どーも、eとりさん”twitte-nine-r”です

ツイてないeとりさんが140文字にとらわれず、己の境遇を
つぶやきます。ニートの生き様を目に焼き付けるがいい!

束の間の迷コンビ再結成

2007年07月29日 16時28分19秒 | 日記・エッセイ・コラム

 全国1000万のY口県ファンの皆さ~ん!(←ボヤッキー風)

 

 企業にお勤めの方は夏休みシーズンかもしれませんね。今日7/29は帰省で実家に帰ってきていた旧友がこれからO樽からフェリーに乗って内地へ戻るというので、ついでにちょっとだけ立ち寄っていただきました。彼とは高校時代に卓球部で迷コンビを結成していた仲です。ええ、本当に迷コンビでしたとも!絶対に「名」ではありませぬ。

 0729000207290001

 そんな相方からY口県みやげをいただきました。一口サイズのお饅頭でおいしかったですよ。皆さんもY口県ご訪問の際はぜひお買い求めくださいませ。 

 T塚さん&ご家族の方、道中の無事をお祈り申し上げます。わざわざ寄っていただきまして有難うございましたm(_ _)m

 

P.S. T京都のK藤さん、故郷でSガシカオとBニーPンクのライブが催されますよ。

 

---今日の「キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ !!!!!」---

久々に2日続けてお馬さんが当たりました v(^_^)v

(発表できるってことは少額ってことですよ)

 

---今日の困りごと---

コメントスパムが初訪問してきやがりました。即削除。

コメント (2)

モスバ!

2007年07月26日 10時40分44秒 | 日記・エッセイ・コラム

そろそろネタが・・・( ̄▽ ̄;;)、

 

07260001  いぇーい、やっとスタンプが4ヶたまったv(^_^ いまモスバではお買い上げ¥500ごとにスタンプを押してくれて、4ヶたまると指定されている3品のうちの1品がもらえるのです。ここY町に唯一のファーストフード店であるモスバ。スーパーの中の一角にお店を構えているが、人の入りが芳しくない。きっとアップアップの経営なのだ(と私は思い込んでいる)。ニートとはいえ潰してはならない。先日も若者向けカジュアル衣料品店がつぶれたばかり。腰周りが太くなってきたので新たにGパン(←って書き方もう古いか?)を買おうと思っても車で函館まで行かないと買えない。とにかくそんな町だから、少しでも文化の香りするものをキープせねばならないのだ!しかし金はいま稼げる状態ではない。

 

・・・つーことで最近はクリックポイント稼ぎにはまってま~す。毎日5ポイント稼いで10000ポイントにするには・・・2000日・・・で、どのサイトも相場は10000ポイントで¥1000・・・うげ~、そろそろ働くか?( ̄▽ ̄;;)

 

---今日の業務連絡---

Y口県のT塚さん、帰省の際はご一報ください。

コメント (6)

防衛最前線ひみつ潜入取材敢行

2007年07月22日 16時18分32秒 | 日記・エッセイ・コラム

 私のいるY町にはひみつ防衛基地がありまして、本日は潜入取材してまいりました。やべー、こんな写真撮ってるのがバレたら消されちゃう・・・。

07220019  

←危ない、空爆される!狙われたらおしまいだ!ヒヤヒヤするなぁ。  

 

07220083

      

         ミサイルのおしり側。いやぁ~ひみつに撮っていたからヒヤヒヤしました→

                

07220113 

←ひみつ軍事演習ですよ、いやぁ~ヒヤヒヤしました。

 

07220060  

            いや、ホントひみつなんですって、一般人に変装してるんですよっ→

 

07220030  

←マジひみつですから、子供がいるのも作戦なんですよ、作戦!

 

 

07220142_107220144   

←やばい、こっちに向かってくるぞ!バレたか!?ギャーッ!

コメント (2)

床屋情報恐るべし

2007年07月21日 17時14分41秒 | 日記・エッセイ・コラム

今日のブログは写真無しでスンマソ。

 

 先日約3ヶ月ぶりに床屋に行ってきました。田舎は都市部に比べて散髪代が高いのでケチってたんです。安い床屋が隣町にあるという情報も仕入れていたのですが、行ったら開いてなかったなどタイミングが悪いこともあり・・・。とにかく長くなってウザくなったので「しゃーねーな」と行ってきたのであります。

 

 以下、床屋さんとの会話

床「どこから来たの、仕事は?」

e「○○町(実家のあるところ)から来ました。今は無職ですね。」

床「昼間何やってるのさ?ヒマでしょ?」

e「今はヒマでプラプラしてますねぇ、秋になったらハローワークに行こうと思ってますが。」

床「Y(Y町のこと)なんて仕事ないない、M原組も今日つぶれたって新聞に出てたよ。前から危ない危ないって言われてたけどホントにつぶれた。今30人ぐらい路頭に迷ってんでねーかな?」

e「はぁ、そーなんですか。」

床「前は何やってたの?」

e「Y(大きいY市)のほうで△△を・・・」

床「今トシいくつさ?」

e「○○です。」

床「おー、そりゃ思い切ったねぇ~!」

e「・・・」

 

 散髪代のこともあるけど、Y町を始めとして田舎で髪を切りに行きたくない理由は上記のような会話をすること。田舎で見慣れない奴が髪切りに行くと、まぁ床屋さんもヒマだし、大概こんな会話になりますわなぁ・・・。しかも今から仕事が全く無いという話を聞かされると、来月に行こうとしていたハローワークへの期待感もゼロに・・・。8月からのブログ「仕事無き戦い ~ハローワーク死闘編~(仮)」を乞うご期待。

 

---今日の困りごと---

オカンが庭から蚊を引き連れて家に入ってくるので大変です。虫除けスプレーも効果ありません。

コメント (2)

ホンコン!

2007年07月18日 13時56分27秒 | 日記・エッセイ・コラム

07180001  

←今日(7/18)のお昼はホンコンやきそば!

 

 

07180002  内地在住の道民には懐かしい味でしょう。私も何年か前にキャンプで北海道に来た時に食べたきり。右の写真は東北漫遊で活躍したキャンプ用の鍋で作ったホンコンやきそば。味は・・・そもそもマルちゃんの「やきっぺ」のほうがうまいかも。でもやっぱ道民はホンコンだよ。青のり付きだしね。

  

 興味ある人はエスビーのサイトから手に入りますし、楽天等のサイトからでも手に入るようです。仙台市やO分県でも売られているようですよ。この夏仙台やO分県に行く方はゲットしてみませう。

 

 さてここで強引に「キャンプ」の話題。ビリーズブートキャンプがはやってますね。昔、私と一緒にキャンプしたことがある人なら行ったことがあるはずの「せたな町(旧瀬棚町)」。今年の夏の新作キャッチコピーはこれ。でも私はポスターの右上部分(左上の場合もあり)に書かれているローマ字のコピーのほうが好きだなぁ。がんばれ、せたな!

コメント (2)

ひとりで行っても夏ケイバ!

2007年07月16日 12時23分43秒 | ギャンブル

 もう2週間以上前になりますが、芸能人が来るっつーので函館競馬場まで行ってきやした。その芸能人とは市川由衣さん。まぁ特にファンということもないのですが、何せヒマですので・・・。

07010001  函館競馬場は私の母校からそんなに遠くはないのですが、若き日の私はビンボーだったし、勉学に燃えていたので(*´艸`)、これまで一度も来たことはありませんでした。

 ニートには大きい¥100で入場券を買っていざ出陣!

 

 上の写真のでかい壁の裏側は電光掲示板になっていて、レースに出場する馬の名前や騎手、前のレースの払い戻し結果が表示されてました。で、そのすぐそばにパドックがあって、次のレースに出るお馬さんがパカポコゆっくりと周回しておりました。

07010015  

 実物の馬を見ても、どれが速そうな馬とかって正直さっぱりわかりませんな。あと意外だったのはパドックが・・・

              ウ○コくさい!

パドックごときでニオイが気になるくらいだから、今8ch(フジテレビ系)でやってる「牛に願いを」っていうドラマのロケは大変でしょうなぁ。がんばれ、あっちゃん!

 

07010024  さて初めてレースを生で見たのですが、お馬さんはやっぱり結構速くて写真撮るのが大変。なかなかうまく撮れませんでした。スタート地点が観客席から遠く、観客席はゴール側にあるため、距離の短いレースではゴール前の一瞬しか馬が見られません。レースをよく見たかったらTVで見た方が良さそうですね(←素人?)

 

07010023  そのうち市川由衣さんのトークショーが始まったので、係員に注意されつつも撮影を敢行。このブログには電光掲示板に映っている由衣さんをご紹介しませう。これでも肖像権の侵害なんやろか?訴えられても払う金なんかねーよ!いや~、でもかわいいっつーかきれいっつーか芸能人は違うなぁ~。見に行った甲斐があったよ。

 

0701002707010029   さて拙者の結果ですが・・・、第5レースから始めたんですけど第9レースまで全滅。第10レースは8頭立てのレースで三連複(1~3位に入線する馬を順位に関係なく当てる馬券)が当たり。しかし・・・この配当がたったの¥480。馬連(2位までの馬を順位に関係なく当てる馬券)よりも安かった・・・(T_T)。

 結局、場内で食ったラーメン代も取り返えせぬまま時間の都合で競馬場を去る。ニートの分際でギャンブルをしてはいかんねぇ。さぁ~次はtotoだ!

コメント (6)

eとりさんの東北漫遊記 ~エピローグ~

2007年07月13日 13時10分01秒 | 旅行記

 約1ヶ月にわたり東北漫遊記シリーズをご閲覧いただきまして誠に有難うございました。エピローグ編ではウラ話的なことや数々のデータをご紹介したいと思います。

 

(1)eとりさんはこうやって車中泊していた!

05150005_2  右の写真は車内で寝袋をひろげた時のものです。後部座席をフラットにして食料などの荷物を積みながら走っていましたが、寝る時は荷物を前の座席に移してスペースを確保していました(カセットコンロもこのスペースで使ってました)。身長が160とちょっとしかない私ですが、対角線に寝ていてもひざを伸ばすことができず、窮屈な思いをしました。寝袋は2つ持っていて二重で使っていたのですが、北へ向かうごとに早朝の冷え込みが厳しく、春とは言え寒くて朝の3時頃には必ず目が覚めていました。起きてもやることが無いので二度寝をするわけですが、なかなか熟睡することはできず毎日だいたい6時頃には完全に起きることにしてました。

(注:写真中の米や里芋はeとりさんの実家用にとG馬県の親類から頂いたもので、これを調理して旅していたのではありません。) 

 

(2)仏ヶ浦にゃあウラがある!?

 今日(7/13)気づいたんですけど、仏ヶ浦のある佐井(さい)村の役場のHPに仏ヶ浦のライブカメラ映像がアップされているんです。eとりさんはあそこでエビゾリじゃないけど、空中浮揚の写真も撮ろうとして悪戦苦闘してました。05160060_2うまく撮れなかったんであきらめたんですけど、偶然そのときにライブ映像を見ていた人がいたかもしれないと思うと恐ろしい・・・・。

 恐ろしついでですが、熊出没地帯だそーです。

 

(3)たたりは続くよいつまでも?

 この前(7/10)マグロ一筋Tシャツの写真を撮ったときもデジカメの再生モードの調子がおかしくなり・・・。恐山のたたりはまだ続いているようです。

 

(4)データ集

総費用:¥67054+α(事前に買い込んでいた食糧の分など)

内 訳:ガソリン代¥23866(給油計5回、平均燃費※19.09km/L)

                           ※2回目の給油時から5回目の給油時までで計算。

    フェリー代¥11300(大間→函館、4~5mの車長、JAF割引適用)

    温泉入浴料¥3670(入浴計10回、うち無料1ヶ所(恐山))

    お土産代¥4608(生そば¥600、わさびビール2本¥1008、線香¥1000、Tシャツ¥2000)

    食費(ジュース含む)¥15695

                (このうちジュースのみで¥2488、ただしアルコールやマックのセットを除く)

    駐車料金¥1100(益子の陶器市、毛越寺、中尊寺)

    拝観・入館料¥4710

        (袋田の滝、石炭・化石館(2名分)、毛越寺、中尊寺、義経堂、龍泉洞、マタギ資料館、恐山)

    おさいせん¥47(毛越寺、中尊寺、義経堂、恐山)

    雑費¥2058

     (道の駅マップ、工具、電池、プラ容器、ガスボンベ、PC用品、コインロッカー代、コインランドリー代)

 

総走行距離:2839.8km+約164km(K奈川県Y市→G馬県)≒3003.8km

総給油量:187.12L

G馬県の安売りスーパーで買ったサンガリア微糖缶コーヒーを飲んだ本数:14本

前の会社の同期H氏から頂いたリポビタンDを飲んだ本数:5本

旅の途中で購入して飲んだ缶コーヒーの本数(ホット、コールド問わず):6本

旅の途中で購入して飲んだ缶ココアの本数(ホット、コールド問わず):2本

旅の途中で購入して飲んだびん牛乳の本数(コーヒー牛乳含む):3本(うちコーヒー牛乳1本)

旅の途中で購入して飲んだコーラの本数:2本

食べたレトルトパックの個数:5パック(うちカレー3パック)

食べたカップヌードルの個数:5ヶ

食べた袋ラーメンの個数:4 or 5ヶ

   (正確な数字は「?」です。食べたのは明星チャルメラみそ、マルちゃん昔ながらのみそラーメン。)

食べたコンビニおにぎりの個数:15ヶ(このうち2ヶは1パックで販売されていた)

消費したミネラルウォーターの量:6L(2L入り×3本)

飲んだお茶の量:2.5L(2L入り1本、500ml入り1本)

 

 本州を離れるついでに実行した東北漫遊ですが、出発の前に数々の激励、餞別を頂戴いたしました。厚く御礼申し上げます。

                       ありがとうございました!

さ~て、次からは何を書こうかな・・・(-_-;うーむ

                                         東北漫遊記シリーズ 

                                                   (↑7/14追記)

 

コメント (2)

eとりさんの東北漫遊記(12)

2007年07月11日 11時46分09秒 | 旅行記

さらば本州、の巻

 

 寒かったのでいつになく早起き。道の駅「わきのさわ」を後にして、名勝「仏ヶ浦」に向かう。R338も脇野沢から大間にかけてはR340に負けず劣らずの”酷道”(漫遊記(8)をご参照ください)。走っていくと駐車場の入口を示す看板が見えたのでそちらへ入っていく。しかしこの道は海沿いとは言え、海からかなり高いところにある。や~な予感・・・。

 

0516005405160055  駐車場に入ると下へ下っていく道が見えた。歩いていくと「ご自由にお使いください」と書いてある箱に杖のような棒が何本も入っている。さらに嫌な予感・・・。 0516001205160013_1

 

 案の定、行けども行けども階段・・・。うぇ~、帰りはこれ上がってこなくちゃなんねーの?こりゃ杖いるわ・・・。

 

05160026  ようやく海にたどりつくと、ごらんのような景色。なかなかのもんです。右の写真からは伝わるかどうかわかりませんが、実際に見ると本当に仏像が何体も立っているような感じがします。よくぞ「仏ヶ浦」と名づけたもんです。昔の人のネーミングのセンスはすばらしいですね。

 

05160073_2  一通り撮影し終わったあと、例の階段をヒーヒー言いながら上っていき、大汗かいたまま一路大間崎へ。いよいよ本州最北端です。着いたら結構「あれっ?」って感じ。全然岬のような感じじゃないんです。岬というと崖っぷちに灯台があって、って感じですよね。ところが全然そうじゃなくて、海っぺりに堤防築いてそこにモニュメントが置かれているという感じ。雰囲気としては堤防の有り無しで違いますが宗谷岬みたいな感じです。ゲンコツとマグロのモニュメントがありましたので、とりあえず「ジャンケンして負けた」というシチュエーションで記念撮影してみました。

05160068  ここ大間と言えば魚のマグロ、そしてアテネオリンピック柔道男子90kg級に出場した泉浩選手を応援していたお父様が着ていた「マグロ一筋」Tシャツが有名です。魚のほうには手が出ませんので、「本州最北端」の看板が掲げられているお店でTシャツをget!07100032_2

 

  「アイム・チョーノ!」的に撮ろうと思ったんですが、指圧の人みたくなっちゃったなぁ→

 

 大間崎を堪能した後、昨日(5/15)果たせなかった尻屋崎征服をしようかと思ったのですが、フェリーの時間の都合で今回は断念。大間町の温泉保養センターでフロに入ってからフェリー乗り場へ。11泊12日に渡った東北漫遊もついに終了です。

            またいつか来てやるぜ、本州!

マイルがたまったらな・・・。

 

本日のルート:R338→R279→町道(大間町)→大間崎→町道→R279→フェリー乗り場→北海道へ→実家

ルート地図(青森県内のみ):http://maps.google.com/maps/ms?ie=UTF8&hl=ja&msa=0&msid=115200585148231339126.000434cc364d1569a4cec&ll=41.342794,141.135864&spn=0.53201,0.925598&z=10&om=1

本日の費用:「本州最北端観光みやげ浜乃屋商店」マグロ一筋Tシャツ    ¥2000

        大間温泉保養センター温泉入浴料                     ¥370

        大間町内のサークルKで幕の内弁当                   ¥515

        フェリー乗り場で缶コーラ                          ¥120

        大間→函館間フェリー運賃                       ¥11300

                (↑車長5mの普通乗用車でJAF割引適用)

        北海道Y町内セルフガソリンスタンド(レギュラー41.01L)      ¥5282

        Y町内のセブンイレブンでおにぎり等                    ¥400

  合計--------------------- ---- ---¥19987

燃費:777.8km(給油時のトリップメータ表示)/41.01L=18.97km/L

本日の最終トリップメータ表示:1.4km、走行距離:154.0km

 

                                    (次回エピローグ編でこのシリーズ終了です。)

コメント (2)

eとりさんの東北漫遊記(11) ~下北半島哀情編~

2007年07月09日 12時05分27秒 | 旅行記

謎のバッテンおじさん現る、の巻

 

 恐山を後にして薬研(やげん)温泉へ向かう。無料の混浴露天風呂はキャンピングカーで来ていたご家族に先を越されていたので、やむなく有料の奥薬研温泉へ。先客はおらず広い露天風呂を独り占めしていたのも束の間、ハタチそこそこのチャラ男系兄ちゃん達が来て、中にはパンツをはいたまま平気でフロに入る輩もいる有様。早々に退散。

 

 次いで、「本州最涯の地」と称せられている尻屋崎を目指す。尻屋崎周辺では寒立馬(かんだちめ)と呼ばれるこの地方特有の馬が放牧されている。「馬と岬を見物して下北半島征服じゃ」ひたすら走って尻屋崎まであと数キロ、灯台方向への道が分岐する三叉路に来た時・・・05150066

  

 遮断機?・・・下りてるけど、どーすればいいの?(@◇@)??

 

 

 しばし車内で固まっていると何か動くものが視界に入ってきた。ふと右側を見ると、知らないおじさんが腕でバッテン印を作って必死に私に訴えている。

e「この先入れないんですか?」

バ「もう車は入れない時間なんだよ」

e「え~、せっかくここまで来たのに、時間制限があるなんて知らなかった」

バ「歩いてなら構わないけど、片道30分はかかるよ」

e「いや~、それは無理!」

05150069 突如現れたバッテンおじさんはどうもこのあたりの管理人らしい。この後カブみたいなバイクに乗って遮断機の脇から灯台方向に走り去ってしまった。う~、せっかくここまで来たのに、無念・・・。せめてもの救いはこの遮断機のすぐそばに一頭だけ寒立馬がいたこと。まぁ馬を拝めただけでも良しとするか・・・。 帰り際に遮断機に関する看板を発見。皆さんも尻屋崎を目指す際は時間制限にお気をつけください。05150068

 

 このあと、むつ市内に戻ってマックで夕食。多分ここのマックは本州最北端の店舗でしょうね。自衛隊とか原子力関係を受け入れると相当資本が投下されるようで、むつ市は結構大型の店舗が多く、活気がある感じがしました。今日はニホンザル北限の地、脇野沢で車中泊です。

 

本日のルート:R101→R339→県道26→R280→R7→R4→県道259→R4→県道9

         →R4→野辺地町内→R4→R279→県道176→R338→県道174→県道4 

         →R279→県道266→県道6→R279→R338

ルート地図:http://maps.google.com/maps/ms?ie=UTF8&hl=ja&om=1&msa=0&msid=115200585148231339126.0004347ad52874dc7fa6d&z=9

本日の費用:道の駅「もりた」ホット缶コーヒー                     ¥120

        野辺地町内のローソンでパン等                     ¥231

        道の駅「よこはま」ホタテコロッケ                     ¥100

        道の駅「よこはま」本日のパスタとドリンクバー             ¥980

                      (↑ほたてとなすのアラビアータ)        

        恐山入山券                                   ¥500

        恐山でおさいせん(2ヶ所)                          ¥20

        仏像とお経が灰に浮き出てくるお線香20本入一箱         ¥1000

        奥薬研温泉入浴料                             ¥200

        むつ市内のマックでテリヤキマックバーガーセット(クーポン)   ¥450

  合計--------------------- ---- ---¥3601

本日の最終トリップメータ表示:625.2km、走行距離:342.6km

コメント (2)

eとりさんの東北漫遊記(11) ~下北半島激闘編~

2007年07月06日 17時21分36秒 | 旅行記

恐山恐るべし、の巻

 

 道の駅「もりた」(青森県つがる市(旧森田村))にて車中泊し、山を越え、海沿いを走り下北半島へ。本日の最大の目的は恐山。途中、道の駅「よこはま」で名産であるホタテを使ったスパゲッティのランチを食す。もうすぐこの旅も終わりなので若干財布のヒモが緩みがち。ドリンクバーを付けたので、ここぞとばかりにドリンクを3~4杯飲む。ランチはおいしかったけど、その前に食べた屋台で売られていたホタテコロッケはどこにホタテが入っているのかようわからん代物で、阿藤快だったら「なんだかなぁ」。

 

 JR大湊駅でこの旅のお約束となっている撮影をした後、いよいよ恐山に向かう。恐山へと登っていく県道9号はものすごい急坂&急カーブの連続。そんな道なのに大きな車体の観光バスが結構走っている。冬も走るんだろか?(まぁ冬に観光ツアーが組まれているのかどうか知らんけど)

 

05150025  さてさて着きましたよ。駐車料金が取られない(シーズンオフだから?)のはニートにとって有り難い。拝観料(入山券)を買わなくても駐車場内に6体の仏様が我々にご対面してくださいます。

 入山券を買ったあと、いよいよ厳かな山門へ!05150030 05150028

                         な、なんか恐い・・・

 

 山門をくぐってどんどん進んでいくと本堂などの建物があるのはもちろんですが、もうとにかく鼻をつくイオウのニオイ!駐車場にいたときから既にニオってましたが中に入っていくとより一層ニオう。そしてこの荒涼とした風景。よくぞこんな場所を昔の和尚さんは見つけましたよ、よくぞ恐山と名づけたもんだよ・・・。051500400515003905150038

 

←お寺の向こう(山のふもと)にあるのは湖です。

 

 この荒涼たる土地を歩いてまわっていたら突如、ゴロゴロ、ドドーン!大きな音の雷とともに大粒の雨が激しく降ってきた!駐車場に着いた頃から雲の様子が怪しく傘を携えていたので、ずぶ濡れになることはありませんでしたが、激しい雷の音がずっと続いておりヘタすると落雷のおそれがあります。どこかに避難せねば!

 ここ恐山には境内に、参拝者が無料で入れる男女別の温泉小屋が4棟あるのです。ツアーで来ている傘を持たない客が山門や本堂で雨宿りしているのを尻目に、私はここぞとばかりに入浴です。

 

05150052 ←小屋の中はこんな感じ。イオウのニオイは当然しています。お湯は白濁。温度は適温~若干熱めという感じ。小屋内に「泉質の都合により顔は洗わないでください」という貼り紙がありましたが、気づいたのは顔を洗ったあとでした。

 

 境内散策と温泉を満喫して車に戻り、デジカメでさっき撮った写真を確かめようとした、SO、その時!再生モードで写真を見ようとするとデジカメの電源が勝手に落ちてしまったのです。何度やっても電源は落ちてしまいます。バッテリーはまだ十分に充電されています。撮影モードだと別に異状はありません・・・。

 

 た、たたり・・・!?(-_-;

 

 デジカメはその後数日間(1週間以上?)この症状が続いたあと、何故か勝手に直ってしまいました・・・、恐るべし恐山・・・(-_-;。着ていたYGシャツは北海道に帰った後2~3回洗濯してもイオウのニオイが取れませんでした。恐山恐るべし・・・(-_-;。

                                                     (次回へ続く)

   

コメント