プラモ生活

プラモの写真をのせようかと。

大坂築城!!

2012-07-25 20:28:46 | 歴史

いよいよ築城開始です。

現在の石垣は、家光の時代に

積まれたものですが、

その下に秀吉が造った城跡が

あるとのことです。

その石垣の塗装から始めます。

 

【一回塗り】

ライトグレーで全体を平筆塗りし、

ところどころでぼやしをつけます。

 

【多色重ね塗り】

続いて、グレー系、ベージュ系、茶系、緑系等

塗料箱にあるほとんどの色を駆使して、

石垣を塗り上げていきます。

 

【石垣目地入れ】

お馴染みガンダムマーカーで石垣の隙間を

スミ入れしていきます。

プラモ作りには欠かせない本当に

便利なマーカーです。

 

【石垣完成】

 土台造りが完工しました。

建築は基礎が第一!

内堀の水面の紺碧も良い仕上がりです。

 

【大阪城正面意匠】

これは、一昨年の正月に帰省した際、

家族で登城したときに撮影したものです。

何年か前の改修で、夏の陣の屏風絵にある

秀吉時代の天守閣に、より近くなったものです。

5層目の金の虎がド派手で好きです。

 

次回は天守閣上棟です。

 

(つづく)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『プリンセス・トヨトミ』を読んで。

2012-07-22 19:56:12 | 日記

先日、万城目 学さんの

『プリンセス・トヨトミ』を読みました。

少し前に、TVで同書の映画を

やっていましたが、見逃したので

文庫で読もうと買ったものです。

 

その小説のあとがきで、

『鹿男あをによし』も

同氏の著書と知り、

訳が判らないストーリーながらも、

その不思議さに引き込まれる

内容は共通です。

 

この小説を読んでいると、

大阪に特別な感情を持たない私も、

「将来は大阪に住んでみてもいいかなぁ」と

思いが浮かぶ一品です。

 

また関西に帰省した際は、

かの“松田優作”も通ったという

小説のモデルになった

空堀商店街の【お好み焼きや】に

行ってみよう思います。

 

さて前置きが長くなりましたが、

今回はその影響で、無性に

『大阪城』が作りたくなりました。

 

早速アキバの中古模型店で、

買ってきました。

コレです。 

【フジミ製 1/700大阪城】

 

小学校の修学旅行で、初めて

その雄姿を見て、

お城の模型に嵌まった事は

以前にも書きましたが、

そのときは童友社製のものが

ほとんどでした。

 

今回のこのキットは、約30年前の品で、

ハコや設計図は色褪せして、

長い時間の経過を感じます。 

【キット内容】

1/700とスケールが小さいため、

パーツ数もそれほど多くありません。

 

童友社製は天守閣だけでしたが、

こちらは内堀周辺まで再現されています。

【パッケージ作例】

 

では、次回より作成に掛かります。

(つづく)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【番外編】報告!!≪荒川直人展≫

2012-07-16 11:13:08 | 日記

7月某日、プラモ友のTさんと一緒に

アキバの催し会場に向かいました。

 

【荒川先生ジオラマ作品展】

5月行きました静岡ホビーフェアで、

荒川先生ご本人よりチラシを頂き、

見学を決めました。

 

写真撮影もOKだったので、

技術を見習おうと(とても無理ですが)、

観察、撮らせて頂きました。

 

【戦闘機コクピット】

 

 

【南方戦線の風景】

 

【ホワイトベースのドック入り】

 

 

【ジャングルのガンダム】

 荒川先生の作品を観れば、

ガンプラも美術品となります。

 

【こちらもガンプラ系】

 

【大和の休息風景】

 

雑誌に掲載された作品の数々を

目の前にし、その精巧な造りに

圧倒されるばかりでした。

 

最後はこの作品。

もうなにがなんやら、

どこが作り物かわかりません。

 

一流作品の技に驚嘆し、

 プロの厳しさを改めて知らされました。

プラモは自分のレベルに合った

楽しみ方をしようと

思いに耽る一日でした。

 

次回はまた自作の発表です。

(つづく)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ポルシェ911S

2012-07-11 22:43:55 | 1/32外車シリーズ

7月初の更新です。

本日は、少し前に作り置きしていた作品を

制作から完成アップまで一挙公開します。

 

【アリイ製 1/32 ’65年式 ポルシェ911s】

昨年、’94年式の911ターボを作成・掲載しましたが、

その際に、ディカールのエンブレムを拝借したキットです。

(2011年10月6日ブログ参照ください。)

【キット内容】

先ずは、チープな赤い車体色の変更から

作業開始し、車台まで一機に組み上げました。

【車体と車台】

高級車っぽいライトブルーに車体を塗装。

車台もパーツ数が少ないのですぐ組立て完了しました。

 

車体と車台を合わせて、車体備品のシルバーを

取り付け、最終仕上げへ。

【完成!!】

 

フロントのエンブレムがありませんが、

組立て短時間の割には、綺麗に出来たと

満足しています。

以下、完成カット編を続けます。

 

【リア方向より】

【右サイド方向】

【フロント方向】

 

前回作と並べてみました。

【’65年式、’94年式ポルシェ】

美術品を思わせる流麗なフォルムに

ポルシェの普遍性を感じます。

 

今回は小さいサイズでしたが、機会があれば

1/24以上のスケールでこの綺麗な車を

作りたいと思います。

 

 

次回は【番外編】をお送りします。

(つづく) 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加