もののはじめblog

コメント歓迎 ! 
必ずコメントに参ります by iina

スーパー歌舞伎『オグリ』

2019年11月08日 | 東京エリア
オグリ―小栗判官―

梅原猛と市川猿翁が創り上げ、演劇界に新風を巻き起こした伝説のスーパー歌舞伎『オグリ』。

キャッチコピーは次のとおり
「市川猿之助・中村隼人の小栗判官役 交互出演、そして新橋演舞場初の客席左右同時両宙乗りにて、かつてないスケールでお贈りする、夢と浪漫、そして 壮大なスペクタクルがあふれる超大作活劇。スーパー歌舞伎ならではのエンターテインメントに富んだ演出にもご期待ください。
藤原正清オグリが死後閻魔大王の前で大立回りを演じ、重い病に侵された姿で現世に蘇り、遊行上人一遍の導きで熊野を目指す貴種流離譚である。」
猿之助のオグリと隼人の遊行上人による宙乗り

オグリ
            浅野和之の閻魔大王

小栗六人衆                               地獄の鬼たち(
ダンスはEXILE風とラグビーのハカ風

このスーパー歌舞伎を招待券で1階席で観賞させていただいた。この日のオグリは、市川猿之助チラシ右
イッペン・ ・ ・ ・は見たかったので

鎌倉時代なのにキンキラ衣裳とモダンな踊りをかぶいた演出方を楽しむ。
大量の水を噴出させる場面は、最前席2~3列まで飛沫がかかるためビニールを持たされていた。


コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 俺たち重大なカバだろ! | トップ | 母さん好き »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ムツゴロウ)
2019-11-08 17:38:48
オグリキャップという人気馬がいました。
それにあやかったスーパー歌舞伎かしら。
こちらも人気なんですね
新聞にのってましたよ。
ラッキー♪ (ミルク)
2019-11-08 20:15:16
こんばんは。なんてラッキーなんでしょう。
こんなに迫力ある舞台を見られて。

うちの方には歌舞伎は年に1度くらいしか、来ません。
青森に近い鹿角市の 国重要文化財「康楽館」という明治の芝居小屋に年に1度だけ。
いまだ見たこと無いです。遠すぎてちょっと(^^;
何年か前に、青森に行く途中で、立ち寄り館内を見ました。回り舞台は、人が回しています。
下に行って見ましたが、すごい仕掛けだなぁと思いましたよ。
(ムツゴロウ) さん へ (iina)
2019-11-09 08:34:28
競馬に興味ありませんが、良血のハイセイコーにマイナー血統のオグリキャップという評価なのだそうですね。^^

スーパー歌舞伎「オグリ」は、江戸時代から人形浄瑠璃や歌舞伎などの題材になった「小栗判官」の物語を題材にしています。

そんなことから、演題を「小栗判官」とせずにオグリキャップを意識し現代的な「オグリ」にしたのでしょうね("^ω^)・・・
           


(ミルク) さん へ (iina)
2019-11-09 08:58:29
北国は寒いだけでなく、物入りですねぇ~。
雪ワイパー2本5.400円は高いです。こちらでは、1本が1200円ほどですから特殊ワイパーなのですね。

富山に赴任した時は、転勤者からスパイクタイヤを譲り受けましたが、翌年にスタッドレスタイヤに切り替わりました。(^_^;)
粉塵のために仕方ないとはいえ安全性では少し頼りないです。

重文の「康楽館」で歌舞伎を見れるならば、ファンは勇んで出向くと思いますょ。

     (ミルク)さんの当該ブログ記事のアドレスをコメント上(iina)に置きました。

あんみつさん へ  (iina)
2019-11-09 09:23:07
3Dマッピングのステージは、舞台の展開を効果的にふくらませますね。
邪魔だと感じたドデカい鏡が舞台にあるのに透明化したりと、不思議でした。

> 私が見たこの日は  小栗判官が中村隼人  遊行上人が市川猿之助でした。
当方は、その逆の役設定でした。

*   あんみつさんの当該ブログ記事のアドレスをコメント上(iina)に置きました。

陽炎日記 さん へ (iina)
2019-11-09 09:38:21
4時間半の舞台を休憩を2度はさんで、おしりが疲れるほどの長丁場でした。^^

ミュージカル『ジーザス・クライスト=スーパースター』は、キリストが十字架にかけられるまでの最後の七日間を、ロックミュージックで展開しました。
映画版には、戦車 や ジェット機まで登場させて度肝をぬきました。

それに匹敵する日本版舞台でしたね。
「オグリ」は、鎌倉時代を現代風に傾いてキンキラ衣裳に身をつつみモダンな踊りを採り入れてました。^^
なにより、なかなかよく練られた物語りでした。

*   陽炎日記さんの当該ブログ記事のアドレスをコメント上(iina)に置いています。
    二度目のご縁でした。

左右同時両宙乗り (ウォーク更家)
2019-11-11 18:59:55
何とか、1度は見たいと思っている宙乗りの演目なので、羨ましいです。

新橋演舞場初の客席左右同時両宙乗りとあるから、迫力満点だったのでしょうね。

そうですか、壮大な宙乗りだけのダイナミックな演出だけではなくて、モダンな踊りの演出だったんですね。
(ウォーク更家) さん へ (iina)
2019-11-12 09:08:49
西郷隆盛の末弟「西郷小兵衛戦死の碑」を探し当てる根気強さは、やはり奥の細道を歩く更家さんならではです。^^

隆盛の考える革命は、血を流さなければ果たされないというのを、江戸城無血開城してますから、
己れを不満分子に捧げて明治維新を完結させたのでしょうか・・・❔


> 壮大な宙乗りだけのダイナミックな演出だけではなくて、モダンな踊りの演出だったんですね。
スーパー歌舞伎『オグリ』の物語りは深く練られていて、尚且つ斬新な衣裳や踊りでかぶいて魅せました。

     更家さんの当該ブログ記事のアドレスをコメント上(iina)に置いています。

コメントを投稿

東京エリア」カテゴリの最新記事