岡山県倉敷市の塗装屋日記

岡山県倉敷市の共栄塗装店の2代目が、仕事から日々日常の事まで書いております。

外壁塗装の下塗り

2019年09月24日 19時17分59秒 | 外壁塗装(ボード外壁)
倉敷市のお客様邸の外壁塗装は、目地の下処理を済ませた翌日から、下塗り工程に入りました。



今回使用する下塗り材は、関西ペイント社の「水性エポレジン」という塗料です。



この塗料の優れているいるところは、下塗りをする一番の目的である「外壁と仕上げ塗装を強力に密着させる」ことに優れていることに加えて、外壁の細部防水に欠かせない「シーリング」による油汚染を抑える効果に優れているところです。

近年では油汚染を抑えた「ノンブリード」タイプのシーリング材を使用することは外壁塗装において「必須」となっておりますが、ノンブリードタイプのシーリング材にもピンキリがあり、必ずしも油汚染を完全に防げるとは言い切れない部分があります。

「ノンブリード」シーリングに加えて、この水性エポレジンを使用することで油汚染を防いで、長年美しい外壁を保つことが期待できます。




岡山県倉敷市の外壁塗装なら共栄塗装店へ
コメント

ガスケットへの下地処理

2019年09月13日 21時00分08秒 | 外壁塗装(ボード外壁)
倉敷市のお客様邸の外壁塗装

養生を完了した後、下地塗装をいたします。


新築時、外壁に使用されていることも多い部材に、「ガスケット」というものがあります。

外壁材の「サイディングボード」の継ぎ目、通称「目地」に使用されている細長い部材であります。


一見するとシーリングのように見えますが、目地に押し込むように挿入して、雨水の内部への浸入を防ぐ部材です。


これが塗料との相性があまり良くなく、通常の塗装をした場合、短期間で塗装が剥がれるという不具合が多く発生いたしました。


私が初めて、この「ガスケット」を使用されているお客様邸の塗り替えのご依頼をいただいたのは、6年前になります。

噂には聞いておりましたが、初めて見るガスケットに対して、どのように塗装をすれば良いのかと、とても悩みました。

塗料メーカー数社の話を聞き、先輩職人から聞き、自分でもテストをしてみて、
出した答えが「高い密着力があり、ガスケットから発生される油を抑える」ことができる下塗りを使用する、ということです。



該当する下塗り材は多数存在する中、私が選んだのは「リフノン」という下塗り材です。



6年前に使用をさせていただいたお客様邸には毎年、確認にお伺いをさせていただいておりますが、今のところ全く問題なしです。
今後、さらに適した下塗り材が出てくるまでは、このリフノンで問題ないと思っております。

すべての目地ガスケットへ、リフノンを塗装いたしました。



板金部分には、下塗りとしてサビ止め塗装をいたします。


当店が使用しているサビ止め材は、日本特殊塗料社の「エポラオールプライマー」という塗料です。


密着力、防錆力に非常に優れている塗料です。

金属製のベランダや



瓦屋根に部分的にある板金部へ、下塗りとして塗装をいたしました。







岡山県倉敷市の外壁塗装専門、共栄塗装店です



コメント

外壁塗装の下準備~窓や床など、「汚してはいけない部分」の養生

2019年09月12日 19時39分31秒 | 外壁塗装(ボード外壁)
倉敷市のお客様邸の外壁塗装

シーリングをよく乾燥させた後の工程といたしまして、
窓や床など、汚してはいけない部分の養生をおこないます






「たた養生テープや、ナイロンマスカーを貼るだけ」ではなく、塗装の仕上がり具合を左右する、とても重要な工程となります。

当店では一枚の窓を養生するために、「下貼り」「マスカー貼り」「捨て貼り」の3工程の養生をしております。
手間はかかりますが、仕上がりを美しくするためには不可欠となります。


岡山県倉敷市の共栄塗装店のサイトはこちらです
コメント

シーリングの打ち替え

2019年09月10日 19時42分45秒 | 外壁塗装(ボード外壁)
倉敷市のお客様邸の外壁塗装。

続きましての作業は、サイディング外壁の劣化したシーリング材の打ち替えをおこないます。


まずは、劣化したシーリングの撤去。




もっとも手間と根気を必要とする作業であり、新たに打つシーリング材の寿命に関わる重要な工程でありますため、とにかくじっくりと。



一日半をかけシーリング撤去。
完了後には養生テープ貼りです。





シーリングの密着力を高めるため、必須の工程となる「プライマー」を塗布いたします。





プライマーが乾くまでの時間を利用して、シーリング材や、使用道具の用意を。
今回は最高級の耐久性、塗装との相性の良さを誇るシーリング材、「オートンイクシード」を使用いたします。




シーリングを打ち、しっかりと押さえた後、早急に養生テープを剥がして完了となります。







しっかりと乾燥をさせるため、続きの作業は後日となります。


岡山県倉敷市の共栄塗装店です


コメント

外壁塗装のときは、スリムダクトを外します

2019年09月05日 18時19分02秒 | 外壁塗装(ボード外壁)
倉敷市のお客様邸の外壁塗装。

高圧洗浄の後は、壁面の金具や部材など、取り外す必要のあるものを取り外す工程に掛かります。


その代表的な部材が、エアコンの室外ホースのカバー、通称「スリムダクト」です。



このままの状態で塗装をしてしまうと、当然ながらスリムダクトの下に隠れている壁面は塗装ができませんね。

ずっとこのままの状態ならばそれでもいいのでしょうが、将来的にエアコンを買い替えされた場合・・
塗装されていない部分がスリムダクトの形で、現れることになります。
それはちょっと、カッコいいとは言えません・・


それを避けるため、当店では外壁塗装の際、スリムダクトは一旦取り外しをして、塗装完了後に元通りに取付をしております。



外した状態がこちらです。
この状態でも、通常通りにエアコンはご使用いただけます。



こちらのお客様邸の外壁は、横目地のシーリングがあり、防水機能の確保のため、シーリングを打ち替えをいたします。
下の写真のように、スリムダクトの下に横目地が隠れておりましたので、そもそもスリムダクトを取り外さなければ、シーリングの打ち替えをできません。


こういった点でも、スリムダクトの取り外しは必須となります。


岡山県倉敷市の外壁塗装専門 共栄塗装店です
コメント

高圧洗浄~倉敷市にて外壁塗装

2019年09月03日 19時12分50秒 | 外壁塗装(ボード外壁)
倉敷市のお客様邸にて、外壁塗装を着工させていただきました。

こちらのお客様は数年前より、当社のホームページをご覧くださり、「我が家を塗り替えするときには、絶対に共栄塗装さんにお願いしよう!」とご夫婦で、お話いただいていたとのこと。

本当にありがたいこと。
そして同時に、身も引き締まる思いです。

そこまで当社、そして私も信用し、期待してくださっているお客様の期待を裏切るわけにはいきませんからね。

「期待以上の出来栄え」
工事完了後、このお言葉をお客様に言っていただくしかありません。

頑張ります、
お客様、ご期待ください!

本日の作業は外壁の高圧洗浄をいたしました。
じっくりと洗浄して汚れを落として、塗装に備えます。


岡山県倉敷市の外壁塗装専門店 共栄塗装店です
コメント

暖かい2月に助けられて

2017年02月14日 18時15分58秒 | Weblog
2月の岡山県南部は寒い日が少なく、
塗装屋としてはとても、助けられました。

全国的に大雪、岡山県でも北部では
よく降った日も、南部ではほとんど降らず。
ありがたいことで、本当に恵まれていると感じます。


気候にも助けられ、倉敷市のお客様邸、
屋根と外壁の塗り替え工事も
完了を間近に迎えております。


「アーバニー」という種類の屋根
経年劣化から吸い込みがはげしかったため、
しっかりと4回塗りに仕上げました。

塗装前です


洗浄後です


油性2液シリコン塗料を4回塗り後です


外壁はクラック補修後、サーフを下塗り。
上塗りに油性2液シリコン塗料を2回塗りです。




最後まで気を緩めることなく、作業をさせていただきます。
お客様、明日もよろしくお願いいたします。

倉敷市の共栄塗装店です。
コメント

倉敷市で高圧洗浄

2017年02月01日 18時10分04秒 | Weblog
今週より、倉敷市のお客様邸にて
屋根と外壁の塗装を開始いたしました。

昨日に足場を組み、本日は水洗い。
水遊びをするには少々、涼しい一日でございました(笑)

黄色や緑のコケがビッシリの屋根。


洗浄でキレイになりました。



外壁はクラック(ヒビ)が目立ちます。


明日からまずは下地調整をしっかりとして
長持ちのする塗装につなげていきます。

お客様、よろしくお願いいたします。

倉敷市の共栄塗装店のホームページはこちらから
コメント

あざやかな緑色に衣替え

2017年01月29日 20時36分09秒 | Weblog
年明けより施工しておりました
倉敷市のお客様邸の外壁塗装。

無事に完了し、あざやかな緑色の壁が
お披露目となりました。


使用塗料は最高級の壁用塗料、
弱溶剤フッソの「ファイン4Fセラミック」です。


緑色は色のりがあまり良くなく、
施工が難しい色でもあります。

通常の「下塗り1回・上塗り2回」の
計3回塗りでは、私が納得できるだけの
仕上がり感を得ることができませんでした。


そのため、追加でもう1回、上塗りを施工。
追加料金は無し。
そこは銭金ではなく、職人の意地のようなもので(笑)

その甲斐あって、まぶしいばかりの仕上がりです







お客様、まことにありがとうございました。

倉敷市の共栄塗装店のサイトはこちらから
コメント

今年最初の外壁塗装が完工

2017年01月21日 16時00分09秒 | Weblog
倉敷市中島のお客様邸では、屋根と外壁の
塗装が無事に完了いたしました。

施主様は他県にお住まいのため、
私共の作業をご覧になることはありません。

そんな状況で私を信じ、大切なお住まいの
塗装をお任せくださいましたこと、
心よりの感謝と同時に、責任感が湧いてまいります。

倉敷へ帰郷の際、喜んでいただける
仕上がりになったと自負いたします。


塗装前です


塗装後です



塗装前です


塗装後です



配色に関しまして、奥様のご希望イメージは
「倉敷らしく、黒と白で"蔵"のイメージ」でした。

元々は白系の色であった付帯部を黒に色替え。
引き締まり、スマートでありながらも
どこか「和」を感じさせる配色となりましたね。




玄関ドア縁は鉄製でしたので、
サビ止めを下塗り後、油性シリコン塗装。


外壁の色は「完全な白」ではなく、ほんの少しだけ
グレーにしています。
そうすることで、より蔵に近い色になっていると思います。


内装の和室天井です




屋根です




お客様、この度は私を信用して
ご依頼をくださりまして、ありがとうございました。
本当に嬉しく思い、心より感謝申し上げます。

共栄塗装店 橋本豪紀
コメント (2)