ダムの訪問記

全国のダムと溜池の訪問記です。

蔵王ダム

2017-05-29 14:37:37 | 山形県
2017年5月27日 蔵王ダム  蔵王ダムは山形市東部、宮城県との県境近くの最上川水系馬見ヶ崎川源流部にある山形県営の多目的中空重力式コンクリートダムです。 蔵王山主峰の熊野岳北側に源を発し山形市中心部を南から北に貫流して須川と合流したのちに最上川に注ぐ馬見ヶ崎川は、急流が続くうえに豪雨のたびに大量の土砂を流出し流域に多大な洪水、土石流被害をもたらしてきました。 そのため明 . . . 本文を読む
コメント

最上小国川ダム

2016-09-12 11:38:40 | 山形県
2016年9月10日 最上小国川ダム 最上小国川ダムは山形県最上郡最上町の最上小国川に山形県が建設中の治水専用重力式コンクリートダムです。 最上小国川は最上町から舟形町を横断して最上川に注ぐ、最上川水系では4番目の流域面積を誇る主要支流です。 手つかずの自然が残りアユが遡上する川として知られていますが、反面洪水対策もほとんど施されず豪雨のたびに大きな被害をもたらしてきました。最上小国川ダ . . . 本文を読む
コメント

長井ダム

2016-09-09 14:03:29 | 山形県
2016年9月5日 長井ダム 最上川の主要支流である置賜野川には山形県により1953年(昭和28年)に管野ダム、1960年(昭和35年)に木地山ダムが建設されていました。ところが1967年(昭和42年)の羽越豪雨に続き1969年(昭和44年)の集中豪雨で最上川水系では甚大な被害が発生、さらに1973年(昭和48年)には流域で大渇水が発生、建設省は最上川水系の開発治水事業の見直しを余儀なくされ . . . 本文を読む
コメント

木地山ダム

2016-09-09 08:57:51 | 山形県
2016年9月5日 木地山ダム 木地山ダムは山形県長井市の最上川水系置賜野川源流部にある山形県営の多目的中空重力式コンクリートダムです。 朝日連峰に源を発し最上川に注ぐ置賜野川は古くから流域の貴重な灌漑用水源となっていましたが、河況係数が高く雨が降れば洪水、干ばつになれば渇水が続く流量の極端な河川でした。 そこで山形県は1954年(昭和29年)に置賜野川の扇状地出口上部に多目的ダムの管野 . . . 本文を読む
コメント

高坂ダム

2016-09-08 18:23:38 | 山形県
2016年9月5日 高坂ダム 高坂ダムは山形県最上郡真室川町の最上川水系鮭川にある山形県営の多目的重力式コンクリートダムです。 秋田県境との丁岳山地に源を発し新庄盆地西部を南北に貫流して最上川に注ぐ鮭川は、流域が多雪多雨地域のため融雪期や豪雨のたびに洪水被害が発生していました。 とくに1952年(昭和27年)、1956年(昭和31年)の集中豪雨は流域に壊滅的な被害をもたらし、抜本的な洪水 . . . 本文を読む
コメント

月光川ダム

2016-09-08 17:23:13 | 山形県
2016年9月5日 月光川ダム 月光川(がっこうがわ)ダムは山形県飽海郡遊佐町の月光川にある山形県営の治水専用重力式コンクリート・フィル複合ダムです。 鳥海山を源に発し遊佐町を東西に横断して日本海に注ぐ月光川は、源流部は急流が続き流域は火山堆積物で形成された脆い地質のため、豪雨のたびに洪水被害をもたらしとりわけ1958年(昭和33年)の豪雨では流域に壊滅的な被害を与えました。 月光川ダム . . . 本文を読む
コメント

温海川ダム

2016-09-08 15:46:46 | 山形県
2016年9月5日 温海川ダム 温海川ダムは山形県鶴岡市の温海川にある山形県営の多目的重力式コンクリートダムです。 山形県庄内地方最南部、新潟県境近くを東西に流れる温海川は多雨多雪地帯のため融雪期や豪雨のたびに流域に洪水被害をもたらしてきました。 ところが温海川下流域には温海温泉があり河川改修では温泉街や源泉に悪影響を及ぼす懸念があるため、1986年(昭和61年)に山形県は温海川上流域に . . . 本文を読む
コメント

寒河江ダム

2016-09-08 13:05:27 | 山形県
2016年9月4日 寒河江ダム 1967年(昭和42年)の羽越豪雨に続き1969年(昭和44年)の集中豪雨で最上川水系では甚大な被害が発生したことから、建設省は最上川水系の開発治水事業の見直しを余儀なくされます。 一方で山形県中央部の人口増による上水道需要の増加、新規農地開拓や農業生産額増加による灌漑用水の整備、オイルショックに伴う水力電力の見直などを背景に、1972年(昭和47年)に最上 . . . 本文を読む
コメント

月山ダム

2016-09-08 11:36:59 | 山形県
2016年9月4日 月山ダム 朝日連峰を源とする赤川本流(大鳥川)と月山を源にする梵字川が合流する赤川は、上流域は急流が続く一方で庄内平野に入ると緩流となるため流域に幾度も洪水被害をもたらしてきました。 また渇水による流量の激減も深刻で赤川を水源とする灌漑用水の取水にたびたび深刻な障害を引き起こしました。 赤川本流には1955年(昭和30年)に山形県が荒沢ダムを完成させましたが、支流の梵 . . . 本文を読む
コメント

梵字川ダム

2016-09-07 19:45:48 | 山形県
2016年9月4日 梵字川ダム  梵字川ダムは山形県鶴岡市上名川の梵字川にある東北電力の発電用重力式コンクリートダムです。 赤川水系では本流の赤川、支流の梵字川ともに戦前から電源開発が進められましたが、梵字川ダムと梵字川発電所は赤川水系初の発電施設として1933年(昭和8年)に運用が開始されました。 戦後東北電力が事業を継承しダム水路式の梵字川発電所で最大3000キロワットの発電を . . . 本文を読む
コメント

荒沢ダム

2016-09-07 18:26:40 | 山形県
2016年9月4日 荒沢ダム 荒沢ダムは山形県鶴岡市荒沢の赤川水系赤川にある山形県営の多目的重力式コンクリートダムです。 朝日連峰の以東岳に源を発し旧朝日町から旧羽黒町、鶴岡市を南北に貫流する赤川は庄内平野を潤す貴重な水源の一方で、豪雨や融雪期には流域にたびたび洪水被害をもたらしました。また夏場の渇水により赤川を水源とする灌漑用水の取水の障害となっていました。 そこで山形県が1955年( . . . 本文を読む
コメント

新落合ダム

2016-09-07 17:27:12 | 山形県
2016年9月4日 新落合ダム  新落合ダムは山形県鶴岡市大針の赤川にある東北電力の発電用重力式コンクリートダムです。 赤川水系では戦前から電力開発が行われ、戦後は事業継承した東北電力が中流域で、上流の大鳥川では山形県企業局が電源開発を推進しました。 新落合ダムは1958年(昭和33年)に竣工、ダム水路式の新落合発電所で最大2万キロワットの発電を行っています。 庄内あさひイン . . . 本文を読む
コメント

三又ダム

2016-09-07 17:25:30 | 山形県
2016年9月4日 三又ダム   三又ダムは山形県鶴岡市羽黒町の最上川水系京田川にある灌漑用アースダムで1977年(昭和52年)に農林省の月山山麓開拓建設事業によって建設されました。 三又ダムで貯留された水は、同事業で開拓された下流の農耕地の灌漑用水として利用されています。 羽黒から水芭蕉の丘広域農道を南下、月山ハーモニーパークを目指すと三又ダムに到着します。 すぐ下流 . . . 本文を読む
コメント

さみだれ大堰

2016-09-07 16:22:27 | 山形県
2016年9月4日 さみだれ大堰 最上川さみだれ大堰は酒田市と庄内町にまたがる最上川下流部にある可動堰で、国交省東北地方整備局が管理する国交省直轄ダムです。 この堰はゴム引布製起伏堰、つまりゲートにラバーが用いられておりラバーダムとしては日本最大規模の堰です。 最上川下流の庄内平野は日本有数の穀倉地帯で、戦後の国営農業水利事業により最上川を水源とした灌漑用水の整備が図られました。 . . . 本文を読む
コメント

田沢川ダム

2016-09-07 14:27:11 | 山形県
2016年9月4日 田沢川ダム 田沢川ダムは山形県酒田市山元の最上川水系田沢川にある山形県営の多目的重力式コンクリートダムです。 旧平田町を貫流して相沢川に合流する田沢川は豪雨の際には流域にたびたび洪水被害を起こす一方で、渇水も多くここを水源とする灌漑用水の取水の障害になってきました。 これらの問題に対処するために山形県が2001年(平成13年)に田沢川源流部に建設したのが田沢川ダムで、 . . . 本文を読む
コメント