オバサンは熱しやすく涙もろい

とてつもなくミーハー。夢見るのはお気楽生活

普通に噛めば問題ないんじゃないの?

2008-10-24 10:23:53 | 日々のこと
色々なダイエットをしてきたdim子ですが、小腹がすいた時にお世話になっていたこんにゃくゼリー。

それが食べられないのはちょっと悲しいことです。

あれ・・・dim子だって飲み込める大きさに噛んで食べますよ。
それが喉につかえるって・・・どういう食べ方をしているのかなあ。
大きいものが飲み込めないなら、程よく噛んでから飲み込めばいいと思うんだけど、そういうのっていちいち表示しないとわからんのかしらん?

今日、Calbeeの「ジャガビー」を買ったら
「のどにつまらせないよう、少しずつ、よくかんでお召し上がりください」
と書いてありました。
こんな表示があったって、多分読む人はあまりいないでしょう。
というか・・・そんな表示載せないといけないってのが、なんか悲しいよなあ・・・。


コメント (10)

「SEX AND THE CITY」

2008-10-16 01:00:13 | 映画・DVD【さ】
実はドラマは見た事がなかったのですが
(どうもサラ・ジェシカ・パーカーのお顔が好きになれんの)、



↑こいつが出ているというので遅ればせながら観てまいりました。
老けたなあとは思ったけれど・・・悪くはなかったのよ、JASON。
でも私は「CSI:マイアミ」の時のレーサー役の方がよかったな~~~。

お話はというと・・・生き方も個性もそれぞれに違う4人が、あらゆる男性と出会い、恋をし、セックスをして、傷つけ、傷つけられていくけれど、最終的には友情に支えられ、前向きに生きていこうとする・・・という話なのだ。



いや~~~恋愛話は身につまされたわ。
見ていて自分が経験したようなことがわんさか出てきたもん。
「あー国や人種は違えど、女性の悩みや苦しみって同じなのね。みんな同じような経験しているのね」と共感を覚えました。
それに4人の友情がとってもステキ。
「だからこそ、女性が支持するんだな~~このドラマ」と納得いたしました。

自分には20年来の親友がいます。
男と別れた時も、新しい男が出来た時も、イヤな顔せず話を聞いてくれます。
勿論SEXの話もいたします(笑)。
殴り合いのケンカをしたこともあるし(というより私が一方的に殴った)、顔を見れば何を考えているのかほぼわかるし、とにかくいるのが当たり前でいないと困る(笑)大切な存在。
今回、母が亡くなった時も本当に力になってくれました。

一緒に映画を見ながら私は彼女に深く感謝しておりました。
でも帰りを急いでいた私は、ロビーでのんびりチラシなんか見ている彼女に八つ当たり(笑)←本当に感謝していたのか・・・自分?

しかし・・・ニューヨーカーってみんなあんなかっこなの???
私はキャリーのようにあんなでっけー花つけて歩きたいとは思わないけれどなあ。
コメント (16)   トラックバック (1)

ご報告

2008-10-09 15:17:07 | 日々のこと
私事でございますが、母が去る四日未明、永眠いたしました。

まあ、八十歳ですので闘病生活が四年ほどあったとはいえ、大往生と言えると思います。
闘病中は相当つらい思いをしたと思うので、本人にとっては楽になれてよかったのかも知れません。
「病院で死ぬのはイヤだ」と生前申しておりましたが、希望通り自宅で息を引き取ることができたのもよかったと思います。

長くはないことがわかっていたのですが、もう少し生きていてくれると思っておりました。
その間、少々きつくなった喪服が着れるようにとだらだらとダイエットをしていた私目でございましたが、ダイエット間に合わず・・・すっごいぴちぴちの喪服を着て葬儀にいどむこととあいなりました。
「おねえ、腹出てるよ。上着脱いだらまずいよ」という妹の言葉をうけて、暑いさなか上着で腹を隠し、汗だくになっておった私・・・。
こんなアホな私を母は笑っているに違いありません。

しかしですねー、去年は「300」のプレミアを見に行った翌日に愛犬が亡くなり、今年は「P.S.アイラブユー」の試写会の翌日に母が亡くなり・・・といった具合で「私、ジェリーと相性悪いんか?というより前世でなんかあったんか?」とマジに思ってしまった・・・・。


冗談はさておき、難病の家族がいると病人を含め一家は相当しんどい日々を送ることになります。
国からの補助も微々たるものですしねえ・・・。
でもうちの母の病気(ALS)はまだ補助が出た方なんですよね。
在宅の看護師の方々も良い方ばかりで、私のうちは恵まれていた方だと思います。
この場を借りて、お世話になった皆様にお礼を申し上げます。
どうもありがとうございました。
コメント (42)