鏡花水月紀。

日々の言の葉、よしなしごと。

我谷盆バカ。

2018-11-13 | 日々のこと。
またまた時が経ってしまった。

今日は一昨年から続けている我谷盆のことなど、綴ってみよう。


骨董を扱っていたので、我谷盆(わがたぼん)の存在はずいぶん昔から知っていた。
加賀市の山間の我谷村(わがたにむら)で、江戸時代ごろからダムに沈む昭和40年代まで彫られ、
村が湖底に沈み技術も途絶えたため、骨董の業界では「幻の我谷盆」と言われていた。

京都にその我谷盆に魅せられ、かれこれ30年近く、その復興に力を入れている木工作家・森口信一さんがいらっしゃる。
個展も全国各地でされており、金沢や加賀市でも何度となく開けていたのは知っていたが、実は近年まで足を運ぶこともなかった。
失礼ながら骨董の我谷盆にしか興味をもてなかったからだ。

ところが一昨年5月に、森口さんを講師にした我谷盆を彫るワークショップに参加したことから、
ずぶずぶと深みにはまってしまい、鑿も買い、かれこれ11枚、習作を彫り続けている。
初めて手にする鑿やかんな、生木の栗の板。とまどうことばかりであったけど、できたときの嬉しさ。
そしてもっと美しく彫れるようになりたいという思い。

そして何より、森口信一さんの真摯な想いに触れたことも大きいだろうか。
全国に我谷盆写しを彫っている作家はいるが、発祥の地の加賀、広くは石川に彫る人がいないことを森口先生は憂い、
片道3時間半かけて3年間、毎週末、個展などのない限り京都から教えにきていらっしゃるのだ。

先生に会ったことがある方はご存じだろう。
かつて患ったご病気の後遺症で少し右半身が不自由になられている。
そんな経験をされたことから「俺がやらねば誰がやる」と道具箱に文字を刻みつけ、
我谷盆を彫り続けて得た技術を、惜しみなく教えてくださっている。

ワークショップに数度通ううちに、ワークショップに来るくらいならアトリエへ来なさいと言われ、
今は廃村となっている風谷村(いい名前!)の古民家へも顔をだすようになった。
そこではお盆の彫り方や道具の扱いも習うが、我谷村に暮らしていた古老や山中の木工職人の方、アトリエに通い続けている方とも出逢えたりもできる貴重な場でもあった。

先生は「我谷盆バカでいいと思う」とあるテレビ番組で仰っていた。
私もいつかそういえる日が来るかはわからないけれども、周回遅れののんびりとではあるが、木に向い、精進していこう。




11枚目途中


4枚目のお盆。半年後、気に入らなくて彫りなおしている。
コメント

「池 晶子 BOROチクチク展 in 金沢大野湊」

2018-08-30 | 金沢大野湊 かたかご庵
暑い夏でした。お変わりなくお過ごしでしたでしょうか。
9月に企画展を行ないます。

野良着やおしめ、鯉のぼりなど、本来の役目を終えた木綿や麻の古布。
それらを愛おしみ、糸をちくちく刺して継いだ池さんの「継ぎ刺し」は、あたたかく力強く、とても美しいです。
池さんが主宰される「チクチク針仕事の会」は国内外にチクチク仲間がたくさん。
金沢にもその輪を広げます。
ぜひお運びくださいませ。
そしてワークショップへ、関連プロジェクトへのご参加もお待ちしております。





「池 晶子 BOROチクチク展 in 金沢大野湊」
会 期  2018年9月21日(金)~25日(月)
会 場  かたかご庵 金沢市大野町3-4 (10時~18時)ほか。
      もろみ蔵 金沢市大野町2-39(平日11時~18時 土日祝10時~18時)
入場料 2会場共通500円(中学生以下無料)

ワークショップ
●9月22日(土) 14時~16時 チクチク針山を作ろう・・・・・・・・・・・・  空席4 (8/30現在)
●9月23日(日) 10時30分~12時30分 チクチクブローチを作ろう・・ 空席6 (8/30現在)
参加費 3,000円(材料費込み)
定 員 各10名
空きがあれば当日参加も可。
お申込 antiquegallery_katakago♪live.jp (♪を@に替える)
コメント

5月企画展のお知らせ。

2018-04-19 | イベント、お知らせ。
海辺の町に80センチの雪が降った冬の間も、WSはちょこまか開催。
そして、イソヒヨドリの高らかな歌声、燕の賑やかなさえずりも聴こえ、
季節は新緑へ。
来る5月は久しぶりの企画展を行います。
3日間の短いあいだですが、お越しいただければ幸いです。




「みたてⅣ ―花とうつわと古道具―」
日時 2018年5月4日(金)-6日(日) 
10時~18時30分
会場 かたかご庵

うつわや古道具を花器にみたてて、野の花を添わせた展覧です。古いものが放つ香気と野の花のとりあわせをお楽しみください。会期中、野の花と遊ぶワークショップ、お茶を楽しむワークショップも行います。ご参加お待ちしております。

【野の花の投げ入れ遊び】 
日時  5月5日(祝)10:30~ 要ご予約
定員  6名 
参加費 1,500円(おやつ付き)
持ち物 花ばさみ
大野町を包みこむように広がる防風林にはハマダイコン、カジイチゴ、ノコンギク、ノバラ、アケビ、コバンソなど、鳥や風が運んできた多くの草花が育っています。WSではこの防風林にでかけて草花を摘みます。花と道具と対話するひとときを、ぜひお楽しみください。

【お茶とうつわを楽しむ時間】 
日時 5月6日(日)13:30~ 要ご予約
講師 酒見銘茶店 岩岸恵美子さん 
定員:10名 
参加費:2,500円 

野町広小路交差点にある慶応3年創業の老舗「酒見銘茶店」。加賀茶隆盛の頃、元祖又右ヱ門さんが焙炉法を考案。されて、香り高い棒焙じ茶「ふるさとの薫」として今日に受け継がれています。
WSではこの酒見銘茶店の岩岸さんを講師にお招きし、日本茶の種類、より美味しいお茶の淹れ方、お茶の飲み比べなど、お茶とお菓子を頂きながら美味しく学びます。日本茶の世界に親しむひととき、ぜひお楽しみください。

ワークショップへのお申込みはお手数をおかけしますがメールよりお願いします。
①お名前 ②人数 ③連絡先電話番号
お申込み後のキャンセルはご遠慮ください。
メール antiquegallery_katakago@live.jp
コメント

無事終えました。

2017-11-28 | 金沢大野湊 かたかご庵
「第1回「暮らしの金継ぎー直す・愉しむー展」無事に終えました。



こちらに皆さんの繕った器たちをアップしています。⇒ 

ぜひ、ご覧下さい。

繕った皆さんの思いも寄せています。


今回は物販はなく、展示のみだったから、もやもやした売れないストレスがなく気分すっきりで終えました(笑)

来年も、繕い部の成果をご覧いただく場を設けたいと思います。


繕い部は12月から平常にもどります。

新入部員も加わり、第2シーズン突入。

皆さんの入部お待ちしております。





コメント

金継教室・うつわ繕い部の展示も会期折り返しに!

2017-11-24 | イベント、お知らせ。
21日から始まったかたかご庵の金継教室・うつわ繕い部成果発表会
「暮らしの金継い-直す・愉しむー」もはや4日目、会期折り返しになりました。
北國新聞、北陸中日新聞に紹介いただいたこともあって、
金継ぎに興味をお持ちの方が連日お運びいただいているようで、有り難うございます。

会場をホホホ座金沢さんにしたことで、
幅広い年齢層の方にご覧いただけています。

23日の簡易金継ぎワークショップもおかげさまで盛会のうちにおわりました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
その様子はこちらから → 

器を直されたい方は、土曜・日曜・祝日になりますが、
ご希望日時をご相談いただければ、対応いたします。

明日11月25日(土)は12時~ ホホホ座で私が応対、
26日(日)は部員の紀美子さん&ときどき私で応対いたします。
ぜひこの機会に、ご覧いただきたくお願いいたします。


《展示会会場》
ホホホ座金沢店
住  所 金沢市大野町3-31-6 
電  話 076-255-2038  
営業時間 12時~19時
*駐車場は大野マリーナさんの裏手



コメント

 「暮らしの金継ぎ -直す・愉しむー」展 ご案内♡

2017-10-24 | イベント、お知らせ。
かれこれ前回の投稿から3か月以上たっていました(汗
朝夕すっかり涼しく、いや寒いと言った方が良いですね。
そろそろ、まるの開けた破れ障子の穴をふさがねばと思っています。
ナイロンの入った障子でも、鋭い爪にかかればすっぱり切れてしまう・・・
そこで0.5ミリの塩ビ板をかい、障子の桟に打ち付けることにしました。
11月初めには完成するはずです。




さて春からかたかご庵ではじめたうつわ繕い部。
皆さんの成果発表と部員募集もかねて、展覧会を行うことにしました。
欠けたりヒビの入った器などが、再び使えるようになった喜び、直す愉しみを感じていただけたらとても嬉しいです。
入場は無料です。

会場は、かたかご庵より徒歩1分のホホホ座金沢さん。鉄工所をリノベーションした素敵な空間です。
ドリンクもございますのでゆっくりとお楽しみください。

また会期中、かたかご庵で簡易金継の手法によるワークショップも行います。
壊れた器などを大事にお持ちの方、ご参加お申込をお持ちしています。




**************************
第1回 暮らしの金継ぎ ー直す・愉しむー 展
**************************

会 期 2017年11月21日(火) ~ 26日(日)
時 間 12~19時 (最終日18時30分)
会 場 ホホホ座金沢(金沢市大野町3丁目51番6)
駐車場 ホホホ座金沢駐車場、または山森守商店駐車場⑦(上)

●簡易金継ぎワークショップ●
日     11月23日(祝・木)
時 間   ①10時30分~ ②13時30分~ ③15時30分~
定 員   各4名
会 場   かたかご庵(金沢市大野町3-4)
参加費   2,000円
(仕上げで本漆、金粉を使用希望の方は上記金額+1,000円)
持ち物   欠けたり、ヒビの入った器など2~3点(粉々の物、ガラス製品は不可)
      カッター、タオル、持ち帰り用の箱
      *直す器をお持ちでない方は、骨董の器を500円~ご用意いたします。
ご相談ください。
お申込   メールにてお名前、参加希望時間、人数、器の状態をお知らせください。
      antiquegallery_katakago@live.jp

展覧会会場のホホホ座金沢さんとかたかご庵は、徒歩1分です。
コメント

うれしいお知らせ!

2017-07-11 | 金沢大野湊 かたかご庵
今日もとろけそうに暑いですね。
猫も暑さで身体を長ーくのばして土間に腹ばいになって冷やしておりました。

さてさて、うれしいお知らせです。
7月15日からの企画展に出展いただく
野鴨工芸社さん、クロマニヨンさんの出展期間が延長になり、
前半3日間ほか、後半の22日・23日もご覧いただけるようになりました!!!

クロマニヨンさんからはクロマーのほか、
東南アジアの籠バッグも届きます。
お洋服に浴衣にと活躍しそう。

お誘いあわせの、ご来場お待ちしております。



企画展「夏色の暮らしまわり -木・布・陶・硝ー」日   

2017年7月15日(土)~17日(祝)+ 22日(土)・23(日)
時間 10時30分~18時30分
会場 金沢大野湊かたかご庵(金沢市大野町3-4) 
出展 野鴨工芸社 クロマニヨン かたかご庵 
山森商店駐車場 7または8 


コメント

ちょうど一年前のこと。

2017-07-05 | 猫のこと。
ちょうど一年前のこと。

やはり昨日の夜みたいに雨が強く降るさなか
どこからともなく子猫の声が聴こえたんだった。

心配になって声がするたび、表にでてみたものの姿が見えなくて、
そのうち雨の音で子猫の鳴き声が聴こえなくなった。
翌朝、子猫はどうしただろうと思いながらセドを見やったら、
盆栽棚の下に小さな白い塊を見つけたのだった。

1匹と思っていた子猫は2匹いて、
それが蓮とまるだったね。

蓮は横隔膜ヘルニアになっていて、けっきょく手術できる体重にはなれず、
そのまま虹の橋を渡り天へ還っていってしまった。
そしてちょうどその1週間ほど後に、
まるが里親先からもどってきて、今、私の傍らで一緒に時を過ごしてくれている。

まるは障子を破ったり欄間をよじ登ったりオイタも激しいけれど、
感情表現がとても豊か。
甘えん坊で、やわらかくて、あたたっかくて。。。
つまり、大好き(笑)

まるに出会えてよかった。
今日はそんな日です。

コメント

七月の企画展ご案内

2017-06-21 | イベント、お知らせ。
今日21日は夏至です。
あいにく雨模様となり、ようやく梅雨入りになりました。
7月の企画展のころには梅雨明けしているといいな。

お久しぶりのクロマニヨンさんからは夏らしい色合いのクロマーたち、
昨冬、鮮烈な印象をのこした野鴨工芸社さんからは新作灯台シリーズ、
そして拙庵からも涼しげな器たちが並びます。
お誘いあわせ、ご来場くださいませ。



企画展「夏色の暮らしまわり -木・布・陶・硝ー」日   

2017年7月15日(土)~17日(祝) + 22日(土)・23(日)
時間 10時30分~18時30分
会場 金沢大野湊かたかご庵(金沢市大野町3-4) 
出展 野鴨工芸社 クロマニヨン かたかご庵 


野鴨工芸社さん、クロマニヨンさんの展示販売は15~17日まで
野鴨工芸社さん、クロマニヨンさんの作品は、
22日・23日も引き続きご覧いただけることになりました。


コメント

うつわ繕い部、ゆるゆると富山でも始めます。

2017-04-27 | 金沢大野湊 かたかご庵
4月からうつわ繕い部がゆるゆる始動しています。
熱心な方は木曜の夜、仕事が終わってから小一時間車を飛ばしていらしてくださっています。
かたじけない(~_~;)
簡易の方にもリピーターの方がいらっしゃったり、嬉しい限りです。

先日参加された方が、ずっと割れた器のことが気になっていたので、
直せてうれしいですと。
そうなんです!
ずっと何かに気になることがそのままだと、
脳がそれだけ容量をとられていることになり、
働きが悪くなるのですって。
直って嬉しい、使えて嬉しい、うつわの繕いはそういう喜びがあります。

5月からは富山市八尾でも行います。
風の市で第2土曜に八尾姉妹店にいっていますが、
ぼうーっと来客を待つ時間がもったいない(笑)
直し方は1~2回で直す簡易金継ぎ、5~6回かけて直す本漆の2種あります。
富山県の皆様、おまちしております。


************************************

《開催内容》

会 場:アンティーク羅BEE&花小箱2階
   (富山市八尾町上新町2861 上新町公民館2軒隣)

日 時:5月13日、6月10日、7月8日、9月9日、10月8日、10月9日 
   午前10時30分~ 午後1時30分~ 
定 員:各4名程度
受講費:1回2,500円
持ち物:割れたり、欠けたりした器、カッターナイフ、エプロン
申込み:メールにて antiquegallery_katakago★live.jp(★は@に替えてください)
    ①お名前 ②参加日時 ③直し方(簡易か本漆か)④うつわの状態


コメント