プラモ生活

プラモの写真をのせようかと。

《F-15J EAGLE J.A.S.D.F.》 standby!!

2014-10-18 09:46:09 | 戦艦/ミリタリー

『ろうがんず杯』開催から早2週間、

事務局から参加作品の掲載HPの連絡を頂き、

改めて、当日の賑わいが甦りました。

以下、ろーがんずHPをご覧ください。

http://www.rowguanes.co.jp/

 

さて、本日はその大会に参加しました、

記念すべき我が作品をご紹介します。

 

【F-15Jイーグル航空自衛隊 1/72 ハセガワ製】

駐機場で整備完了風景を表現してみました。

 

 

 

 

【整備完了!!】

 

戦闘機は《メッサーシュミット》、《零戦》につづいて

三機目ですが、対戦中のプロペラ機に比べて

近代ジェット機の大きさを実感しました。

ほぼ2倍の長さです。

 

また戦闘機や自衛隊の知識がなく、

雑誌やネットでいろいろ調べました。

そこで情景の参考にさせて頂いたのがこちら。

【整備風景】

【女性整備士の方?】

凛々しい姿に惹かれます。

(どなたかのブログから写真拝借しました。勝手にすみません。)

 

最後にもう1カット! 

【 出展題名『信頼』 】

技術は未熟でお恥ずかしい作品ですが、

久しぶりに熱意を込めて作りました。

 

また『第2回ろうがんず杯』にも参加したいと思います。

 

次回から《フェアレディ240ZG》作成編に戻ります。

(つづく)

コメント

『ろうがんず杯』参戦!!

2014-10-05 22:16:01 | 日記

いよいよ本日は、

『第1回ろうがんず杯』の開催日となりました。

 

この1ヶ月間、コツコツと作り続けた

我が《F‐15J EAGLE》の出撃です。

 

台風18号が近づく生憎の天気ですが、

家内に車で会場まで送ってもらい無事に到着。

 

【会場入り口】

東急たまプラーザ駅のすぐ上で、

雨でもたいへん利便性のよい会場でした。

 

【会場風景】

11時前に到着しましたが、既に大勢

参加者の皆さんが集まっていました。

約230作品が参加しているとの事で、

大きな会場も、手狭に感じます。

 

自作品の展示位置も事前に決められており、

スタッフの皆さんのスムーズな会場運営に感心しました。

 

【自作出品モデル】

我が《EAGLE》を展示位置にセットしましたが・・・。

 

【出品状況】

周りの大作・秀作に包囲され全く冴えない有り様です。

 

【Tさん出品作】

友人Tさんは《MINI》で参戦です。

【Tさん作品展示状況】

赤い車体が輝き、小さいながらも

目立つ逸品です。

 

13時には会場も満員となり、

【満員御礼メッセージ】

出展者と整理券を持った方限定の入場制限となりました。

 

【NHKからの祝い花】

さすが石坂浩二会長の威光でしょう、

国営放送からもお祝いの花束が

会場に届いておりました。

 

【司会の ろうがんず松井氏】

こちらは、TV朝日のアナウンサーで

ろうがんずの会員でもある

松井さんです。

(氏も51歳とのことで、私と同い年。)

 

【賞品カップと賞金】

総額50万円の賞金と今回のコンテスト運営費は

全て、石坂会長のポケットマネーとの事。

会場全員が喝采を送りました。

 

【石坂会長のトークショーと入賞者発表】

私財投じての開催で、会長のプラモに対する

熱い思いが伝わり、参加して本当に

よかったと思いました。

 

そして、待ちに待った入賞者発表です。

以下、入賞作品を掲載させていただきます。

 

【入賞作①】

 

【入賞作②】

 

【入賞作③】

 

【入賞作④】

 

以上、4点が入賞された作品ですが、

特に③は女性のプロモデラーの方との事でした。

【受賞作③の拡大写真】

海底の戦車を、静かで綺麗に眠る姿で

見事に再現されていました。

 

最後に大賞の発表です。

 

【大賞作品】

1/12スケールと思われますが、

インパクトのある独創的な作品です。

 

入賞の皆さん、おめでとうございます。

 

こうして、『第1回ろうがんず杯』は、模型ファンの

熱い思いと共に閉会いたしました。

 

【参加賞品】

参加者には、ろうがんずロゴ入りの

小物入れ袋が配られました。

 

石坂会長をはじめスタッフの皆様、

本日は誠に有難うございます。

お疲れ様でした。

 

《次回予告》

 

コンテスト敗退ですが、

自分のブログで特集掲載します。

(つづく)

コメント (3)