ばあやの  のんび~り日記    

還暦をむかえてからパソコンの勉強を始めて
喜寿を無事に通過しましたが、病院行きはさらにふえそうで・・・

いいえ・・・よかですよ~

2018年11月19日 10時53分36秒 | ばあやの本棚

醤油味期限ぎりぎりでつくった 生クリームスコーン
 賞味期限のまちがいでありました(あわてんぼですねぇ)
    夢子さん アリガトウ、いまから熊本へ、またあとでね。

サクサクとおいしくできたので、ダンスサークルのお仲間へお裾わけ
残りは私のオヤツです。

2度目は少し焦げ目をつけてみました。

 

近くのスーパーも最近レジの支払い方法が機械化されて、レジさんはラクチンだろうけど、
お客さんはいちいちボタンを自分でおして、機械的な声にせかされながら
財布をひらいて画面をちらり・・・

なんだか気ぜわしくもあるが、行列は幾分消化されたようだ。
最近は慣れてきたので、余裕だが・・・

今日は大売出しでいつもより安いらしくて店内は混雑していた。
いつものように買い物、支払すませて出口へむかおうとしたら、私の前にはお婆さんが
カート車にもたれるようにしてよろよろと歩きはじめて、

「まあ仕方ないよね・・・いずれわたしも、そうなるでしょうから」と
思いながらゆっくりそのあとを歩いていたら
急に後ろから大きな声がして

「お客様~、おつりおつり、お釣りですよ~」 女性店員さんが手を振りながら
追いかけてきたのでびっくりして立ち止まった。

「わたし?」 いえいえ 私の前をあるいていたお婆さんが、お釣りを取り忘れたらしくて(機械なので自分でとらねばならないが、うっかりしてとり忘れたらしい)

「え?」と言ってゆっくり振り向いて立ち止まり
「おつりな、アラ ありがとな」 にっこりして両手で拝むようにして受け取りました。


そして、後ろで止まって待っていた私に「あら あんたもごめんなぁ」と
頭をさげられてにっこり。
「いいえ、いいえ よかですよ~」つられてわたしもにっこり。
いつもなら「いいですよ~」の標準語ばってんね。

 

せかせか急がなくても、よかたいねぇ・・・
スーパー店員さんのやさしいことばかけで 3人ともにっこりの 
秋の夕暮風景でした。

 

高野豆腐が戸棚の隅に眠っていたので、生シイタケと含め煮

 

 かぶ大根の酢もの

 

 そして こんな日はあったかい団子汁ね
法連草、人参、大根、薄口醤油であっさり仕上げました。

 

 

コメント (13)

里芋で炊き込みご飯 おいしいね

2018年11月18日 11時29分41秒 | ばあやの本棚

 里芋のおいしころになりましたね。

夕飯 何がいいかなと思案中に生シイタケが冷凍室に、そうだ炊き込みご飯に!
米3号にお酒、塩、薄口しょうゆの下味で具材をざっとほうりこんで、
美味しい炊き込みご飯のできあがりです。

青みにインゲンをちらしました。 

 

 

 

キミコさんのレシピより  里芋のどぅるわかしー

  キミコさんのブログは料理シリーズ、
  ほかにもいろいろありますよ。ぜひごらんくださいな。
      

もう数日前につくっておいしかったので、またつくりました。
里芋をつぶすのがちょっとつるつるして、冷めないうちにとあせりましたが

あっさり味付けでお代わりいたしましたよ。
ちなみにグリンピースは昨年のを冷凍保存していたものですが
きれいな色でしょう?

 


乾燥していたグリンピースは今年の種まきにつかいました。
今、5センチぐらいのびています。


カラスのお土産のピーナツから ことしはこんなにつくることができました。


ピーナツもあちこちにお嫁いりです。
そろそろ さつま芋もいいころでしょうか


お里帰り時には、お味噌、柿、みかん他いろいろの頂き物がうれしので
「毎年頑張って作りますよ」のじいやです。

 

 

コメント (10)

(その2) 逆走?!

2018年11月11日 06時58分47秒 | ばあやの本棚

ツワブキが咲き始め、漂う深秋の気配・・・



『 RDFセンター見学』へ行ったけど  (2)


その時、すぐ後ろの白い車から若い男性が降りてきたので
「実はここへ行きたいのですが・・・」


青年はちらりと地図をみてうなずき
「ここは方向変換はだめですよ。とにかくここを出ないといけません。誘導しますから、僕のあとをついてきてください」といいながら、私の車をもとの方向に
さっ!ともどして、自分の車に乗り替えて走りはじめました。

私はあわてて車の後を追いはじめます。
チラリとみたバックミラーには数台の大型車が続いてせまっていて・・・


なんと、なんとここは、有明海沿岸を走る「沿岸道路」への誘導助走道路帯で
迂闊にもわたしはそこに迷い込んでしまい
慌てて元のところに引き返そうとしていたのです。

まさに逆走をはじめようとしていたのでした。

知らぬが仏
それをあとで知りることなり、仰天した。

 

 

目的地からはとうにはずれていたが、白い車を見失わないようにひたすら走った。
どれくらいの時間だったかわからないが、最寄りの出口から一般道路へでることができた時は心底ホッとして・・・

「地獄で仏様」の気持ちとはこのことか・・・。

RDFセンターまで案内したいのですが、僕はいまから新幹線に
乗らねばなりません。

この道を直進して大きな信号がありますから、そこから右折、少し走って又
右折して、工場はその少し先の左側にあります。
気をつけていってくださいね」

 有りがたくて「もしよければ お名前を」と頭をさげたら
「M〇〇です」  スーツをきちんときこなしたこの男性、車から察して
市内の某商事だとおもわれた。

急ぎの商用中にもかかわらず、丁寧にみちびいてくださったこの男性の心のやさしさ
もし、出会わなかったら、今頃は「高齢者の逆走」とかで新聞紙面を
にぎわしていたかもしれなかった。
涙して、後をみおくった。

 

『 RDFセンター』には、事情を電話で連絡、遅刻をどとどけていたので、
センター入り口で女子職員さんが 今や遅しと待っていてくださったのも
うれしかった。

13時近くに講習は終わり、大きな工場地帯をあとにした。
帰ってからすぐに電話帳で探してみた。

M〇〇です』 「M商事」・・・ありました。
直ぐに電話をかけて訳をはなしたら、やはりそこの社員さんだったのでした。

「そうでしたか、それで講習には間にあわれましたか?」
ここでまた、顔も見えない相手を気遣う親切な電話の対応に、また涙があふれた。


こうして貴重な長い長い一日がようやく終わった。
毎日たくさん出る生ゴミの処理法の勉強から、ゴミを固形燃料にかえて
発電に活かされることを学ぶことができ、ひとつ賢くなれました。

見学の時、連続しての説明だったのでカメラを構えるタイミングを失いました。
パンフレットより一部をアップいたしました。


上部の青いところには有明海がひろがっていますが、
この有明海を埋め立てされて、今は立派な工場地帯ができあがりました。




詳しくは下記をごらんください。

 大牟田・荒尾 RDFセンター

お陰様で無事にこうして記事アップすることができました。
最後までご覧いただき有りがたく、これからは高齢者運転のひとりとして
安全運転に十分に心がけて、あともうすこしだけ免許保持できますようにと
おもっています。   (完)


今朝のこと、ふと庭に目をやると真赤な花が・・・



「あ~ 今頃ぼけの花が咲くかな?」

 ネット検索しました   


   開花時期は、11/25 ~ 翌 4/15頃。
    11月頃から咲き出す花は
    春に開花するものと区別するために
    「寒木瓜(かんぼけ)」と 呼ばれることがある。


うっかりボケの私とは 比較にならない
目の覚めるような 寒木瓜(かんぼけ) の花  すっかり心温まりました。
りました。

 

コメント (22)

RDFセンター見学には行ったけど  (その1)

2018年11月08日 03時55分40秒 | ばあやの本棚

今年もなりました八朔の実

 

青かった八朔がそろそろ熟れはじめてきました


大きな栗が手にはいり、一晩水につけておき

はじめて栗の渋皮煮をつくりました。

 

つやつやに・・・

 

初めてにしてはおもったより型崩れもすくなくて
おいしくできあがりました。
かわいらしいギンナンも添えて

 ところが実はこんなノンキなこといってられなかったのです



「ゴミを固形燃料に変えて、発電に活かします」


先日のこと
市のRDFセンター見学にいったものの、行きつくまでに大変なことになったかもしれないことが・・・ 

事の始まりは先日、市の計画で生ごみ水切りと「その他の紙類」の計測モニター募集があり
毎日の生活に大いに関係ありと思い、はじめての参加。

夜の時間帯でもあったので、参加者はすくなくて女性5~6人程度
関心のなさにちょっとがっかりしたが、熱心な環境衛生担当の説明は丁寧で
燃えるゴミの処理法について詳しい説明があった。

 

 それから数日後、広報、大牟田・荒尾RDFセンター見学の募集の知らせで、参加してみた。

ごみ処理だけに場所はやはり郊外にあり、地図をたよりに車をはしらせた。

初めて行く場所なので道がわかりにくく、2度たずねたがそれでもわからない。
集合時間が気になり時計とにらめっこでうろうろしていて・・・

たいへんなことになったのだ。


エコタウンと大きな看板をやっとみつけて右にまがったものの、
大きな工場群がひろがり目指す建物がどれだか見当がつかないのだ。
ちょうど目の前を大きなトラックが2台走っていたので、ゴミ処理場へ行くのだとおもい込み
これだ!とばかりに右折してトラックの後を追った。

しばらく走ってから行く先が違うことにようやく気がついて止まり、方向変換を始めたが、道幅が狭くなんどか切り替えしてもうまくいかない。

あ~こまった、どうしょう!
後をみたら車が数台続いていて ギクリとなった・・・


    ひさしぶりの投稿でしたが、このあとどうなりますやら・・・

 

コメント (11)

雑巾ぬって

2018年10月29日 10時52分10秒 | ばあやの本棚

この夏に使いきった 古いタオルがたまりました


洗濯機にもまれて薄くなり、雑巾にちょうどよいので
ミシンでせっせとぬいます。

雑巾がちょうど30枚できました。
そこで3人の孫たちが長年おせわになったT幼稚園へ
今年も持っていきました。

 

ちょうど園児たちが運動会の練習中
先生を見ながら ちいさなお尻をふりふり
かわいい仕草に20年ほど前の孫の姿と
かさなります。

じっとながめておりますと

運動場の向こうから先生が小走りで
「まあまあ、杏子さん、今年もまたありがとうございます」

先生は、ちゃんとおぼえていてくださいました。

一番下の孫が幼稚園を巣だってからもう12年余
やはりなつかしくて、年に一度はこうして雑巾とどけます。


秋たけなわ、キノコが美味しい時期でお値段もお安いですね。
新聞料理欄から、エノキをつかい美味しいコロッケができました。

  エノキ 200g
  
鶏ひき肉 200g
  
塩コショウ、少々
  
油大サジ 1・5
  突き合わせは ピーマン2ヶ

①ボウルに鶏ひき肉と、4等分に切ったエノキをほぐしながらいれる
 エノキがなじんでまとまるまで混ぜて、
 塩コショウをふり 小さめのたわら型にまとめる。
②フライパンに油を熱し①を軽く焦げ目がつくまで焼く。
③生姜のすりおろし、マヨネーズと醤油、辛子柚子の搾り汁などお好みでどうぞ。

分量もすくないので、小型の俵方をすこしおさえて薄くして焼くと火が早く通ります。あっさりして、柔らかくおいしくて いくらでもいけそうでしたよ。
パン粉や玉子、小麦粉等はつかいませんでしたので 
ふわふわで口あたりもよく、冷凍保存もいいでしょう。


もう一品は、鶏ひき肉じゃがです。  
玉ねぎは、我が家収獲の最後の一品をきれいに使い切りました。

 

 

コメント (12)