バイブルサロン

礼拝説教、聖書を読んで感じた事

救い主がお生まれになった!

2017-12-24 14:25:25 | 礼拝説教
2017/12/24クリスマス礼拝説教
【テーマ】  救い主イエス
【説教題】 「救い主がお生まれになった!」
【聖書箇所】 ルカ2:8-12
  2:8 さて、この土地に、羊飼いたちが、野宿で夜番をしながら羊の群れを見守っていた。
2:9 すると、主の使いが彼らのところに来て、主の栄光が回りを照らしたので、彼らはひどく恐れた。
2:10 御使いは彼らに言った。「恐れることはありません。今、私はこの民全体のためのすばらしい喜びを知らせに来たのです。
2:11 きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。
2:12 あなたがたは、布にくるまって飼葉おけに寝ておられるみどりごを見つけます。これが、あなたがたのためのしるしです。」

○ 明日がクリスマス。今年も遂にここまで来ました。私たちは毎年イエス様のお誕生をお祝いし、イエス様による救いのすばらしさを再確認し、喜び、感謝するのです。しかし、2000年前のユダヤ人は、いつ来られるかわからないメシヤを待ち望んでいました。

Ⅰ.遂に生まれたイエス
A.プレゼントが楽しみ
1.現代の子ども達は大変優遇されています。一年のうちにプレゼントというのは何回もらうのでしょうか? あるいはプレゼントといちいち言わなくても、おじいちゃん、おばあちゃんからもしょっちゅうもらっている子どももいます。
2.私が子どもの頃は誕生日とクリスマスくらいしかプレゼントはもらえませんでした。後はお正月のお年玉です。だからとてもそれが嬉しかったのです。
3.2000年前のユダヤ人、特にここに登場する羊飼いはプレゼントをもらったことがあったでしょうか? 

B.待ち望んでいた日
1.私はリニア中央新幹線の完成を待ち望んでいます。東京・大阪間を約1時間で走行するというすごいスピードの新幹線に乗りたいのです。2027年開業(東京-名古屋)と言っています。後、約10年です。私は乗ることができるでしょうか? 
2.2027年ということがわかっていると現実味がありますが、ユダヤ人はいつなのかわからないまま長い年月待ち望んでいました。そして、遂にイエス・キリストの誕生が預言者によってではなく、もっと確実な天使から告げられました。ただ、それが羊飼いになのです。

Ⅱ.羊飼いのために生まれたイエス
A.なぜ羊飼いに
1.なぜ、天使は羊飼いのところに来てイエスの誕生を伝えたのでしょうか? 彼らは貧しい人の代表とも言えます。また、知識・学のない人の代表とも言えます。この羊飼いのところに天使が登場しました。この羊飼いが話すことを人々は信じたのでしょうか?
2.人々に信じさせるためにはもっと有名な人、学のある人、権威のある人に天使が現れて話せばよいと思いますし、もっと多くの人々に現れた方が効果的だと思うのです。

B.現実が変わらなくても喜びに溢れた
1.羊飼い達は人生のほとんどを羊と共に過ごし、野原を歩き回っています。しかし、ユダヤ人である彼らは預言者たちが語ったメシヤの到来を信じて待ち望んでいたのです。その日がまさか自分たちの時代に起こるとは! と、羊飼い達も喜びました。
2.彼らは癒されたわけでもない、金持ちになったわけでもない、持ち家が与えられたわけでもないのに喜んだのです。イエス様の誕生そのものが嬉しいのです。待ち望んだ彼らのためにイエスは生まれたのです。

Ⅲ.あなたのために生まれたイエス
A.待ち望んでいなかった私のためにも
1.羊飼いのために生まれたイエスはあなたのためにも生まれた神です。あなたはイエス・キリストを待ち望んだでしょうか? 子どもの時の私はクリスマスプレゼントを待ち望みました。イエス・キリストを待ち望んではいませんでした。でも、こんな私のためにイエス様は生まれたというのです。
2.私は知識もなく、イエス・キリストがわかっていないのに、私のために生まれてくださったのです。飼葉おけに寝かされたというのは、まさに私のような者でもイエス様に会うことができるという証拠なのです。

B.私の気づかないところで
1.私がどんなに無知で、どんなに鈍感であっても、神様は私の一番必要としていることをご存知でした。そうです。罪からの解放です。私は心のどこかでその罪からの解放を願っていたはずなのですが、意識はなかったのですが。
2.神様は私の心の中の中までご存知でした。いくら私が「神なんかいない」と叫んでいても、私の心は神無しに生きていけないことをご存知なのです。ですから、私がわかっていないときにすでに私のために生まれてくださり、十字架による罪の赦しも実行してくださったのです。

★ クリスマスは羊飼いのためにイエス・キリストがお生まれになった日です。そして、全世界の人のためにも! あなたのためにも! イエス様のお誕生を心からお祝いしましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神が人となった | トップ | 新しい地へ、ゴー! »
最近の画像もっと見る

礼拝説教」カテゴリの最新記事