のみちをゆけば

北の山男が日々の生活、趣味の報告をします!

仁頃トンネルの旧道を歩く

2019年03月11日 22時23分00秒 | ちょっと冒険


 今はあまり呼ばなくなった国道333号線の「ルクシ峠」には比較的新しい二つのトンネルがあり、それぞれに旧道があります。
 新佐呂間トンネル(2008年完成)については、少し前に報告しましたが、今日は仁頃トンネル(2003年完成)の旧道を歩いた報告です。





 当日は新佐呂間トンネル側から入りましたが、報告は北見側からスタート。

 と言っても、すぐに土塁の上に灌木が生えた道を歩くことになります。






 右側を新しい国道が上っていきます。






 トンネルの残土を積み上げたのか。旧道との標高差が広がっていきます。






 途中に置いてある木箱。





 道路工事のボーリング調査のサンプルのようです。






 崩れてるもの、岩のようなものと色々あります。





 トンネルの入り口が見えてきました。







 左下にガードロープが見えてるので、この道もトンネル残土でかさ上げされているようです。
 でも、この下の旧道は仁頃トンネルを作るときに使用していたはずだから、新佐呂間トンネルの残土でしょうか?






 道は少し下って、旧道の路面が出ています。
 




 旧道の路面上から見上げた仁頃トンネルの北見側入り口。






 そして、また道は残土の上に。







 また下ると「ほくせいばし」とプレートの付いた橋がありました。




 平成元年完成との事。







 橋を渡るとまた残土の山。






 右側はかなり嵩上げされていたようで、沢がかなり下に見えます。








 この旧道にも、砂利道時代の旧道があって、古い地図を見ると沢(ルクシ仁頃川)の右岸をずっとたどっていたようです。





 よく見ると沢の右岸の壁は古くて、当時のもののようですね。






 この道が付け換えられ、仁頃トンネルが掘られるとなった2001年に発生した土砂崩れの跡。
 





 もう一度橋を渡って。





 佐呂間側の入り口に到着。
 
 無事に戻ることが出来て、何だかホッとした記憶があります。


 ルクシ峠関係の旧道探査はこれで終了です。







 今日は、東日本大震災から8年なんですね。

 自分は被災地に対して何もしてないし、原発の事は思うところあるけど、天災は避けられないのも事実だと思ってます。

 天災は忘れた頃にやってくる。
 この言葉を頭の片隅において、日々暮らしていこう。



コメント

新佐呂間トンネルの旧道を歩く(砂利道の旧道)

2019年02月01日 23時35分33秒 | ちょっと冒険




 先日報告した佐呂間側のトンネル入り口までではちょっと物足りなかったので、手前にあった林道も探査してみることにしました。






 カーブしながらトンネル入り口の上を通り。







 ここだけでしたが、舗装路面もありました。






 ガードロープやカーブミラーも設置してあり。






 幅は普通に車二台がすれ違える位ですが、両側から灌木が生えてきてます。






 パーキングのような場所もあり。








 路面は変わりありませんが、だんだんと灌木が行く手をふさぐようになってきました。
 たぶん、車は無いと思いますが、車道をふさぐ木を切った跡(比較的新しい)があったので、バイクの人とかは入ってるかもしれません。







 淡々と歩き。鹿はいたけどクマの気配はあまりしなかったかな。







 木の葉が生い茂ったら、あまり歩きたくない場所ですね。
 そして、この日はあまりいなかったけど、春も遅くなるとダニが凄いかもしれません。






 遠軽警察署の看板発見!
 これは、普通の林道ではないな。

 あとで地元の人に聞いたら、佐呂間トンネルができる前に北見に抜ける旧道だったとのこと。
 ずっと砂利道だったけど、結構使ったらしい。







 市町境を越える所が峠。






 市町境を越えると下り坂になります。









 10分ほど下ると、北見側の佐呂間トンネル入り口から登ってきた林道に着きました。







 つぎはぎだらけですが、これで旧道制覇!







 当初の予定よりだいぶ遅くなりましたが、無事に戻ることが出来ました。

 しかし、家への帰りが遅くなって、かみさんには怒られました。


 
コメント

新佐呂間トンネルの旧道を歩く(佐呂間側)

2019年01月31日 23時11分00秒 | ちょっと冒険




 前回の2週間後に佐呂間側から旧道アタック。






 今度はなかなか快適です。






 斜面に沿って登り道が付けられているので、緩いカーブが続きます。
 夏はいいけど、冬に下るのはけっこう難路だったかもしれません。






 麓から見える赤い橋に到着。







 新緑の眺めが良いです。






 橋を越えたところに峠のパーキングがあります。





 「眺望 ルクシ峠」の石碑。






 ただ、ここが峠の頂上では無くて、先も緩いカーブの上り坂が続きます。













 次の橋からも良い眺め。











 トンネルの入り口が見えてきました。






 廃道になってますが、看板なんかが普通に残ってます。







 これで、トンネル内部と落とされた橋以外の探査を完了。


 でも、これで帰らなかったんですね。


 砂利道の旧道探査につづく。







コメント

新佐呂間トンネルの旧道を歩く(北見側2)

2019年01月30日 23時49分00秒 | ちょっと冒険

 
 昨日に引き続き北見側の探査報告です。
 といっても、前回の調査から一年が経過しております。



 前回の調査で、砂利道の旧道からは佐呂間トンネルに続く旧道には下りられ無さそうだったので、新佐呂間トンネルの入り口から南(左)に上がっていく林道からアタック。





 地図を見ながら、林道から斜面を降りると落とされた橋の反対側に乗ることが出来ました。






 またまた、快適な旧国道歩きと思いきや・・・








 また、橋が無い・・・

 ここは、下っていけば小さな沢を越えて無くなった橋の反対側に上がれそうな感じもしましたが、沢を越えられなかった時のリスクを考えて、林道に戻って反対側に向かうことにしました。






 林道はかなり沢を回り込んでいて少し長い道のりで約1時間かかりました。





 たどり着いた橋の反対側。






 こちらはかなり荒れてました。







 途中にあった駐車帯。





 巨大な看板が置いてありました。






 快適な旧国道をさらに登っていくと。






 今回の最終目的地の佐呂間トンネルに到着。

 当然、しっかりカギがかけてあり、中に入ることはできません。


 隙間から覗いてみたら、真っ暗な中から湿った冷たい風が吹いてきて・・・


 たとえ入れてもこれ以上進む気持ちは起きませんでしたね。




 帰りは北(右)に上がれば砂利道の旧道があるような気がしたので、斜面を登って。





 思った通りで、砂利道の旧道を歩いて入山地点に戻りました。












 
コメント

新佐呂間トンネルの旧道を歩く

2019年01月28日 22時44分41秒 | ちょっと冒険

 最近はネタが無いので、昨年の春にチャレンジした旧道ハイキングの報告をします。





 毎日快適に利用させてもらっている国道333号線の新佐呂間トンネル(黄色の線)。
 2009年の春に開通して、長さは4,110mあります。


 トンネル開通前は、ルクシ峠というカーブがある坂を登って古い佐呂間トンネルを通るルート(青い線)。


 さらに、佐呂間トンネルが開通する前は砂利道で峠を越えていたようです(赤いルート)。


 廃道となった国道がどのようになっているのか?

 今では、グーグルマップで上からは眺めることができますが、気になってしまったので・・・



 まずは、北見側から現地探査の報告です。





 北見側の旧道は、トンネル手前を真っすぐ上がっていきます。






 車が通らない道は広く感じますね。







 そして、工事の廃材のようなものが散らかってました。






 次に探査に行った時には少し減ってましたから、仮置きしているのでしょう。



 で、立派な旧国道を順調に進めるかと思いきや・・・





 いきなり橋が落とされています。







 
 ここの手前に北(右)に曲がる林道(赤い線、砂利道の峠)があって少し進んでみましたが、落とされた橋の向こう側には下りられそうに無かったです。




 つづく





 







 


コメント

よく歩いたわ

2018年06月17日 21時07分34秒 | ちょっと冒険



 今日は、サロマ湖の砂州を散歩。


 往復28キロ、4万5千歩歩きました。




 かかった時間は約8時間。


 かなり疲れました。



 で、今日は父の日でしたね。


 長女からは、ラインで
写真が送られてきて、次女は酒のつまみをくれました。




 あら、末娘は?

 忘れられてるのかな…




コメント