花鳥風月・・・気ままな写真日記

ようこそ、どんこの小部屋へ。ゆっくりくつろいでください。
日常を出来得れば自然と融合したいと思っています。
 

島原・雲仙旅行・・・前編

2018-08-19 | 紀行

 平成30年8月19日(日)

  長女が里帰りしたのを機にこちらの次女・その長男(チョロ2・大学2年生)に私ども夫婦5人で島原・雲仙1泊で行に出かけました。近くの長州港からフェリーで40分ほどです。多比良港から30分ほどして先ず雲仙災害記念館「がまだすドーム」を見ました。「がまだす」は「頑張る」という意味の方言です。名誉館長は当時の島原市長・鐘ヶ江管一氏です。災害当時に良くテレビに出ていた誠実温厚な市長さんでした。

  いろいろなことが学べます。

  展望台から雲仙普賢岳方面をパノラマで撮りました。手前は眉山です。

  次に「水なし本陣・土石流被災家屋保存公園」へ向かいました。

  今も当時のままの家屋が保存されています。ドームになって雨風から守られています。

 

  次に「大野木砂防みらい会館」へ向かいました。「平成噴火の災害と砂防工事を主体とした復興事業の様子を紹介する火山展示館です。」(パンフより)。

 すぐ隣には大火砕流で焼失した旧大野木場小学校がそのままの姿で保存されています。

 ホテルへのチェックインにはまだ時間があったので仁田峠までドライブしました。 

  駐車場からロープウエイ乗り場までは歩いて上ります。

  展望所でくつろぎました。

  今夜泊まる「みかどホテル」です。

  古木銘木の調度とバイキングが自慢のホテルです。156もの部屋数です。

 

  握り寿司も手握りの上物です。

  本格和牛です。しかも食べ放題。

  カニもイヤと言うほど食べました。

  宿泊客は無料で観覧できる「みかど劇場」。8月公演は「劇団春駒」です。

  朝食も豪華です。

 

コメント (5)

九重町「ふるさと探検クラブ」有明海キャンプ

2018-08-16 | 荒尾干潟・海岸(ラムサール条約湿地登録)

 平成30年8月16日(木)

 8月の8日、大分県九重町「ふるさと探検クラブ」の一行がラムサール条約登録湿地荒尾干潟へキャンプに来ました。10時過ぎに市の「働く婦人の家」に到着、早速、荒尾干潟についての説明を受けました。

 山の子どもたちは興味津々のようでした。

 後ろの席の体育シャツの6人は岱志高校生物部の皆さんです。子どもたちのサポートに当たってくれます。

  有明海の珍しい生き物「ワラスボ」に見入る少年。

 海水の浄化作用の実験もありました。海水の汚れが潟に付着してきれいになっていく様子を実感しています。

 お昼は荒尾干潟の特産「マジャク弁当」でした。初めて食べるという子が大半でした。

 美味しそうにぱくついていました。

  午後は荒尾干潟に出向いて「生き物観察会」です。

 暑さが心配でしたが子どもたちは水分補給などもしっかりやって、至って元気でした。

 生き物を見つけては、はしゃぐ声が響きます。

 「見つけた!」

 動画をご覧下さい。宿泊はテントではなく、冷房完備の県立岱志高校のセミナーハウスです。作業部会の女性軍たちの応援もあってカレーなどが振る舞われました。翌日は岱志高校で座学の後、荒尾干潟でのマジャク釣り体験がありましたが、私は夏風邪を引いてしまい行けずに、見送りも出来ませんでした。【コメント欄は閉じています。】

IMG 7273

コメント

旧三川坑跡見学記

2018-08-13 | 万田坑関係

 平成30年8月13日(月)

  7月下旬、隣の大牟田市にある旧三川坑跡を見学に行ってきました。土日祝日と一般にも開放されています。現在は大牟田市が管理しています。かつては日本のエネルギーを支えて戦前戦後の産業発展に寄与した石炭産業の花形でした。「数々の歴史の舞台となった三川坑」(YouTube)。 

  三井港倶楽部の敷地内からも入られます。

  三井港倶楽部は瀟洒な建物です。次女はここで結婚式を挙げました。

  ボランティアガイドさんが案内してくれます。元炭坑マンの方です。この時間の見学者は大牟田市内から見えたご婦人と私だけでした。暑さで見学者が少ないとのことでした。炭坑電車を牽引する機関車が年代別に展示されています。

 

  第二斜坑の入口をたどります。

  腰をかがめて歩きました。

  坑口はコンクリート塞がれています。右側にあるトロッコ電車で有明海の地下深くに埋蔵する石炭を掘りに坑員たちは下っていくのです。

 昭和38年(1963)三川坑炭塵大爆発は大惨事になりました。 

  今なお一酸化炭素中毒に苦しむ人々がいます。11月9日午後3時12分頃の大爆発は458名の死者、839名の一酸化炭素中毒を出すという戦後最悪の炭鉱事故となりました。

  第二斜坑坑口建屋から巻揚機室へ通じる線路が残っています。

  大きな第二巻揚機。第二斜坑の人車を引き上げるのに使われたそうです。出力400KW、ロープ直径34mm、長さ2,800mと書いてありました。

  跡地のスナップ。

  泉水池が残っています。鯉などがサギ類に食べられないようにネットが張られていました。

  昭和天皇もこの池をご覧になったそうです。

  ボランティアガイドさんの方々は見学者をここで受け付けています。【コメント欄は閉じています。】

 

コメント

長者原ビジターセンター視察研修

2018-08-10 | 荒尾干潟・海岸(ラムサール条約湿地登録)

 平成30年8月10日(金)

  去る4日(土)、荒尾干潟保全利活用協議会作業部会のメンバーで、表記の視察研修に行ってきました。長者原(ちょうじゃばる)ビジターセンターは【くじゅうの自然や文化などを紹介しながら、隣接するラムサール条約登録湿地のタデ原湿原のフィールドが一体となった展示施設です。】(環境省パンフより)。阿蘇くじゅう国立公園内の標高1,030メートルの所にあり、下界に比べ気温もやや低く感じられます。

  バスから降りたつと正面に三俣山が見えます。手前は指山(ゆびやま)です。

  早速レクチャールームで顔合わせです。

  初めに「くじゅう地区管理運営協議会の取組」についての説明を受けました。「くじゅうファンクラブ」の概要、「ビジターセンター来館者の推移」、「タデ原の自然観察会」「ミニガイドウォーク」「国立公園レクチャー」など多岐にわたる活動が紹介されました。 

  次に「くじゅう地域について」の説明を受けた後「二つのラムサール条約登録湿地」(坊ガツル湿原・タデ湿原)、「一般財団法人・セブンイレブン記念財団」「九重ふるさと自然学校」等の諸活動についての興味ある報告を受けました。正直言ってわが荒尾でこれだけ多岐にわたる活動が出来るだろうかと不安になりました。

 センター館内を個別に見て回りました。立体的な掲示など随所に見られ参考になりました。

  2階から眺めたタデ湿原です。

  昼食は道路を挟んだ向かいのレストラン「やまなみ」でいただきました。

  2班に分かれてガイドさんに案内してもらいました。1時間のコースです。

  先ずセンター前の樹木の説明から始まりました。

  目の前の湿原、緑が新鮮です。

  自然観察路は板で出来た木道です。

  この老夫婦は手をつないで歩いておられました。

  私どもの一行の別班が遠くに見えます。

  私たちの班です。花の名を教えてもらっています。

  アセビ(馬酔木)、マンサク、オカノトラノオ、キスゲ、リュウキュウキンカなどなどたくさんの樹木や花の名を教えてもらいました。

 また8日から9日にかけて九重町「ふるさと探検クラブ夏の有明海キャンプ」一行が荒尾市に見えて、県立岱志高校セミナーハウスに宿泊、座学を初め荒尾干潟での「生き物観察」や「マジャク釣り体験」をしました。いい交流が出来ました。

 

コメント (16)

荒尾近辺点描

2018-08-07 | 郷土 荒尾

 平成30年8月7日(火)

  JR荒尾駅前広場のパノラマ写真です。30数年前、新任教師の市内巡りを引率し、研修会後のアンケートで「駅前に高い建物がないのに驚いた。」と書いた人がいて、そう言えばそうだと妙に感心したものです。また「道路が広い。」と言う感想もありました。その頃と駅前はほとんど変わっていません。駅前にあった大きな薬局が閉店してシャッターが下ろされているくらいでしょうか・・・。

  西鉄バスも乗り入れています。福岡空港行きの高速バスもここから発着しています。世界遺産に登録された万田坑の案内板が設置されています。

  真夏の有明公園の上空です。公園は私の母校・有明小学校の跡地です。現在学校は高台に移築されています。

 市屋ガードの三叉路はもう随分前から新道開設に伴って工事中です。手前が市役所側。T字路面になっていて、右折すれば有明海に沿っての新道です。左折してまっすぐに進めば荒尾市民病院方面、左折後すぐ右に回ればJR南荒尾駅方面、荒尾干潟ビジターセンター(仮称)の建設地方面です。 

 

 振り返ると北の方角、市役所へ通じています。 

  道路の下側には数軒の民家があります。

 昨日(6日)通ったら一部がもう舗装されていました。

 

  ここから海岸へ降り立つと護岸工事が行われています。

  左が雲仙普賢岳の裾野、右が多良岳です。

  完成図は想像できません。

  べた凪です。雲仙普賢岳には雲の冠が見られます。

  一転、市の東部にある野原八幡宮へ回ってみました。参道です。10月15日の大祭ではこの参道を稚児を乗せた飾り馬が駆け抜けます。

  境内の東は広場になっていて時にはグランドゴルフを楽しむ姿が見られます。

  神殿と楼門、かなり老朽化しています。

  105歳の長寿を全うした足達慶蔵翁の句碑です。翁は私の小学校の大先輩、若くして朝鮮学校(現地)の校長などを務められていました。「七五三見せに来るのはどの玄孫」と刻まれています。(筆者注・玄孫=やしゃご)

 

コメント (12)

荒尾干潟のダイゼン

2018-08-04 | 荒尾海岸の渡り鳥

 平成30年8月4日(土)

 ちょっと遡(さかのぼ)りますが5月下旬の荒尾の海岸です。鳥が上空を飛んでいました。雲仙普賢岳の南の裾野です。

  双眼鏡で確認するとダイゼン(大膳)の群れでした。島原の町並みが遠く見えています。

  ダイゼンはチドリ科の鳥でキジバトよりもやや小さく、全長は29㎝です。 

  旅鳥・冬鳥として日本各地に渡来してきます。越冬もします。

  ゴカイ類が好物。甲殻類や昆虫も食べます。

  鳴き声:「ピウイ」

 

  春の渡りのピーク時です。

 顔の部分が黒くなるのは夏羽の証拠です。

 典型的なダイゼンの夏羽です。なお、似ている鳥にムナグロがいます。素人目には区別が難しいです。ダイゼンより一回り小さく、主に水田や畑で見られます。

 これは4年前の7月に観察したダイゼンです。

こちらは2年前の8月の撮影です。キョウジョシギ(京女鷸)もいます。最近は夏場ではなかなか見られなくなりました。

 

コメント (14)

2018鹿央 里やま 蓮まつり

2018-08-01 | 紀行

 平成30年8月1日(水)

 去年は行けなかった「鹿央 里やま 蓮まつり」に知人と行ってきました。まつりと言ってもイベントがあるわけではなく蓮を見るだけです。

 古代蓮の大賀蓮が育っています。

 これは碧台蓮(へきたいれん)でしょうか。もう実が出来ています。

 金輪蓮(こんりんれん)だと思います。

 姫蓮(ひめはす)かな?

 蜀紅蓮(しょくこうれん)かと思いますが・・・。

 睡蓮。

 施設の皆さんが職員に引率されて見物に来ていました。

 奥さんが写されるのに葉を動かしている優しい旦那さん。

 もう花期が過ぎているようで、あちこちに実が見られました。

 蓮は早朝に開く時には「ポン」「ポッ」と音がするのだそうです。私はまだ聞いたことがありません。(蓮の名前は自信がありません。間違いがあったらご指摘下さい。)

 睡蓮です。

 8月になりました。庭のモチノキにへばりついている蝉の抜け殻です。8年も地中にいて外に出たらわずか1週間の命、哀れです。

 

 

コメント (19)

博多山笠見物(後編)・・・追い山 

2018-07-29 | 紀行

 平成30年7月29日(日)

 お待たせしました。博多祇園山笠のクライマックス「追い山」編をお届けします。
 宿舎までYさんとご長男が午前2時過ぎに迎えにきてくれました。もう櫛田神社の周辺の道路は見物の客がビニールシートなどを敷き、立錐の余地もありません。未明の櫛田神社の飾り山笠です。



 午前4時40分。桟敷席から見下ろしています。



 5時前、一番・西流の先陣が見えました。



 5時ちょうど、いよいよ博多山笠の追い山が始まります。一番の「西流」です。一番流れだけに許された祝い唄が観衆と共に大合唱になります。
 祝いめでたの若松さまよ 若松さまよ 枝も栄ゆりゃ 葉も茂る エーイショーエ エーイショーエ ショーエ ショーエ ハア ションガイネ アレワイサソ エサソエー ションガネー   



 次に二番・千代流。



 三番の恵比寿流。



 四番の土居流は申し訳ありませんが画像が不鮮明でした。五番の大黒流です。



 夜が白々と明けてきました。ホテルの屋上から眺める人もいます。文字通り高みの見物です。



 さあいよいよ七番目の中洲流に入ります。もう5時半を回っています。





 最後を飾るのは上川端流。「走る飾り山笠」の別称があります。

 こうして街中へ繰り出していきます。




 興奮が冷めやらないまま櫛田神社を後にして、Yさんと街へ繰り出した流を見にいきました。街頭風景をご覧下さい。





 男の美尻です!。



 最後に町を練り歩く一番山笠・西流を動画でご覧下さい。

コメント (24)

久しぶりの上京(11・最終編) また会える日まで・・・

2018-07-26 | 上京編

 平成30年7月26日(木)

 横浜の三女のマンションから下を眺めたら モデルさんらしいカップルが見えました。

 降りていったらやはり撮影があっていました。 

 連れ合いの恩師夫妻が横浜在住で、一緒にランチをしようとのお誘いを受けて出かけました。みなとみらいの「日本丸メモリアルパーク」です。帆船日本丸が見学できます。その横を通りました。

  横浜駅で待ち合わせをして、横浜東口三井ビル店の「せんざん本店」に案内されました。

 

 いただいたランチです。恩師ご夫妻にご馳走になりました。 

  夕方、大宮の長女も駆けつけてきて、三女の行きつけの店「鉄板焼き 知喜多亭 『和』」へ行きました。娘二人に私ども夫婦の4人です。

 生ビールで乾杯の後めいめい好きな飲み物を頼みました。

 

  メインのステーキです。

  この宴の料理です。ご飯と味噌汁も付いていました。

  ほろ酔い気分で夜の横浜を歩きました。

  最後の横浜の夜です。

  翌日は怪しい雲行きでしたが幸い雨は降りませんでした。

  午後のANA263便に搭乗。東京湾アクアラインの海ほたるが見えます。

  航空機の上空からながめた雲海です。

  どこら辺りでしょうか。眼下に山並みが見えました。お陰様で三女も怪我が癒えてもう職場に復帰しています。2年後にまた行くからねと再会を約束してきました。

 「久しぶりの上京」シリーズ、長々と連載しましたが、ご覧いただきありがとうございました。最後はコメントを開けています。

コメント (16)

門司港レトロある記

2018-07-23 | 紀行

 平成30年7月23日(月)

 7年前にアップする予定でそのままになっていました。門司港レトロです。向こうは関門大橋です。


 貨物船の向こうは下関の「海峡ゆめタワー」 です。

 こちらは門司港レトロ展望室です。

 古いレトロな建物が多い所です。 

 展望室の高いところから見下ろしました。


 武蔵と小次郎の決闘があった巌流島が遠望できます。

 名物の焼カレーが食べられる店です。この日は匂いだけ味わったような記憶がありま。【下書きの記事が7年ぶりに日の目を見ました。古い記事でごめんなさい。コメント欄は閉じています。】




コメント

博多山笠見物(前編)

2018-07-20 | 紀行

 平成30年7月20日(金)

  知人のYさんから「博多山笠の桟敷席が取れたのでおいでになりませんか。」とのお誘いを受けて二つ返事で博多へ出かけました。この時期、周辺のホテルはいずれも満席で空いていなかったのですがYさんには宿舎まで世話していただきました。「博多山笠振興会」のパンフレットの表紙写真です。

 山笠行事は7月1日の「当番町お汐井とり」に始まり15日の「追い山」でピークを迎えます。(博多山笠振興会・無料配布パンフレットより)。山笠について、より知りたい方は公式HPもあります。

  那珂川だと思います。地理に疎いので良く分かりませんが・・・。

  振り返ると「キャナルシティ博多」が左手に見えます。

  パノラマ写真、ほぼ180度です。

  各所に各流(ながれ)の休憩所が設けられています。

 川端中央街の飾り山笠。表・「女城主直虎」です。(人形師 中野親一)。

 見送り(飾り山笠の裏を<見送り>と言います。)・「朝定番 アサデス。KBC」(人形師 中野 浩)

 男の子がVサインで写真を撮ってもらっていました。 

 「流曳き」(パンフ参照)に備えて休憩中。

  女の子もいます。

  イェーイ!

  街角にも勇壮な飾り山が設置されています。

  人の流れもさすがです。

  男衆も凜々しい。この14日の「流曳き」は16:00から恵比寿流、中州流、西流、土居流、大黒流の順番で行われました。後編は博多山笠のクライマックス・追い山をアップします。

 この夜は博多座地下「御膳屋・菴離」でYさんはじめKさん、Yoさん、Nさん、Aさん(女性)の同級生が集まってミニ同窓会を開いてくれました。実に嬉しい再会でした。時の経つのも忘れてしまいそうでした。半世紀ぶりに出会った教え子たちはいずれも元気で充実した人生を送っているようで頼もしかったです。

コメント (20)

久しぶりの上京(10) 旧岩崎邸庭園

2018-07-17 | 上京編

 平成30年7月17日(火)

   5月17日です。一度は見ておきたかった旧岩崎邸庭園へ行ってきました。(詳しいことはリンクを参照下さい。)

  現在は都立公園になっています。入園料は一般は400円ですが65歳以上は200円でした。

  現在本館は改修中です。

  白い覆いには建物の写真がプリントされています。

  これが改修前の本館の写真です。館内の写真を借用しました。

  館内は豪華で、調度品も1級品ばかりです。

  タイルは全てミントン製とのことです。

  庭園へ出ます。

  苔がむして落ちついた雰囲気です。

  広々とした芝生。

  これでも旧岩崎邸庭園はこの何倍もの広さがあったと言うのですからその財力に驚かされます。

  散策も心楽しいものでした。

  この日は訪れる人もそう多くはなく、静かに観賞出来ました。

  パノラマで撮ってみました。

 現在庭園の東部も工事中です。完了の暁にはもう一度訪ねてみたいです。【コメント欄は閉じています。】 

 

コメント

青空とヒマワリと

2018-07-14 | 花・植物・果実

 平成30年7月14日(土)

 例年より10日、昨年より4日も早い梅雨明けでした。家から歩いて5分の海岸の空も真っ青です。(パノラマはほぼ百度の広角です。) 

 潮が引きかかり干潟が見えています。雲仙普賢岳です。

 雲仙普賢岳の北に連なる多良岳です。

 北の福岡県との県境方面です。

 南。長洲町方面です。かすかな山影は宇土半島でしょう。

 東。長崎空港から大阪・東京方面へ航行する航空機の飛行機雲です。

 わが家の庭のヒマワリです。

 知人から苗を貰いましたが良く育ってくれました。台風7号に備えて支えもしっかりしました。

 ヒマワリはやはり夏の花です。

 漢字では向日葵。別名はニチリンソウ(日輪草)。

 花言葉は「あこがれ」。

 向日葵の ゆさりともせぬ 重たさよ (北原白秋)

 原産地はメキシコ、北アメリカ中西部だそうです。

 種がいっぱい採れそうです。春に種まきをして、苗を育て欲しい人には上げましょう・・・。

コメント (22)

久しぶりの上京(9) 上野公園周辺

2018-07-11 | 上京編

 平成30年7月11日(水)

 5月17日、横浜から一人で上野まで出かけました。連れ合いは横浜在住の同級生二人と一緒にランチをすると別行動です。上野駅公園口から降りて歩きます。久々の上野公園です。 

  国立西洋美術館の庭にはロダンの彫刻がたくさん見られます。

  人通りの多さは相変わらずです。

  動物園前。パンダ目当てでしょうか?

  明治45年に作られた小松宮彰仁親王の銅像です。

  上野東照宮へ向かいます。

  長い参道です。

  灯籠もどっしりとした重みがあります。

  句碑越しに五重塔が見えます。

  ここにも外国人が多かったです。

  私もしっかりお参りしてきました。

  次に不忍池に回りました。寛永寺・不忍池弁天堂が正面に見えます。

  天龍橋を渡ります。多分石橋でしょう。

  不忍池弁天堂。朱塗りと銅の緑青の対比がいいですね。

  不忍池の蓮越しに弁天堂を眺めました。この後岩崎邸庭園に向かいました。次回アップの予定です。【コメント欄は閉めています。】

コメント

写真展「野鳥の興味深い行動」・・・in荒尾シティーモール

2018-07-08 | 野鳥写真展

 平成30年7月8日(日)

  日本野鳥の会熊本県支部主催の巡回写真展が荒尾のシティーモール・出会いの広場で行われました。

 多くの方々が立ち寄ってご覧いただきました。

 子ども連れのお客さんも多くて嬉しかったです。

 7月とあって七夕飾りも華やかさを添えてくれました。

 会員がお客さんに説明してくれます。

 期間中には浅田市長もおいでになりました。

 全部で40点の写真が展示されています。

 お子さんも嬉しそう!

 2階から写真展会場を見下ろしました。

 野鳥の興味深い行動を力作揃いです。5日間という短い期間でしたが約1,000人もの方々にご覧いただきました。

 七夕の短冊に願い事を書く家族連れ。男の子は「かめんらいだーになれますように」と書きました。

 さて、女の子は・・・。

 めいめい吊り下げます。

 私は「荒尾市が発展しますように」と書き、会員のMさんは「野鳥の会の会員が増えますように」と記しました。そう言えば去年の今頃は病院の七夕の竿にも短冊を下げました。あっという間の1年です。

 

コメント (18)