禅的哲学

禅的哲学は哲学であって禅ではない。禅的視座から哲学をしてみようという試みである。禅を真剣に極めんとする人には無用である。

進化論は科学ではない?

2018-11-27 12:30:14 | 雑感

有名な脳学者である養老孟子先生が「進化論は科学ではない。反証不可能だからだ。」とどこかで述べているのを知って、驚いたことがある。私にとってダーウィンの進化論は科学の神髄である。これが科学でなかったら科学というものはない、くらいに思っていたし、今でもそう思っている。養老先生は素晴らしい科学者だが、これは暴言だとしか思えない。 

しかし、「反証不可能」と言われれば、確かにすっきりしないものがある。なかなか反証の例が思いつかないのだ。もう何年も養老先生に対してスマートな反論をしてやろうと考え続けているのだが、現在のところは次のように考えている。 

反証が難しいのはあまりにも当たり前のことを主張しているからだろう。自然に適応していなければ子孫を残すことができない。子孫を残さなければその形質を引き継ぐものが無くなってしまうのは当たり前だからである。ダーウィンの言っていることは大体次のようなことだと思う。 

①親から子へは基本的に親の形質が遺伝する。 
②遺伝形質は変異することもある。 
③生存と繁殖に適さない形質は受け継がれる可能性は低くなる。 

このうち①と②は経験によって確認することができる。つまり反証可能である。③は論理であるから、反論すること自体がおかしい。 

私の子供の頃は、スピッツという犬をよく見かけた。白くて毛の長い犬種である。見かけがきれいなので、飼っている人がとても多かったのである。しかし、最近はとんと見かけることがない。スピッツは見かけは良いのだが、キャンキャンとうるさい犬であった。うるさく吠えるという形質が人間に嫌われたため、繁殖の機会が奪われてしまったのだ。 
最近は犬を連れて散歩する人が多い。それも私の子供の頃には見たこともない犬種が多い。 
これって進化論の検証にならないだろうか? 人為的な淘汰圧により、種の分岐と滅亡を発生させていると言えないだろうか?

横浜 大桟橋

コメント

シマウマは白地に黒縞か、黒地に白縞か?

2018-11-25 12:23:22 | 雑感

スティーブン・ジェイ・グールドは世界的な古生物学者でもあるが、素晴らしい科学エッセイの書き手でもある。約30年前くらいから私は彼の大ファンで、彼の著書はほとんど目を通している。私が推薦委員なら、間違いなく彼をノーベル文学賞に推薦した。全世界の子供たちに彼の著作を読んでもらいたいと願っている。

最近は哲学関係の読み物しか手にしなかったのだが、昨日久し振りに、彼の「ニワトリの歯」という本を手にした。二十年以上前に読んだその内容はほとんど記憶に残っていなかった。あらためて新鮮な気持ちで「シマウマの縞」をテーマにした部分を読んだ。

シマウマと呼ばれる種は3種あって実はウマよりロバの方に近いらしい。その3種の縞模様はそれぞれかなり違うので、それぞれの種が別個に自然適応してできたものか、それとも種が分岐するまえの祖先が獲得した形質であるのかということもかなり議論されたらしい。

かつては、シマウマの下腹部は白いので、白っぽい胴体に黒い縞模様があると考えられていた。グールド博士もそう教えられてそれを信じていたと言う。ところが実はそうではないらしい。イギリスの発生学者J.B.L.バードがすべての哺乳類の体色に関するモデルという広い観点からシマウマの縞模様を分析した結果、3種のシマウマの縞模様は同一の発生基盤をもつと結論付け、同時にその模様は黒地に白の縞であると決着づけた。文字通り白黒をつけたわけである。

この縞模様を発現させる基盤はロバや家畜ウマを含むウマ族は共通してもっている。シマウマ以外のウマ族はその発現を抑制する形質を獲得したものと考えられる。だからシマウマ以外のロバやウマを親とする子の体に縞模様が現れることもあるのである。

シマウマの縞模様は何のためかという問題はずいぶん議論されたらしい。最近は「ツェツェバエが縞模様を嫌うから」という説が有力らしいが、決定的な結論には至っていないようだ。

しかし、「何のため」という目的論的な表現は進化論には本来馴染まない。生存のための理想的な形質をもたなかったとしても、十分生き残る可能性はあるからである。馬族の祖先がツェツェバエの多い所に生まれ、そしてツェツェバエが縞模様を嫌うということであれば、縞模様をもった個体が生存に有利なことは事実である。しかし、縞模様であろうとなかろうと生存にはあまり関係なかったという可能性もあるのではないか、という考えを残しておくことも重要なのではないかと私は考える。

大雄山最乗寺 (南足柄市)

コメント

いじめについて

2018-11-18 08:50:27 | 雑感

あるSNSでいじめについて議論されていたのだが、 そのなかで「学校に自動小銃を持った警官を配置」するというような極論が出てあきれてしまった。不条理を一挙に解決したいという気持ちは分からないでもないが、力で子供たちを制圧するという発想そのものが暴力的である。いじめは決してなくならないという諦観をもつことも必要だと思う。

人は完全ではない。力があれば他者より優位に立ちたいという欲求を常に持っている。状況次第で、誰もがいじめたりいじめられたりする可能性がある。子どもの世界は一種の野生状態であるから、いじめが不健全であるとは一概にいいがたいのである。むしろいじめたりいじめられたりする経験を通して、人は社会性を身に着けるとさえ言える。問題はいじめが先鋭化・固定化しやすいということだろう。義務教育で強制的に子供たちを学校という枠の中に押し込めておくことは、本来極めて不自然なことである。いじめられて学校に行きたくないという子供には逃げ場が絶対に必要である。「学校に行かなくてもよい」という選択肢へのハードルはもっと下げられるべきだ。 

過度にいじめられた人間は、ル・サンチマンをなかなか解消することはできない。贖われることのない補償をもとめて、社会に対して厳しい規矩を押し付けようとする。それが、「学校に自動小銃を‥‥」というような意見になるのだろうと思う。暴論と言っても良いのだが、無視できないのは、このような意見が高じればポルポト的全体主義につながると考えられるからだ。人間は本来潔癖には生きられないのに、なぜか思想的には潔癖を求めてしまう動物である。中庸とはその極端性を戒める考え方でもあるのだろう。 

いじめという視点から見ると、藤子不二雄は興味深いマンガ家である。藤子不二雄F氏はおそらく幸せな子供時代を送ったのだろう。「ドラえもん」にはジャイアンとスネ夫といういじめっ子が登場するが、彼らは決して悪人としては描かれていない。登場人物はすべて「健全」な子供達であり実は仲良しでもある。やがて健全な大人としてお互いの子供時代を懐かしく語り合えるような将来が透けて見える。 
一方の藤子不二雄A氏の方は、少し子ども時代のいじめに対するル・サンチマンが感じられる。そのことについては過去に一文をものにしたことがある。(==> 「少年時代」と「長い道」 

しかし、ここで強調したいのは、二人はかなり違う境遇の元に育ちながら、マンガを通じて親友となり、立派な社会人として自立するに至ったいうことである。A氏もかつてのル・サンチマンを乗り越えて、「少年時代」という素晴らしい傑作に結実させている。 

みんな苦労して大人になる。静観してよいというわけではないが、不条理は決してなくならない。それが無常の世界であるということだろう。

コメント

小林秀雄の歴史観について

2018-10-22 04:30:43 | 雑感

【 上手に思い出す事は非常に難しい。だが、それが、過去から未来に向かつて飴のように延びた時間といふ蒼ざめた思想(僕にはそれは現代に於ける最大の妄想と思はれるが)から逃れる唯一の本当に有効なやり方のように思へる。( 無常といふ事) 】  

歴史というものを事実を年表に書き込んだものと考えるというのは確かに浅薄というものだろう。しかし小林自身がのべているように、上手に思い出す事は非常に難しいのである。「蒼ざめた思想」を拒否するということと、主観的になりすぎるということは全く別のことである。  

 小林秀雄に戦争を追随するような発言があったことはよく言われているし、そのいくつかは私も承知している。しかし、誰にとってもその時代精神を乗り越えることは易しいことではないし、自分の属する共同体に忠誠をつくすということは一概に否定しきれるものではない。戦後育ちの私が当時の彼を批判するというのはフェアーではないと思うが、中にはそのまま見過ごすという訳に行かないものもある。

【 日本の歴史が今こんな形になって皆が大変心配している。そういう時、果たして日本は正義の戦いをしているかという様な考えを抱く者は歴史について何事も知らぬ人であります。歴史を審判する歴史から離れた正義とは一体何ですか。空想の生んだ鬼であります。 (歴史と自分) 】

日本人でありながら「日本は正義の戦いをしているか」という問いをもつ、真に歴史を知るにはそのような視点をもつことはむしろ必須である。自分自身をも相対化することなしには評論だって成り立たないのではないかと思う。「~という様な考えを抱く者は歴史について何事も知らぬ人であります。」という発言は明らかに言い過ぎである。 

【 僕は、終戦間もなく、或る座談會で、僕は馬鹿だから反省なんぞしない、悧巧な奴は勝手にたんと反省すればいゝだろう、と放言した。今でも同じ放言をする用意はある。‥‥    自分の過去を正直に語る爲には、昨日も今日も掛けがへなく自分といふ一つの命が生きてゐることに就いての深い内的感覺を要する。從って、正直な經驗談の出来ぬ人には、文化の批評も不可能である。(月刊「サロン」昭和24年6月号) 】

敗戦後、手のひらを反すようなことを言い出した知識人に対する反発は理解できる。私も小林に転向して欲しいなどとは思わない。うすっぺらな偽善は小林秀雄には最も似つかわしくないものである。ただ、他人に対して「歴史が分かっていない」と大言壮語したことは反省して欲しいと思っている。戦争を支持したものとしては、日本の敗戦を自分の敗北として受け止めて欲しいのだ。「僕は馬鹿だから反省なんぞしない」と居直ったりしないで、もっと彼には敗北に打ちひしがれて欲しかった、そしてそのことには口をつぐむ。それがインテリゲンツィアとしての矜持というものではないか。小林秀雄の一ファンとして、私は切にそう願うのである。

【 僕が論理的な正確な表現を軽蔑していると見られるのは残念な事である。僕が反対して来たのは、論理を装ったセンチメンタリズム、或は進歩啓蒙の仮面を被ったロマンチストだけである。 (中野重治君へ) 】

 論理を装ったセンチメンタリズムがくだらないものであるには違いないが、非論理的なロマンチシズムもまた有害である。一部の小林ファンには、まるでカルトを信じたがるように小林の非論理的な部分に惹かれる面が無きにしも非ずである。小林秀雄はある講演の中で、大野道賢(道犬)の処刑の際のエピソードを信じていると述べているが、明らかに当時の軍国主義にあおられた精神主義と批判されても仕方がないような内容である。(=>『小林秀雄とリアリティについて』) あえて、非論理的なものを信じたがる風潮を助長するべきではないと思う。

コメント (1)

暴風と海の恋を見ましたか ( 鶴彬 )

2018-09-21 05:04:17 | 雑感

鶴彬(つるあきら) は反戦川柳作家である。国語の教科書にも日本史の教科書にも出てこないからあまり人には知られていない。私もこのつい最近までその名を知らなかった。週刊金曜日の記事を読んで、初めてそういう人がいることを知ったのである。荒れ狂う風と海を「恋」と形容した、その激しさに衝撃を受けて脳裏から離れなくなってしまった。

  万歳とあげて行った手を大陸において来た

  屍のゐないニュース映画で勇ましい

  ざん壕で読む妹を売る手紙

  修身にない孝行で淫売婦

  紡績のやまひまきちらしに帰るところにふるさとがある

  ふるさとは病と一しょに帰るとこ

  奴隷となる小鳥を残すはかない交尾である

鶴彬の故郷である加賀は浄土真宗の盛んなところである。どれだけ貧しくとも寺への寄進は欠かさない、そんな老婆がたくさんいる、信仰心の厚い土地柄である。鶴の実家も真宗の門徒であった。しかし、窮乏する人々に支えられながら、政治の矛盾に目を向けない仏教に対する鶴の視線は辛らつである。

  仏像の虚栄は人の虚栄なる

  凶作を救えぬ仏を売り残してゐる

  工賃へらされた金箔で仏像のおめかし

そう言えば、「生産性」がどうのこうのと言っていたクサレ議員に聞かせてやりたいのもある。

  タマ除けを産めよ殖やせよ勲章をやろう


  暁をいだいて闇にゐる蕾

コメント