プラモ生活

プラモの写真をのせようかと。

『赤城』、竣工。

2010-04-17 01:14:27 | 赤城

 

旧日本海軍第一航空船隊旗艦

『赤城』が

静かな竣工を迎えました。

ご覧ください。

 

【左舷前方より全景】

 

【右舷中央煙突】

 

【左舷艦橋部】

 

【甲板中央】

 

大型艦船の作成は初めてで、

マストやアンテナのケーブル張りや、金属のディテールアップパーツを使った

ベテランモデラー方の本格作品にはとても及びませんが、

素人のストレート組みでも、戦艦作りは

十分楽しめました。

 

これからは、戦艦模型も定期的に作りたいとおもいます。

 

 

 

《制作後記》

 

今は家族の非難を浴びながら、

飾る置き場探しに苦労しています。

作成後のことを考えれば、

戦艦モデルのスケールはやはり

1/700ですね。(^_^;)

  

また、空母のもうひとつの主役である艦載機は、

キット内に22機あります。

【零戦、九九艦爆、九七艦攻】

 

1/450だとパーツ数も結構多いです。

この艦載機は、ディスプレイケースを手に入れ、

飾れるスペースを確保した後に、

仕上げたいと思います。

そのときはまたブログにアップします。

(さすがに22機作る根性が、今ありません。)

 

 

次回からは新シリーズです。

 

コメント

再開、『赤城』十二日目。《拡大版》

2010-04-08 01:09:46 | 赤城

 ここしばらく時間が取れなかった

『赤城』制作ですが、

今日一気に完成を目指して作業開始です。

 

ところが初っ端から作業中断。

甲板塗装がまだ一部残っていました。

 

多分甲板上の航空機のオーバーランを防ぐ

ワイヤー線(あくまで想像です。)ではないかと思いますが、

今回もまたガンダムマーカーを使いました。

 

【マスキング養生、ライン塗装】

 

【これで本当に甲板塗装終了】

 

 

さあ、いよいよ船体本体と甲板の本接合です。

 

【第一、第三昇降機内にてビス止め】

 

こうしたビスを二箇所取り付けるのですが、

ここでメーカー《Hasegawa》の重大ミスが発覚!

 

ビスが長すぎて、裏打ちしているワッシャー止めが

剥がれてしまい、一月初日の作業に逆戻りという

ハプニングがありました。

《Hasegawa》さんには、改善をお願いします。

 

補修後、ビス止めが完了しましたが

またまた問題発生。

 

甲板に変な反りグセがついており、

うまく甲板支柱パーツと接合しません。

 

【甲板反りのクセ直し作業】

角瓶を重石に、一晩養生中です。

(T。T)トホホ...。

 

コメント

『赤城』十一日目

2010-03-17 01:34:56 | 赤城

 

久々の更新です。

 

本体と甲板の接続作業に入っていますが、

甲板の未塗装部があり、仕上げました。

 

【甲板後方の紅白ライン塗装】

マスキングして、

 

出来上がり。

 

【甲板仕上げ作業】

スミ入れにガンダムマーカーを使いました。

(カーモデルにもよく使います。手軽で便利です。)

 

【喫水線塗装作業中】 

 

 

『赤城』完成までもう一息です。

 

コメント

『赤城』十日目

2010-03-03 08:25:34 | 赤城

 

今回で甲板ライン引きが完了しました。

【甲板前景】

 

【甲板後部】

 

次回で甲板塗装作業の残りを終わらせ、

いよいよ本体との接合を行う予定です。

 

【甲板仮組み】

次回作業が楽しみです。

 

コメント

『赤城』九日目

2010-02-25 00:20:37 | 赤城

 

『赤城』作成より約2ヶ月となります。

現在、甲板の塗装作業が続いています。

 

本日は、甲板滑走路の白線引きを行いました。

 

【先ずはライン部分のマスキング。】

 

【テープに沿って、白線塗装。】

 

【甲板木目と白線状況。】

 

写真ではわかり難いのですが、甲板の木質感を出すために、

木目模様に色鉛筆を使いましたが、時間が経つと

それなりの風合が出てきました。

(つや消しクリアーを重ね塗りしたのが良かったみたいです。)

 

ではまた。

 

コメント