風に乗って♪

散歩しながら自然観察をしています。おもしろそうな事は何でもやってみたくて好奇心のおもむくまま暮らしています

あれからクララ(^^♪

2020年09月26日 | 種から育てる
6月に散歩道で見つけたクララ
楽しみに観察していたら、花が散ったあとに
豆のサヤが膨らんできました。


もしかしたら、種が収獲できるかも(^^♪
そうだ!挿し木もしてみよう。
土手に降りていって、一枝もらってきました。


1ヵ月後、雨が良く降ったおかげで
1本だけですが、根が付いたみたいです。
赤ちゃみたいな小さい、新しい葉が出てきました(#^.^#)


7月の終わりには、葉っぱが大きくなってきて
少しずつ成長し始めた感じです。


またまた1ヵ月後、8月の終わりに
挿し床から掘り上げて、鉢上げすることにしました。



スコップを土に差し込むと
けっこう根が張っているようです。
根を傷つけないように、慎重に掘り起こします。


クララの和名は「眩草」(くららぐさ)といいます。
この名前の由来は、根っこを噛むと「めまいがするほど苦い」からだそうです。
実際に噛んで、本当か確かめてみたくて、クララを育てようと思ったのですが
根を乾かさないように、慌てて鉢に植え付けたので
根っこを少し採っておくのを忘れてしまいました(。・Д・)ゞ

次回の植え替えの時の楽しみにとっておきます(笑)

**
種の方はどうなったかな?
気になって散歩のときに見に行ってみたら・・・
キャーーー!!嘘でしょ・・(ll゚д゚)
土手がきれいに草刈りされていました。
クララは?クララはどこ?


キャーーー!!嘘でしょ・・\(^o^)/
土手を見てびっくりしました。
ギリギリのところで草刈り機から逃れていて
クララは無事に立っていました(笑)


奇跡みたい(笑)
豆のサヤも、更に大きく膨らんで、種がたくさん実っていました。


***
8月の終わり頃
サヤが茶色く乾いてきたので
まずは一枝、貰ってきました。


どんな種が入っているかな(^^♪


ワクワクしますね。


硬くパリパリとしたサヤを、爪の先で割って豆を取り出しました。
思ってたより小さい感じ・・・


楕円形でこれまた硬い、4mmくらいの種が
40粒ほど採れました。


栽培方法を調べていたら
この花のつぼみしか食べない、絶滅危惧種のチョウ「オオルリシジミ」の保全のために
クララの移植活動をされているサイトを見つけました。



その他のサイトも調べてみて
種を秋まきと、春にまくのとで、半分ずつに分けることにしました。
いまからまく種は、硬い殻にヤスリで少し傷をつけて
一晩水に漬けておきます。


作業中に、種があちこちに飛んでしまって
大変でした(^^ゞ
明日、種まきしてみようと思います(^-^)ゝ
芽が出ると嬉しいなぁ・・

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 大豆の種まきから、今日の晩... | トップ | おやすみなさい »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (suimaruhakase)
2020-09-26 22:08:12
そこまで色々と覚えていたのに 根っこを噛むのを忘れるfuyuさん,に、途中でつい
『忘れたんかーーーぃΣ( ̄。 ̄ノ)ノ』
と、ツッコミをいれさせて頂きました。

もーーー、最高ーーっ!!(´∀`*)

なんかこのタネ お赤飯が出来そうだわ♡
Unknown (fuyu325)
2020-09-26 22:48:48
すい丸さん、大切な日にお赤飯を炊きたくなるような
お豆さんでした(笑)

根っこを噛む!それだけのミッションを忘れるなんて!
ツッコんで貰えて、気が晴れました(笑)
脳天を突き抜けるような、今まで経験したことがない
「苦さ」でクラクラしたい・・・
予告編が大袈裟過ぎて、実際はチョイ苦だったら・・
その時はまた、ツッコんでください(^^ゞ

コメントを投稿

種から育てる」カテゴリの最新記事