日本ヨーガ学会

ヨーガ的生活

全国大会を終えて

2015年06月30日 22時30分22秒 | 思うがままに

金曜日、一ノ関のいつくし園に向かったときは雨は降っていませんでした。

この夜はちょっとしたハプニングがあり、少し興奮状態。一睡もできない…という珍しい現象。

夜半から外は激しい雨に変わりました。

全国大会で大雨は珍しいことです。大会当日、皆さんの足元を気にしながらお迎えしましたが、どの方も明るくて弾けるような笑顔。

そういえば初めて山水治夫先生にお会いした時もこんな大雨だった…

山水先生といえば瀬織津姫。

そうなんです。水の女神さま。

そんなことを思い出していました。

この2日間、皆さんは興奮状態。神秘に覆われた空間でした。

向かって右上にオーブが…

写真を拡大するとたくさんのオーブが見られます。

素晴らしい全国大会でした。あまりに興奮して2日間、眠れませんでしたが、お陰様で元気です。

一ノ関の皆さん、お手伝い本当にありがとうございました。

大会が終わって私たち36名は平泉、遠野に向かいました。このころには爽やかな快晴。

遠野では、細越雅子さんにおいでいただきました。本当に久しぶりの再会。

温かくて、懐が大きくて母性を感じるかたです。

言葉にできないほどの感動。

そして笑い…

残念ながら全員の写真撮影ができませんでした。

被災地は復興に向かっているのでしょうが、まだまだこれから…

しかし、どこへ行っても人々は皆明るく親切。

東北が、もっともっと元気になりますように…

昨夜戻りましたが、今日は1日残務整理に明け暮れていました。

明日は横浜の師範科。そのあとは、横浜市歴史博物館「古代の仏教」に行ってきます。

今年も半年が過ぎようとしています。

7月23日からイタリアです。(荻山貴美子)

 

 

 

 

 

 

コメント (4)

いよいよ全国大会

2015年06月26日 17時41分19秒 | 思うがままに

西武カルチャーの集中講座を終え、今一ノ関に向かっています。

新幹線の窓の外は雨。
 
全国大会を祝うような写真をあすかさんが送ってくださいました。
 
「空にとても美しい大きな虹がかかりましたぁ。
そのあと、夕日に染まって、綺麗なオレンジの空をみせてくれました。
とても美しいかったので、ご報告でした」

というメッセージを添えて…

明日、皆さんをお待ちしています。(荻山貴美子)
コメント

神風

2015年06月25日 11時03分04秒 | 思うがままに

来年の6月24日(金)~25日(土)の全国大会は宇治山田に決定しました。

素晴らしい景観、素晴らしい会場です。

2009年以来ですから7年ぶりのお伊勢さん…ということになります。

サミットが決まったのはこちらが内定したあとです。別に真似っこしたのではありません。

打ち合わせを済ませてタクシーで一路伊勢神宮内宮へ…。

空がグレーに染まり、大きな雨粒がポツリポツリ。

手荷物をお土産屋さんに預け、レインコートと傘をもって歩き始めました。

すると空が明るくなり…

内宮入口の鳥居をくぐるころには快晴になり、五十鈴川で写真を撮るころは初夏の暑さ。

田原豊道先生も私もこのところ疲労困憊。

でも田原先生にはお疲れは見えませんね。

しかし、私はこんなでした。

やっぱり疲れていますね。(笑)

 正宮の階段下からは写真OKです。別にこの3人を撮ったのではありません。

奥に見えるベールのようなカーテンのようなベージュの幄(とばり)は無風のため閉ざされていました。

田原先生に「あの階段を上がり、参拝するころに、神様が御姿をお見せくださるかも…」と根拠もなく言いながらゆっくりと上がっていきました。

平日だというのにたくさんの参拝者。

順番が来たその時です。

爽やかな風が頬を撫で、ゆっくりと(6秒~7秒)幄が上がっていきました。

どこからともなく歓声があがりました。

まさにフルオープン。

フルオープンの状態のまま7秒くらい…

田原先生と顔を見合わせました。

神風?

奇跡でした。(荻山貴美子)

 

 

コメント

心の輝きのために転変があるのだ!

2015年06月24日 20時32分31秒 | 思うがままに
たくさんたくさんお話ししたいことがあります。
 
日曜日は岐阜、月曜日は大阪…本当はここで帰京のはずでした。
実はお伊勢さんに行ってきました。そして、来年の全国大会を決めてきたのです。
 
これについてはまた後日。
 
さて、グリム童話に白雪姫があります。
 
白雪姫と呼ばれる美しい王女がいました。
しかし彼女の継母である王妃は、自分が世界で一番美しいと信じていました。
彼女は魔法の鏡を持っていました。
いつも鏡に尋ねます。
「鏡よ、鏡よ、世界で一番美しいのはだれ?」
すると鏡はちゃんと答えてくれます。
「それはもちろん王妃様です」と。
彼女はいつもそれで大満足していました。
 
ところがいつしか、その魔法の鏡は
「鏡よ、鏡よ、世界で一番美しいのはだれ?」の質問に
「それは白雪姫です」と答えるよう になりました。
怒りに狂った王妃は白雪姫を殺そうと策略する
 
そんな物語でしたね。
 
童話は真実を語ります。
 
人は大なり小なり邪悪な心が潜んでいます。そんな心の醜さと同時に、心の美しさ、そして清らかな心が何よりも強いということを伝えます。
 
こんな物語もあります。
昔々、誰よりも美しいと自認する人がいました。
彼女は鏡に向かって長い髪をとかしていました。ふと鏡ごしに隣の友人が同様に髪をとかしているのを見てこう言いました。
「貴女、髪が少ないわね。それに白髪も多いし…どうしたの?」
 
ある時、この毒語を発する彼女は大勢の人の前でこう言いました。
「私ね、猫が大嫌い。だって猫はゴミをあさるでしょ」
一同「……」
すると彼女は隣にすわっていた女性に言いました。
「貴女、猫に似ているわね」
その場はシ~ンと凍りつきました……とさ。
 
これは実話です。(笑)
「髪が少ないわね」と言われた彼女は私の友人です。
これを聞いていた私は固まりました。
 
「猫に似ているわね」と言われたのは何を隠そう私です。
 
3人とも同い年。
 
そんな毒語を発する彼女から先日、声をかけられました。実に20年ぶり?
一瞬、だれかと思いましたが、喋り方でわかりました。
 
「お元気にご活躍のご様子ですね」と言う私に対して
 
「年を取ったわねえ。お互いに」という返事。
 
外見の転変は十分にしているのに心の現われとも言える言葉と雰囲気は以前とちっとも変っていませんでした。
 
 
6月19日、第1回の「国際ヨーガの日」という大事な大事なレセプションだというのに私は前日、食べず眠らずの諸雑務で最悪の状態でした。着の身着のままで臨んだのですが、この再会は私をさらにドッと疲れさせたのです。
それから数日間、その毒が全身にまわりました。(笑)
やっと今日あたりから正常に戻りつつあります。
 
しかし、こういう状態の時は神経が研ぎ澄まされていて、いろいろなことに気づくものです。
 
この「国際ヨーガの日」のレセプションとパーティーはネットでのご案内だったようです。一体何百人の方が集まっていたのでしょう。
 
他のヨーガのグループの皆さんに囲まれて懇談されている田原豊道先生を遠くから愛の眼差しで眺めている控え目な日本ヨーガ学会のお仲間たちを見て私は感動していました。
私には素敵な師匠とお仲間がいる…。
 
彼女との再会は私にいろいろ気づかせてくれました。
 
私たちはひと息ひと息転変している。だから未来の自分のために転変できるのだ!
 
放っておいては絶対に実現できない内面(心)の輝き。
その輝きのために転変があるのだ!(バカボンのパパみたいですね)
 
『ヨーガ・スートラ』はそれが言いたいのですね。
 
心の清らかな人はいくつになっても美しいと思います。
 
心の清らかさはオーラとなってその人を輝かせます。
田原豊道先生の輝きは眩しかった!(荻山貴美子)
コメント

一服の清涼剤

2015年06月21日 12時00分23秒 | 思うがままに

新幹線で睡眠を…と思ったらおじさんグループが酒盛りを…

何とウルサイこと。
 
名古屋から岐阜の特急に乗り込んだら、大きな声で独り言を喋っている男性。
 
やっと岐阜のカフェに入り、ひと休みと思いきや…
 
7人の元気なおばあさん。
 
喋る喋る…
笑う笑う…
 
今日はこういう日です。
 
沈黙のありがたさを噛み締めています。
 
あすかさんから可愛い写真が届きました。

「最近、パキラをみながら瞑想をしていました。葉っぱがハートになっておりました。
とても可愛かったので、画像お送りします」
というコメントを添えて…

あぁ一服の清涼剤。(荻山貴美子)

コメント (3)

国際ヨーガの日に参加して

2015年06月21日 10時00分43秒 | 思うがままに

こんにちは。

『国際ヨーガの日』が終わり2日経ちました。夕方6時から始まり家に辿り着いたのは夜中の11時半も過ぎた頃。
盛大な記念祭は駐日インド特命全権大使 ディーパ・ゴパラン・ワドワ氏と公益社団法人在日インド商工協会の理事長であり、大実業家の比良竜虎氏のご尽力で執り行われました。
 
田原豊道先生は功労賞を授与され、スピーチをされました。舞台は田原先生のオーラに包まれ、スッカリ田原先生の世界に染まりました。
 
インド大使館にご自身で登録されていて、ご招待を受けられた我らが日本ヨーガ学会のお仲間たちにもお会いできました。
 
皆さん、口々に「田原先生の弟子で良かった」とおっしゃっていました。
 
大小取り混ぜて、実にいろいろなヨーガのグループががあるということに驚きです。
 
顔ヨガ、指ヨガ、耳ヨガ、手ヨガ、笑いヨガ…
 
それぞれがそれぞれの道をいけば良いわけです。
 
昨日は、全国大会や役員会の諸々の準備に追われ、3日連続の寝不足です。
 
只今、岐阜に向かっています。(荻山貴美子)
 
コメント (3)

私のヨーガ・スートラ活用法

2015年06月19日 12時04分57秒 | 思うがままに

私は本当に多忙です。

皆さんの想像を絶するくらい多忙です。


落ち込んでいる暇などありませんが、それでも時々心が折れそうになることもあります。もともと柔な心の持ち主なのかもしれません。(笑)

そんな私が「ヨーガ・スートラ」を日常、どう活用しているか…

場所はどこでも構わないので1人になります。
自宅であったり、静かなカフェであったり、巡業先(?)のホテルの部屋だったり…
とにかく1人になります。
時間は30分。1時間もあれば最高です。

今の私に一番必要なヨーガ・スートラをチョイスします。自分の心に刻み込むように唱えます。
シッカリと声に出して…カフェではちょっと遠慮がちに唱えます。(笑)
それからそのスートラの意味を考えます。

その時、そのスートラはもはや自分だけのもの…になります。
今現在の自分に必ず答えを出してくれます。まさに自分の中のグルとなって…。

そうすると、今の私にとって必要なものを引き寄せ、私の中の不要なものは排除される…

ような気がします。

気がする…

これってすごく大事なことだと思います。
何でも気の問題ですから…

病は気から…

落ち込んでいる時はきっと心が病んでいるんだと思います。心が風邪をひく?

皆さんと、クラスでご一緒に唱える時はまさに癒し効果があります。
自分1人で唱える時は自分の中の生命力が蘇ります。

ところで、昨日は、久しぶりに夕方スーパーで食糧品を買い込みました。両手に抱えきれないほど…。

やっと自宅にたどり着き、鍵を開けようとしたところ…

カッ、カギがない!

そうだ、今日は主人より私のほうが先に家を出たのだった。鍵は部屋の中にある!割と早く気づきました。

夕方5時半。主人はまだ帰ってくるわけもない。携帯はつながらない!外は雨。

玄関の前で、やにわに新刊『ヨーガ・スートラ』をバッグから出した私は第一章から唱え始めました。

約一時間、無心に唱えました。不思議です。時間があっという間に過ぎていきました。幸いなことに自宅マンションは最上階の奥ですからほとんど人は通りませんので助かりました。

ところで、新刊『ヨーガ・スートラ』はおいくらですか?

の問い合わせをかなりいただいています。お値段は…すっごくお高いです(笑)

ウソです。

お値段はうんと抑えました。

税込で1,000円です。(荻山貴美子)

 

 






 

コメント (2)

たくさんのご予約ありがとうございます

2015年06月17日 17時06分30秒 | 思うがままに

大雨に竜巻、雹、火山噴火、大事故。

世界中大変なことになっています。
 
さて、『ヨーガの四季』NO69、『ヨーガ・スートラ全4章~心が変わると生き方が変わる~』のたくさんのご予約ありがとうございます。
 
特に『ヨーガ・スートラ』に関しましては部数限定販売になっております。増刷の予定はありませんので予めご了承ください。
 
明日はインド大使館で「国際ヨーガの日」のレセプションご招待があります。また、レポートさせていただきます。
 
今日も1日お元気で…(荻山貴美子)
 
コメント (2)

意地悪な継母

2015年06月17日 09時48分44秒 | 思うがままに

月曜日の「ヨーガまんだら」講座でひと息。

昨日は、ディズニーの「シンデレラ」を観てきました。

美しい!の一言

分かり切ったストーリー?

そうなんですがファンタジーと勧善懲悪ですから小気味がいいのです。

意地悪な継母に「なぜそんなに意地悪をするの?」と問うシンデレラ。

継母は答えます。

「あなたが若くて美しく心が清らかだからよ。それに比べて…」

この継母は自分の心の醜さがわかっているのですね。

こんな映画を観ていたら夢見もよくなりそうです。

『ヨーガ・スートラ(全4章)~心が変わると生き方が変わる~』が搬入しました。今はまだ予約の段階です。(荻山貴美子)

 

 

コメント (2)

国際ヨーガの日について

2015年06月15日 23時36分37秒 | 思うがままに

Xさんのご質問にお答えします。

昨年、国連はインドのナレンドラ・モディ首相のご提案を受け、6月21日を「国際ヨーガの日」に制定しました。
各国でそのレセプションが行われるようです。
日本では、駐日インド特命全権大使、ディーパ・ゴパラン・ワドワ氏とインドと日本の架け橋となってくださっている実業家であり、在日インド商工協会の比良竜虎理事長のご尽力で6月19日にインド大使館でレセプションが開催されます。このレセプションは、ご招待なので、皆さんをお誘いできないのが残念です。
 
日本のヨーガ界に多大な貢献をされたということで、田原豊道先生は功労賞を授与されることに決定しました。
 
6月21日は、夏至にあたり、ヨーガがはじめて行われた日だそうです。
インドの伝統ヨーガが正しく各国に伝わることを祈っています。(荻山貴美子)
 
コメント (3)