共 結 来 縁 ~ あるヴァイオリン&ヴィオラ講師の戯言 ~

山川異域、風月同天、寄諸仏子、共結来縁…山川の域異れど、風月は同天にあり、諸仏の縁に寄りたる者、来たれる縁を共に結ばむ

青春だぁ…(TωT)

2013年03月31日 22時10分57秒 | 日記
今日は県立厚木西高校吹奏楽部の第26回定期演奏会を聴きに出掛けました。大学の同期だったトロンボーンの子(ったって40過ぎですが…)が嘱託顧問として指揮者をしているので、久しぶりに姿も見てみたくなったのです。

全体は3部構成で、第1部はかつての吹奏楽コンクールの課題曲だったものを含めた邦人作品、第2部はボディパーカッションにコーラスにダンスパフォーマンスにといった高校生らしい独自のステージ、第3部ではアメリカの作曲家ジェイムズ・バーンズの作品と、盛り沢山の内容でした。

勿論、指導者の力によるところが一番大きいのだとは思いますが、最近の高校吹奏楽のレベルは、かつて自分がやっていた30年くらい前と比べると格段に上がっています。私達が現役の時に、こんなに難しい曲ばかり連ねた演奏会を企画したら、みんなぶっ倒れてしまったでしょう。

個人的に感じたのは、低音が充実しているなということです。これは非常に大切なことです。しかも、ともすると金管の低音楽器が目立ちがちになりますが、ここの吹奏楽団は木管低音楽器も充実しているのです。

特に素晴らしいのがバスクラリネットの充実振り!あれだけ響く、いい意味でドスの効いたバスクラの音が聴ける吹奏楽団はそうそうありません。実はコンサートが始まる前にプレコンサートがあり、そこでバスクラリネットトリオが出てきたのですが、その音の太さと豊かさに驚かされました。

アンコールでヴァーグナーの《ローエングリン》から《エルザの大聖堂への行列》が演奏された後、卒業生が一人ずつ指揮者に起立を促されて万雷の拍手を受けているのを見ながら、私も涙が止まらなくなってしまいました。こういう豊かな音楽環境に身を置けたことは、彼等の今後の人生にきっといい影響を与えてくれると思います。終演後、聴きに来てくれていたクラスメートとロビーで喜び合っている出演者達を見ながら、ちょっと羨ましいな…と思いつつ会場を後にしたのでした。
コメント

ここさえも…

2013年03月31日 21時24分50秒 | 日記
中央館東口側にある立ち食い蕎麦屋《箱根そば》です。ここも閉店になります。

ここは土日の夕方になると、写真にも戸口に旗が写っていますが、そばとうどんが無料で大盛りになり、金欠の時には本当にお世話になったものです。それも、明日からは頂けなくなってしまいます…(T_T)。

これらの高架下施設は来年春にはリニューアルオープンする予定なのだそうですが、そこにどんなテナントが入るのかは不明なようです。なので、せめてこのブログの中にだけでも、その姿を残しておこうと思います。

最後に一言

『有り難う!大好きだったよ~っ!(TωT)/~~~』
コメント

ここも…

2013年03月31日 21時16分02秒 | 日記
ミロード中央館です。ここも明日からは通行が出来なくなります。ここがあることによって、バスセンターから地下道を通って東口~中央館~中央改札へと傘をささずにいけたのですが、それも明日からはかないません。

そして明日からはこの街からBURGER KINGも、ミスタードーナツも、31アイスクリームも、サンマルクカフェも、ITALIAN TOMATOも無くなります。
コメント

今日でお別れ…

2013年03月31日 21時08分20秒 | 日記
小田急線本厚木駅には、高架下を活かした《東口商店街》と、《ミロード中央館》があります。その二つの商業施設が、駅の耐震補強を含めた工事のため、今日で全館閉館することになりました。

私がこの街に移った頃からずっとあって、電車に乗る前のちょっとした買い物をしにコンビニに入ったり、教室から帰ってきた中途半端な時間に小腹が空いて、それでも牛丼には行きたくない時に、遅くまでやっているここのラーメン屋に入ったりと、かなり便利に使わせてもらっていました。それが今日で無くなってしまいます。

いつもと同じように明かりはついているのですが、花曇りの空模様と相俟って、何だか淋し気に見えてしまいます。
コメント

花の御社

2013年03月30日 15時40分35秒 | 日記
相模川の川沿いの道を進んで、厚木神社まで来ました。

境内にある3本のソメイヨシノも満開になっていました。お参りを済ませてから、一番大きな木との御姿を失礼致しました。

今晩も明日も何だか天気がよくないようですので、恐らく『花ちらし』になってしまうのでしょうね…。
コメント

春の饗宴

2013年03月30日 15時35分26秒 | 日記
花冷えの日が続きますが、風邪などひいていませんでしょうか?

今日は暇なので、散歩に出掛けてみました。小鮎川の川べりを歩いていたら、川を挟んで手前に桃が、向こう岸に桜が咲いているポイントがありました。正に春爛漫を満喫出来る眺めです。
コメント

花降る山

2013年03月29日 22時57分24秒 | 日記
今日は用事があって上野に来ました(お花見じゃありません念のため…(T_T))。学生は春休み中、社会人は年度末の週末ということで、上野のお山はまぁ御覧の通りの賑わいです。

ここでのお花見は折角場所取りしても、そこに誰かしらいないとすぐさま撤去されてしまうので、場所取り係りの人は、ある意味何の娯楽も余興もないところでひたすら座って待っていなければいけません。そうこうしていると、いくら春の陽気とはいえ身体が冷えてくるので、当然のように昼間っから次から次へと『出来上がって』いくわけです。この辺りにも、そんな悩ましい若人があちこちに存在しておりました…。

因みに画面全体が何となく白っぽくなっているのは、分かりにくいかとは思いますが、花吹雪のせいです。ちょっと強めの風が吹こうものなら、北島三郎の歌謡ショーかと思うほど花びらが降り注ぎます。恐らく、この週末でもう葉桜になしまうのでしょうね…。
コメント

しまった…!

2013年03月28日 23時34分45秒 | 日記
折角の発表会の代休だから、どこか出掛けよう…などと思いながら、つい床でウツラウツラしていたら、《ミヤネ屋》が終わるような時間になってしまっていたのです。しまった!と思いつつ、これからどこかへ出かけるような時間でもないので、今日という日は諦めることにしました…_| ̄|○。

まぁそうは言っても、ただダラダラしていただけなのに腹だけはしっかり減ったので(何故なんでしょうね…?)、何かしら食糧を買い込みに玄関を出ました。

近所の御社の桜は今日も爛漫たる様相を呈していました。この週末くらいまでなら、何とかお花見も楽しめそうです。
コメント

名残惜しい…

2013年03月27日 23時10分27秒 | 日記
会場の生涯学習センターに向かう途中に、見事なソメイヨシノの木がありました。そういえば忘れていたのですが、この町を流れる葛川沿いには桜並木があって、時期になるとライトアップもされるのです。

今年は火曜日が発表会と重なってしまったから、二宮町の桜は見られないかな…などと半ば諦めていたのですが、思わぬかたちで満開の二宮の桜を満喫することができました。来週には盛りを過ぎてしまっているでしょうから、もうこの姿を見ることはできないでしょう。そう思うと何とも名残惜しいのでありました。

今週だけ二宮町のレッスンを水曜日に振り替えて、生徒達大丈夫かな?と心配していましたら、ちゃんと全員来てくれました(^^;。

今日はここのホールで《かながわ音楽コンクール》の予選会が行われていたのですが、空き時間にそこのロビーで小田原在住のピアニストの方とウン十年振りにバッタリお目にかかったのです。ちょうど生徒さんが出演されていたのを聴きにいらしていたそうなのですが、あまりの偶然にお互いびっくりしてしまったのでした。
コメント

ホッ…ε~(´。`)

2013年03月27日 22時58分35秒 | 日記
今日は水曜日ですが、昨日の火曜日が横浜の教室の発表会とぶつかってしまってできなかったので、今週だけ今日に振り替えでレッスンすることにしました。で、出勤前に、花冷えの空の下を《Cafeあつめ木》にランチを頂きに向かいました。

今日のスープセットはコーンミルクスープです。ポタージュと違ってコーンをすり潰さず粒の食感を活かした、お母さんの作ってくれるような家庭的で素朴なスープです。具がしっかりしているので腹持ちもよく、これから仕事をする人間にはうってつけです?!

さて、生徒は間違わずにちゃんと来てくれるかな?
コメント

何とか…

2013年03月26日 19時40分24秒 | 日記
今日は職場の発表会の本番でした。昨年に引き続き、今年も私のクラスからは3名のみの出場でしたが、それぞれに健闘してくれました。

一年という時間が経過しているのですから当たり前と言えば当たり前なのですが、ジブリのメドレー弾いた子も、ボッケリーニ弾いた子も、フィオッコ弾いた子もそれぞれにレベルアップしていて、担当講師としても嬉しい限りです。それぞれに決して派手さはありませんでしたが、それでも地道にコツコツ練習を積み重ねてくれるのが一番です。

それに比べて、年々伴奏を弾くのがしんどくなっている自分にも気づきます。特にフィオッコさんの伴奏はさすがに難しかったですね。『間違ったらイカン!』という緊張感も相俟って、なかなか上手くいかないものですが、そんな中でも何とか出来た方ではないでしょうか…?

で、とりあえずホッ…としていたら、よりによって講師演奏のウィルヘルミ版《G線上のアリア》で、あろうことか手汗で滑って、2箇所も思いっきり音外したし…結果『ダメぢゃん!ε=(`へ´;)』というオチがついてしまったのでありました…_| ̄|○。

それでも生徒達は優しい!終演後、こんなに大きな花束を頂きました。今年は殊の外大振りな花束で、ちょっとびっくりです。一人の生徒のお祖母ちゃまが「花束の立派さも人気のバロメータですね」なんて言って下さって、会社を始めとしてどこからも普段誉められることのない身としては、嬉しいような、ちょっと気恥ずかしいような…。

でも、喜んでもらえていることは、素直に嬉しいです。こういう瞬間があるから、私も続けていけるのであります:(T-T):。
コメント

野生の証明??

2013年03月25日 20時45分28秒 | 日記
昼間いつものところで見かけなかったチャーシローが、夜になったら定位置にチョンと座っていました。

最初はずーっと毛繕いばかりしていて全然こちらを向いてくれなかったのですが、やがてそれにも飽きたのか、いつものように通りを眺めるようなかたちに落ち着いたので、空かさず失礼しました。

ただ、撮影中はあまり気付かなかったのですが、写真で分かるようにチャーシローがちょっと下を向いていますね。実はこの直後、いきなり私の電話に付いているニャンコ先生のストラップ目掛けて攻撃を仕掛けてきたのです!恐らく目の前でプラプラ揺れていたのが相当気になっていたのでしょう。人にいじられまくってすっかり人慣れしているとはいえ、こういう本能的衝動と攻撃の素早さはさすがです。これを『野生の証明』と言わずして何としましょうや!(大袈裟…)。

ということで、次回は100キンかどこかでネコジャラシでも買っていって、ウリウリと遊んであげませう?(;=^ω^)m
コメント

明かりの波

2013年03月25日 20時27分17秒 | 日記
馬出門へ渡る土橋、通称《めがね橋》から桜並木の方向を撮ってみました。

行灯の光に照らされた桜の花の影が水面に揺れて、とても幻想的です。
コメント

夜のスレスレ桜

2013年03月25日 20時21分10秒 | 日記
スレスレ桜も、昼間より水面への近さが分かって頂きやすくなっていると思います。如何でしょうか?

ただ、対岸から真っ白な照明を当ててしまっているので、どこをどう頑張ってみても真っ白しろにしか写せません。もうちょっと違う照明にしてもらえないかしら…(T_T)。
コメント

夜の隅櫓

2013年03月25日 20時16分31秒 | 日記
隅櫓です。

昼間とは違った感じで水面に写る逆さ隅櫓も、なかなかいいものです。
コメント