プラモ生活

プラモの写真をのせようかと。

『FURY』のシャーマン(完成編...とりあえず)

2017-04-09 13:36:18 | 戦艦/ミリタリー

 本日はシャーマン戦車の仕上げに

掛かります。

【細部パーツ取り付け】

履帯(キャタピラのことだよ)や、

ライトなど車体の付属パーツを

取り付けました。

 

【シャーマン戦車完成】

タミヤのウェザリングキットで煤や錆を

付けましたが、ほとんど分かりません。

まだまだ初心者で、これからです。

AFV第二段として作ってきた

シャーマンですが、

やはり1/72スケールは物足りなく、

飽きてきたので、AFVのこのスケールは

今回で終わりにしようと思います。

 

では、とりあえず完成カットを。

 

【シャーマンM-4(A3E8)ハセガワ製1/72】

 

【搭乗員...ブラピには程遠い】

 

 

【『FURY』風?】

フィギュアの雰囲気も全然出せず、

シックリきませんが、近日中に1/48で

再チャレンジしたいと思います。

 

ではまた。

(つづく)

コメント (2)

『FURY』のシャーマン(製作編2)

2017-03-26 15:46:47 | 戦艦/ミリタリー

今日は久しぶりの雨の日曜です。

前回お伝えしましたが、かなりきつい状況で

模型作業を行っております。

 

本日は、戦車に乗せるフィギュアを作ります。

 

【オリジナルフィギュア】

ハセガワのキットに入っているオリジナルは

かなりもっさりした感じで、1/72とはいえ

さえない仕上がりになりそうです。

 

【米海軍クルーセット フジミ製 1/72】

そこで以前、ろうがんず杯に出した『F16』で

使ったフジミの現役海軍フィギュアの残りで

ブラピを再現することにしました。

 

 【キット内容選択】

戦車隊員風のフィギュアをいくつか

ピックアップしました。

 

【戦車に搭乗】

こんな感じで情景を作ってみます。

 

【仮塗装】

今日は家族が全員家にいるので、

エアブラシは使えません。

筆塗りで下塗りしました。

 

次回は戦車完成を目指します。

(つづく)

 

 

 

 

コメント (2)

AFV第二段、『FURY』のシャーマン (製作編1)

2017-02-15 18:32:51 | 戦艦/ミリタリー

またまたすっかりご無沙汰の更新であります。

2月も15日、昨日のバレンタインはどこ吹く風状態で、

自分は家内からの義理チョコのみ、

日本文化の枠外にいることを

改めて認識いたしました。

(まあ面倒な、お返しキャンディも必要ないから

気楽でいいや。) /(T。T;)

 

と、愚痴っても仕方なく本日は心機一転

新作作りをご紹介します。

 

先に、AFV第一段として我が自衛隊の

10式戦車を作成し、ミリタリーの魅力に

取り付かれました。

そこで今回は、その第二段として

このテーマに取り組みます。

 

【映画“FURY”より】

3年前に公開されたブラピ主演の

“FURY”です。

 

この映画のシャーマンを作ります。

 

【シャーマン1/72 ハセガワ製】

本当はヨンパチサイズを作りたかったのですが、

タミヤからまだこのシャーマン後期型が出ておらず、

仕方がないので、この小さいスケールで練習します。

 

ミリタリー王道の1/35サイズでは、

後期型シャーマンはリリースされていますが、

予算と完成後の保管が大変なので、

ミリタリー物は、今後もあえて

タミヤの1/48シリーズに限定しようと思います。

 

【車台作成】

この1/72のシャーマンも結構な部品数です。

全体をくみ上げてから塗装に入るため、

ほぼ一気に組み立てます。

 

【車台上部】

 

【砲塔部】

この大砲の筒が、後期型は長いのが特徴です。

“FURY”に出てくるシャーマンは、

もう大戦末期のため、(A3E8)型という、

戦後、日本の自衛隊にも配備されていた

タイプのようです。

 

【先行組み立てほぼ完了】

このキットのキャタピラ、訂正!“履帯”は、

昔ながらのビニル製のため、最後に取り付けます。

 

【塗装作業前】

次回はまだドキドキのエアブラシ編です。

(つづく)

 

コメント (2)

2017年プラモ初め 陸上自衛隊10式戦車《完成編》

2017-01-08 20:34:20 | 戦艦/ミリタリー

あけましておめでとうございます。

しばらくいいお天気が続いてましたが、

今日は雨模様で、寒い休日となりました。

こんな日は、暖かい家で模型作業が

一番です!!

 

さて本日は、いよいよ10式戦車の完成です。

【墨入れ作業完了】

年末に自宅で初エアブラシ作業を行いましたが、

新年はじめの作業は、車体の墨入れです。

これで記念すべき、AFV一台目が完成しました。

 

カーモデルより想像力を使う分、楽しかったです。

 

では、以下完成カット掲載します。

 

【陸上自衛隊10式戦車 タミヤ製1/48】

 

【右車体カット】

 

【上方部砲塔カット】

 

【戦車隊長搭乗】

 

【射撃訓練風景】

 

今回、初AFV・初エアブラシとはじめてづくしでしたが、

ミリタリーモデルの魅力にすっかり嵌りました。

とくにヨンパチスケールは、コンパクトで

作った後の収納もかさばりません。

 

近いうちに、AFV第二段に進もうと思います。

乞うご期待。

(つづく)

コメント

陸上自衛隊 10式戦車《製作編Ⅱ》

2016-12-23 21:33:55 | 戦艦/ミリタリー

さて、天皇誕生日の休日ですが

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

日中、仕事で出かけてましたが、

早めに帰れたので、ブログの更新をしています。

 

【左側履帯未連結部】

初めてのAFV製作で、不慣れな点もありましたが、

モデラーの端くれとしては、大失態です。

 

気を取り直して作業を進めました。

 

【車体完成】

サスペンション保護のために、

サイドスカートが取り付けられ、実のところ

作成恥部は隠れてしまいます。 (^。^;)

メデタシ、メデタシ。

 

【砲塔作成】

シンゴジラでは、その砲弾が百発百中だった

砲塔も組み立て完了しました。

 

【砲塔・車体結合】

その雄姿の概要が現れました。

 

【戦車隊長乗車】

付属の戦車隊長フィギュアを乗せてみました。

 

AFV造りの師匠であります

Fさんより、塗装の心得を伝授頂きました。

『塗装は、概ね組み立ててから』と。

 

カーモデルの時などは、絶対見えない

エンジンとかブレーキディスクの裏など

組み立て後には塗装できない箇所は

事前に塗ってましたが、

師匠によれば、

『見えないところは塗る必要なし!』

と、目からウロコの教えでした。

 

続いて塗装作業ですが、

その前に専用色を揃えました。

【タミヤカラー/10式戦車指定色】

XF-72(陸上自衛隊茶色)、73(同濃緑色)の

基本色をはじめ、履帯やサイドスカート部を

塗装するラバーブラックやダークアイアンと

いったタンク専用色も購入しました。

今回作品への意気込みをご覧ください。

 

【ベース色下塗り】

先ずは茶色を筆塗りにて、全体を塗装しました。

 

【戦車隊長塗装】

次は、隊長フィギュアを筆塗り。

迷彩色、作業辛い・・・。 (T。T)

 

【塗装作業中間状況】

 

次回は機会をみて、いよいよ塗装作業の

新兵器を導入します。

 

ご期待ください!!

(つづく)

 

コメント (2)