カンムリワシ、名ばかり はばかり、言うばかり

カンムリワシは20年ほどで激減。

宗教と哲学

2018年09月11日 08時06分01秒 | 生き方

国会中継をみていたら、いつもの通り違和感が・・・・・・(笑)。

~については私と総理との哲学の違いですので次の質問へ移らせていただきます。

とさりげなく「哲学」をもちだしました。適切なのは

~については私と総理との宗教の違いですので、次の質問へ移らせていただきます。

ではないでしょうか。

宗教では、教祖の言葉には疑問をもってはいけません

哲学では、徹底的に疑問視すべきもので、定義が違えばその定義を疑うものです。

言葉として「宗教」を使いづらいとみたのでしょうか。

「次の質問に移る」理由として「制限時間」ではなく「哲学」をもってくるというのは、いかにも小手先の技術のようにもみえ、宗教と哲学の違いがわかっていないのかな、と思ってしまいます。

さてさて、皆様はどう思われますか。

コメント

誰にもある「引退」

2018年09月06日 00時03分30秒 | 生き方

スポーツ選手などが、いつかは経験する「引退」。

引退がないとされる世界の一つとして落語があります。生涯現役ですね。

しかし「枯れた味がいい」とは言っても、あまりの醜態は見せられず、事実上の引退はあるでしょう。 

いろいろな世界の引退をみると・・・・・・ 


新井貴浩 

1999-2007 広島

2008-2014 阪神

2015-2018 広島(9月5日、今季で引退と表明) 

こちらによれば、2015年には阪神最後の年俸7000万を大きく下回る2000万で広島と契約し前半は振るわなかったのですが、翌2016年には年俸が6000万に増え4番を維持しセ・リーグ優勝に貢献(日本シリーズでは北海道にまけた)。

なお6年下の弟もやはりプロ野球選手で、しかも兄と同じ広島→阪神でしたが、兄よりも弟のほうが1年はやく引退しました。

ただし弟は不祥事で引退したわけではなさそうです。

大嶺翔太

同じロッテ所属の大嶺祐太の3年差の弟「大嶺翔太」が、2018年6月金銭不祥事が原因で引退しました。

これもまた弟が先に引退した例です。

堂上剛裕

3年上の兄のほうが先に引退し、弟(堂上直倫)はまだ現役プロ野球選手で順当なところです。

引退に関しては、いろんな話があります。


昭和49年、西本幸雄監督が近鉄にやってきたとき、鈴木啓示は年こそ26と若いが、既に5年連続20勝の実績をもつ押しも押されぬエース。・・・・西本の近鉄最後の年ともなった昭和56年、鈴木は自らの人生最大の危機を西本によって救われる。大スランプ。・・・・ある晩、西本のところへ引退の意志を伝えに行く。ところが西本の答はこうであった。「つらいほうの道を選べ、スズ。楽な道はいつでも選べるぞ」この力強い叱咤激励で、鈴木の消えかけていた野球への情熱が再燃した。:P.145 森純大著 村田兆治監修 HBJ出版局

トップレベルにある人の心の動きが少し分ったような気がします。

いろいろと問題があった西本でしたが、良い面もあったのですね。どちらに注目するかだけの違いでしょうか。 


中原誠

1998/04/23(20年も前ですね)仕事が終わってお好み焼き屋に寄ると中原誠と林葉直子の不倫騒動という話を聞きました。確かめようしたのでしょうか、見たことがないテレビのワイドシーを見ると、中原の音声が入った留守録音テープがマスコミに流れているようで、どうやら林葉が週刊文春へ持ち込んだネタではないかという気がしてきたものです。しかも中原という50歳の男が女の林葉を妊娠させ中絶させたようです。

最初は林葉の一方的な惚れ込みでしたが、やがて中原が離れられなくなり、別れ話が林葉から出たころから「もめ始めた」のは通常のパターンでしょうか。

中原が自宅前で行なった4回もの記者会見は、別に平謝りでもないし怒りでもなく、たんたんと語っていただけにかえって違和感をもったものです。

中原も引退か、と20年前に綴っております(1998/04/24自筆の記述)。

そのご中原は、将棋界で長年の間、名人位かA級だったのが、2000年度からB1級で指すことになり、これを2年続けたあとフリークラス入りを宣言。

2008年8月12日の対局後の感想戦中に脳内出血を起こして緊急搬送され、2009年3月31日をもっての引退となりました。:Wikipedia  


独代表をエジル選手引退 「負ければ移民」差別に抗議:日本経済新聞 2018/7/23

「会長や彼の支持者から見れば、試合に勝てば私はドイツ人だが、負ければ移民だ」というエジルでしたが、トルコ系移民3世らしい人の発言であり、どちらが悪いのか私には判断できません。  


カルロス・ベルトラン(プエルトリコ出身) 

1998-2004 KC
2004-2004 HOU
2005-2011 NYM
2011-2011 SF
2012-2013 STL
2014-2016 NYY
2016-2016 TEX ベルトラン・ベルトレイと続く打線
2017-2017 HOU 2017/11/13 引退を表明 


ベルト・ケンプフェルト(1923-1980)

ドイツの音楽家で、同じ「ベルト」系でした。

引退することなく、スペインの自宅で56歳で死去しました。 


亜希、清原和博の暴露本出版で不安「甲子園に近寄らないで」:2018.07.25

引退試合の後で清原が帰宅した時、亜希は寝ていたようです。 


引退の意向 共和党、資金集めに影響も:毎日新聞2018年4月11日

2018年11月の米中間選挙に立候補せずに政界引退を表明した米下院議長ポール・ライアン(1970- )。

トランプと同じ共和党ですが、トランプに勝てないと判断したのでしょう。まだ若いし都はるみの例もあるので、2~3年後には政界へ復帰することでしょう。その時には、トランプに勝てると読んで・・・・・・。 


川﨑 宗則

引退かどうか、まだはっきりせず、ソフトバンクを退団したもよう。明るい人を演じていたようですが、それが原因で神経症になったのでしょうか、よく分かりません。

2001-2011 ソフトバンク

2011-2011 SEA

2013-2015 TOR

2016-2016 CHC

2017-2017 ソフトバンク 


最近(と言えるかどうか分りませんが)、政界を引退した人たちを、思いつきで並べると・・・・・・ 

谷垣禎一
高村正彦
平沼赳夫
亀井静香
漆原良夫
鈴木克昌
鴻池祥肇
丹羽雄哉
 

このほかに、もっとあるでしょうね。 

さてさて、皆様はどう思われますか。 

コメント

「嫌われる」のはなぜか

2018年09月03日 13時14分54秒 | 生き方

世界中を見渡すと

  • 朝鮮半島の北側に立て籠もって「嫌われる悪さを繰り返し」チンピラヤクザを演じる北朝鮮
  • 世界中を敵に回してでも「一番嫌われるうぬぼれの極致から脱することができず」に広域暴力団を演じる中国共産党
  • まだ「自分が嫌われているはずはないいつも相手に責任がある」とする中国・朝鮮半島もあれば
  • 同時多発テロ事件で初めて「これだけ嫌われているのか」とようやく分ったらしいアメリカ人もいて、その後いくぶんかは持ち直したものの、トランプになって「さらに世界中をかき混ぜている」のを見ていると、内政の延長でしょうが、アメリカは中国・韓国そっくりですね。
  • 日本では、自虐史観によって「自信を失った日本」を支えてきたのは野党だとするのに、なぜか「野党が嫌っている安倍5次政権」が成立しそうで憲法を改正しようとしています。いくら斜陽になろうとも一生懸命に取り組んでいる野党の姿が美しいのでしょうか(笑)。 

古代遺跡から「嫌う」などを発掘しましょうか。 


 エリツィンが嫌われた理由は(田舎者とかではなく)・・・・、特権を脅かす人間だからである。(既得権を守ろうとする知識人にも嫌われた) :P.63 ウラジーミル・ソロヴィヨフ/エレーナ・クレピコヴァ 山岡洋一訳「エリツィンの選択」 文芸春秋

同じことが韓国で言えます。なぜ韓国では日本が嫌われるかですが、それは韓国人が田舎者だからではなく、日本が併合時代に身分制度を廃止して、旧両班の特権を剥奪したからでしょう。昨日までバカにしていた平民と同じ身分に転落させた怨みはその子孫にまで引き継がれ、戦後日本からパクリ続けながら、日本がその既得権を脅かすと感じた今の特権階級(多くは旧両班)からも嫌われました。

一方、身分制度を廃止された庶民からは大いに好かれたもので、これが韓国を複雑にさせています。

もうどうしようもない国ですね。 


生まれたばかりの子牛は本当に可愛い。しかし、余りのわずらわしさに、子牛はとかく嫌われる 

あるものは、生まれるとすぐ2ドルかそこらで売られていく。そういう買い主たちに牛は扱い方ひとつで15倍以上の金で売れますよと持ちかけたら大抵の人は驚く。私たちカウボーイはそういった人たちから預かった牛をはるか遠くの市場に運ぶのである。

私、ギル・フェイバーもその一人である。:ローハイド#14「死の湖」(1959/4/17)INCIDENT OF THE DOG DAYS

懐かしい「冒頭のせりふ」ですね。

「知能が低い」ためかアメリカで好かれる飼育された牛の肉ですが、ギル・フェイバーは「子牛の場合には手間がかかるので扱う人には嫌われている」と言っております 


韓国また“愚行”…日本の『反安倍デモ』を応援 連日批判報道、ネットでは「安倍を監獄に」

 「朴槿恵と同様、安倍を監獄に送れ!」「安倍を地球外に放り出せ」「麻生(太郎副総理兼財務相)と一緒に四肢バラバラの刑にしろ!」などと、信じがたい記述が並んでいる。:産経新聞  2018.4.12

なぜこうまで外国である日本に干渉して批判を繰り返すか(日本の側から言えば、なぜ韓国に嫌われるのか)ですが、たぶん

    • 韓国人の視野の狭さと、民度の低さ
    • 安倍が戦後はじめて韓国に反発した総理だった
    • そしてなによりも生来のうぬぼれ気質

に原因があり、レベルの低い韓族の手には乗らないことです。

中国共産党が、韓国の朴槿恵が弾劾され逮捕されたのを、中国人に見せたくない(自分たちへ波及することを恐れた)と感じたため、朴槿恵が限りなく中国へ接近していたのに、THAADミサイル配備を口実にして、渡韓を制限し、1年以上にわたって経済制裁を加えました。

一方この経過から韓国人もまた中国でのロッテに対する激しい排斥をみてようやく「中国人の異常さ」に気がついたのでしょう。「目くそ、鼻くそを笑うの類」と笑うなかれ、うぬぼれ同士の醜いけれども、真剣な争いなんですから。

ある日本人が、韓国の報道を見聞きして「なるほど」と思うとすれば、その日本人が日本の報道を「なるほど」と思っていると想像できます

きっとこの人は「国が違えばまったく常識が通用しない」とは夢にも思っていないのでしょうね。このように

    • 韓国では、自分たちの常識が日本でも通用すると思い
    • 日本でも、自分たちの常識が韓国でも通用すると思い

幸せな日常をおくっている人たちなんでしょう。


10人に好かれるのは偽善者

10人に嫌われるのは悪党

5人に好かれ、5人に嫌われるのが本物

:立川志らく BS朝日2018/04/07 ツイッター  


志らくが色紙に書いているらしいですね。

見込みがあるからいやなことをいうのは事実のようで、見込みがないなら誰も何も言いません。

比率は別として、反対者も賛同者もそこそこにいるというのが民主社会の多様さでしょうか。

志らくが、一色になって賛成か反対かに振れたがる非民主的な韓国を批判するのは、妥当と言えます。  


少なくとも朝鮮日報は、慰安婦像の設置で韓国が日本からどれほど嫌われているかが分かっている。また、中央日報も慰安婦像には触れてはいないが、日本の公館前への像の設置が韓国の国益に反することを承知しているのだ。:産経新聞 2017.9.23 2018.1.3 

窮地に陥り、何度も日本にすり寄ったため「今度こそ本物だろう」とだまされた日本がそれに応えたのですが、うぬぼれ体質はなくならず日本を蔑視し続けました。今回も又日本にすり寄ってきたようですが、さてまた今回も日本はだまされるのでしょうか(笑)。 


嫌われ者だった秀岳館は、いまやすっかり過去のものとなった。それを示す1つのデータが、現在の1年生の「地元比率」の高さだ。 

鍛治舎は、自信にあふれる表情を見せる。「いまは熊本の子がたくさん入ってきています。1年生41人のうち32人が九州の出身です。地元の選手がきてくれるようになったので、今後は地元密着のチームになっていくでしょう。『大きくなったら秀岳館で野球をする』と言ってくれる小学生もたくさんいますから。最初の怒号を考えればものすごい変わりようです」。:2017年08月18日

これは説明が必要でしょう。

熊本県の秀岳館(鍛治舎監督)は、地元の中学校出身者がなく、すべて大阪出身者であり、これが非難の中心だったようですが、その後、監督が岐阜商へ移ってから雰囲気が変わり、地元の中学校出身者が増えたため、「一時的に憎まれ役を演じた」とされているとのことです。:2018.01.24

ただし2018年7月には新しい監督のもと高校野球熊本県予選で、熊本工にまさかのコールド負けをしたとのこと。熊本大会3連覇を目指した秀岳館が3回戦でまけてしまったのでして、思い通りにならないものですね。:朝日新聞 2018年7月16日 

私は、2018年夏の甲子園で準優勝した秋田金足農業高校のように、地元の中学生のみを基盤にした甲子園出場がいいと思い、秀岳館に反感をもっていましたが、今複雑な思いです。青田刈りの矛盾を思い知らされているところです。 


さてさて、皆様はどう思われますか。

コメント

否定

2018年08月31日 08時57分04秒 | 生き方

昔の人の言葉が、残っています。

言葉の違い、翻訳、などによって、本人が言っていることとは違っている内容があるかも知れませんが、「大筋は抑えているはず」と信じたいものです。

今回は「否定」について。


混乱した世の中ですから

肯定ばかりしていると、いつのまにか自分の中に大きな矛盾が生じてしまいます。

尤も「矛盾」など平気の平左という人や国も見られますし、自国では「あきらかな矛盾」ですが、他国では「矛盾」ではないこともあるらしいので、そう簡単ではありません・・・・。 

しかしながら、何でも否定していると、正しいであろうことまで否定してしまい、これまた矛盾に満ち満ちてきますが・・・・・・。


ともかく重要なことを簡単に申し上げましょう。

若い詩人は、生きて働き続けているものだけを、たとえそれがどんな形においてであれ、表現するように努めなさい。反対のための反対、悪意、悪口、ただ否定することしかできないものを、ことごとく厳しくしりぞけなければなりません。ただの否定からは何も生まれてこないのですから。:P.491 ゲーテ シェイクスピア、古代人や現代人との比較 世界の名著 中央公論社 


今となっては

ゲーテが言ったのか、それともシェイクスピアが言ったのかを、確かめる術(すべ)がありませんが、それよりもここでは、残された内容に注目しましょうか。

分る人には分ると思うのですが、世の中には

  • ただ反対するだけの人
  • 反対のための反対に走る人
  • 悪意に満ちた反対をする人
  • 単なる悪口を言う人

がいるものです。何かの利益のために動いていると考えられますが、断定はできません。

これに対して著者は

生きて働き続けているものだけを表現しなさい

といっています。

ただし否定のためだけで否定したり悪意や悪口を表明するだけの人でさえも「立派」に生きて働き続けているかも知れず、こういった人さえ尊重せざるを得ない私とは、少し立場が違うかも知れません。

だけど皆様もお分かりのように、何かに悩んでいてそれを自分の言葉で表現しようとする人と、否定の言葉を覚えてたくさん発信しているだけのように見える人では、「簡単に」区別できるものです。

しかし「簡単に」とは言いましたが、若い頃にはなかなか区別できず、ある程度の経験を経ないと「簡単に」はならないのかも知れません。

しかもまれに、若くても表現できる人がいるので「区別する側としては注意深くあらねばならない」ようです。

さらに「注意深くあらねばならない」と言いましたが、「否定するだけの人の中にも注意深い人」がいるので、やっかいですね。

自分の意見と異なると言うだけで「否定」してはいけません。そんなことをしていると、まるで中国共産党員かトランプのようになってしまいます(大笑)。

皆様はこういう人たちの違いを、見極められますか(笑)。 


ホーキングは次のような曖昧な言明を行なって、批判者と支持者の双方をまごつかせている。

「存在可能な統一理論が一つだけあるとしても、それはまだ一組の規則と方程式にすぎない。この方程式に生命を吹き込み、この方程式で記述される宇宙をつくるのは何だろうか?」

ホーキングは、創造者にもつまるところなんらかの役割があるかもしれない、とここで示唆しているわけではない。この点については、彼は問題を未解決のままにしておくのを好んでいるようだ。彼は神の必要をたんに制限するだけであり、神の存在をそっくり否定することはさしひかえている。: P.194 M・ホワイト「スティーブン・ホーキング」 早川書房  


キリスト教が「全盛」であるように見える時代ですから

自分の立場と周辺を意識したホーキングとしては、神の存在を否定したくても、やむを得ずギリギリで「神の存在否定を回避した」ところでしょう。

ギリギリとは言っても、「ギリギリガールズ」とは違いますので、ご了解下さいませ(笑)。

尤も、「全盛」とは言っても、それが「正しい」ことを意味するわけではなく、たまたまその数が多いだけの事でして、時代により変わる事があるのは民主社会と同じです。 

さてさて、皆様はどう思われますか。   

コメント

日本の周辺国

2018年08月20日 21時16分54秒 | 生き方

私なりにまとめてみました。異論があることは承知の上です。

 

  • 刻々と変わる国際情勢であり
  • しかも個人によって受け取り方が違い
  • 得ている情報源も異なる上に
  • 報道されていない秘密部分が非常に多い

からです。  


アメリカとの関係を見ますと・・・・・・

米中関係

かつて「中国は貧しいから奇妙なことを言っていたのであり、豊かになれば変わってくるだろう」と思われていました。

しかしその予想はみごとにはずれ、中国は、国全体のGDPはアメリカに次ぐ2位(1米国 2中国 3日本)になりましたが、1人あたりのGDP75位とまだまだ低い状態です(8米国 25日本 75中国)。

日本のその辺をうろついている中国人たちは、富の偏在の恩恵を受けた「日本から見たら多数」の「超富裕層たち」に過ぎません。

この人たちは、ワイロを「合法的」に支払ってきた「何の罪の意識もない賤しい人たち」なんでしょうか(笑)。

つまり「世界の工場」として中国が得た富は、中国共産党の維持費国民監視弾圧費軍事費、そして一部の超富裕層にまわされただけで、多くの国民は依然として貧しいままでした。

中国人が「貧しいから、何をするか分らないため、中国共産党が弾圧していた」のではなかったようです。

これに追い打ちをかけるようにして、アメリカがトランプ大統領になり、特に最近になって巨大な「対中貿易赤字や知的財産権無視」を重視し始めました。これをなくそうとして米国が中国→米国への製品に高関税を課すと、中国は「対中貿易赤字や知的財産権無視」にはまったく触れずに米国→中国への製品にも報復関税を課すようになり、米中関係が怪しくなってきました。

米朝関係

かつて北朝鮮は論外でした。その後、北朝鮮は得意の偽装を発揮し始め、2018年の前半あたり「米朝関係は良好か」とさえ思われましたが、「やはり」北朝鮮の偽装であったことが分かり始めます。

2018年4月27日板門店で南北会談がありましたがこれについてアメリカ大統領補佐官ボルトンがこう聞いていると話しました。

文在寅「北朝鮮の非核化が早ければ早いほど日本や韓国をはじめとする数多くの国々からの投資につながる。是非1年間で非核化を達成しよう」

金正恩「はい」

これを後日に問われて韓国大統領府は、答え(られ)なかったようです。それはそうで、いまの北朝鮮べったりの韓国が「北朝鮮に不利なことを言えない」のはあたり前田のスープレックスなんです。

韓国は、一応「国連の制裁条件」を守るとしていますが、韓国がやっていることは「制裁やぶり」そのものであり、なにしろ日韓基本条約・慰安婦合意さえ実質的に「やぶっている」国であることをお忘れなく!

そんな韓国が、中国との関係が悪くなったというだけで日本に無理やり接近しつつあるとのことです。決して決して、だまされないように!

ただし米朝関係がこの半年間、この前よりは少し良くなった、と思われますが、それは「嵐の前の静け(か)さ」かも知れません。

ちなみに「静か」も「閑か」も「しずか」らしい。

日本との関係

日本と北朝鮮の関係

何も変わりません

日本と韓国の関係

韓国が「自分のことを省みることなく」、ようやく中国を「恣意的に物事を決める国」だと認識し始めたようです。遅すぎますか。

中国での情報統制にともなう反日破壊行為を知っている韓国人たちは、追加THAADミサイル配備がない限り中国から韓国への制裁がなくなったはずらしいのに、見るべきところがなくなったのか中国人観光客は戻らず、中国市場からのロッテ撤退が進んでいるようで、中国のことが1000年以上経過した今ようやく分ってきたのですかね。

日本と中国の関係

中国はアメリカとの関係があやしくなったせいか、最近(2018年07-08月ごろから)急激に日本へ接近し始めたようで「気持ち悪い」ですね。日本としては、つかず離れず、卑怯なコウモリを演じることもなく、坦々と中国と向き合うことです。いつ何時、中国共産党の都合でどう恣意的に変わるか分らないのですから(笑)。

日本とアメリカの関係

トランプになってからアメリカが日本に接近しつつあるのも奇妙なものでが、基本的には変わりがなさそうです。

中東でイランと核問題で対立し、それでなくても獰猛なロシアと政治的な対立、最近は中国とも貿易問題で対立し北朝鮮ともうまくいってないようで、アメリカにとって日本はアジアで残された唯一の友好国らしい。 

さてさて、皆様はどう思われますか。 

コメント

忖度(そんたく)

2018年08月11日 10時14分44秒 | 生き方

忖度(そんたく)

「忖」も「度」も、はかる意。他人の心中をおしはかること。推察。

広辞苑第六版 


  1. 2018/08/08昼頃に辞任したボクシング連盟元会長山根明願望を言えば、本人がそうは思っていなくても、忖度する審判や理事がいるのです。
  2. 2018/08/08夕方死去した元沖縄県知事の故翁長雄志辺野古埋立て承認撤回と言えば、忖度する県の職員らがいます。
  3. 米大統領トランプがツイッターで意見を言えば、必ず忖度する側近がいる。サンダースが大統領の「意見」「反撃」であり「命令」「妨害」でないと言っても、準命令に違いなく誰が見ても司法妨害なんです。これを争点にしないモラー特別検察官を不信の目でみる人も多いことでしょう。
  4. 韓国大統領文在寅が北朝鮮べったりの意見を言えば、忖度する行政員官・判事・議会人がいるものです。一色に染まりたがる韓族ならば、中国が10年周期で国全体が「左翼⇔右翼」に大きく振れます。

すべからく上に立つ人は

  1. 自分が組織や部下から忖度されていないか
  2. ヨイショする部下たちがいるのではないか
  3. 保身で活気を欠き組織が停滞していないか

を考える必要があり

それを理解した人だけがその場に立てるものです。その地位に甘んじたり、ぎりぎりの将来設計を描くのは最低ですね。

いわば「忖度される」のを大きく警戒する必要があるのでしょう。

残念ながら、この4人はすべて失格のようです。 

さてさて、皆様はどう思われますか。

コメント

比べ方

2018年07月31日 17時00分00秒 | 生き方

何かを比べて発言することがありますが・・・・・・

  • 全然違うもの比べてはいけない
  • 全然ちがうからこそ比べる価値がある

の意見があります。 


シェイクスピアとゲーテ。 

  • シェイクスピア(Shakespeare 1564-1616)イングランド
  • ゲーテ(Goethe 1749-1832)ドイツ 

生まれた国が違えば、そもそも時代が異なります。それでも後世の人は、その発言を比較して、何かを得ようとしています。

全然ちがうものだからこそ、時代を超えて何かを言っているはずだとして、比較する価値があるのでしょう。 


このほかに

出生率・犯罪率・再犯率・支持率・・・・・・

地域差があるし、数値を出す基準が異なるし、それぞれの国の法律も違っており、法の適用の仕方にも違いがあり、そもそも法や調査に対する姿勢の違いがありますが、それでも何らかの比較をしようとする人がいます。

よって「何らかの条件のもとに比較している」という意識さえ忘れなければ、「どんな比較にも、それなりの意味がある」と思うのです。

しかし「ある条件のもとに比較している」を意識しなければ、「全然違うものを比べてはいけない」にも若干の意義があろうかと思うのです。

「50年に1度」の豪雨、というのがあります。

異常気象の傾向からか、そんな大雨がしばしばみられますが、一般的に言って「50年に1度」が毎年どこかで起っているとするならば、明らかに間違いです。

ただし、観測地域数が増えていることを考慮に入れるならば、「ある条件のもとに比較している」を意識していることになり、あながち間違いではなさそうです。

台風の上陸に関しても言えるでしょう。

「上陸」の定義が変わってきたのかも知れませんね。

かつては「~市に上陸しました」が普通でしたが、なぜか観測技術があがったのに「~に上陸したもようです」とぼかしております。普通に考えると不思議に思ってしまいますが、これは台風の目の観測技術が上がったため、かえってぼやけてしまい確定的に言えなくなったからに違いありません。

さてさて、皆様はどう思われますか。

コメント

紛らわしい大学名

2018年07月07日 12時07分36秒 | 生き方

東京医科大学の理事長と学長の辞表が受理されたとのことです。:朝日新聞  2018年7月6日22時27分

まず紛らわしいのは

  • 東京医科歯科大学(1946- )立大学
  • 東京医科大学  (1946- )立大学
  • 東京歯科大学  (1946- )立大学  

いまでも私には、その違いが分かりません。

30年以上、私の歯には異常がないからかも知れません(笑)。

獣医学部設置問題といい、医学部口利き問題といい

ろくなことがありませんが、「金になる」とみればアリのように群がるのもまたこの世界。

法に従って厳罰を望むものであります(笑)。

大学だけではなく、各国首脳にも問題が多すぎます。

  • 安倍・・・・・・米中べったりでない次の総理がいるのか?
  • トランプ・・・・・・次のまともな大統領候補者は?
  • ・・・・・・南北統一の夢やぶれてしまい次の大統領に誰が?
  • 習近平・・・・・・中国共産党が崩壊し一層ひどい政権誕生か
  • プーチン・・・・・・一層ひどい次の大統領があらわれる危険
  • 北朝鮮・・・・・・金正恩はあの体型から「短命」かも 

さてさて、皆様はどう思われますか。

コメント

緩衝地帯の不幸

2018年07月04日 14時01分41秒 | 生き方

緩衝地帯には、必ず両国の影響があり、不穏な政情です。

旧東欧

これも、EUとロシアに挟まれた緩衝地帯と言え、かつてはロシアに支配されていましたが、今ではロシアの恐怖を体験しております。 

朝鮮半島

これもまた、中国・ロシアとアメリカの狭間にあり、緩衝地帯といえます。

イラク

これもまた、サウジアラビアとイランに挟まれた国であり、緩衝地帯と言え、政情が不穏なままです。

シリア

これまた、EUやアメリカとイラン・ロシアの挾間で政情が不安定なまま難民を多く輩出しています。 


この緩衝地帯ですが

大きな国は影響力を増そうとして隣国に武器援助をして、うまくいけばその隣国を取り込んでさらに大きくふくれあがります。

この大国の狭間にあるのが緩衝地帯。特に共産国家や独裁国家と、民主国家とのあいだには、越えられない壁があり、特に前者が緩衝地帯を欲しており、これがなくなれば亡国に結びつくとみなしています。

普通、共産国家は独裁国家でもあり、中国・ロシアがその典型なんでしょう。

人間が創り上げる社会です。

  • 統一・合同・合併を目指すほうが有利
  • 分裂し最小限の単位になるほうが有利

これを繰り返すのが、常でした。

共に不可解ですが、朝鮮半島では統一を目指し、ヨーロッパでは分裂を目指している、ように思われます。

さてさて、皆様はどう思われますか。 

コメント

不思議な日本語

2018年07月02日 13時57分05秒 | 生き方

不思議な日本語があります。普段から気にしていないと永遠に気づかないのかも知れません。

代表

「代表」は 「表」の代わり つまり「裏」

サッカーの「日本代表」などに使われていますが、「代表」が「表の代わり」、つまり「裏」とは、これいかに! 

そういえば、「代表」を決めるのに必ず出てくるのが「裏」情報。

代表監督交代劇の舞台裏、先発メンバー決定の裏など、かまびすしいですね。

裏切 

「裏切り」は 「ヤクザを切って」 俗世間 

「裏切り」とは普通「味方に背く」という意味ですが、しかし「裏」即ちヤクザを切るということは、「娑婆(しゃば:俗世間)に戻る」ことを意味するとも言えます。

つまり「裏切り」とは、ヤクザ社会の言葉なんでしょうか。

それとも、俗世間にいながらヤクザ社会と切っても切れない関係にあったのが、ヤクザ社会を切捨てて、すっかり俗世間に戻ったという意味ですか。

「ヤクザ」を「会社」「組織」「」などと置き換えて見るのも、おもしろいですね。 


浮き世舞台のあぜ道は、もあればもある。

花と咲く身に歌あれば、咲かぬ花にも唄ひとつ。

演歌の花道でなくても、何かを考えさせるものです。

今回は、表裏一体の「表」と「裏」について、書いてみました(笑)。

さてさて、皆様はどう思われますか。

コメント

「言う資格がない」

2018年05月27日 17時14分46秒 | 生き方

平気で「言う資格のないこと」を言う人がいます。尤も・・・・・・

自分を鏡で見る習慣がない人には、言っても無理?

それでも、言わなければならないつらさがお分かりでしょうか(笑)。 

今日は日曜日ですから、そんな例をあげてみましょう。←日曜とどんな関係が? 


識字率を上げよう

何も問題がなさそうですが、注意が必要です。

独裁国家で「識字率を上げる」とはどういう意味でしょうか。

それは為政者が国民の判断力にほとほとうんざりして、識字率を上げることの大切さに気づくのですが、識字率を上げると、次々と「ものごとに疑問をもつ」人が増え、「為政者たちの手法に異義」をとなえ始め、悪くすると「独裁政権が崩壊する」要因となります。

かくしてそれを恐れる独裁者は、愚民政策をとりはじめます。「民は由らしむべし、知らしむべからず」ですね。

そのとおりです。為政者としては「国家が支配しやすい方向で国民の識字率を上げるにはどうすればいいか」を考え始めるのです。


神聖にしておかすへからさる中国の領土 

    • なぜ中国固有の領土である南米大陸の近海で、アルゼンチンが中国漁船を爆破するのか、許せない。
    • なぜ中国固有の領土であるハワイをアメリカが事実上統治しているのか、許せない。
    • なぜ中国固有の領土である南沙諸島・西沙諸島あたりをが埋立てたてるのを各国が非難するのか、許せない。 

すべてこれら下線部分の前提に間違いがあり、これら前近代的発想に基づく中国人の勘違いは、為政者にとって都合のいい人間ばかりを育ててきた「ニセ教育」に原因があるのでしょう。

中国共産党が崩壊しなければならないゆえんです。

「言う資格がない」と は、中国共産党などの独裁政権への非難言葉でした。


豪の「ディンゴはヒツジにとって有害」 

ディンゴは、相当古くからオーストラリアに住むオオカミやイヌの一種。

カンガルーもまた、移植した草食動物らしい。

ヒツジは、オーストラリアへは200年ほど前にヨーロッパ人が持ち込んだもの。

ディンゴがヒツジを襲い、カンガルーがヒツジの草を食べるため、いずれも駆除されていますが、これが環境保護団体から反対されています。一方、攻撃的で陰湿なシー・シェパードなどが世界各地でテロ活動を起こしたり日本の捕鯨船を襲っております。

ヒツジのためにカンガルーを駆除して、その肉を平気で輸出しておきながら反捕鯨を唱えるのですが、それは「クジラ」は知能が高いが、「ヒツジ・ウシ・カンガルー」などは知能が低いからとみられます。

  • そんなことを言っているからアジア系やアフリカ系を低い知能とみなし差別しているのでしょうね。
  • これはキリスト教系の人間が陥りやすい危険な罠でしょうか。
  • 「世界中が中国共産党の支配下にあるべきだ」という中国人のうぬぼれに似てませんか。これが「差別」の始まりなのですが、それを指摘すると「差別だ」と叫ぶのが、「言う資格がない」ことの典型ですね。

オーストラリアの中国政策が、岐路に立っているようです。

オーストラリアはまた、「言う資格がない」点でも岐路に立っているようです。


多様性を欠くデンマーク

デンマークのラナース市(内陸にあるけれど1000年も前からの河港)議会が「保育園の給食に豚肉利用を義務化した」のに対して、デンマークへの難民たちが反対しているとのことです。どうも「ミートボール論争論(meatball war)」では多様性を欠くようですが、デンマーク全体で見ると多様性があるのかどうか、心配になってきました。

もし国策として移民を導入したのならば、法制化すべきでないのです。この混乱はイスラム教徒の移民を導入したときに予想されそうなことですが、これがもめているということは、国策決定時にはこのトラブルを想定していなかったと考えられます。

いくらキリスト教的な判断力による数値で「幸福の度合い」で上位を占めているとは言え、このような隠れた異様さがあるのです。イスラム教徒受け入れに伴うこういったトラブルが加味された上での「幸福の度合い」だったのか、疑問です。

「言う資格がない」はデンマークにも言える言葉でした。 


他人に煩わしさを与えることは、すなわち自分に煩わしさを与えること 

これは1年以上前に韓国が中国に対して言っている記事からです。

北朝鮮の暴走に備えての米製THAADミサイルの韓国内配備に対して、中国が韓国へ経済制裁するのみならず、中国のロッテなどを標的にしていることについて、中国が「他人に煩わしさを与えることは、すなわち自分に煩わしさを与えること」と言い、韓国のTHAADミサイル配備を非難したのですが、似たようなことを聞いたことがありませんか。

中国が「他人に煩わしさ→自分に煩わしさ」は、あくまでも中国が中心のうぬぼれ思考でした。

アメリカ製のTHAADミサイルを韓国に配備するのは中国をも標的にするもので許せない、と中国が言うのを、韓国が他人に煩わしさ→自分に煩わしさ」とは中国自身のことだと言っているのですね。

共に自らを鏡で映す心の余裕がない儒教に汚染されたうぬぼれ国家「中国」「北朝鮮」「韓国」らしいところがみられませんか(大笑)。 

こういうのを「言う資格がない」と表現するのでしょう。

中国はTHAADミサイル配備が中国の韓国に対する「準断交」だとし朴槿恵弾劾を喜んだため、その後大統領になった文在寅が急いで北朝鮮との統一を考え始め、中国の助言もあって北朝鮮が「北朝鮮の核廃棄」ではなく「朝鮮半島の核廃棄」を主張しているため、韓国がこれに乗じて北朝鮮にヨイショし始めたものです。「ほんとうに中国が北朝鮮の自立を喜んでいる」とみる情けない見方だと思います。

すべての最初は

  • 貧しいゆえに共産主義に走るのだろうと錯覚した国があり、中国を世界の工場に仕立て上げた
  • しかし中国が経済的に少しずつ豊かになるにつれ、その富を軍国主義に利用し始めたのが運の尽き。貧しいゆえに独裁国家になったのではなく中国共産党が諸悪の根源だったのですね。
  • 南沙諸島・西沙諸島の埋立てや海洋進出など中国共産党の軍国主義化が始まりであり、それに対抗しようとした韓国へのTHAADミサイル配備も日本の米軍配備も、そこに行きつくのでした。辺野古移転反対は、中国のこういった脅威に触れることなく、普天間は返還すべき・辺野古基地建設には反対、ということなのですね
  • 翁長もまた「中国の軍事に触れない」ままです。これは韓国が「北朝鮮の体制に触れない」まま南北会談を開いたのと似てますね。これが沖縄が韓国に似ているとする根拠の1つでした。

さてさて、皆様はどう思われますか。

コメント

同時期に起った南北問題と日大問題

2018年05月23日 19時51分49秒 | 生き方

ぜんぜん違う世界のようですが

同じ時期におこったことでもあり、奇妙に一致することがあるのが「朝鮮半島の南北問題」と「日大アメフト暴力問題」。 


利用したい

  • 韓国は、正統性があるらしい北朝鮮を南北統一の目的で利用したい
  • 日大は、イメージアップに貢献した内田を次期理事長で利用したい   

守る 

  • 韓国が、軍事的挑発に走った北朝鮮を擁護している
  • 日大が、暴力を指示したらしい内田を擁護している 

間にたつ(瀬戸際外交) 

  • 韓国が、北朝鮮と米国の間に立たざるを得ない。
  • 日大が、内田と関学の間に立たざるを得ない。

シリアでは、ロシアが政府軍を、アメリカ有志軍が反政府勢力を、それぞれ別々に支援しており、国の為政者は外国の支援を受けると代理戦争に至るという見通しをもっていなければなりません。しかし朝鮮半島でも無理なようで、ここでもアメリカと中露(朝鮮半島の場合、シリアと違って中国が入る)の代理戦争の色合いが強くなり、むしろそれを狙って為政者が権力基盤を強化しております。

瀬戸際外交の宿命で、「ひきょうなコウモリ(イソップ寓話)」のように、最初はいいのですが、立場がバレてしまうと「本心がわからない」と双方から見放され冷遇されるでしょう。

信頼と疑い 

  • 米国は、韓国と北朝鮮の関係を疑っている。
  • 関学は、内田と選手 の関係を疑っている。

米国は、同族の「韓国・北朝鮮」を疑っています。特に今の大統領文在寅は巨済市の生まれですが、親は朝鮮戦争時のいわば脱北者であり、今でも文在寅の親族が北朝鮮にいるというので、なおさらですね。

スポーツ精神にのっとり対決するだけでは勝てないと判断した内田は一線を越える指示をしてしまったようで、「責任はすべて自分が取る」としながら大学側には選手の「誤解」を伝えるなど、悪質ですね。

保身

  • 韓国は、北朝鮮と米国の板挟み

北朝鮮に向かっては北朝鮮寄りの発言を、米国に向かっては米国寄りの発言をして、自分の身を守ろうとします。

  • 内田は、大学と選手の板挟み

選手にはコーチを通じて不法命令をくだし、大学には選手が誤解したと弁明。  


朝鮮半島問題と日大暴力問題では

類似点よりも相違点のほうがたくさんあるでしょうが、このような類似点もあるということが分れば全体がよく見えてくると思います。

さてさて、皆様はどう思われますか。

コメント

ウソ・嘘

2018年05月14日 17時34分49秒 | 生き方

かつて

  • 息をするようにウソをつく
  • 息をはくようにウソをはく 

などがはやった時代もありました。

こう言って、言った本人が批判にさらされた事もありましたね。 

幼い子どもを送り出す時の言葉も、国や社会を反映しているようです。

  • だまされないように・・・・・・他人をだますのは推奨される 
  • 先生のいうことをよく聞いて・・・・・・自分自身の考えを育てない
  • 自分の考えを言うように・・・・・・協調心のない子どもが育つ 

さてうちの古代遺跡から「ウソ・嘘・うそ」を検索してみました。


しかし、自治区にも香港にも自治権や政治的自由が存在しない現状を見ればわかるように、中国政府は平気でウソをつく。 

中国はすべてを自分たちの利益のための道具としか思っていない。だから、「自治区」だの「一国二制度」だのをはじめとする「甘い言葉」をもし中国が口にしたとしても、その言葉を鵜呑みにすることは厳禁だ。鵜呑みにすれば、中国に利用されるだけである。: 石平「中国人の正体」宝島社 2011/07/01 第1刷発行 


中国人が「平気でウソをつく」ため

中国政府も当然のように「平気でウソをつく」のでしょう。これではいけないと思う人もたくさんいたはずですが、そういう人はロシアと同じように、途中で失脚するか暗殺されてしまい、要人にはなれないでしょうね。

そこで民間交流が必要になってきます。

ただし中国の民間人もまた「平気でウソをつく」ので、見極めが大切です。

日本ではだいたいみれば分るのですが、いつも「そういう意味ではない」とし「そうみなされることを平気で言ってきた」人がいます。

そんな人でも生きる権利はあるので、必要最小限度の付き合いにしておいたほうがよさそうです。

とにかく「弁舌さわやかなのが、一番あぶない」ですね(笑)。

「おれおれサギ」「振込めサギ」にだまされる人が減りません。

これを許すのが「規制緩和」とは思いませんが、逃げ道を用意しておくのが最悪で、厳罰に処さないとロシアの「ギトワ」に失礼かも・・・・・・(語頭の濁音を避ける国では「ギトワ」か)。


もう10年も前の話だ。

中国を訪問してきた韓国人旅行者の何人かと話す機会があったが、その人たちはわたしと会うやいなや「中国はどうしてこんなにサービスが滅茶苦茶なの?まったくお話にもならないよ」と言って、中国ほどサービスが悪くてマナーがなってない国は初めて見たと、散々にこき下ろしていた。・・・・

「わが大韓民国のサービスはものすごく親切なんだ。日本にも引けをとらないサービスの国だからな」ソウル・オリンピックの熱気で、先進国にドーンと仲間入りしたという韓国、わが母国である韓国を一日もはやく訪問して、その「サービス王国」の洗礼を一度受けてみたいという気持ちは、ますます募るばかりであった。

ところがわたしは、韓国よりもまず日本に行くことになった。世界の「サービス王国」に君臨する日本の、その正確で親切なサービスを最初に体験したせいだろうか、韓国に初めて行ったとき、わたしがイメージしていたものと現実とのあまりの落差に、ショックを受けないわけにはいかなかった。韓国人たちが繰り返し自慢していた「日本に引けをとらないサービスの国」という言葉は、真っ赤な嘘だった。・・・・

韓国の空港に降り立ってからというもの、うんざりすることの連続だった。商店の店員やレストランの従業員、案内嬢のブスッとした不親切きわまりない表情と態度は、中国のそれと寸分も違わないものであった。

あれっ中国に来てしまったのか!と錯覚してしまうほど、韓国のサービスはまるでなってなかった。少しましなものがあるとすれば、服装が中国よりも多少こぎれいで洗練されていたことぐらいだった。

:金文学/金明学「韓国民に告ぐ!」祥伝社文庫


中国朝鮮族出身の著者が

韓国人の自画自賛によって「準母国」の韓国に期待をもたされましたが、先に日本へ来てしまったのが不幸だったのでしょう。

日本のサービスになれたあとで韓国へ行くことがあり「あれっ中国に来てしまったのか」と錯覚したというのが著者の正直な感想で、好印象をもちました。

とにかく「疑問をもつ人」なら、間違いなく中国・韓国よりも日本のほうがはるかに住みやすいはずです。なにしろ、多様性があり、異論を許してもらえますから。

尤も世の中では「疑問をもつ人」のほうが珍しいほどですが・・・・・・(笑)。


ソ連で作品を出版出来ず、KGBとの問題もかかえていた作家がアメリカに行って、自分の思うとおりに書き、それを出版することもできるようになった。

しかしその作品を読んでみようという人は誰一人としていなかった。故国ソ連では、少なくともKGBの人だけでも、作品を読む人がいた。:ロイス・フィッシャー=ルーゲ「ソ連市民200人との対話」平凡社

金文学/金明学が、ソ連と同じように出身地の中国では、少なくとも検閲のために誰かが読んでくれたであろうけれども、日本では自由に出版できるものの、誰も読んでくれない、という検閲がないための災害がないよう祈っております。 


儒教、朱子学というのは、あくまで事大主義ですから、強いものには巻かれろ、逆に弱いものは踏んでもかまわないということです。

大人の前では、いつもきちんとしているけれども、弱いものとか子供の前では威張る。これは中国でも同じことです。

ですから日本が強くなって、中国にそして韓国に対処するようになれば、そこからはじめて対等な付き合いが始まることになるのです。

日本が弱気で下手になって対応するので、中国も韓国も逆に強く出てきて、のことでもそれを理由に自分の要求を突き付けてくるわけです。:崔基鎬(チェ・ケイホ)「韓国堕落の2000年史」祥伝社黄金文庫


おっしゃる意味はよく分ります。

私たちは中国共産党

  • 利害が一致しないはずのアメリカに対する虚勢
  • 理解し合っているようなロシアや北朝鮮に対する虚勢

なども知らねばならないのでしょう。  


韓国のタクシー(の運転手が)「在日同胞ですか?」と尋ねた。

いや中国の同胞三世で日本に留学中だと答えると、話題は日本のほうへと転じた。彼は日本に関する評論をすべく滔々(とうとう)と熱弁を振るいはじめた。

「日本人って、表向きはほんとうに優しく親切に見えるけど、実はひどいワルだね。こそこそと機嫌をとっておいてから狡賢く奪い取るんだ。世の中で一番悪い奴らがあの日本のチョッパリ(日本人の蔑称)だよ。・・・・」

日本に一度も行ったことも体験もないのに、日本人は誰もがみんな悪いと言うのだから偏見にもほどがある。我慢できずにわたしはこう言ってやった。 

「実際には、韓国で言われているほど日本人は悪くありませんよ。わたしの実体験から較べてみると、日本人はとても誠実で、嘘はつかないし着実に暮らしていますよ。むしろ韓国人の中に、不誠実で嘘つきで詐欺のような真似をするする人が多いようですよ・・・・」 

ここまで話したとき、彼はわたしの言葉を遮って大声で反論した。・・・・ 

わたしはこう答えた。

「少なくともおじさんが言うほどには、日本人は悪くないよ。韓国は日本人から見習うべきことだっていっぱいあるのに」 

わたしの言葉が終わらないうちに彼はタクシーを急停車させた。そしてカンカンになって怒り狂い、わたしに罵声をあびせるのであった。 

「聞いていると貴様はきっと親日派だな。日本がそんなにいいなら韓国にわざわざ何をしにきやがった! 俺様の車は親日派を乗せるような車じゃねェ。ととと降りやがれ!」・・・・・・ 

タクシーを降りてから他のタクシーを捕まえ、もう日本から来たなどと言わないことを決心した。・・・・ 

自分の個人的な意見や異質な言葉表現の自由が許されない韓国社会の真実を実感した一日であった。実際に資本主義、民主主義社会を志向して声高に標榜している韓国が、たかだかこれほどまでに低いレベルだったのかと、海外で暮らす同胞としてわたしは、はなはだショックであった。

:金文学/金明学「韓国民に告ぐ!」祥伝社文庫 


韓国人は一色を欲しており、異論を排除します。

この異論を排除するという姿勢が、あの対立で大混乱国をかたちづくりました。

尤も韓国人が自分の国のことを「対立が激しく大混乱の国だ」と認識できているかどうかは微妙なところです。

アメリカ人が自分の国のことを「銃乱射が多くて大混乱の国だ」と認識していない人が多いらしいのと同じで、そういう社会に生まれ育った人たちは、それが当たり前であり、大問題だと悪く思うはずがありませんね(笑)。もしそんな「立派な人」がいたとしたら、アメリカや韓国から外へ出たことがあり客観的に自分の国を見つめることができる人なんでしょう。尤も国外へ出たすべての人が理解できることではありませんが・・・・・・。

私は、韓国のことを擬似民主国家と呼んでおります。  


◎ソ連の誤報を総括する報道機関としての責任-井沢 

ソ連と他の中国、北朝鮮との大きな違いは、ソ連という国はいま崩壊したということですね。つまり、旧ソ連になってしまった。そこでソ連時代に主張していた嘘が次々に露見しているわけです。 

たとえば虐殺について、「カティンの森の大虐殺」がありました。 

これは第二次世界大戟中の1943年4月にドイツ軍によってソ連・スモレンスク郊外でポーランド軍中堅将校の大量の死体が発見された事件です。 

国際赤十字も調査した事件でしたが、これをソ連はずっと「ナチスドイツの仕業だ」と主張していたわけです。ところが、実際、ソ連が崩壊してみると、ソ連軍の仕業だということがわかってきたわけです。 

ですから今後、中国や北朝鮮でも、同様のことが予想されるということですよ。

: P.72-73 井沢 古森義久・井沢元彦・稲垣武 共著「朝日新聞の大研究」扶桑社文庫 2003年7月30日初版第1刷発行  


井沢の主張をまつまでもなく・・・・・・ 

独裁国家は「ウソで塗り固めて」何かを言うもので、ソ連も例外ではありません。

中国共産党や北朝鮮が崩壊しても、ソ連崩壊と同じようにメディアがちゃんととらえることはないだろうと指摘しており、私もそう考えています。あくまでも自分1人1人がしっかりしていなければならないのでしょう。

ソ連からの情報を疑えなかった朝日新聞などは、北朝鮮のニセ情報を見抜けなかった旧社会党同様に大きな責任があるでしょうし、せめてソ連崩壊後に直視すべきでしょう。朝日はまだロシアの声明を信じているのですか(笑)。

もし中国共産党や北朝鮮労働党が崩壊すれば、どこかのしっかりした報道機関が、それまでの中国や北朝鮮のウソを暴いてくれることでしょう。しかし私たちは、崩壊をまつまでもなく、その全貌を見つつあります。

そんな中、南北会談(2018/04/27)という学芸会があり、やがて米朝会談(2018/06/12)も開かれるとのことです。ひょっとしたら、中国や韓国の首脳も集まるのかも知れません。 


ハングルを世宗大王が作ったとき、貴族や両班が

「人民が字を読めるようになったら自分たちの特権がなくなるじゃないか」

「誰でも読める字なんかいらない」

「自分たちだけが読める漢字さえあればいい」

と猛反対した。というのが事実で、今の韓国人が主張する「ずっと昔から自分たちはハングルを使っていたのにそれを日本人が奪った!」と言っていますがです:シンシアリー 

このように、平気でウソをつくのが韓国人である、と知っておきましょう。特に相手が知らないとなると何を言い出すか分かりません。 


「日本産」レストラン、原発事故後に手の平返し 

上海や北京、広州など大都市には日本食レストランが数多く出店しているが、「産地偽装」を行っているところもある。 

中国産の食材が安全でないことは、中国人自身がよくわかっている。そこで、悪質な日本食レストランでは、食材を「日本産」ということにして高級感を出し、高い値段で料理を売りつけている。 

ところが、2011年3月11日の東日本大震災で、福島第1原発から放射性物質が漏れる事態になると、「産地偽装」をしていた日本食レストランは素早く反応した。

たとえば、それまで日本産の食材を使っているとアピールしてきた北京市の某日本食レストランが、原発事故後にはひるがえつて「実は、すべて中国産など非日本産を使っていました」と言い出したのである。 

「日本産だ」ということが商売上有利になると思えば、「日本産だ」と平気でウソをつく。しかし、福島原発事故で「日本産であること」が不利になるとわかった途端、「日本産じゃなかった。実は中国産でした」と言い出す。

:石平「中国人の正体」宝島社 2011/07/01 第1刷発行 


原発事故前には

  • その店では「日本産」だとして金儲けに走り
  • 原発事故があると「実は中国産」だったと金儲けに走ります

その人にとっては

どこの産かはどうでもよかったのであり、金儲けになるようずっとウソをつき通していただけなんであって、「実は中国産」ということさえウソかも知れません。 


偉大なうそよりささやかな正確さの方がましである。:レオナルド・ダ・ビンチ「ダビンチの手記(上)」岩波文庫 


さてさて、皆様はどう思われますか。  

コメント

条件を忘れた結論

2018年05月13日 16時22分06秒 | 生き方

何らかの結論を出す時、必ず何らかの「条件があるはず・・・・

  1. その条件コロリと忘れ結論だけを強調する
  2. その条件意図的に略し、「結論だけを強調する
  3. その条件わざと曲解し、「結論」を好き勝手な方向へ。
  4. それ以前の不可解な国々・・・・・・  

この視点は、きっと役立つはずです。

  • 「しばしば」か「そのうちに」かは分かりませんが、きっと「あのことか」と思いつくことでしょう。
  • いきさつ・経緯などとも混用・混同されますが、条件を付加せずに結論だけを強調すると、条件がなかったような宣伝効果があります。  

以下は、条件を忘れて結論だけが1人歩き始めた例です。 


ロシアの言い分 

欧米はロシアを憎んでおり、ロシアは被害者だ

これは、

    • 国家ぐるみで薬物使用隠ぺい工作があったので、ロシアを制裁した(1ヶ月先に予定されているサッカーW杯2018ロシア大会への正式ボイコットは今のところなし)
    • 国境線を恣意的に変更しウクライナ領クリミア半島を武力侵略したので、ロシアを制裁した
    • 捜査に非協力的ゆえ、毒物襲撃にロシアが関与したとされる 

という網かけ部分の条件を意図的に略し、関係のない反論をするところが、いかにも独裁国家らしいところです。

もしも自分が正しいと信じるならば、堂々と反証すればいいのですが、それをしないので、ますます「アヤシイ」と疑われたまま。 


トランプ(アメリカ)の言い分 

移民がアメリカをだめにした

移民を受け入れたために強大なアメリカが誕生できたのであり、移民を排除し始めると、アメリカの基盤を揺るがすでしょう。

「産業構造を変えなければならない」という条件を忘れて、移民が悪いという結論に走るとこのような事がおこります。

トランプは、誰が見てもわかるように「条件を恣意的に曲解」しているのですが、不思議なことに米共和党がこれを強力に支えています。

世界中は、独裁志向のトランプが、独裁国家「中国・ロシア・北朝鮮・イラン」をどう扱うか、危険な「イスラエル」をどう処理するか、不安をもって見守っております。 


北朝鮮の言い分 

拉致問題は解決済み

再調査を、拒否したり、約束したり、中断したり、拉致問題は解決済み、とするなど、例によって信頼性がありません。

少し視野が広い人ならば支離滅裂であることが分りますが、報道規制されている普通の北朝鮮人には、あやしいとは思いつつも見抜けないものなんでしょうか。

条件忘れ」以前のひどい状態は、独裁国家特有のものです。 


中国の言い分

南沙諸島の軍事拠点化は、中国の主権の問題

その「主権」などどこにも存在しないと指摘されているのですが、そういう思い込みの前提条件が無条件に正しいとする「うぬぼれ」がみられます。

中国共産党は、都合よく「国際化」を利用します。

都合のいいときには「国際化」を謳い、都合が悪ければ「国際化」など無視して周辺国を威嚇します。

独断で 朝令暮改の 法規制

弾圧つづく 暗黒の国(読み人しらず?) 


さてさて、皆様はどう思われますか。

コメント

自分をうつす鏡

2018年05月09日 14時00分39秒 | 生き方

鏡と言葉は、密接に関係しているようです。

人の意識ですが

  1. ある程度の年齢に達して、言葉で何かを考えることができるようになると、自分自身の悩みをもつようになり、母国語で解決しようとするでしょう。
  2. 同時に母国語の限界を知り、やがて言語の壁を越えて人類に普遍的な域に到達し、共通の悩みや問題点を把握、場合によってはそれを解決するかも知れません。

ただし多くの場合、人は「1.」の段階にとどまり、自分自身の幸福だけに的を絞るようになるでしょう。そんな人に限って、より資産を増やし、それに従って悩みも大きくなり、同時に本来の人の目的を忘れてしまうかも知れません。  

鏡で自分を映すというだけのことですが

  1. 鏡で初めて自分の姿を見た場合、多くの動物が鏡の中の自分を威嚇したり鏡の裏側に回ろうとしますが、これは映っている姿が自分ではないと理解しているからでしょうか。鏡の数を増やして自分の姿が2つも3つもあるのをみると、もうわけが分らなくなり、やがて飽きてきます。人間の場合、映っているのが自分であると理解するのに時間がかかるものですが、やがて動物とは違って鏡の中に自分を発見します。
  2. ひょっとして人間だけが、鏡に映る自分自身を客観的にみて普遍化し、自分と社会や国や世界との関係を考えるのかも知れません。これは視野が広い人だけの特徴なのでしょう。

ただし多くの場合、人は「1.」の段階にとどまり、視野が狭いままなのでしょう自分だけの幸せを追求し、満たされて、あるいは満たされずに、自分の生活をおくります。そこには「他人より少しはマシな人生」という目標があるかのようです。

こんな視点で

朝鮮半島や中国をみていると、なぜか笑いたくなってきますね。

客観性をもてるために、離れたところから自分を見つめる必要がありますが、そうはさせないとする国家権力があり(弾圧や報道規制)、それを管理や支配に活用します。

よって自分のことだけに関心をもつようになり、利益追求だけの人間になり、激しい対立が目立ってしまうのでしょう。 

さてさて、皆様はどう思われますか。

コメント