goo

四分の一は私だから

今朝、8時1分、ひとみが無事出産しました。 ひとみの小さな体から、何と3,500グラムを超すの女の子です。 名前は、ひとみとパナソニックくんで相談して、めぐみ となりました。 ひとみには半分、そしてこの子には四分の一、私の血なのか、DNAなのか、 とにかく繋がっています。 次の世代へ受け継いでいってくれる命の誕生に感謝しています。 ひとみ、ご苦労さん。よく頑張りました . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

一新であたふた 汗

私の通っているスポーツクラブ アクトス のマシンが一週間前に一新されました。 当然、マシンのレイアウトも変わったし、フロアーのカーペットも新調なったので、 初めて足を踏み入れた時は、別のクラブへ迷い込んだかと思うほどでした。 マシンが変わり、レイアウトも変わったので、メンバーも戸惑うばかり。 今まで使ってきたマシンと同じ部位を鍛えるマシンは一体どのマシンで、 今までと同じような負荷を設定する . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

頼もしいチカラ

今週は、何度か『頼もしいチカラ』を感じる場面がありました。 まずひとつめ。 先週、ある『i機』の開発の今後の進め方について、担当の入社9年目の 技術のYくんに私から声を掛けて、話し合ったんですが、その話し合いを 受け、今度は、Yくんが自分の考えを整理したり、仲間にもアドバイスを もらったりして、  「先日の件ですが・・・」 とYくんの方から練り直した自分の構想を持ちかけてきてくれました。 . . . 本文を読む
コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

効率の前に計画

去年に続いて、今年もダイヤモンド社の名古屋経営塾に参加です。 今年も去年同様、4回シリーズの講演というパターン。 今年の1回目の講師は、元・東レ経営研究所社長の佐々木常夫さん。 佐々木さんの肩書きを見てビックリしました。 「東レ経営研究所 社長」。 どこかで見たような、聞いたような肩書きです。 そうでした。私の大学時代の自動車部の同級生のYくんが、今年、 東レの人事部長を退任し、ここの社長 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

大きな一歩

車窓から棚田の景色を眺めながら、あるお客様に向かいました。 段ボールの誕生以来、作り手にとってずっと大きな、大きな悩みだったものを 完全にコントロールする。 そんな夢のようなチャレンジが今週から始まりました。 昨日の営業運転初日から、  「明らかに改善が見られました!」 といううれしい、うれしい報告が現地からあり、それを自分の目で確認 するため出かけたんです。 2時間半ほどの立会いで . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ランカポーセレン

先日、日経新聞を読んでいて、        こんな記事が目につきました。     みなさん、知ってました? 陶器で有名なノリタケは、スリランカに工場があり、ノリタケ製陶磁器の90%を ここで作られているってことを。 もう20年前になる1996年9月に、この工場を訪問したことがあるんです。 一番最初の写真がその時の証拠写真なんです。 なぜ私が20年も前にノリタケさんのスリランカ工場 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

大学生より・・・

昨日は夜からずっと今日の天気が心配でした。 台風の影響もあり大雨の予報。 そんな日に、工業高校生の採用試験が重なっちゃったから。 それも本来なら先週の金曜を予定してたのに、私の都合で今日に変更 したから、よけいに気になりました。  「みんな、きっと自転車で来るだろうから   大雨だったら、ずぶ濡れになっちゃうな。   かわいそうだな~ 車で迎えに行ってやろうか」 そんなこと気にしながら . . . 本文を読む
コメント ( 12 ) | Trackback ( 0 )

『ラスト・アタック』

今年の夏はリオ・オリンピック一色だったので、毎年、敗戦記念日前後に 放送される戦争をテーマにした特集やドラマを録画したままで、なかなか 見ることができませんでした。 9月になって、ぼちぼちそれを見ていて、その中の1本が、これ『ラスト・ アタック』です。 実話を元にしたドラマ。 沖縄本島の北西30kmに、人口1,500人の伊平屋という島があります。 終戦間近、南方攻撃に出陣した主人公は撃墜 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

"Excuse me"

 「昨夜も、お泊りのお客様の94%は海外からの方でした」 こう教えてくれたのは、東京で時々私がお世話になる、汐留にあるパークホテル 東京の支配人のOさん。 社長のYさんとはスコラさんを通じての風土改革仲間で、支配人のOさんも わが社の中堅たちと一緒にスコラで議論しあった同志です。 パークホテル東京さんは、自社の風土改革のプロセスの中から、自社を 『日本の美意識が体感できる時空間』を提供する . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

夜まで

ビックリ 朝からカラオケ に遭遇した後、お盆で機械をお納めしたお客様へのお礼の ために、富山へ向かいました。 お昼。 同行のNくんが、 「料理の鉄人の弟子がやっているという 担々麺のお店でも いいですか?」 担々麺は大好きだから、一も二もなく その提案に乗りました。 「人気店なので、ちょっと早めに入ります」 12時前だったので、店内はガランとしてましたが、そ . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ