日本ヨーガ学会

ヨーガ的生活

星まつりのお問い合わせ

2013年01月31日 23時43分12秒 | 思うがままに

大沖さん、お返事が遅くなってすみません。

法明院の尊星王供にご参詣希望とか…。

日本ヨーガ学会とおっしゃってくださったでしょうか?
 
それでもダメでしたら、法明院のご都合かもしれません。
 
その時は、せっかくお電話されたのにお許しください。(荻山貴美子)
コメント

二度と来ない日

2013年01月30日 21時40分44秒 | 思うがままに

暖かな日でしたね。春の気配が感じられウキウキします。

今日は青山NHKでした。皆さんとは本当に長いお付き合いをさせていただいています。
 
今月もいよいよ明日で終わりです。
 
いろいろありましたが、二度と来ない一日一日を大切に過ごすことができました。(荻山貴美子)
 
 
 
コメント

都会に出没する猪

2013年01月29日 13時15分24秒 | 思うがままに

雲ひとつない青空。冷たい北風。

東京も北国に負けず劣らず極寒です。
 
ホームで、電車を待つのが辛いのか階段で行列ができています。
 
その間隙をぬって全速力で駆け上がる人がいます。
 
私は駅のエスカレーターや階段を駆け上がる人を苦々しく思っています。エスカレーターを足速に歩く人もキライです。
 
というのは、私には苦い思い出があるのです。
 
3年程前でしょうか。
私は重たいキャリーバッグを持って、ときわ台の駅の階段を上がりホームに向かっていました。ときわ台はエスカレーターもエレベーターもないローカルな駅です。
 
やっと階段を上がり、キャリーバッグの引き手を伸ばそうとしたその時です。
 
電車から降りたきた女性が脱兎のごとく走ってきて全身で私にぶつかってきたのです。
 
私はせっかく上がってきた階段を背面から真っ逆さまに落ちて行きました。そして、踊り場で止まったのです。
 
私の周りには人だかりができました。
 
ぶつかってきた女性はその瞬間、逃げましたが、一日中、ハラハラしたでしょうね。
 
「ときわ台で突き飛ばされた女性。転落死」(笑)
 
ところが私は恥ずかしさが先にたち、何事もなかったように再びホームに向かいました。
 
幸い私はかすり傷ひとつ負いませんでした。
 
これが不思議です。ショルダーバッグが枕になり頭を打たなかったどころか、あとから考えたら、まるで布団を身体に巻いて落ちていったように、どこも痛くなかったのです。数えたら14段ありました。
 
皆さん、都会は熊は出ませんがこのような猪が出没します。お気をつけください。(笑)(荻山貴美子)
 
 
 
コメント (2)

台所の祈り

2013年01月28日 09時35分31秒 | 思うがままに

おはようございます。

今日は久しぶりのお休みです。やりたいことはたくさんあるのですが…
結局は一日ボーッと過ごしてしまうのでしょう。

我が家の台所には何十年も前からこんなステキな祈りの言葉が壁に貼ってあります。

           台所の祈り

主よ、私の小さな台所を祝福してください

お料理をするときも、お皿を洗っているときも

私の心をいつも喜びで満たし続けてください

あなたの祝福を私の家族みなでいただくことができますように

そして、あなたが再びお出でになるときの心構えができますように  アーメン

 



これは昔々田原豊道先生に師範科でいただいたメッセージです。

今日も皆さんが一日祝福された日でありますように。(荻山貴美子)

コメント (3)

今日もツイてました

2013年01月27日 20時19分13秒 | 思うがままに

帯広、札幌の集中講座。

 
2日間の北海道は体感は極寒でも心は暖かかったです。
 
私自身のモチベーションもあがりました。
 
新しい年のはじまりのひと月は、もつれもつれた問題に翻弄されましたが、一気に糸口が見つかりました。
 
この問題で、心痛めた方々は100%良いことと受け止め、立ち直ってくださっていることと信じています。
 
私たち案内者(インストラクター)は生徒さんとの関わりは勿論大切ですが、案内者同志のパートナーシップでどれだけ元気づけられることでしょう。
 
札幌は朝から不安定なお天気でした。でも、夕方から雪も止み、順調なフライトで、無事に羽田空港に着きました。
 
今日もツイてました。(荻山貴美子)
 
 
 
 
 
 
 

 
コメント (1)

帯広は雪景色

2013年01月25日 21時11分33秒 | 思うがままに

こんばんは。

帯広にいます。暴風雪で条件付きのフライトでしたが、運良く着陸できました。
 
着陸後、思わず、田原豊道先生と私は拍手。どうして他の乗客は拍手しないのでしょう?45分も滑走路の除雪待ちで旋回していたのに…。
 
今年は北海道も格別な寒さと聞きました。
 
今日は食欲旺盛で、あまりの私の食べっぷりに、豊道先生は目を白黒させていらっしゃいました。(笑)
 
今日は、少しゆっくりしています。
 
寒いとは言え、日一日と暖かさに向かっています。
 
寒ければ寒いほど春の訪れが嬉しいものです。
皆さんも体調に気をつけてくださいね。(荻山貴美子)
 
 
コメント (1)

doの見直し

2013年01月24日 14時24分20秒 | 思うがままに

好みの色も、形も、香りも、音も、味も、皆一人一人違います。

 
違いがあるから面白いですね。何が正しくて、何が価値があるなんて言えません。
 
田原豊道先生が、クラスでチベタンベルを鳴らしてくださいます。ひとつとして同じ音色はないんです?
 
でも共通点はあります。ベルはベルの音であり、ピアノの音はしません。そんな音がしたら面白いですね。
 
ある番組でこんな、実験(クイズかもしれません)がありました。
 
食通と自他ともに認める有名人が、高級食材とスーパーで安売りされている食材で作った料理を食べ比べるのです。
 
迷いに迷った挙句、安売りの食材を選んでしまう。
そして苦笑いしているのです。
 
グルメ志向の舌もいい加減なものです。
 
お芝居は超一流の役者と演出によるものしか相手にしない人がいます。
 
確かに一流の舞台は素晴らしいものです。
 
でも、そんな豪華絢爛さはなくても、観客が盛り上げ、演じる側と一体化して、お互いに楽しんでいる劇団があります。
 
それがザ・ニュースペーパーです。
 
爆笑につぐ爆笑。しかし、その中でも、1人や2人は苦虫を噛み潰したような批判的な観客もいることはいます。せっかく自分で選択して足を運んでいるのに…です。たとえ招待であっても選択には違いありません。
 
happenは起こること。昨日の田原豊道先生の投稿にあるように、不測の事態が起こったときこそ「ありがとう」のマントラ。
 
だから私は励行しています。
 
でもdoも今、見直したいのです。
 
私たちは普段、自分で考え、選択して行動しています。
 
このdoの時に、感謝の気持ち「ありがとう」が、心から発せられない限り、happenの時に咄嗟に発せられるのは難しいでしょうね。
 
ある医師が語っておられました。
 
足が痛くて、治療を受けた患者にそれなりの処方をする。一週間後の受診で「本当に楽になりました」と感謝する患者。こういう人は治りが、はやい…と。
 
一方で、残った痛みばかりを訴える患者。
 
こういうマイナス思考の患者はどんな病気も治りが遅いそうです。
 
今、カフェにいます。紅茶がちょっと苦い!
 
でも、ウエイトレスは可愛いしウェイターはイケメンだから
まっ!いいでしょう。(笑)(荻山貴美子)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメント (3)

ハプンの時[ありがとう!]は誰に?

2013年01月23日 19時06分52秒 | 思うがままに

雪山童子こと豊道です。

郡山のNHKの皆さんとの懇親会で、五日市剛先生の[ツキを呼ぶ魔法の言葉 ありがとう]を話題にした時のことです。

ハプンの時[ありがとう!]は誰に?という質問がありました。

荻山貴美子先生は[咄嗟の時、私は私自身に言い聞かせます。それが、結局は不運の連鎖を断ち切ることになるのですね]とお応えになりました。

私は偉そげに[アナンタ(無辺なるもの、無上なるもの、無限なるもの)則ちサムシング・グレート、大宇宙の大生命に対してですね]と応えました。

なぜなら、ハプンは天からの手紙だと思うからなんです。北大の中谷宇吉郎博士は雪の結晶を、美しく天からの手紙と名付けました。

私は「ハプン」の時には「サムシンググレートからのお手紙」として敬虔な気持ちで読みたいと思うのです。

そうすると、つまりは「100パーセント良いこと」につながるんですね。

摩訶不思議!まさに魔法の言葉なんです。


コメント (2)

幸せde Night!!NO2

2013年01月23日 13時41分22秒 | 思うがままに

こんにちは。
修行者さんのリクエストによりマルカスさんの幸せde Night!!NO2です。(荻山貴美子) 

コメント (2)

底抜けに明るい大阪

2013年01月22日 18時39分41秒 | 思うがままに

大阪からの帰りです。

大阪サンケイ学園には遠方からもたくさんの熱心なお仲間が集まります。開放的な関西のかたは、他県からいらしたかたでも熱烈歓迎です。何しろ明るいのです。大阪は…。

ブログに余計なことを書いたので、皆さんにいろいろとご心配いただきました。
 
でも、もう元気です。ありがとうございました。
 
明日は久しぶりのおやすみになります。
 
一度は整理した書棚も、またまた乱雑になってきました。
我が家は私の書棚から、放っておくと、手がつけられない状態になるのです。(笑)
 
リフレッシュを兼ねて明日は一日片づけをします。(荻山貴美子)
 
 
 
 
 
コメント (1)