共 結 来 縁 ~ あるヴァイオリン&ヴィオラ講師の戯言 ~

山川異域、風月同天、寄諸仏子、共結来縁…山川の域異れど、風月は同天にあり、諸仏の縁に寄りたる者、来たれる縁を共に結ばむ

華やぎの一皿

2013年04月30日 16時23分40秒 | 日記
今日は朝から天候が荒れると散々脅され続けていましたが、それでも銀行で振込みをしなければならないこともあったので、とりあえず厚木の街に出て、とっとと用事を済ませてしまうことにしました。

用事を済ませてから、折角なので《Cafeあつめ木》にお邪魔することにしました。実は明日で終わってしまう限定メニューがあるのを思い出したのです。それが写真の『シュー・ア・ラ・クレーム~花萌え』です。

御覧下さい、この華やかさ!このお皿に載っているのは、全て本物のお花です。特殊なものではなく、いわゆるパンジーに撫子にサクラソウにバーベナにといった鉢植え等で見かける割とポピュラーな花を、食用に育成したものが使われています。肝心のシュークリームはと言うと、画面中央に大きく花開いたパンジーの後ろにあります。

シューの中のクリームを頂いた時、始めはヨーグルトクリームなのか?と思うようなほのかに爽やかな酸味を感じたのですが、実際にはカスタードクリームの上にレモンペーストの入った別のクリームを添えてあって、それが口の中で合わさるとヨーグルトのようなテイストになるのです。シュー皮をナイフで切りながら頂くと柔らかめのクリームがシューから溢れるのですが、それをソースにして花々を頂くという、何とも心憎い演出が企てられています。

花の味そのものは、そんな強烈に特別なものではありません。ただ、敢えて言うならパンジーは、香りを嗅いだ時の印象と同じような印象の味がします…と言ったら分かって頂けますでしょうか?

こういう華やかな演出が為された一皿を頂いて、なんとも心豊かな気分になったのでありました。
コメント

やはり…

2013年04月29日 13時36分37秒 | 日記
昨日に引き続き、今日も《あつぎスイーツランド》なるイベントに足を運びました。と言っても、別にスイーツを堪能しに来たわけではありません。このイベントでは特設ステージで様々なパフォーマンスが披露されていますが、その中に《ヴァイオリン四重奏》なるものがあったので、ちょっと気になっていたので…。

で、実際に出てきた人達を見てみたら、ヴァイオリン2名とヴィオラ2名のアンサンブルでした。なるほど…と思いつつ、30分程のステージを聞きました。プログラムはジブリものを中心としたもので、会場にいた子供達もトトロやポニョに合わせて歌ったり踊ったりしていました。

音域に制限がある分、アレンジにもいろいろと工夫が凝らされているのがよく分かりました。こういうイベントの他に、病院や老人ホームの慰問活動等をされているということでしたので、そういった意味ではこういうコンパクトな編成の方が小回りが効いていいのかも知れません。ただ、チェロやバスがいない分、ヴィオラを2台にしても低音の薄さをカバーするには限界があることが否めなかったのも事実です。こういう演奏にふれると、ヴァイオリン2、ヴィオラ、チェロという弦楽四重奏編成には、音響効果的にも視覚バランス的にもちゃんとした意味があるものだな…と改めて認識させられるのでありました。
コメント (1)

盛況

2013年04月28日 15時46分10秒 | 日記
散発的に用事があるにはあるのですが、基本的に独り身のゴールデンウイークというものは特にすることもないので至極ヒマなものであります。今年もまた中途半端に長めなゴールデンウイークのため、この間の過ごし方について少なからず頭を使ってみたりもします。

折角ですからパァ~っと旅行にでも出掛たりしたいものです。旅好きな私もいろいろと旅に出…た妄想に耽ってみたりするのですが、爪の垢に灯を点して生活している身としては、そんなに気軽に交通費やら何やらかけて出掛けられるはずもないので、またしても大人しく生活圏をうろつく程度の連休を過ごすことと相成りました…。

厚木の駅近くの公園を通り掛かったら、何だか物凄い数の人々が集まっていました。見ると『かながわフードバトル』の旗が…。すっかり忘れていたのですが、今日とあすの2日間《あつぎスイーツランド》なるイベントが行われていたのです。会場内には市内の製菓店や〇ター〇ックス等、いろいろな店がブースを出店していて、なかなかの盛況ぶりでした。特に、厚木では割と知られている《雅藤》というパティスリーが出していたかき氷のブースには、折からの暑さのせいか長蛇の列ができていました。

ただ、申し訳ないのですが、私は何も頂きませんでした。というのも私は…というか、これは私の母の考え方でもあるのですが、こういう屋台で売っているものを外で食べることをあまり良しとしない部分があるのです。

会場になっている公園は殆どが土の地面がむき出しになっていて、普段は鳩が群れていたり、近所の住民の飼っている犬の散歩コースになっていたりするのです。自分を潔癖症とまでとは思っていませんが、そんな普段の状況を知っている身として、そこで舞い上がった砂埃のついたものを口にする…と考えただけでNGなのです。子供の頃は、他所の子供がお祭りの屋台の焼きそばや綿アメを買ってもらっているのを見て少なからず羨んでいましたが、今になってみると母の考えがよく分かります。

考え過ぎと言われてしまえばそれまでですが、やはり美味しいスイーツというものは、キチンと手を洗って、埃の舞い上がらない落ち着いたところに座ってゆっくりと頂きたいものです。
コメント

はい、チ~ズ!

2013年04月27日 18時06分53秒 | 日記
ビナウォークでは毎週土曜日に『ミュージックディライト』という屋外ステージライブが開催されています。今日は地元のドラムの上手い女の子と、《乙三(おっさん)》というホーンセクションバンドが出演していました。

いつもは30分程のステージを2回行うのですが、今回はビナウォーク開館11周年の記念ライブということで、前半にドラマー女子のライブが30分、その後で乙三のライブが1時間という特別編成でのステージでした。

この乙三というグループは、このミュージックディライトで最多出場のアーティストだそうです。観客の半数くらいが振りや掛け声を知っていて一緒に歌ったり手を振ったりしていたのを見ていると、確かにかなり浸透率の高いバンドなんだなぁということを実感できます。殆どMC無しのぶっ続けライブは盛り上がりに次ぐ盛り上がりをみせて、ステージと観客との一体感もなかなかのものでした。

アンコールの後で、普段はないことなのですが、集まった観客と一緒に記念撮影をすることになりました。私は混ざるのも何なので、記念撮影している様子を横から撮ってみました。月イチくらいのペースでビナウォークでライブをしているようですので、日が合えばまた見てみようかなと思いました。
コメント

♪何だ~か~低~い…

2013年04月27日 17時30分50秒 | 日記
先程の写真に写っていた橋の下はこんな感じで、時節柄沢山の鯉のぼりが飾られていました。

撮影時、ここを通り掛かった坊やが「♪屋根よ~り~高~い、鯉の~ぼ~り~…」と歌っていました。が、確かに頭の上にありますからある程度高いところにあることには違いないとは言え、まぁどう見ても「屋根より」は低いですね。

なんてことを考えていたら、頭の中でタイトルの替え歌が勝手に流れてきたのでありました…♪
コメント

爽やか~(*^0^*)

2013年04月27日 14時30分37秒 | 日記
今日から世はゴールデンウイークでございます。皆様それぞれに朝早くから新幹線の自由席の争奪戦をしたり、高速道の渋滞にハマったり、はたまた海外にトンズラしたりと、思い思いのスケジュールで動かれておられることとお察し申し上げます(何ちゅう言い方…)。

そんな皆様と違って、こんな時期にも何かにつけ中途半端に用事のある身としてはそんなにおおっぴらに出掛けられるわけでもなく、何となく普段とあまり変わらないような週末を過ごしております、ハイ…。

ということで、今日は買い物をしに海老名に来ました。昨日の雹予報は何だったのかと思うような青空が広がる中、ビナウォークの中央公園には沢山の家族連れが来ていました。ここの中程には川が流れていて、その岸は石敷きの洲浜になっており、子供達が入って遊べるようになっています。今日も靴下を脱いだ子供達がキャアキャア言いながら川の周りを駆け回っていました。

向こうに見える橋の下には、沢山の鯉のぼりが翻っています。
コメント

どこ見てんの?

2013年04月26日 21時21分50秒 | 日記
今日も所定の位置…ではなく、あちこち落ち着きなくウロウロしているチャトランです。

何でそんなことになっているのかというと、この上の階のオフィスから荷物を運び出している運送会社の屈強なお兄さんが階段を何往復もするため、恐らくその足音と若干の振動とで寝ていられなかったのではないかと思われます。

なので、私がカメラを向けても、御覧のように階段を上り下りするお兄さんをひたすら見つめていて、しばしお兄さんがいなくなると踊り場辺りでウロウロして、またお兄さんが走って来ると邪魔にならないようにサッと横に逃げて…を、ひたすら繰り返していたのであります。

まぁこちらとしては、お兄さんの階段上り下りタイムがいいシャッターチャンスになってこういう写真が撮れたのも事実なのですが、今日は私はあんまり相手にしてもらえてないな…という部分が、個人的に寂しかったりもしたのでありました。
コメント

見事!

2013年04月26日 19時39分38秒 | 日記
あざみ野という街は基本的に一定以上の所得の方々がお住まいの高級住宅地です。教室近くにある一戸建てのお宅も、それぞれにかなり立派なお屋敷が目に留まります。

そんな中の一軒のお宅の外壁に、真っ白なワイルドローズと思しき一重咲きのバラが、御覧のようにびっしりと満開に咲いていました。これ以上引きで撮ってしまうとプライベートな部分まで写ってしまうのでこれが限界ですが、実際には一方の壁からアプローチの上を跨いで反対側の壁一面にまで広がっています。

これだけ手間隙かけて育てた花が、せめて今日の花散らしの風にやられてしまわないことを願うばかりです…。
コメント

今日の《cafe32゜F》

2013年04月26日 18時58分34秒 | 日記
大嵐が予報されている強い風の吹く中、今日もお邪魔しました。今日は基本に立ち返ってプレーンシフォンとコーヒーのセットです。口当たり滑らかなシフォンケーキは、いつ頂いてもホッとします。ブラックのままでも十分に頂ける優しい味わいのブレンドコーヒーとの相性も最高です。

ゴールデンウイーク中の御予定を伺ったら、30日火曜日の定休日以外は通常通り営業されるとのことでした。このお休みの間に、気になっていらした方は一度足を運んでみては如何でしょうか。

《cafe32゜F》HP
コメント (1)

ど~ん!!

2013年04月25日 20時15分45秒 | 日記
今日は教室がいつもより早目に終わってさっさと厚木に帰って来てしまったので、普段あまり入らないところで夕食を摂ることにしました。

ということで《天丼てんや》に来ました。オーダーしたのが『活〆穴子天丼と二八蕎麦セット』です。御覧の通り、丼鉢からはみ出すほどの大きさの穴子天がどど~んと2本、それに海老天とそら豆のひねり揚げが載っています。

こういう専門店で頂く天ぷらというのも、たまにはいいものです。スーパーのお惣菜売り場で買って帰ったしなしな天ぷらとは比べものにならない、カラッと揚がったサクサクの衣が嬉しくなります。甘辛いタレをまとった穴子天はふっくらとした柔らかい身が最高です。それが2尾も入っていますから、お得感満載です。海老天もプリプリの歯応えで、噛み締めるほどに甘味が滲み出ます。そら豆もホクホクした感じの食感と共に、独特の香りが鼻に抜けていきます。

あと、意外とイケるのがここのお蕎麦です。ちゃんとした二八蕎麦の香りが嬉しいざるそばは、一度食してみる価値ありです。

久しぶりに美味しい天ぷらを頂いて満足しました。さて、ではさっさと帰って、明日の準備でも致しましょう~( ^◇^)/~。
コメント

いよいよ

2013年04月25日 15時26分21秒 | 日記
今日はまた、急に暖かくなりました。こう気温差が激しいと、一体何を着て歩いたらいいやら分からなくなります。各言う私も外気温と相談した結果、今シーズン初めて半袖で出掛けてみました。さて、これが吉と出るか凶と出るか…。

そんな中、近所のお宅の垣根の下からジャーマンアイリスが顔を出していました。本当はもっと紫色が強いのですが、どうもこのカメラで撮ると青っぽく写ってしまいます…。

この花が咲き出すといよいよ初夏、後は花菖蒲や杜若が楽しみになってきます。
コメント (1)

美味しかった!けど…ε~(x。x;)

2013年04月24日 21時16分06秒 | 日記
今日は段々天気が悪くなるという予報が出ていたこともあって、いろんな用事を済ませてさっさと篭城すべく、早目に出掛けました。

ランチ時になって、ちょっと考えました。普段なら《Cafeあつめ木》にお邪魔して、健康的なスープを頂いたりするところなのですが、今日は何となくガッツリと食事をしたいというイ・ケ・ナ・イ気分になったのであります。

そんな時、ほぼ同時に目に飛び込んできたのが、燦然と輝く《餃子の王将》の文字。とは言っても、いつも混んでるからなぁ…と思いつつ覗いてみたら、中途半端な時間帯だったこともあってか結構な空きっぷり。「こ、これは…」と思いながらも、足はしっかりと店内へ向かっていたのでありました。

で、あれこれ悩んでお願いしたのが、この麻婆麺と餃子のセットです。ここの餃子については私がどうこう言うまでもないと思いますので割愛しますが、麻婆麺は、歯応えのある木綿豆腐と花椒の辛みとがマッチした、なかなかの味です。このメニューはここで初めてみましたが、《餃子の王将》では各店舗で独自のメニューを開発することが推奨されているということなので、恐らくこれもその一環なのでしょう。

とにかく美味しかったのですが、何しろ餃子のお皿と比べて頂くと分かる通り、このラーメンはかなり大きな器で出されるので、食べ終わった後結構苦しくなりました(^^;ゞ。
コメント

控えめながらも…

2013年04月23日 18時57分46秒 | 日記
二宮町に到着しました。

いつもよりも一本早いバスに乗って早目に着いたので、ちょっと寄り道して普段あまり通らない住宅地の中の道を歩いてみました。そうしたら一軒のお宅の庭先に、御覧のような深紫の牡丹が咲き誇っていました。

先日見かけたものほどの大輪ではありませんが、それでも深い紫色の牡丹の佇まいはなかなかのものです。今年は本当に牡丹の当たり年のようです。
コメント

下世話な願望f^_^;

2013年04月23日 17時15分20秒 | 日記
今日も出勤前に《Cafeあつめ木》に立ち寄って、ランチを頂きました。

今日のスープは『新タケノコの中華風スープ』です。掘りたてだという新タケノコを穂先から根元までこれでもかという量を余すところなく投入して、ベーコンや生の椎茸・人参等と一緒に鶏ガラスープで煮込んで、水溶き片栗粉で軽くトロみをつけた超具だくさんスープです。スタッフさん曰く「具だらけになってしまって、あんまりスープって感じじゃなくなってしまったんですけど…(^^;ゞ」ということでしたが、どういたしまして、これくらいたっぷりと野菜が頂けるスープというのは、何とも有り難いものです。

頂くと鶏ガラスープと、ほんのり効いた生椎茸やベーコンの旨味と共に、新タケノコならではの香ばしい風味がフワ~っと広がります。いつもスープセットにはプチパンがついてくるのですが、今日は焼きおにぎりがついていました。それを一口頂いて思ったのは

『このスープ…ご飯にかけて食べたひ…(* ̄∇ ̄*)』

そう!お察しの諸氏もありましょうが、トロみが効いていることもあって、正に中華丼の味わいそのものになるのであります。

そうはいってもこのメニューはあくまでもスープとして饗されているので、そんながっついた男子高校生みたいな下世話な食べ方をするものではありません。実際最後までスープとして頂戴しましたし、この中に焼きおにぎりをドボン!なんてこともしませんでした(当たり前ぢゃ)。でも、やはりこの時期ならではの香ばしい風味のスープを頂いて、何とも幸せな気分になれたのでした。
コメント

議題は…?

2013年04月22日 17時41分02秒 | 日記
小田原城北入口を入って天守閣に向かう道すがら、道の脇の藪の中から何やらゴソゴソ音がしていました。何だ?と思って音のする方にそ~…っと近づいてみたら…何と、紫陽花の株の下で、3匹のネコが集会を開いていました。

これはどちらかというと動画で撮った方が伝わりやすかったかとも思うのですが、先ず最初は割と穏便にコトが運んでいました。ところがしばらくして、中央の白ブチと左のキジトラが乱闘を始めたのです。残りの一匹は始め離れたところから観戦していたのですが、両者一歩も引かない壮絶なバトルの展開にすっかり恐れをなして逃げていってしまいましたε=(ノ(;^・ω・^)ノ。

やがて乱闘の二匹は争いながら藪の向こうに行ってしまったため、勝敗の行方はとうとう判らず終いだったのでした…(;=^ω^=)。
コメント