のみちをゆけば

北の山男が日々の生活、趣味の報告をします!

本格的な寒さ

2015年11月30日 21時02分52秒 | 日々の話題

 今朝の北見の最低気温はマイナス14度。全国で3番目に寒かったようです。




 車のバックミラーにも霜の花。






 まだ、11月でしたね。







 河川沿いの木々は霧氷をまとっていました。




 久しぶりに単身宅に帰ったら、気温は3.6度。
 氷点下の予想でしたが、意外に暖かかったです。

 でも、家に入ったら寒くて何もやる気が起きませんでした。



 あ~。




 やめとこ





コメント

帰ってきました。

2015年11月29日 17時07分20秒 | 日々の話題



 白い大地に帰ってきました。
 もう、根雪になるのかなあ。



コメント

やっぱりホームはいいね!

2015年11月28日 22時57分00秒 | 釣り

 先週の日曜日に、小樽と余市までイカ釣りに行ったときのこと。

 厩は釣れてたけど、自分には釣れない気がしたので、余市まで足を伸ばしました。



 いつものガードレール横でスタート。日中でもポツポツ釣れているようでした。

 2投目で久々のイカがかかる感触!

 

 サクサクっと2ハイ。その後もポツポツと。




 マイカの子供も。


 周りは釣れてるのに、私は途中からは全然釣れなくなり…
 腕が悪いのか? 道具が悪いのか?
 確かにまわりで使ってるエギは小さいのが多い。それでも沈みが速そうです。
 竿もリールもボロでガタガタしてるし…




 10杯ぐらいかな?


 せっかく来たので、どこかで爆釣にならないかと、製氷工場前や中防波堤にも行きましたが、魚信なし。


 そういえば、末娘が「ソイも食べたい!」って言ってたなぁとソイも狙い。
 暗くなって気付いたのですが、ヘッドランプを忘れました。
 なので、ソイは針一本で終わりと決め、チビソイ3匹で終了。小さかったけど2匹は持ち帰りました。





 イカは全部で12ハイいました。どれがマイカか分かるかな?





 持ち帰ったチビゾイ2匹。下はあまり釣った事がないシマゾイ。





 小さくても新鮮な刺身は美味しかったです!

 翌日、肘が筋肉痛になってました。やっぱり腕がなまったのでしょう。
 
 また行きたいけど、余市は遠いなぁ・・・






 



 




コメント

快晴

2015年11月27日 18時05分51秒 | 東京・横浜

 北見は大雪のようですが、こちらはいい天気。



 午後からは買い物に出掛けました。



 帰る頃には日も沈み、富士山がくっきり見えました。



コメント

電車でブログ

2015年11月26日 21時04分44秒 | 東京・横浜

 昨晩は遅かったので、今日は一日中眠かったなぁ。




 夕方から休みをもらって、実家へ。
 円い月が浮かぶ、夜のフライトでした。
 今は電車の中。
 都会人に見習ってスマホいじってます。


コメント

寒い家

2015年11月26日 00時48分16秒 | 単身生活

 今晩は仕事の会議が終わったのが23時。

久しぶりに帰った家の室温は4度。

 ストーブ着けて、ちょっと熱めの風呂に入って、家に置いておいただけでキンキンに冷えていたビールを飲んでます。

 帰ってから1時間が経過して、室温はようやく12度まで上がりました。


 明日は早出。寒くても寝なければ。


コメント

遥かなる武利岳

2015年11月25日 23時11分00秒 | 登山

 ずいぶん前の事になってしまいましたが、8月下旬に武利岳に登った時の記録です。

 ちゃんと調べて、丸瀬布からは通行止めなのは知ってたんだけど…
 国道39号線側からも通行止めとは・・・



 とうせんぼの前で考えること数分。
 「東大雪まで足を伸ばすか?」


 「そういえば、武華岳から縦走路があったはず!」とUターンして武華岳の登山口へ向いました。

 
 行程

 武華岳登山口  6:40
 武利岳分岐   8:15
 武利岳山頂   10:30(40分休憩)
 武利岳分岐   13:00
 武華岳山頂   13:40
 武華岳登山口  15:20




 判断が早かったので、さほど遅れずに登山口到着。
 武華岳は近いですが、武利岳まではどのぐらいあるのか分からないので、早足でスタート。





 綺麗な沢に沿って登ります。今回は虫はたいして居ませんでした。






 見上げた先にはライオン岩。






 急なのぼりでグイグイ高度を稼ぎ、大雪山も見えてきました。






 登り切ると、武華岳山頂までハイマツが広がっています。





 登山口から1時間半。特に標識はありませんが武利岳への分岐。
 踏み跡が薄っすらとあります。






 ドーンと見える武利岳。カッコいい!

 確かに遠くて、アップダウンも激しそうだけど、この時は元気なので気にせず。





 赤いコケモモの実。赤いのはこちら側だけで裏は白く、とても酸っぱい。





 ドンドン下ります。
 一応廃道なので、潅木が道を塞いでますが、踏み跡はしっかりしています。





 下った後は笹薮漕ぎ。崖のそばを通る場所もありますが、さほど危険な場所や迷いそうな場所もありません。



 最初の登りは笹薮漕ぎで結構辛い。まあ、乾いていたから良かったです。



 登り切ると森林限界を越えて眺めがよくなります。





 支湧別岳方面。






 この先が長い。





 眺めがよくて、崖やアップダウンがあり退屈はしませんが・・・





 最後の急登。





 なかなか終わらない。






 あともうひと息。





 これが最後で、山頂が見えました。





 スタートから約4時間で山頂に到着。




 武利岳登山道方面。こちらから登ってくる人は当分居ないでしょう。

 山頂で40分ほど休憩。多少の緊張もあったし、退屈しない登山道だったので、順調にここまで来ましたが、頂上で腰を下ろしたとたんにドッと疲れが出ました。

 そして、分岐からの下りで滑って痛めたと思われる膝が痛くなってきました。


 ま、まだ11時なので、気合を入れて下山開始。




 どこから見ても円錐形の北見富士(左)が違う形に見えます。





 まだ8月ですが、ウラシマツツジの紅葉が見ごろでした。






 武利岳を振り返る。だいぶ歩いたなぁ。





 でも、前を見ると武華岳はまだ遠い。
 そして、痛い膝をダマシダマシ歩く。登りはいいんだけど、下りが痛い。





 ヘロヘロになりながらも、分岐まで這い上がりました。



 登りでは膝が痛くないので、フラフラと武華岳の方に向かってしまいました。




 少し歩いて、真っ直ぐ降りれば良かったと気付きましたがあとの祭り。
 痛い足をかばいながら歩く。





 花の見ごろは過ぎていましたが、頂上下でウメバチソウを発見。






 武華岳到着。層雲峡方面に雨雲がかかっていたので、パンをかじってすぐに降りる。






 ライオン岩を回り込んでひたすら降りる。
 足の痛みはアドレナリンのおかげか、大して気にならなくなりました。


 そして、スタートから正味歩行時間で8時間。疲労困憊して登山口に到着できました。


 翌週は水曜日ぐらいまで足を引きずって仕事してました。


 山頂で聞いた話では、武利岳登山口までの林道も難路らしい。
 武利岳に登る人は、ほとんど居ないかと思いましたが、今回は武華岳側から登っている人が結構居ました。

 
 花は無いけど、山自体はかっこいい山で、変化に富んだ登山道も良い。

 ま、また登るか? と言われると???な感じですね。

 そのぐらい疲れました。

































 




コメント

とりけん35周年行事

2015年11月24日 21時11分23秒 | 日々の話題

今日は一日中雪が降り、結構積もりました。
 帰りに寄ったホームセンターでは雪かき用品を買う人がたくさん居ました。
 そんな私も単身宅用の雪はね1本購入。



 先週末の行事は定山渓温泉で行われました。写真は帰りに小樽に向う時に撮った定山渓天狗岳。





 いつもカッコいいけど、この時期は一番迫力がありますね。


 のんびりと温泉に入って、5年ぶりに会う仲間と飲みながら色んな話をして。
 残念ながらOBの出席が少なく、今回は最長老の部屋になってしまいました。
 
 間違いなく老けているはずなのに、何故かみんな昔と変わらないのが不思議でした。

 年寄りは飲めなくなり、若者は飲まなくなり、朝になっても結構酒が残っていたようでした。
 

 今度はまた5年後。その頃の自分はどうなっているのかなぁ。


  





 
コメント

無事に帰りました

2015年11月23日 18時00分16秒 | 子育て


 昨日は、厩に1時間いましたが、一匹も釣れず余市に向いました。

 その事は後日報告として・・・

 何時に帰宅しても良かったのですが、暗くなったら全然釣れなくなったので、17時半に撤収して帰路につきました。

 帰り道は北上して350キロ。街中を避けるために小樽から江別東まで高速道路を使い、その先は一般道。

 岩見沢ではバサバサと大粒の雪が降り、砂川から旭川まではブラックアイスバーンでヒヤヒヤでした。
 特に神居古譚は凸凹のアイスバーンでハンドルを真っ直ぐにしていても真っ直ぐ走らず、事故車も2台見ました。

 旭川から先は普通のアイスバーン。石北峠を降りてからは乾燥路面になってホッとしました。

 帰宅時間は0時50分、トイレ休憩以外はノンストップ7時間半。我ながら、体力ありますね。


 今日の午前中はさすがにへばって寝てましたが、午後からは娘とインライン。




 最初はやる気無さそうだったのですが、後半からスイッチが入りなかなか良いフォームで滑ってました。




 天気が良くても冬の日差しで14時過ぎなのに影が長い。
 自分のフォームをチェックするのには便利です。










コメント

久々の小樽

2015年11月22日 12時36分08秒 | 釣り
 


 せっかく西に来たので、まずは厩に、隣のおじさんは釣ってるけど、こちらにはあたり無し。

 ホームまで行こうかな~

コメント