サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

196日目「円山応挙ー空間の創造(三井記念美術館)」三越前

2010年10月16日 | 姪っ子メグとお出かけ
姪っ子メグ おじさんの関係の会社も、話題の電子出版やってるの?キミオン叔父 関係者はいろいろアプローチしてるけどね。まあ、やってみなくちゃわかんないことがあるからね。あたしはねぇ、世界中の教科書(子ども向けでもいんだけど)、アーカイブを作って欲しいな。で、ある程度の自動翻訳になっちゃうだろうけど、それぞれの国が、人文科学でも社会科学でもいいんだけど、どういうように子ども達に伝えているのかなぁ、と。 . . . 本文を読む
コメント

第五十六話

2010年10月15日 | 夢脳
上半身、裸でいる。なぜか、真っ黒に日焼けしている。なにやらコンテストのようなものが開かれていて、私は美しい肉体の何人かに選ばれたらしい。メタボ体質を自覚しているので、おかしいなぁと思うのだが、腹筋の力が人並み以上に優れているらしい。わけがわからないが、私は舞台の上に呼ばれる。四角いテーブルがあって、一辺に3人づつ窮屈に座っている。私も手前の一辺に、座ることになる。なぜか私だけが左右に女性が座ってい . . . 本文を読む
コメント

mini review 10493「倫敦(ロンドン)から来た男」★★★★★★★★☆☆

2010年10月14日 | 座布団シネマ:や・ら・わ行
ハンガリーの鬼才タル・ベーラが前作『ヴェルクマイスター・ハーモニー』から7年ぶりに放つノワール・サスペンス。「メグレ警視」シリーズで知られる文豪ジョルジュ・シムノンの同名小説を原作に、偶然にも殺人を目撃したことから運命が大きく狂いだしていく鉄道員の姿を描く。『フィクサー』のティルダ・スウィントンや、ハンガリーやチェコで活躍するベテラン俳優が出演。長回しを用いた独自のカメラワーク、陰影に富んだモノク . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (7)

195日目「二十世紀肖像(東京都写真美術館)」恵比寿

2010年10月13日 | 姪っ子メグとお出かけ
姪っ子メグ あらまぁ、お気の毒。また腰痛なの?キミオン叔父 先週末からね。そろりそろりと歩いて、騙し騙し・・・。また寝転んでの「座布団シネマ」のやり過ぎじゃないの?当たらずとも、遠からず、だな。おじさんさぁ、中高年の体力測定結果が、ぐんと向上しているそうよ。禁煙を機会に、スポーツジムも花盛りだって。あたしとお出かけぐらいじゃ、駄目じゃないの?そうだなあ、任天堂のWiiでひとりトレーニングに挑戦した . . . 本文を読む
コメント

万年青年/池部良(俳優)/92歳

2010年10月12日 | 毎日がメメント・モリ
池部良さん死去、92歳…直前まで筆握る スポニチアネックス 10月12日(火)7時6分配信  「青い山脈」など戦後を代表する映画に出演し二枚目スターとして活躍した俳優の池部良(いけべ・りょう)さんが8日午後1時55分、敗血症のため都内の病院で死去した。所属事務所が11日、公表した。92歳だった。葬儀は近親者で済ませ、後日お別れの会を開く予定。東宝の文芸映 . . . 本文を読む
コメント

mini review 10492「ウディ・アレンの 夢と犯罪」★★★★★★☆☆☆☆

2010年10月11日 | 座布団シネマ:あ行
名匠ウディ・アレンが『マッチポイント』『タロットカード殺人事件』に続き、ロンドンを舞台に撮り上げたロンドン3部作最終章。破滅への道を転がり落ちていく兄弟の切なさとこっけいさを、ウディ・アレンならではの語り口で描く。主人公の兄弟を演じるのは『天使と悪魔』のユアン・マクレガーと『マイアミ・バイス』のコリン・ファレル。人気スター二人の兄弟演技と、ギリシャ神話やロシア文学の影響が垣間見えるストーリーが見ど . . . 本文を読む
コメント (8)   トラックバック (26)

mini review 10491「笑いながら泣きやがれ」★★★★★★★☆☆☆

2010年10月10日 | 座布団シネマ:や・ら・わ行
英国アカデミー賞スコットランド最優秀映画賞受賞。抜群のストーリーテリングが冴える、トラブルまみれのスタンダップ・コメディアン“ジョーイ”の人生を描いたミステリアス・スリラーの傑作!次々とアップテンポで繰り出されるエピソード。そのエピソードをネタにしたステージの喋りがオーバーラップして、現在と過去が入れ子になりながら物語は進行する。吉本芸人のR1グランプリから、もっとも遠く離 . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (2)

mini review 10490「京義線(キョンイセン)」★★★★★★☆☆☆☆

2010年10月09日 | 座布団シネマ:か行
『食客』などで知られるキム・ガンウが主演を務めたラブロマンス。地下鉄運転手の青年・マンスは、自らの運転する列車に飛び込んだ客を図らずも轢殺してしまう。罪悪感に打ちひしがれた彼は、ソウルと北朝鮮の国境を結ぶ電車・京義線に乗り込む。 韓国映画には珍しい静謐な作品。この監督の次回作に期待したい。韓国には何度も行ったが、38度線の国境には行った事がない。また、残念なことに仕事の関係での訪韓だったので、列車 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (3)

あっぱれ!/大沢啓二(元プロ野球監督)/78歳

2010年10月08日 | 毎日がメメント・モリ
大沢親分逝く、最期まで“らしく”… デイリースポーツ 10月8日(金)9時37分配信 拡大写真  史上初のプロ入り通算100セーブを挙げ、大沢監督(左)の祝福を受けファンの声援に応える江夏豊=1981(昭和56)年5月6日、後楽園球場 日本ハムなどで監督を務めた大沢啓二(おおさわ・けいじ、本名昭=あきら)氏が7日午前7時25分、胆のうがんのため東京都内の病院で死去した . . . 本文を読む
コメント

194日目「夢見る家具展/森谷延雄の世界(INAXギャラリー)」京橋

2010年10月07日 | 姪っ子メグとお出かけ
姪っ子メグ おじさんは毎日台所に立ってるんでしょ。キミオン叔父 ああ、このところ、野菜が高くてさ、もやしばっかり使ってるけどね。おじさんところもシステム・キッチンでしょ。おばさんに全部任せたけどね。葉山のおばさんところは、昔のつくりつけと中古で仕入れたシンクなんかを上手に組み合わせているね。そうね。汐留ミュージアムで開催している「バウハウス・テイスト バウハウス・キッチン展」なんかここ自体がパナソ . . . 本文を読む
コメント

193日目「こんな夢を見た 生誕百年黒澤明(東京国立美術館フィルムセンター)」京橋

2010年10月06日 | 姪っ子メグとお出かけ
姪っ子メグ 久しぶりにおじさんの「座布団シネマ」まとめて読んだけど、相変わらず映画見てるのねぇ。キミオン叔父 まあ、ほとんどがDVDだからな。2階の居間で観る時は「座布団シネマ」だけど、地下のベッドサイドの小さなアナログテレビで見るときは「お蒲団シネマ」だ(笑)。まだアナログテレビなんて持ってるの?ああ、地デジチェンジのその時までね。なんか騒動がおこりそうだし。週刊誌の見出しでさぁ、アナログテレビ . . . 本文を読む
コメント

ばくさん/榊莫山(書家)/84歳

2010年10月05日 | 毎日がメメント・モリ
「書壇の風雲児」 書家の榊莫山さん死去 産経新聞 10月5日(火)19時8分配信 拡大写真 榊莫山さん=2006年8月、三重県伊賀市(撮影・柿平博文)(写真:産経新聞) 詩・書・画が一体となった独自の作風を創り出した書家、榊莫山(さかき・ばくざん、本名・齊=はじむ)さんが3日、急性心不全のため死去した。84歳。密葬は5日に済ませた。  大正15年、三重県上野市(現・ . . . 本文を読む
コメント

財布なくした(飛んで火にいる指名手配のうつけ度80点)

2010年10月04日 | それでも世界は回る
指名手配知らず「財布なくした」と交番に…逮捕 2010年10月4日(月)11:35  福岡県警筑紫野署は4日、住所不定、無職安東宏二容疑者(24)を窃盗容疑で逮捕した。  指名手配されていることを知らずに、酔って財布をなくし、交番に届け出て逮捕された。  発表によると、安東容疑者は9月8日、同県太宰府市向佐野2のリサイクル店で、エレキギター(約9万円相当)を盗んだ疑い。  質店で換金した際に見せ . . . 本文を読む
コメント

192日目「和田誠の仕事(たばこと塩の博物館)」渋谷

2010年10月03日 | 姪っ子メグとお出かけ
姪っ子メグ おじさん、とうとうタバコが大幅値上げになったね。ご愁傷さま。買い溜めた? キミオン叔父 あんまり懐具合もよくないし、10カートンぐらいかな?近くの煙草屋さんで残っていた3カートンとちょうど今週、おばさんたちと山形まで車で行ってたんだけど、9月30日深夜、午前零時の日付が変わる少し前に、たまたま休憩した東北道のパーキングエリアにファミリィー・マートがあったんで、悔しいから7カートン買って . . . 本文を読む
コメント

第五十五話

2010年10月02日 | 夢脳
見知った部屋で私は奥に進む。 出口に当たるベランダのようなところから、かなり離れて向こう側に渡れるようになっている。 覗き込むと、下は漆黒の闇だ。 とても渡れそうにないし、入り口は不思議なことに存在しない。 次にいたのは、三角錐状の部屋。底面がかなりきつい勾配の斜面になっており、その斜面を登ることもできないし、滑り落ちてもその先になにがあるのかわからない。 もうひとつ部屋に入ると、そこは全面が鏡張 . . . 本文を読む
コメント