オバサンは熱しやすく涙もろい

とてつもなくミーハー。夢見るのはお気楽生活

「里見八犬伝」

2007-06-03 14:04:34 | 映画・DVD【さ】
この映画を見たことがない・・・と言う方はそうそういないでしょうねえ。
(昨日までその「そうそう」だったワタシ・・・)



1983年公開作品

監督:深作欣二

脚本:鎌田敏夫

出演:薬師丸ひろ子、真田広之、夏木マリ、萩原流行、京本政樹、千葉真一、志保美悦子、目黒祐樹他


約百年前、里見義実が蟇田一族を滅ぼした。だがその蟇田一族の玉梓(夏木マリ)の呪いからか、義実の息女・伏姫が飼犬・八房に授けられてしまう。
伏姫は懐妊するのだが、八房を殺しにきた里見の鉄砲隊の銃弾に倒れる。
死の間際に伏姫の胎内より白気と共に、仁、義、礼、智、忠、信、孝、悌の各字を刻んだ霊玉が八方に飛散する。そして「100年ののち、この光の玉は八人の犬士となって甦り、里見の姫を奉じて玉梓に打ち勝つでしょう」という言葉を残して伏姫は息絶える。

100年後、里見家の一人娘である静姫(薬師丸ひろ子)は、恨みをはらすべ悪霊につかえてこの世に甦った玉梓によって一族を殺されてしまう。
男の身なりをし一人逃げ延びた静姫は、炭焼小屋で親兵衛(真田広之)という若者と出会う。
初めは褒美目当てに、静姫の身柄を玉梓に渡そうとした親兵衛だったが、静姫の純粋さに触れ次第に心惹かれていく。
また静姫も親兵衛の中に勇気と優しさ、そして自分と同じ孤独を感じとり、彼を愛するようになる。

やがて玉梓から命を狙われている静姫を助けるべく、忠・義・礼・孝・信・智・悌の各字を刻んだ霊玉を持った七犬士が集まってくる。
しかし言い伝えでは、八犬士のはずである。
残りの一つである「仁」の霊玉を持つものは一体どこに?
(と、もったいぶって書かなくてもおわかりでしょーね)


静姫と、姫のために命をかけて悪の妖怪軍団と戦う八犬士達の活躍を描いた冒険活劇。
というかエンターテインメント性が高い時代劇アクション?
ラブロマンスや肉親の愛憎、光の者と闇の者の複雑な関係などがうまい具合に描かれており、出演者もそうそうたる顔ぶれで見応え十分。

静姫と八犬士だけで悪の巣窟に乗り込んで、勝ち目のない人数相手に戦う姿を見ていたら、なんとなく300(スリーハンドレッド)を思い出してしまった・・・。
守るべきもののために戦う姿は美しい・・・けど悲しいものだなあ。
それとこの映画は劇団☆新感線の「髑髏城の七人」を彷彿させるね。
真田広之演じる犬江親兵衛が二本の大振りな鎌を振るうのを見ていたら「髑髏城の七人」の抜かずの兵庫の兄貴(いっそんの役)を思い出した。
手作り感いっぱいのチープなセットなんだけど、作り手のこだわりや愛情を感じられて好感がもてた。

特筆すべきは・・・やっぱり真田広之、千葉真一、志穂美悦子らJACによるハイパーなアクションシーンですね。
いやーヒロくん、若くて(当たり前)ワイルドでめっちゃかっこいーーー!きゃー!
身体の切れも抜群です!
というか切れが良すぎてアクションシーンのキャプチャを載せようと思ったら、みんなぶれぶれになっちゃうの~~!
なので可愛いヒロくんのお顔を。



これだけ見応えのあるアクションシーンをこなせる人・・・今いないんじゃないかな?
千葉真一のどっしりとした存在感が物語を引き締めていたし、志穂美の悦ちゃんが男前でとってもかっこよかった。
懐かしい成田三樹夫が見れたのも嬉しかった。


なんだかとっても楽しげな目黒祐樹。見ているこっちも楽しくなります。


つっこみどころ満載だけど、時代劇って本当に楽しい。
こういう映画を見てわくわくしている自分は、やっぱり日本人なんだな~とつくづく思うわ。
コメント (5)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« いつかスカーレット・ヨハン... | トップ | コメントをくださったみなさま »
最新の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
みたことないっす (jester)
2007-06-04 07:47:23
みたことないっす~
むかしNHKでやっていた人形劇はみてたのおぼえてるけどね。

でもdimさんのを読んでいたら、ち~~っと見たくなってきたわ♪
可愛いヒロくんのお顔も拝みたいし、レンタルor「日本映画専用チャンネル」をせっせとチェックしますわ。
そうですか~? (dim)
2007-06-05 00:39:18
jesterさん、どもども。

ワタシの友人はみんな「見たことがある」と言っていたので、未見なのはワタシくらいか~と思っていたのですが、お仲間がおったのね♪

いや~これね、とにかく真田広之がかっこいいですわ。さすがJACでんがな。
今こんなにかっこよくてこんなに動ける俳優はいないと思いますよ。
出演者も豪華ですしね~、それぞれ見せてくれますわよ。
まあ若くてぴちぴちのヒロくんの顔を拝むだけでもよろしいかと思います。
何度見たことか!! (takbout)
2007-06-05 18:24:05
ご無沙汰しております、takboutです。
え?今まで見たことなかったんですか?
自分はもう何回も見ました。
パンフレットを修学旅行の太秦映画村で購入したのを思い出します。なつかしい~!!

この頃の真田さんはめっちゃかっこいいですよね。
彼が元はアクション俳優だったなんて知ってる人は少ないかも?

今現在、あんなに華麗なアクションを見せてくれる役者さんがいないのは残念です。

志穂美の悦ちゃん~!
かむば~く!!(爆)
こちらこそご無沙汰です (dim)
2007-06-06 01:32:41
takboutさん、こんばんは。

毎日ロムっているのですが、何せtakboutさんのことろはマニアックなので・・・ミーハー女のワタシとしてはコメントを残すのはかなり難しいのですわ(汗)。でもちゃんと読ませていただいております。

真田広之かっこいいですね~~。
今はすっかり落ち着いてしまいましたが、昔は本当に「アクションスター」でしたのね、ジャッキー・チェんも真っ青。
まだまだ身体が動きそうだから、またちゃんばらで頑張って欲しいなあ。渋みもましてかっこいいと思うけどなあ。
Unknown (書き人不知)
2018-10-24 23:59:19
 「もっと、悪役を演じたかった」と松方弘樹(言わずと知れた目黒祐樹さんのお兄さん)はコメントしていたそうです。

コメントを投稿

映画・DVD【さ】」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

長渕文音 (長渕文音)
長渕文音 について、「コスモ、光明(ひかり)のなかへ」の話題
里見八犬伝 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 館山城主の一人娘の静姫(薬師丸)は、墓田 素藤(目黒)の黒装束の騎馬侍達に攻め入れられた城から逃げ出します。素藤は母の玉梓(夏木)とともに、静姫の祖父に殺されたんですが、悪霊に仕え不死身の身体をもつ妖怪となったのです。  そして静姫の生き血を悪霊に...