のみちをゆけば

北の山男が日々の生活、趣味の報告をします!

営業車なのに白ナンバー?

2019年04月05日 21時01分22秒 | 東京・横浜


 ちょっと前に、実家に帰った時のこと。




 私鉄バスの営業所。





 えっ??

 営業車が白ナンバー??


 って思ったら、オリンピックナンバーでした。


 軽自動車の時も、ずいぶん排気量アップの車が増えたとびっくりしたけど、営業車もアリなんですね。





コメント

サクラ咲いてた

2019年03月24日 21時39分57秒 | 東京・横浜


 週末は、実家に帰っておりました。





 早生のヨコハマヒザクラ。





 ソメイヨシノも、ちらほら咲き始めてました。





 こぶし。





 晩生の梅も咲いてました。


 気温が25度まで上がったり、白い物がちらついたり、今朝は霜が降りてたり。

 何だか、変な天気でしたね。



 ちょっと、くしゃみがでたり、目が痒かったりしたけど、今のところスギ花粉では重症にならなかったから、良かったな。




コメント

鳥伊勢

2018年12月20日 23時31分21秒 | 東京・横浜

 今日は職場の忘年会。

 まわりは割と盛り上がってましたが、自分は何となく乗り遅れて、帰ってきました。




 実家に帰省した時のこと。


 ちょっとした慶事があったので、ずいぶん久しぶりに伊勢佐木町にある焼き鳥屋に行きました。




 学生の頃に親父と行って以来ですから、二十数年ぶりか。
 ここは、子供のころに習っていたピアノの発表会の後、よく連れてきてもらってました。
 なので、40年来通ってることになります。




 焼き鳥はとにかく美味い!





 私は忘れていたけど、姉が覚えていたポテト。
 記憶に残ってなくても、食べた瞬間に子供の頃の記憶がよみがえり、驚きを感じました。





 しめのスープ。お代わりしちゃいました!

 メニューはたぶん増えてるのだろうけど、美味しさやサービスが全然変わっていないことに感動しました。

 
 また、いつか行きたいですね。








コメント

煙突の向こうに登る朝日

2018年06月11日 22時24分13秒 | 東京・横浜

 2月に実家に行った時のこと。




 早起きしたので、近くの公園まで散歩。







 対岸の火力発電所の奥から朝日が昇り始めました。







 煙突から熱が上がっているのが良くわかります。
















 シャボン玉が飛び立つ時みたい。






 ググぐ~って吹き上げられて、太陽は昇りましたね。














 なんだか、今日は疲れた。


 まだ、月曜日なんだね。



 トホホ。









コメント

ガントリークレーン

2018年01月12日 23時50分13秒 | 東京・横浜

 12月に実家に帰った時のこと。

 過去に下から見上げた、ガントリークレーンが稼働しているところを見たいと思ってました。




 近くの公園から双眼鏡で。
 コンテナが12列並んだ、かなり大きな船がついてました。





 その後、買い物に出かけたついでに海のそばから。





 こちらからは、対岸で遠いけどコンテナが下ろされるところが見えました。






 船とクレーンが巨大なので、道を走るトレーラーに載ってると大きく見えるコンテナが小さく見えました。


 今度は埠頭で見てみたいですね。







コメント

東京湾を眺めに

2017年12月22日 20時52分26秒 | 東京・横浜

 ちょっと前に実家に行った時の事。

 連日の疲れ、雨戸がある事、家の中が寒い事で朝はなかなか起きられない。


 でも、眠い目をこすって1日だけ早起きして散歩に行きました。




 日の出前のエノキ。



 通称見晴台に行き、海を見ていたら変な船を発見。






 船に船が刺さってる?

 船の上に船が載ってました。そして上にのってるのは軍艦のようです。





 日の出を迎え。





 海がオレンジ色に。角度が変わっても、やっぱり船が載ってる。






 本牧方面に目を移し。杉田のドッグにはサンフラワーが3隻も入ってました。





 また角度が変わって。積まれている軍艦の窓に朝陽が反射してました。





 こちらはコンテナ船。





 コンテナとコンテナの間は隙間があるんですね。
 その日は日曜日でしたが、コンテナ船はガントリークレーンがある埠頭に入っていきました。






 天気が良い一日でした。





 広場に敷き詰められたイチョウの落ち葉。







 イロハカエデ。ヤマモミジより小さくて、風情がありますね。






 ケヤキ。






 春は後に芽吹く方が先に落葉してましたね。


 謎の船の正体は・・・

 後日報告。












コメント

本牧山頂公園

2017年12月19日 23時50分00秒 | 東京・横浜

 実家に帰省していた時の事。




 三渓園に行った後、近くにあった本牧山頂公園に行ってみました。

 自分が住んでる頃にはなかったような・・・


 ちょっと調べてみたら、本牧の一部は昭和57年まで米軍に接収されており、返還後にできた公園のようです。
 なので、途中にあった住宅街は敷地が広く、立派な家が並んでました。

 でも、私は平成2年までいたので、返還はされてましたね。








 公園からの眺めはなかなか良し。
 こちらは南本牧方面。ガントリークレーンが並んでます。








 面白い形の米軍接収時にあった消火栓。






 皇帝ダリア。きれいに写真を撮るのがなかなか難しい。

  



 見晴台。






 横浜港方面。







 ベイブリッジのアップ。






 うっすらと見えた富士山。






 公園は東西に長く、東の端から西の端まで歩いてみました。
 こちらは日石、じゃないエネオスの製油所。






 公園を出たら、わが母校の角に出ました。
 部活前のランニングコース。






 駅を出て、近道の通学路。何だか懐かしかったですね。











コメント

三渓園

2017年12月15日 21時21分07秒 | 東京・横浜




 帰省した時に出かけた三渓園。
 行ったことはあったと思うけど、40年ぶりぐらいかな。






 歴史的建造物と、庭、池を巡りました。









 年輪が浮き出たガラス戸。










 ちょうど紅葉も見頃でした。





 太っとい孟宗竹。









 鬼瓦。






 でっぷりと太った大きな猫。
 なぜか写真が嫌いらしい。






 三重の塔。







 いい香りがすると思ったら、水仙が咲いてました。







 合掌造りのかやぶき屋根。






 建物の中にも入ってみましたが、囲炉裏には火が入っていてちょっと煙たかったです。

 ボランティアガイドの方が、火は暑い夏も焚いているとのこと。
 茅は虫が付くので、燻して虫が寄らないようにしているようです。
 思えば、幼少の頃に行った父の実家も茅葺で家の中は煤で黒かったような事が思い出されました。





 軒下にかかってた干し柿。






 イロハモミジはチリチリの所が多かったけど、谷間で見上げると綺麗な所もありました。






 サザンカも見頃。

 歳をとったせいか、こういう場所も良くなりましたね。









コメント

みなとみらいを散歩

2017年12月13日 22時27分02秒 | 東京・横浜

 実家に帰省している間に、用事があったので横浜まで出かけました。

 用事を済ませた後は、桜木町まで散歩して帰ることにしました。





 私が住んでた頃から(25年以上?)ず~っと工事中の横浜駅。
 地下街の天井が外されてて、中の配線がむき出しになってました。
 でも、これはこれで完成なのかなぁ?





 東口から外に出て。






 ビルの間にもイルミネーションが渡してありました。






 ちょっと立ち寄った日産のショールーム。
 GT-Rを見てたら、店員さんに「お時間があれば15分ほど周辺を乗ってみませんか?」って言われました。
 ビビッて「いやいや、いいです」なんて断ってしまったけど、あとで考えたら暇だったっし、乗ってみたらよかったな。





 まだ、建物が建つらしい。





 次々に。
 北海道ほどでないけど、冬の日暮れは早い。





 急ぎ足でビルの谷間を歩く。





 まだ、明るい時間のイルミネーション。





 ランドマークタワーを見上げる。





 偶然たどり着いた旧ドッグのイルミネーション。




 音楽に合わせたショーもあり、なかなか綺麗でした。










 17時に桜木町駅に到着。
 昔は毎正時に色が変わっただけの大観覧車の電飾も、賑やかに色や形が変わるようになってました。


 都会はどんどん変わっていきますね。 
コメント

黄色い京急

2017年08月08日 22時50分00秒 | 東京・横浜


 少し前に実家に行った帰りの事。

 京急は赤に白ラインと昔から決まってましたが。
 最近(でも無いか)は青や黄色も見かけます。
 



 黄色いの初乗車。





 ちゃんと蒲田で降りましたよ。



 ハッピートレイン何て言ってるけど、あんまり良い事無いなあ。







コメント