花鳥風月・・・気ままな写真日記

ようこそ、どんこの小部屋へ。ゆっくりくつろいでください。
日常を出来得れば自然と融合したいと思っています。
 

ことしの干し柿作り・・・2021年10月

2021-10-15 | 生活、食べ物

 2021年(令和3年)10月15日(金)

 甘柿は豊作でしたがわが家の渋柿は20個くらいしかなりませんでした。お隣のKさんからいっぱい貰いました。

 全部で99個ありました。

 真夏日続きの高温なのでカビは多分生じないでしょう。

 テラスの下に下げています。

 一昨日の12日は全国の高温のベスト4を熊本県勢が占めました。こちらの地区は2位で33.4℃もありバテるほどでした。

 4日後、もうこんなになりました。

 

コメント (12)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

菊鹿ワイナリー&相良(あいら)観音・・・2021年10月

2021-10-12 | 紀行

 2021年(令和3年)10月12日(火)

 お隣の山鹿市菊鹿町へ知人とドライブしました。ここには菊鹿ワイナリーがあり、ブドウが栽培、ワインが醸造され、展示即売も行われています。

 右端の白く光っているのがブドウ栽培畑のビニールハウスです。

 西側、筋雲が流れるような上空です。

 ピザとコーヒーで軽いランチ。

 ここからちょっと北側の相良寺にお参りしてきました。相良観音が祀ってあります。

 「木彫座像では国内最大の千手観音が祀られ、古くから安産・子授け・縁結びにご利益があると親しまれています。」(サイトより引用)

 水子供養。(写真は撮りませんでしたが)ご婦人が一心にお参りされていました。

 ここは栗饅頭で有名な店がありますが予約しないと手に入りません。別の店で求めた栗団子です。【コメントは閉じています。お越しいただき、ありがとうございました。】

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

浦川秋色・・・2121年10月

2021-10-09 | 郷土 荒尾

 2021年(令和3年)10月9日(土)

  夕方、いつもの散歩道です。稲刈りが済んだ田んぼにはハシボソガラスが落ち穂をあさっていました。

 減反対策の一環で植えられていた牧草を機械で刈り取る作業が行われていました。

 ロール状にしてトラックで運搬します。お隣の玉名市の大きな牧場の車でした。700頭の牛がいる大きな牧場だそうです。この道をいつも歩きます。

 左手、こんもりとした森には蔵満神社があります。

 これは10月2日の写真です。今はもうほとんど稲刈りは済んでいるようです。

 天高く・・・の感じです。冬の水のように揺らいでいません。

 夕暮れ時です。ここから家まで5分くらいです。

 

コメント (14)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ダイシャクシギ・・・2005年9月

2021-10-06 | 荒尾干潟・海岸・渡り鳥

 2021年(令和3年)10月6日(水)

   最近ラムサール条約湿地登録の荒尾干潟に渡り鳥の姿が少なくなったと言う声が聞かれます。私も心がけて観察にいってますが、人が多く訪れるのに反比例して渡り鳥の数が減少しているのは確かなようです。

 16年前の2005年の9月写真。蔵満海岸の来ていたダイシャクシギたちの写真です。くちばしの長いのがダイシャクシギ。ダイゼンやキアシシギの姿もあります。

 ダイシャクシギは下に曲がっている長いくちばしが特徴です。そばの小さな鳥はダイゼン。

 以前はこんな近くでいっぱい観察できました。

 人が少なかったのでこうして安心して翼を休めることが出来たのでしょう。

 荒尾干潟水鳥・湿地センターが開館して有名になり、ファンや観光客が増えるのはありがたいですが、犬の放し飼い、ゴミの散乱、騒音等々マナー面では改善の余地があるようです。

 飛んでいる様子も身近で観察できていました。また以前のような情況に戻ればと願っています。【コメントは閉じています。お越しいただき、ありがとうございました。】

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

秋、閑話・・・2021年10月

2021-10-03 | 日常

 2021年(令和3年)10月3日(日)

  ”つれづれなるままに日暮しパソコンに向かいて、心にうつりゆくよしなし写真を、そこはかとなくアップすれば・・・”の心境です。庭の曼珠沙華(ヒガンバナ)。

 これは敷地内菜園のキクイモの花です。

 海岸を散歩中に見た子どもたちが作ったオブジェ。夢を感じます。

 9月16日、17時半頃の散歩道。白い月が見えます。

 9月25日、17時50分頃の夕焼け空です。

 菜園で採れた落花生の一部です。ネットを張っていなかったのでカラスに食べられたのもあります。瓦の上でこちらを見ながら、数羽が美味しそうに食べてました。「うまカァ」と言っているようでした。

 名月には間に合いませんでしたが、かみさんが作った黄粉ぼた餅。今回も近所や一人暮らしの知人にこのパックに入れて配っていました。

 敬老の日に孫娘が作って、持ってきたアーサーアンダーギーです。私の好物です。

 10月になりました。Oさんが耕作してくれている私の田んぼの稲(手前2枚)も実っています。

コメント (16)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

晩夏のウミネコ・・・2021年8月

2021-09-30 | 荒尾海岸の渡り鳥

 2021年(令和3年)9月30日(木) 

 8月末の有明海。多良岳が見えます。満潮時、波打ち際にはウミネコが休んでいます。

 猫のような鳴き声をするカモメです。

 全長は47㎝。ハシボソガラスよりやや小さいです。

 「ミャーオ」と言う鳴き声が名前の由来です。

 魚、ゴカイ、甲殻類などを食べます。

 結構貪欲です。

 飛ぶ姿はやはり美しいです。

 【コメントは閉じています。お越しいただき、ありがとうございました。】

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今年も見られた中秋の名月・・・2021年9月

2021-09-27 | 天文・気象・気候

 2021年(令和3年)9月27日(月)

  朝の天気予報では20時頃から雨と出ていたので諦めていたら、19時半頃はお月様が顔を見せ始めました。(これはスマホの画像です。)

 夕方の散歩でススキを採ってきました。今年は市販の饅頭やお菓子を供えました。

 これもスマホで撮りました。

 ニセアカシアの葉越しの満月です。(以下は望遠レンズ付きのカメラでの画像です。)

 これはケヤキのは葉越しの月です。

 来年もまた中秋の名月が見られますように・・・。

 

コメント (20)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

荒尾海岸の瓦礫撤去作業・・・2021年9月

2021-09-24 | 荒尾干潟・海岸(ラムサール条約湿地登録)

 2021年(令和3年)9月24日(金)

  9月中旬、荒尾干潟水鳥・湿地センター前の海岸へ出てみたら瓦礫はそのままでした。南へ15分ほどの牛水海岸まで歩いてきたら、重機の音が聞こえ撤去作業が始まっていました。

 作業中の人に聞いたら、県の建設業組合玉名支部の人たちで、4つの業者が来ているとのことでした。北の方はまた別の業者だろうとのことです。

 重機での能率はさすがです。

 あっという間にきれいになっています。

 8月お盆の蔵満海岸です。足の踏み場もありませんでしたが・・・。

 9月20日にはこうなっていました。

 干潟で遊ぶ家族連れです。【コメントは閉じています。お越しいただき、ありがとうございました。】

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

晩夏の夕陽を浴びて・・・2021年8月

2021-09-21 | 荒尾干潟・海岸(ラムサール条約湿地登録)

 2021年(令和3年)9月21日(火)

 この夏は猛暑続きで、きれいな夕陽を見にいくこともあまり出来ませんでしたが、8月の末に散歩がてら出かけたときの画像です。

 荒尾干潟水鳥・湿地センター下の蔵満海岸には夕陽を見に来る人でいっぱいでした。

 犬連れの老夫婦もいました。

 満ちている海面に陽光が光っています、

 薄雲も染まっています。

 この夏は渡り鳥の姿はまばらでした。

 鳥たちの声もなく、静かに日が暮れていきます・・・。

コメント (16)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

旧荒尾競馬場跡地利用を垣間見る・・・2021年9月

2021-09-18 | 郷土 荒尾

 2021年(令和3年)9月18日(土)

 日本最南端にあって海の見える競馬場で有名だった荒尾競馬が廃止されて間もなく丸10年になろうとしています。荒尾市役所都市計画課へ行って跡地利用計画のパンフレットを貰ってきました。詳しい計画については市のHPでも閲覧できます。この表紙からは位置関係がお分かりいただけると思います。

 正面の建物は旧競馬場のスタンドを含む建物です。今も地方競馬共同場外発売所「BAOO荒尾」が運営されています。

 もう埋め立てて整地され、競馬場だった名残はほとんど伺えません。

 着々と工事が進められています。

 工事の人に「ここは何が出来るのですか?」と聞いても「さあ~、私たちには分かりません」と言う言葉しか返ってきません。

 ここ北の外れは「あらお海陽スマートタウン」となっていて、分譲が行われています。

 すでに建った家のあるようです。

 図面の右が南になります。(パンフレットより)

 パンフレットの一部です。なお、「道の駅あらお」(仮称)の基本計画(案)も出来ています。【コメントは閉じています。お越しいただき、ありがとうございました。】

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

コロナ渦の「こくんどさん」(四山神社大祭)・・・2021年9月

2021-09-15 | 郷土 荒尾

 2021年(令和3年)9月15日(水)

  お昼のローカルニュースで「こくんどさん」のニュースが流れていたので、小雨模様でしたが福銭(5円玉)をお返しがてらお詣りに行きました。

 この日は歩行者天国も露天商も中止になっていました。

 いつもは露天でいっぱいになる道路も参詣客の駐車場になっていました。

 この広場にもいっぱいの露天がありましたが・・・。昔はサーカスやお化け屋敷などの興業で賑わいを呈していました。

 3年前の9月13日です。

 参詣の帰りにはここでお土産を買っていました。

 参詣客はまばらです。

 この5円玉のアーチをくぐります。今期の福銭(写真右下)は金色の袋入りでした。

 社務所に福銭の倍返し(実際は20倍)をしてきます。夕方にはNHKの全国ニュースでも放映されていました。

 

コメント (15)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

荒尾海岸瓦礫(ガレキ)続報・・・2021年9月

2021-09-12 | 風景

 2021年(令和3年)9月12日(日)

 9月の上旬です。まだ瓦礫が山積しています。

 普段は車が通行出来ますが、これでは通られません。

 足の踏み場もありません。

 大きな木の根っこ。

 大きなゴム管でしょうか。

 行政もコロナ対策で忙殺されているようで、完全撤去には時間がかかりそうです。(14日から撤去作業が南の牛水海岸から始まりました。)

 歩きながら荒尾干潟の瓦礫を撮りました。【コメントは閉じています。お越しいただき、ありがとうございました。】

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

草だらけの畑にジャガイモを植えました・・・2021年9月

2021-09-09 | 菜園

 2021年(令和3年)9月9日(木)

  左側にはサツマイモの1畝がありますが、伸びた草でほとんど分かりません。

 連れ合いがジャガイモを植えるためサツマイモを掘りました。夜は早速ふかして食べました。

 その後にジャガイモを植えました。

 この道具でビニールシートに穴を空けて植え付けます。棒には穴を空ける目印を付けています。これは私の受け持ちです。

 畑いっぱい草だらけです。手前は大豆。落花生は草に埋もれて見えません。

 その落花生を少し掘りあげてきました。茹でてみたら美味しかったです。

 こちらは家の敷地内の菜園です。私が小型耕運機で鋤いて、畝を作りました。秋野菜などを植える準備が整いました。

 こちらは裏手の菜園です。狭いので鋤きにくい狭さですが頑張りました。

 早速連れ合いがチンゲンサイ、ホウレンソウ、小松菜、シンギクなどの種まきをしました。白菜はポット仕立てで種をまいていましたがまだ芽が出ていません。やり直そうかと言っています。この後オオクラダイコン、ニンジン、サラダカブ、サラダダイコン、高菜などの種まきをしました。

 

コメント (16)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

荒尾干潟のキアシシギ...2021年8月

2021-09-06 | 荒尾海岸の渡り鳥

 2021年(令和3年)9月6日(月)

 8月下旬、荒尾漁港の近くまで行きました。防波堤の向こうは雲仙普賢岳です。

 満ち潮でした。コンクリートの波止めにキアシシギ(黄足鴫)が休んでいました。足の黄色が特色です。

 思い思いのポーズで休んでいます。

 手前はウミネコです。カモメ科の鳥ですが鳴き声が猫に似ているので、この名が付いています。全長47㎝。キアシシギの25㎝のほぼ倍の大きさが分かります。

 浅瀬にいます。

 餌を見つけようとしているのでしょうか。【コメントは閉じています。お越しいただき、ありがとうございました。】

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

車いすラグビー・銅メダル・・・郷土荒尾市の誇り:乗松聖矢選手・・・2021年8月

2021-09-03 | 郷土 荒尾

 2021年(令和3年)9月3日(金)

 2020パラリンピックのアスリートたちの活躍はコロナ渦の中、多くの人々に感激と力を与えてくれています。車いすラグビー日本チームは、金メダルは逃したもののリオパラリンピックに引き続き銅メダルを獲得しました。わが荒尾市出身の乗松聖矢選手にスポットを当ててみました。地元の熊本日日新聞の記事です。表彰式直後の聖矢選手。ニコニコ顔です。(以下写真は父・康浩さんの提供です。)

 8月15日、家族に送られて熊本空港から上京。父親の康浩さんとツーショット。

 激励の寄せ書きと(上)と送られてきたユニホーム(下)

 地元ではメディアの取材も多かったようです。

 代表チームの面々。

 もうすっかり名前も覚えました。改めて選手やスタッフの皆さんに祝福の言葉を贈りたいと思います。おめでとうございます!!

 ご両親の還暦祝いに天草旅行をされたそうです。

 これは福岡のテレビ局の取材風景。当時は福岡ダンデライオンに所属していました。

 5年前、リオパラリンピック出場報告会が荒尾市役所で行われました。ご夫妻も列席されました。(以下2枚は私の蔵出し画像です)

 市長や市議など多くの市民の祝福を受けました。記念写真です。今回もコロナが落ち着いたら報告会が開かれるように期待しています。

 私ごとですが、昨日9月2日、ブログ16周年の記念すべき日でした。これからもよろしくお願いいたします。

 

コメント (21)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする