンジのボールを入れる。これで次の瞬間にはアタッキングサードでボールをキープできるのだ。ロングボールを入れれば、もし競り合いになっても敵の最終ラインは裏を警戒して下がる。するとDFとMFの間にスペースができ、バイタルエリアが空く。こぼれ球を拾えばそこを狙える。これは大きい。

 現状のように最終ラインからボールを引き出せず、自陣でボールを失いカウンターを浴びるのとくらべれば天と地の差があるはずだ。長谷川監督には、ぜひそんな現有戦力の武器と個性を生かすゲームモデルを確立してほしい。
コメント

【サッカー戦術論】認知のスピードはフィジカルを超えるか?

2019-07-09 08:18:59 | サッカー戦術論
両者は相互補完の関係にある

 サッカーには、ひたすらスピードを競う陸上競技的な側面がひとつある。すると速さのあまり、敵味方の選手のカラダが接触しないケースも出てくる。

 例えば日本人のアジリティを生かした機敏なサッカーをすべきだと書いたこの記事のように、ファーストタッチの技術を極限まで高めたせいで、あまりにパスワークが速いため敵との接触プレイすら起こらない、というようなケースである。

 またスピードという意味でこれと似た方向だが、いまサッカーの最前線では「認知のスピードを上げよう」という取り組みもある。例えば敵はいまどの方向から迫っており、自分が使えるスペースはどこにあるか? そんな自分が置かれた局面を瞬時に脳で情報処理し、それを素早く認知して状況に応じた的確で速い判断をしよう、という考えだ。

 このとき瞬間的な認知をもとに、局面を戦術的に先読みして素早く次のプレイが行われる。この認知概念に沿えば、当然サッカーのプレイスピードはどんどん速くなって行く。

「対人プレイで時間を作る」という考えもある

 だが同時に一方で、サッカーにはこれらと一見矛盾する格闘技的な要素も強い。

 例えば敵をカラダで激しくブロックすることにより「時間を作って」プレイする。あるいは競り合いで1枚はがすことで時間的余裕を生み出し、次のプレイを行う、というようなケースである。

 この場合、当然カラダの接触は大々的に起こるし、むしろそのことによって「もともとなかったはずの時間を作る」。ゆえに、そのときスピードという要素は必ずしも第一選択にはならない。サッカーでは、こうした強靭なフィジカルによる対人プレイは非常に重要だ。

 つまり冒頭で書いた陸上競技的な概念と、この格闘技的な概念は矛盾している。

 すると、たちまちサッカー界では「どちらの方向へ行くのが正しいのか?」という単純な二元論が巻き起こる。いわく、スピードと認知を極限まで高めれば、接触プレイは消えて行くのではないか? いやいや対人プレイこそがサッカーの根幹であり、いくらスピードや認知を鍛えても接触プレイは絶対になくならないーーというふうに。

 つまり昔さんざん議論された「個か? 組織か?」論議とか、「アクションサッカーか? リアクションサッカーか?」みたいな不毛な二元論がくり返される。

 だがそもそもサッカーは「接触プレイか? 非接触か?」などという単純な二元論では語れない。上で挙げた陸上競技的な要素と格闘技的な要素はサッカーにおいては「車の両輪」であり、どちらが欠けても成立しない。両者は対立概念ではなく、むしろ相互補完の関係にある。

 とすれば正しくは、サッカーにおいて「ある局面」ではカラダの接触すら起こらないスピードの勝負が行われている。だが他方、「ある局面」では、敵をカラダでねじ伏せて時間を作る格闘技的なプレイが行われる、ということだ。サッカーはどちらが欠けても成り立たないし、どちらが欠けてもレベルアップしない。

 大切なことは、くれぐれも不毛な二元論に陥らないことである。
コメント