日本ヨーガ学会

ヨーガ的生活

転ばぬ先の杖

2017年12月30日 18時10分44秒 | 思うがままに
雪山童子こと田原豊道です。

今年も忙しく飛び回る一年でした。私の元気の源はそこにあります。

インド直前に足を痛めましたが、杖を上手く使うことを学習しました。

荻山貴美子理事長のおっしゃるとおり「転ばぬ先の杖」です。

皆さんが心配してくださって、手を添えてくださったり荷物を持ってくださり有り難いのですが、私は私のペースでやっていますから大丈夫です。

来年も温かくただ見守ってください。(笑)

とは言え、90歳をこえていますので、自覚を持って日々を過ごすことが大事だと気づきました。気づくのが遅いですね。


元旦は神田寺の修正会に参加します。

今年の発願は常不軽(じょうふぎょう)でした。

常不軽はお釈迦さまの前生のお姿で、憎しみに対して愛と和と信をもって返した菩薩です。

さて、来年は何を指針にして過ごしましょう。

今年もありがとうございました。

来年も皆さんにとって輝かしい年でありますように。


コメント

客は演者を見に来ている

2017年12月29日 12時45分40秒 | 思うがままに
あと3日寝るとお正月。

今年の笑い納めは、立川志らくさんの独演会、よみうりホールでした。

開口一番は前座を使わず志らくさんがつとめました。

案内文にこうありました。

【落語は想像力の芸能。昔から言われている良い芸は演者が消えること。しかし、談志は落語は個だと言った。客は演者を見に来ている、とも言った。どちらが正しいかはわからない。

私の妻が、とあるベテラン落語家の落語を聴いた時の感想、「侍も旦那も妻も娘も隠居も全員〇〇師匠にしか見えなくて退屈だった」。
この場合は個が消えなかったわけだ。でもつまらなかった。つまり演者の個が魅力がないということ。
個に魅力がない落語家は徹底的に稽古を積んで個を消さなくてはいけない。逆に個に魅力の塊の人は落語を通して個を全面に出せばよい】

魅力があって抜群に上手いのが志ん朝師匠で、テクニックがありながら魅力の塊なのがご自分の師匠、談志師匠だと、志らくさんは語ります。

さて、魅力とは…と考えました。

人の心を鷲掴みにする人。
見ているだけで心が和む人。

そういう人は共通して相手を思いやる気持ちが豊かに備わっていますね。

田中角栄さん、高倉健さん、長嶋茂雄さん、亡くなった中村勘三郎さん…。
そして我らが師匠、田原豊道先生。

志らくさんは勿論、魅力的なかたです。時々談志さんが降りてきた…と錯覚します。

今年は私にとって、激震の走った一年でした。

でも、私にとって、必要かつ輝かしい一年には違いありません。

皆さん、ありがとうございました。
よいお年をお迎えください。(荻山貴美子)

コメント

本気度

2017年12月24日 00時51分05秒 | 思うがままに
スーパーのレジを打っているパートの女性の仕事ぶりは、さまざまです。

にこやかで見事な手さばきの人。
お客さんの顔も見ず、ほとんど仏頂面でいかにもパート代稼ぎにレジを打っている人。

ブックオフの社長にまで上り詰めた橋本真由美さんは専業主婦から40代でブックオフのパートに採用されたそうです。
「常に現場の店舗のことを考え続けてきた」かたで、とにかく売り場の把握は半端ではなかったそうですから本気度が並外れていたようです。さぞかし専業主婦としても母親としても並外れたかたなのでしょうね。

お笑いコント劇団のザ・ニュースペーパーのメンバーもひとりひとりの個性と責任感と一所懸命さが、あの素晴らしい劇団を作りあげているのですね。

田原豊道先生がいつもおっしゃっている本気、根気、やる気…。

今年最後の師範科は明日(あっ、もう今日になってしまいました)の岐阜と明後日の大阪を残すのみ。

皆さんもお忙しい師走にお疲れがでませんように…。
今、私は自分の時間を楽しんでいます。(荻山貴美子)









コメント

沈黙は金なり?

2017年12月20日 17時22分56秒 | 思うがままに
隔靴掻痒という言葉がありますが、何かイライラするもどかしい相撲協会です。

沈黙は金なり…という言葉もありますが、貴乃花親方も金には見えない…。

私は千代の富士が引退した時に相撲ファンはやめました。しかし、相撲ファンはお気の毒ですね。

テルマエロマエという映画がありました。阿部寛さんが演じるシリウスがタイムスリップして現代日本へやってきて、相撲を目にし、平和的ルールや観客のムードに驚嘆する…という場面がありました。

そんな雰囲気は今の相撲界には微塵も感じられませんね。

どうぞ、お平らに(荻山貴美子)
コメント

ザ・ニュースペーパーライブ

2017年12月19日 22時03分43秒 | 思うがままに
面白すぎます。
ザ・ニュースペーパーのお笑いライブ。

つい最近の話題続出。

こんな楽しい平和な時間に感謝です。(荻山貴美子)
コメント (2)

ヨーガまんだら

2017年12月18日 22時19分08秒 | 思うがままに
今日は、今年最後のヨーガまんだら講座でした。

拙い授業にお付き合いくださった皆さん、ありがとうございました。

今日、松田由美子さんが面白いシルバー川柳をお持ちくださいました。

その中からご紹介します。

【遺言書「すべて妻に」と妻の文字】

遺言書は自筆でなければ無効?
偽装遺言書では?

そんな細かいことは抜きにして笑いましょう。

【通帳に暗証番号書いてある】

なるほど…。(笑)

今年もあと2週間。
笑って笑って締めくくりにしたいですね。(荻山貴美子)
コメント (1)

マザー・テレサの日々のことば

2017年12月12日 11時57分50秒 | 思うがままに
昨日は仙台の集中講座と基礎科でした。
NHKに通われている渡部さんから素敵なクリスマスプレゼントをいただきました。

『マザー・テレサ 日々のことば』です。

今日は12月12日。

今日のことばをお伝えします。


もし、あなたの家に、
病気の人、さびしがっている人がいるなら、
そこにいてください、
もしかしたら、ただ手を握るだけかもしれないし、
ただほほえんであげるだけかもしれません。
でも、それこそが、とても大切で、
そして、とてもすばらしいことなのです。


私が敬愛している女性はマザー・テレサと皇后陛下です。

私にとっては女神様。

早速、本日只今から日々のことばを噛み締めていきます。(荻山貴美子)


コメント

失敗も良いものです

2017年12月08日 23時38分46秒 | 思うがままに
今日は、大森読売に行ってきました。
82歳の美人が目を引きました。
品の良いお洋服に素敵なイヤリング。会話もイキイキ。

あんな風に歳を重ねたいものです。写真を撮れば良かったです。

さて、かぼちゃに下茹ではいらないですよね。

それなのにやってしまったんです。圧力鍋で…。

圧がかかって、弱火で1分。

圧が抜けて蓋をあけたらびっくり。
溶けてしまって形がありませんでした。

仕方がないのでミキサーにかけて、ブイヨンと豆乳を入れて弱火にかけたら、まぁ、美味しいカボチャのスープに変身!

失敗から出来上がった、一品でした。(荻山貴美子)
コメント

雨にも負けず

2017年12月08日 00時38分34秒 | 思うがままに
本当は笑う場面ではないのですが、ある詩に出会い、思わず笑ってしまいました。そして、「こういう方だからがんで余命半年と言われても3年で克服できたのだ…」としみじみ感心しました。

自らを癌克人と名乗る松井清さんです。



癌克人の雨にも負けず がんにも負けず

雨にも負けず
風にも負けず
雪にも
夏の暑さや
がんにも負けない丈夫な体を持ちて
欲はなく
決して怒らず
いつも明るく前向きな活力をたたえている
1日に玄米1合と
野菜や自家製の機能性食品などを食べ
安積野村の田圃の中の馬小屋のような住まいにいて
東に がんを宣告されてパニクっている患者あれば行って
癌克人のがん克服体験を話し
西に どうすれば良いか悩んでいる患者あれば行って
がんにブレーキ・免疫にアクセルだよと説き
南に 死にそうな患者あれば行って
今から・ここからだよと元気を与え
北に 機能性食品を求める患者あれば行って
安全・安心・効果・安価に作る方法があるよと教え
みんなから癌克人と呼ばれ
褒められもせず
苦にもされず
そういう者で私はありたい


いかがですか?

松井さんは宮沢賢治と同じ岩手大学農学部出身で、しかも同じ誕生日とか…。
尊敬する大先輩の『雨にも負けず』をもじって作った詩だそうです。

今、療養中の方も、予備軍にも元気の出る詩ですよね。(荻山貴美子)


コメント

元旦は神田寺

2017年12月04日 09時36分00秒 | 思うがままに
元旦にホームヨーガの発祥の地、神田寺にご一緒しませんか。

神田寺は仏教学者、友松円諦老師が、無宗派の在家信者のために創立されました。

この神田寺で、田原豊道先生のホームヨーガがはじまりました。

元旦に田原豊道先生のご尊顔を拝し、良き年のはじめとなさってください。


修正会(しゅしょうえ)
 1月1日 午後2時 神田寺会堂にて 
新年の平和と安寧をともにお祈りします。また、新年の決意を「発願録」に記帳して、 新たな決意をもって新年にのぞんで頂ければと思います。 
 法要・法話のあと甘酒などで歓談。終了は3時30分頃の予定です。(神田寺ホームページより)
コメント