ダムの訪問記

全国のダムと溜池の訪問記です。

神篭池

2017-10-12 17:19:53 | 佐賀県
2017年9月22日 神篭池

神篭(こうご)池は佐賀市久保泉町川久保にある灌漑用アースダムで、佐賀県の事業として1948年(昭和24年)に建設されました。現在は佐賀市が管理をし、実質的な運用は受益者団体である神篭池水利組合が行っています。
1929年(昭和4年)、1934年(昭和9年)と九州北部を立て続けに襲った大干ばつにより、佐賀県でも各所で新たな溜池築造の機運が高まりました。
神篭池も昭和10年代から建設の動きが始まりましたが、土地買収など紆余曲折屋戦時での人員・物資不足などから工事は遅延し、結局戦後復員兵や引揚者の労働力により1948年に竣工しました。
溜池名の神篭池は工事中に見つかった神籠石(古代山代の遺構)に由来しています。
その後の改修で、新たに開拓されたみかん果樹園への灌漑用水の供給を行うため、佐賀導水からの補給を可能にしたほか取水設備が増設されました。
 
県道31号線を東進し、県道51号と交わる川久保交差点の先を左折すると正面に神篭池の堤体が見えてきます。

神篭池のほぼ真下を佐賀導水が通っており、需要期には佐賀導水からの供給を受けます。

溜池へ上がる道はゲートがあり関係者以外立ち入り禁止でしたが、たまたま水利組合の方がおられ許可を得て立ち入ることができました。
右岸上流側にある取水設備
こちらは改修で増設された取水設備で、高台の斜面にある果樹園向けとなっており揚水設備がついています。

わかりにくいですがここが洪水吐。

洪水吐導流部。

総貯水容量31万7000立米。

上流面
草に半分隠れていますが右手に斜樋があります。これは昔からの水田向けの取水設備です。

上流面はコンクリートで護岸されています。

天端。

改修で増設された取水設備。
背後は果樹園。

普段は関係者以外立ち入り禁止ですが、関係者の方がおられ池を見ることができました。
また佐賀導水からの補給や改修により果樹園への用水供給が可能になったことなど詳しいお話を伺うことができました。
 
2523 神篭池(1149)
佐賀県佐賀市久保泉町上和泉
筑後川水系巨勢川
16メートル
100メートル
佐賀市・神篭池水利組合
1948年
『佐賀県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 2017年9月16~23日... | トップ | 北山ダム »

コメントを投稿