Happy to meet you!

はじめまして!

 

7月から海外Gに配属になりました新入社員のA.Tです!

 

営業マンブログ「オレがやる!」に今回初めて投稿させて頂くので

簡単にですが自己紹介をさせて頂きます。

 

岡山県倉敷市で生まれ育ち、神戸の大学へ進学したのち、

就職活動を経てはるばる愛知県へやってきました。

 

趣味は語学と海外旅行で、学生時代は英語専攻にもかかわらず

当時の第2外国語として授業を取っていたスペイン語にハマり、

スペインはマドリードに約1年留学をしていました。

 

ヨーロッパの街並みと美術館が好きで、昨年の夏には一人で

フラフラと現地の友人宅のソファや激安の民宿を転々としつつ

スペイン・ポルトガル・デンマーク・オーストリア・チェコへ

旅行に行ってきました。

いつもあまり旅のスケジュールをきっちり決めないまま行くので、

現地についてから自由気ままにフラフラするのがとても好きです。

 

知らない土地に一人で行くのは不安もありますが、

現地で出会った人とのおもしろエピソードや

予想外の出来事が起こるのが一人旅の醍醐味だなあと思っています。

 

プラハへ行ったときは、一泊1000円程度の民泊でたまたま相部屋になった

オランダ人の即興オリジナルソング(あまり上手ではない)を聴きながら、

同じく相部屋になったカナダ人のバックパッカーと

チェコビールとベルギービールの飲み比べをしたり…

 

ポルトガルでは迷路のような街の中でG●●gle Mapの位置情報が狂ったため

迷子になりながらいろんな人に道を聞いて綺麗なお店に寄り道しつつ

一日で20キロ以上歩いたり…

 

 

何度行っても新しい発見があり、変わらない素敵な所があり、

行く度に「また来たい!」と思わせてくれるのがヨーロッパの魅力だとしみじみ感じました。

 

私も常に新しい知識と変わらない信頼を寄せて頂き、

「また会いたい!」と思って頂けるようなISOWAビトになりたいと思っています!

 

これから、皆様どうぞよろしくお願いします!

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

芸術は・・・

こんにちは  

お客様本部 西日本G の田村です。

先日、珍しい場所に家族で出かけました。 

写真の太陽の塔・内部に入りました。 現在は予約制で少人数づつに公開されています。

1970年大阪万博の記憶は空中を移動するロープウェイの様な乗り物しか記憶に有りませんが、

とにかく斬新さと規模は当時異例のイベントだったと感じていました。(年齢がばれますが・・・)

当時、太陽の塔内に入れたかどうか記憶がほとんど無かった為、今回、興味津々で向いました。

まず、日本庭園に入場散策、蓮園を見て回り、TOWER OF THE SUN MUSEUMへ

内部は写真撮影禁止の為、外見のみの写真となります。あしからず。

内部はほとんど当時のままに復元されています。

まず、「生命の樹」が中央にそびえ立ち、そこに生物の進化の過程が下から上に、木々に設置されています。

三葉虫からホモサピエンスまで、両生類等、修復作業は1体づつ下して行ったとの事ですが、

最大の物はプロントサウルスで5m位の大きさの為、大きすぎて下せなかった様です。

又、当時は電動で動いていたそうですが現在は動きません。

あえてゴリラのみ当時のまま残して有り、頭部が傷んで内部の機械部分がむき出しになっており、

48年の歳月を感じさせていました。

結構な高さまですべて階段で上がって行くのですが、当時は逆に全てエスカレータ

が設置されていたとの事でした。(現在の建築基準法に抵触し撤去されたとの事)

入館時はエアコンが効いていましたが、上に行くほど暑くなってきました。(猛暑の時は大変です)

一番印象に残ったのは、太陽の塔の腕の部分、(直径5m位)直径300mm位の鉄骨が円錐状に張り巡らせて有り、

真ん中に非常階段の様な物が斜め上に腕の先端部分まで繋がっていました。

まるで、SF映画に出てくる宇宙船の内部の様でした。

これは、当時の非常口として使われていたとの事でした。当時は太陽の塔外周に鉄骨の屋根が有ったのを

思い出されました。

1970年当時の技術と費用が掛かっている事が垣間見れました。

最後にクイズです。

タイトルの「芸術は・・・」、岡本太郎さんの名言は何でしょう?

答えは太陽の塔内部、最後の壁に記されていました!!

私はこれを見て意外でした。「へーそうだったんだ」という感じです。

館内を見て回ると雰囲気はわかりますが・・・

答えは見学して確かめて下さい。

現在、予約殺到にて当分入れない様ですが・・・ 

ではサヨウナラ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

よろしくお願いします

こんにちは。

お客様本部西日本Gの野々川です。

4月の組織変更で営業に戻ってきました。

3年間営業技術Gに在籍し、ほとんどデスクワークでしたので体が鈍ってしまい

日々疲労感満載でリハビリ中です(笑)

 

今まで営業は東京、大阪、名古屋(本社)の3拠点にありましたが、今期より

お客様本部が発足し、東日本Gと西日本Gの東西2つの組織体制になりました。

そのため、旧名古屋営業所の営業マンは同じフロアーにいるのですが、組織

としては東と西に分かれています。

今までは情報の共有がスムーズではありませんでしたが、旧名古屋営業所の

営業マンが情報の受け渡し役となり各営業マンが全体を把握できるように

なってきました。

また、営業とサービスを同じ組織にしたことによって、お客様の状況をそれぞれが

より把握できるようになってきました。

 

今回の組織体制ははじめての試みで大きく変化したため、お客様からは不満の

お声をいただいております。

お客様にご満足いただけるよう日々改善に取り組んでいますので、引き続き

ご意見をいただけますと幸いです。

 

私は50歳を過ぎフットワークが低下してしまっていますが、西日本横断を

邁進していきます。

 

今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2019年問題?もありますが更なる設備投資?やっちゃいました!

こんにちは、大阪営業所の山下です。

2019年問題と聞いて多くの方はピーンと来ないと思いますが、私にとっては大問題なんです。

2019年問題とは、

再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT:Feed-in Tariffの略)が終了し、その後の売電価格決まっておらず大幅に下がる懸念がある事です。

FITは、福田内閣時代の洞爺湖サミットで決定し2009年11月から一般家庭での太陽光発電などで余った電気をその当時の買電単価の倍となる48円で10年間売電をできる制度の事です。

早く設置した人ほど、売電単価を高くして太陽光発電の普及を促そうという仕組みで、その後42円、38円、・・・と減っていき、この2017年度からは28円となりました。

国の方針に乗り、太陽光発電を取り入れた山下家の費用対効果を検証してみました。

①太陽光発電の費用は、200万でした。

②年間売電した金額は、凡そ12万3千円

③年間買電が減った金額、凡そ3万7千円(太陽光発電で賄えた電気代※実績値のH21とH22との差額)

200万を回収するには、②+③=16万なので、200万÷16万=12.5年必要となります。

FITが10年で終了するので、2.5年分の買取価格が大幅に下がると回収できない事になる。

※2.5年分を金額換算すると約40万

あと、10年保証が切れるので、10年目以降は壊れないようにと願うばかりです。

 

そんな状況下でありながら、この3月3日にエネファームを我が家に導入しました!(吉と出るか凶と出るか!)

実は、山下家は、太陽光発電 × エコウィル のダブル発電をしていました。

※エコウィルは、ガスエンジンで発電しその時出る熱で給湯・暖房もできるシステムの事です。

そのエコウィルは、新築購入時に設置していたので、来年度で10年となり10年保証も無くなります。

エコウィルには、ガスエンジンが搭載されているので車同様に定期点検が必要となります。

10年目以降の点検は、当然有償となり、壊れたら修理代が高額となるケースもあるとの事でした。

なので、大抵の方は、10年目でエネファームにするか?エコジョーズにするか?と選択に迫られるとの事でした。

※エネファームは、ガスから水素を取り出して、酸素と反応させて発電させ、排熱を利用して給湯するシステムの事です。

※エネファームは、常時(ある条件下では止まる)0.7KW発電します。

(簡単に言えば、中学生で習った水に電気を流すと水素と酸素が発生する事の応用だそうです。)

エネファームにするか、否か、を私の頭の中でシュミレーションした結果は、〝投資効果が見込めない〟という結論で当初は断念しようと思っていました。

ただエコウィルを使い続けるマイナス面を考えると壊れる可能性が年々高く成っていくこと、また修理代が高額になる可能性があることでした。

エネファームにするプラス面は、常時発電しているので、売電を増やして買電を減らせる効果があります。 我が家ではあと2年弱FITで売電価格が保障されているので、早々に実施する方がよりプラスを出しやすい。

上記のように考えましたが、それでもエネファームの設置費用が高額だったので、再値段交渉をしましたが「これ以上は赤字です」の返事でした。

営業マンの端くれとしては、このままでは引き下がれないので、

・我が家には、父、母、私、嫁、男子、男子、女子、女子がいますので、五合炊き炊飯器では足りない・・・

・我が家がオール電化にしなかったのは、ご飯はガス炊きに限る・・・

「分かりました!一升炊きガス炊飯器を付けます! 」

・内は2世帯だから・・・

「・・・2個付けます!」

・それでも高いな~

・最近寒いから部屋に暖房器具が無くて凍えながら寝てます・・・

「ガスファンヒーターを付けます! ・・・分かりました2個ですね!」

・あっ そういえば冬は服がなかなか乾かない・・・

「もう勘弁してください!」

と言われたので、“カワック”は諦めて、エネファームを設置する事にしました。

エネファームを設置しての費用対効果については、数年後に報告したいと思います。

費用回収はできるのか!数年後の続編をお楽しみに!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

長男誕生‼︎

こんにちは。

大阪営業グループの日ノ下です。

皆さまお元気でお過ごしでしょうか⁇

 

早速ですが、

私の近況を報告させて頂きます。

 

昨年の10月に2人目の子供が生まれました‼︎

待望の男の子です。

 

里帰り出産の為、名古屋に戻っていた嫁から朝方連絡があり、急いで名古屋へ。

タイミングも良く、出産に立ち会う事ができました。

生まれてきた赤ちゃんをみると

 

髪がフサフサのクルクル

 

誰のコ⁇と一瞬思いましたが

間違い無く私の子のようです。笑

元気良く生まれて来てくれました。

ありがとう。

 

家族が増え、一層賑やかになりそうです。

家族の為に、これからも頑張ります。

 

また、先月妹にも3人目が生まれました。

そして姉にも3人子供がいます!

 

実家に帰り全員揃えばチビッコが8人と

無法地帯、いや大賑わいです。

 

みんな元気良く大きくなってくれればなと思います。

 

おしまい。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

はじめましてと趣味のお話

こんにちは!大阪営業所の犬居渚です。
入社4年目ですが、この度営業マンブログ初登場です


私は3才からヤマハ音楽教室でエレクトーンを習い、
中学校では吹奏楽部、高校大学では軽音楽部に所属し、
社会人になってからは年末の一万人の第九の合唱に参加するなど
意外と音楽漬けな人生を送ってきました。


サントリー一万人の第九@大阪城ホール


RISING SUN ROCK FES@北海道小樽市

 


先日、水曜日のノー残業デーを活用し、
友人と『リトル・マーメイド』イン・コンサートを鑑賞してきました
http://www.disney.co.jp/eventlive/mermaid-concert.html

 


今回は、実際のリトルマーメイドの映像ををスクリーンで上映しながら、
音楽と歌を生演奏で聞く、といったコンセプトのフィルムコンサートでした。

キャストがとっても豪華で、日本語の歌の吹替えに、
女優の高畑充希ちゃんや歌手のKREVAなどが登場
高畑充希ちゃんは大阪営業所のある東大阪市出身とのことで、

遠目でしたが、本当に可愛くて歌も上手でした…

 

一番の目玉は、ディズニー音楽の作曲者、アラン・メンケンさんの
自身が手掛けた楽曲のピアノ弾き語りメドレー
豪華で感動しっぱなしの2時間半でした~
一番大好きなリトルマーメイドを改めて見て、
終始こんな感じでした。

 

ディズニーのインパする以外の楽しみ方といえば
スケートの『ディズニーオンアイス』を強くイメージされる方が多いと思いますが、
生のオーケストラが奏でる圧倒的な音楽に触れることのできる
ディズニーオンクラシックも本当にオススメです!

機会がありましたらぜひ一度行ってみてください^^

 

 

これからも、ISOWAの働き方改革の波に乗り遅れず、
自分の時間を充実させるとともに、ますます仕事に励みたいと思います!


お読みいただきありがとうございました。

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

はじめまして!

みなさん、はじめまして!

今年の7月より名古屋営業に配属されました、新入社員の近藤と申します。

前回の倉田に続き、私もまずは自己紹介をさせていただきたいと思います

 

生まれは名古屋、小学生から中学1年生にかけては茨城県で過ごしました

その為か、よく電話対応をするときに茨城訛りが出てしまい、お客さまやまわりの先輩に

「訛ってるね~!」とつっこまれます・・笑(自分では全く気付いてないのですが・・

 

趣味は映画鑑賞、旅行です家でまったりDVDをレンタルして観たり、もちろん映画館にもよく行きます

最近観た映画の中では、「22年目の告白ー私は殺人犯ですー」という、藤原竜也さんが出ている映画が面白かったですよ

旅行は、月に1~2回程遠出して美味しいものを食べたり、美しい景色を見に行ったりします

最近は、東京、大阪、伊勢に行ってきました!美味しいものたくさん食べることができて、幸せでした

次はどこに行こうかな~と考えてます。おすすめの場所や穴場スポットがあったら是非教えてください

 

そして、実は私も「ISOWA荘」(前回の倉田のブログをご覧下さい)の一員でして、現在一人暮らしを楽しんでおります

よく、同期と同じアパートなんて、

某人気恋愛番組「テ○スハウスみたいだね」と言われますが、あのようなロマンチックな生活は送っておりません笑

よく、ゴミ出しの時にスッピンボサボサの状態で会います

ただ、やはり同期2人が一緒に住んでいると安心です

ゴキブリや虫が出た時も安心ですよ!(まだ私の部屋には一回も出ていませんが

 

簡単な自己紹介となってしまいましたが、なんとなく私のことが伝わりましたでしょうか??

 

今後、きっとお客様のみなさまとは電話などでお世話になると思いますので

もし、「株式会社ISOWAの近藤でございます」という声が聞こえましたら、「あっ!ブログに出てきた人かな?」

と思っていただき、はやくみなさんに覚えてもらえたらとっても嬉しいです

これから、どうぞよろしくお願い致します

 

 

 

 

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

宜しくお願い致します

こんにちは


初めまして、名古屋営業所 新入社員の倉田雄斗と申します

現在は様々な部署で営業マンとして学ぶテーマを頂いて研修を行っています

それでは、営業マンブログ初登場ということで簡単に自己紹介をさせていただきます



生まれも育ちも岐阜県で、長良川の美味しいお水と鵜飼の鮎を食べて大きくなりました

ISOWAの入社のきっかけも岐阜県の幼馴染から、素晴らしい会社があるよという紹介があったことがきっかけです

岐阜県出身で本当に感謝です。

しかし、そんな岐阜県大好き人間の私もISOWAへの入社を機に一人暮らしを始めました。地元を離れて、寂しい思いをすることになるのかと不安だったのですが…


なんと、同期が二人とも同じアパートに引っ越して一人暮らしを始めていたのです

これには、自分も社内の他の人もビックリ!

勝手にアパートに住む私たちで「ISOWA荘」という名前をつけて、大いに一人暮らし生活をエンジョイしています。


さて、以上の自己紹介で倉田雄斗という人間がみなさまにおわかりいただけたでしょうか?

きっと「岐阜県大好き人間」くらいしか伝わらないですよね。

これから様々な機会のなかで、自分を発信する場があると思います。

そうした機会を通じて、ちょっとずつ自分を出していきたいです。


今は周りの方に教わりつつ、助けられつつ、見守られつつ研修を行っています。

こうした恵まれた環境を送ることが出来る感謝を胸にISOWAの営業マンとして成長していきたいです


これから、宜しくお願い致します


コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

お気に入り

みなさま、こんにちは。

4月からいよいよ勤続10年目に突入しました、東京営業所の鈴木です。

いつの間にか若手と言われる時代も過ぎ去り、
新たに東京に配属された若手営業マンとのジェネレーションギャップを感じる歳になりました。

サッカーをすれば己の体力の無さに絶望し、身も心も老化の一途を辿っていることを実感する毎日です。


今回はそんなわたしの最近の楽しみを紹介します。
この子たちです。 



どどん!椅子です!

今回はわたしの好きな椅子を一挙にご紹介したいと思います。

家中のあちこちに散らばる椅子を一箇所に集めてみました。

20
歳頃から家具に興味が湧き、椅子に関してはもう10年以上生活を共にしているものもあります。 

数えてみると全部でちょうど20脚ありました。
ヨーロッパや北欧のものが中心ですが、日本のものもあります。
いずれも大体19501960年代に製造されたプロダクトです。

中でもお気に入りの椅子を紹介します。

この子です。


↑正面から


↑背面から

どうですか!?


特に横から見た姿なんて実に良いではありませんか!


座面も!!

これはフランスのデザイナーによってデザインされた椅子です。
ほとんど座りません。ただ眺めて楽しみます。椅子に座って椅子を眺めます。


妻からはフランスかぶれと言われます。
もうこれ以上椅子を増やすなと言われます。

新しく1脚狙っている椅子がありますが、これだけ椅子があるので1脚くらい増えても、
最早バレないのではないかと思っています。こっそり買ってやるつもりです。


どこかの国の誰かが使っていた椅子が縁あってわたしの元にきました。
わたしの使命は次の世代の誰かにこれを引き渡すことでしょう!これからも大事にします。


また機会があれば新しく仲間入りする(予定の)椅子もご紹介したいと思います。
では、今回はこの辺で

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

自爆テロか?

昨年9月に還暦を迎えました東京営業所の藤川です。

少し前の事ですが、朝の通勤でいつもの大宮駅行のニューシャトル(モノレールの様な小さな電車)に乗車しました。

発車して間もなく車両の前の方から、風船が割れる様な爆発音とともに白煙が上がり車内は騒然と・・・・・

その白煙は若い女性の手提げバックから出ており、その女性はドア付近に移動しそのバックを私の足元に投げ捨てたのです。

一瞬自爆テロか?毒ガスか?と思いその場から逃げようとしましたが、その女性に「何が入っているの?」と聞き「教科書です」との返事から日本人の学生でテロではないと判断しました。

その女性は「何か風船の様な物がバックの中に入りました・・・」と意味不明な事を??

覚悟を決め白煙が上がり続けているキャンバス地のバックの開口部を踏み、近くにいた乗客に緊急停止ボタンを押す様に指示しました。

乗客からは「窓を開けてください」との声が上がりシャトルは間もなく次の駅に停車、乗客は一斉にホームに退避しました。

私はその熱いバックを持ち上げホームに出し、その女性に「教科書しか入っていないんだね」と聞きながら恐る恐るバックの中身を確認しました。

バックの中は煤で真っ黒になりそこからは教科書、そして焼け焦げて煙を上げているバッテリーの残骸が現れスマホ用の充電バッテリーが破裂した事がわかりました。

事態を調査に来た運転手に状況と怪我人のいない旨を説明し、その女性とバックをホームに残しニューシャトルは数分遅れて発車しました。

乗客の男性が「お疲れさまでした、怪我はないですか?私もバックの中に風船の様な物が入るのを見ました」とまたまた不可思議な事を・・・二人が見たという風船の様な物って一体何だったのでしょうか?

後日この事をある人に話したところ「その風船の様な物ってプラズマかもしれませんよ?」って!プラズマテレビは知っているけど?どうやらプラズマって自然界にも沢山発生しているようで、それがバッテリーを破裂させたのでしょうか?                       ただ粗悪品のバッテリーだったのでしょうか?

怖い不思議な出来事でした。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ