もののはじめblog

コメント歓迎 ! 
必ずコメントに参ります by iina

ターミネーター

2019年11月18日 | 映画
シリーズ第6作。『ニュー・フェイト』原題は『Dark Fate(暗い運命)』

『ターミネーター2』以来28年ぶりにジェームズ・キャメロンがプロデュース&脚本、そしてT-800のアーノルド・シュワルツェネッガーとサラ・コナー役リンダ・ハミルトンがシリーズ復帰し、ティム・ミラー監督がメガホンを執った最新作。

傑作の誉れ高い第2作の「正統な続編」とされ、新型ターミネーターの液体型「REV-9」が2体に分裂して襲ってくる。

第3作から第5作までは「無かったこと」にするという禁じ手があったか 
だが、それでは何でもありになってしまう・・・。
しかし、面白い。勇ましいばかりの女性群。
まぁ、フェイク (Fake)ではなく、フェイト(Fate)ということ。





        

コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 耐える | トップ | 事故 死んでるかー⁉ »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (yutarou_cinema)
2019-11-18 22:17:24
女性の活躍する映画は良いですね!
(yutarou_cinema) さん へ (iina)
2019-11-19 08:43:26
サラ・コナーのリンダ・ハミルトンが、だんだんたくましくなってきました。演じた役が女優を方向づける典型ですね。

       リンダ・ハミルトンもよくこの歳で出てくれました 



(harrison2018) さん へ (iina)
2019-11-19 09:00:27
> 第3作から第5作まではすっかり「無かったこと」にされ、本作こそが傑作の誉れ高い第2作の「正統な続編」とされてます。
「1」「2」以外は「無かったこと」にしてしまう禁じ手に違和感をおぼえますが、相変わらず面白かったです。

> 「1」支持派の人はシュワちゃんが味方になる「2」の展開に冷めちゃうみたいですね。
なるほど、そんな方もいましたか。
シュワちゃんが敵方から味方に転じたことが、ターミネーターに人間味と道化の可笑味を加味させて面白かったですょ。

*  (harrison2018)さんの当該ブログ記事のアドレスをコメント上(iina)に置きました。

(MAX真吉) さん へ (iina)
2019-11-19 09:12:23
出掛けた時間帯の都合で2D吹替版を見ましたが、前に他の映画で4D映画を体験しましたょ。
座席が揺れ、ミストが顔を霧吹きし、脛を触られるなど、真にアトラクション・ムービーでした。ただチケット代は、通常より1000円高かったです。
https://blog.goo.ne.jp/iinna/e/74d8464172ef2af43aedcd4aec173391

「T2」のジョン・コナー(エドワード・ファーロング)がフルCG画像とは凄い時代になったものです。^^

*  (MAX真吉)さんの当該ブログ記事のアドレスをコメント上(iina)に置いています。

red-ginger さん へ (iina)
2019-11-19 09:35:07
> ストーリーの方はこれでいいんです! そしてラスト・・・・・これでいいんです!
Tファンは、結局のところ ココに落ち着きますね。

はい、
   フェイク (Fake)ではなく、フェイト(Fate)ということです。

*  red-gingerさんの当該ブログ記事のアドレスをコメント上(iina)に置いています。

kobayashi88 さん へ (iina)
2019-11-19 09:39:15
先日16日に「ターミネーター2」がテレビ放映されたので見ましたが、やはりこの作品は逸品です。

新型ターミネーターが液体型で形状を自在に変えられるスタイルは、『ニュー・フェイト』も踏襲したまゝです。つまり新味が薄いかな・・・。

*  (kobayashi88)さんの当該ブログ記事のアドレスをコメント上(iina)に置いています。

tyobitto2002 さん へ (iina)
2019-11-19 09:42:16
冒頭の「 嵐がやってくる」というので、「嵐(ジャニーズ)」のことかと思いました。

「ターミネーター」1話の懐かしいエンディングでした。未来を予見する「 嵐がやってくる」の台詞でしたね。
YouTubeを最後まで拝見しましたが、エンドロール後の最後は、ライオン(メトロ・ゴールドウィン・メイヤー)が咆えましたょ。

*  tyobitto2002さんの当該ブログ記事のアドレスをコメント上(iina)に置きました。

(由佳ちん) さん へ (iina)
2019-11-19 09:46:43
> そう来ましたか>< という感じの内容でした。
人類側リーダーを、“生まれなかった”ことにするために派遣されたターミネーターですから、シリーズの方も「3」以降をなかったことにしました。(^_^;)

ターミネーターが3あたりから迷走したのは、ジョン・コナーの存在でしょうから、邪魔だったのですねぇ。

     (由佳ちん)さんの当該ブログ記事のアドレスをコメント上(iina)に置きました。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事