goo

無意識の知ったかぶり

如水会名古屋支部で存在感を発揮してくれているY社の社長のKくん。 2ヶ月ほど前、彼からメッセージが届きました。  トヨタに勤める同級生のMくんがベルギーから帰国したので、  三人で食事しましょう! というお誘いでした。 そこから日程調整して、やっと昨夜実現しました。 会場は、Kくんがメンバーの名古屋駅前のとってもすてきなクラブでした。 夜景も、食事も、サービスも本当にすばらしかった! . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

プレイバック・スペイン 街角編

トレドの街を散歩していた時、エミリオが、  「これ、何だか分かる?」 と聞いてきました。 何だ、この奇妙なフォルム?! 家の角がへんてこりんな形にえぐられています。 エミリオが若かった時、こうなる前のここで、えらい目に遭ったって言うん です・・・ コルドバでは、 こんな変な壁もありました。 いずれも何でこんな風にえぐられてるんでしょう? ヒントは、 この写真です。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

62回目

62回目の誕生日を迎えることができました。 ここまで元気に来られたことについて、神様に、生んで、育ててくれた 今は亡き両親に、そしてこの34年間、日々私の健康、体調を管理して くれているツノ坊に感謝します。 私の誕生日を祝って、みんな、集まってくれました・・・  って、ウソです。 この週末に撮った写真ですが、この時、誰も祝ってくれませんでした・・・ 涙 その中でも、めぐみだけは祝って . . . 本文を読む
コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

『ザ・会社改造』

三枝さんとの出会いを書いたまま、少々日数が経過しちゃいました。 続編です。 今年になって、日本ナレッジマネジメント学会東海支部の読書会の課題本に 三枝さんの近著『ザ・会社改造』(三枝さんにしては相当ダサい書名です よね)が決まりました。 三枝さんの新しい本が出ていることすら知りませんでした。 早速読んでみると、この本も、実際に近年まで自ら社長を務めた ミスミ という会社で自分が手掛けた . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

恩人がまたひとり

この美しい女性は、私の叔母(父の一番下の妹)です。 1年前に撮った写真だそうですが、きっと本人は、病気治療の関係で顔が 若干むくんでいたことが不満だったとおもいます 笑 来月には70歳の誕生日を迎えることになっていました。 私が子どもの頃、愛がってくれたし、祖母が亡くなった後は、ひとつ 屋根の下で暮らしたこともありました。 地元のミッション系のKJ中学、高校、大学に通っていたので(名古屋で . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

いい情報はブログにあり

今回の旅行の日程が決まってから、  「さてどこへ行こうか?」 ということになりました。 昔はガイドブックを買って調べるというのが相場でしたが、昨年のスイスの 旅では、ネット、それも個人旅行者のブログを探して、そこから情報を仕入れる ようにしました。 というのも、ガイドブックって普通の人が行くようなところしか掲載されて いなくって、我々のように、あまり人混みが好きじゃなかったり、同じところ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

懐かしの三枝さん

『三枝さん』と言っても、桂三枝、現在の文枝さんじゃないですよ。 三枝(さえぐさ)匡(ただし)さんです。 三枝さんというと、私にはとても懐かしい思い出があります。        20世紀の終わりに近付いた1998年、スコラの柴田さんの出世作 『なぜ会社は変われないのか』を満足感たっぷりで読み終えた時のことです。 本の最後の最後には、当時の柴田さんの写真があります。           . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

エミリオ一家と

とうとう出発地マドリッドに戻って来ました。 ということは、旅行もいよいよ最後ということ。 昨夜は自宅に帰ったエミリオが、朝、またアビラまで我われを迎えに 来てくれ、まずエミリオの自宅に連れて行ってくれました。 実はエミリオ一家は、私たちのスペイン行きが決まった後、旅行の 10日ほどまえに、急に自宅を引っ越すことになり、旅行の3日に前に 引っ越したばかりなんです。 だからエミリオは新居では . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

加工道場でのモノづくり研修成果

新入社員が入社して2か月半。 それぞれいろんな部署で研修を続けています。 今年からできた加工道場。 さすが加工道場っていうだけあって、立派な看板まで作ってくれました。 まさか、これまで新入社員が作ったってことはないと思うけど・・・ ここでの研修では、4つの規定作品とひとつの自由作品を体験しました。 まるでフィギュア・スケートの試合みたいです。 その内の自由作品。自由作品って言うだ . . . 本文を読む
コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )

富士を肴に

ちょっと時期が遅いけどバラの花。 その向こうには「久しぶりに綺麗に見えますよ」と地元の人が言う富士の山。 いいですね〜 こんな景色を眺めながら、お客様とフレンチの会食をしました。 優雅です。 最初にオードブルが出たと思っていたら、 さらにメインのオードブルが出てきました! あまりに美しい盛り付けに感動します。 その後、スープなどがあって、メインの料理が選択できました。 魚なら鯛、 . . . 本文を読む
コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ