プラモ生活

プラモの写真をのせようかと。

少年時代 TDF最強メカ(完成編)

2018-03-21 20:59:52 | HERO

寒さが逆戻りした雨の『春分の日』、

まったりインドアな休日を

貪っております。

 

さて、本日はホーク1号の完成編です。

 

【LsideTop View】

スケールは表記されていませんが、

実測約70mmあり、

概ね1/250になります。

(劇中設定42mとあります。)

 

【Front View】


【Rear View】

自衛隊のF14が約19mですので、

戦闘機としてはかなり巨大です。


続いて分割カットをご覧ください。


【α号】


【β号】


【γ号】

 

【3機分割】

こうしてみると、β号やγ号が

現実の戦闘機くらいの大きさでしょう。

特にγ号のフォルムは、黒く塗れば

ステルス戦闘機みたいです。


空想の世界ですが、

ホーク1号が一機あれば、

我が国の防衛も安心なのですが…。


最後にもうワンカット、

【TDF UH1号 /BANDAI製】


最近、フジミから1号・2号の

1/72スケールの新作が出ました。

マニア向けでしょうが、

なかなか思い切った商品化です。

箱もハンパない大きさですが、

小心な私は今回のバンダイ製で

十分少年時代の思いを満喫出来ました。


次回も空想特撮シリーズ続けます。

(つづく)

 

【次回予告】

コメント

少年時代 TDF最強メカ(製作後編)

2018-03-18 20:56:43 | HERO

本日はUH1号の塗装編です。

 

【機体塗装】

シルバーの金属色にα、β、γの

各号機をスプレー塗装しました。

 

 

【各キットディカールシール】

 α、β、γそれぞれのキットには、

カラーリングされたディカールが

ついています。

これを全部使うのもつまらないので、

機体ナンバー文字と警備隊マーク以外は

筆塗りすることにしました。

 

【各機塗装状況】

養生・マスキングしながら、

塗装作業を進めます。

やっと模型作りっぽく

なってきました。 V(^_^)

 

【製作完了】

ディカール貼り・墨入れ作業を行い

作業完了‼

 

 

子供のころ、わくわくしてTVで観た

最強戦闘機の完成です。

 

次回完成編です。

(つづく)

コメント (4)

少年時代 TDF最強メカ(製作前編)

2018-03-14 22:20:26 | HERO

平日午後の休日、誠に無為な

時間を過ごしております。

 

暇に任せて、昨年購入した

キャラクター物を引っ張り出しました。

こちらです。

 

【TDF UH1号 バンダイ製】

このタイトルでわかる方は

かなりのオタクです。

 

そのとおり!

ウルトラセブンに出てくる、

地球防衛軍ウルトラ警備隊の

No1.エースフォース ウルトラホーク1号です。

 

昨年バンダイよりリリースされた新作です。

50年近く前のヒーロー物のアイテムですが、

こうした商品の新規発売を見ると

セブンには、いまだに中高年の

オタクファンがいるようで、

心強い限りです。

 

【キット内容】

3つに分割された別売りキットを

同時購入し、保管しておりました。

本日、無性に作りたくなり開封しました。

 

【α号作成状況】

 

【β号作成状況】

 

【γ号作成状況】

 

それぞれパーツ数も少なく、組み立ては

すぐできました。

 

【3機合体仮組状況】

以前、別キットのUH1号を作りましたが、

当時の企画商品と比べると

ディテールに雲泥の差があります。

http://blog.goo.ne.jp/iranihsoy/d/20091105

(2009年11月5日ブログ参照)

時代の流れを感じます。


皆様、しばらくお子様モノに

お付き合いください。


次回は塗装仕上げ編です。

コメント

『HYUNDAI GRANDEUR』完成編

2018-03-07 13:23:05 | 1/24外車シリーズ

今回はグレンジャーの完成カットを

お送りいたします。

 

【Rside View】

 

【Lside View】

 

【Front View】

 

【Rear View】

 

【Interior Shot】

 

パーツの収まりは予想外によく、

また、ディカールの作業性の良さは

タミヤをはじめとした

国内メーカー各社とも

是非、学んでください。

 

アカデミー社製プラモは、日本では

まだまだ目にする機会が少ないですが、

今後も注目したいと思います。

 

 

では最後にもうワンショット、

【ヒュンダイ グレンジュアー  アカデミー社製 1/24】


では、次回作をお楽しみに!

(つづく)

コメント

『HYUNDAI GRANDEUR』製作編(後)

2018-03-04 16:59:07 | 1/24外車シリーズ

本日は、韓国の国民車

『ヒュンダイ グレンジャー』の

製作後編をお送りします。

 

この車がどれほど韓国の代表車で

あるのか、この写真でも

お解りいただけます。

【南大門近くにて】

前回の旅行時に何げなく撮った

風景写真に飛び込んできた

タクシー仕様のグレンジャーです。

 

偶然撮った風景でも捕えられるほど、

ポピュラーに走っている車です。

(日本でいえばクラウンかな。)

\(^。^)

 

それでは本題に入ります。

【車体メッキ部塗装】

メッキ部をHUMBROL社の

エナメル塗料を使ってみました。

車体カラーは成型色そのまま使います。

下手に私が塗装するよりきれいです。

/(^.^;)

 

【ワックスがけ】

オリジナルの成型色を艶出しするのに、

タミヤの模型用ワックスを使います。

 

【各パーツ取り付け】

フロント部やフェンダー等に

エクステリア部材を取り付けて

車体出来上がり‼

 

【完成‼】

車体と車台を合わせて完成、

屋根には、クリアパーツも選択可です。

 

接着剤要らずのスナップキットで

お手軽感がありますが、

商品規格の完成度は

予想を遥かに超えた秀逸品です。

゛ACADEMY社”、なかなか侮れません。

 

次回は完成カットです。

(つづく)

コメント