オバサンは熱しやすく涙もろい

とてつもなくミーハー。夢見るのはお気楽生活

なんだかんだいいつつも・・・

2009-01-30 00:52:37 | 映画つれづれ、祭りとか
ひゃ~~~ブログを書くのも久しぶりです。
みなさまお元気でいらっしゃるでしょうか?

今年は本当に観たい映画だけを観る・・・なんていいつつも、今月は5本ほど鑑賞いたしました。

「ラースと、その彼女」
「252 生存者アリ」
「007 慰めの報酬」
「永遠のこどもたち」
「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」

何をおいても観たかったのが「永遠のこどもたち」。



これは今月観た中で一番好きなタイプの映画でした。
恐怖心や不安感をじわじわと煽るだけではない、愛憎や悲哀を伴うダークテイストな感がいいですね。
それと母親役のべレン・ルエダの気迫せまる演技が素晴らしいです。
これはJ・A・バヨナ監督作品なんですが、この作品をプロデュースしたギレルモ・デル・トロの「デビルズ・バックボーン」や「パンズ・ラビリンス」、それからジャウマ・バラゲロの「機械じかけの小児病棟」なんかに相通ずるものがありますね。
まあ単に自分の好みだってだけのことなんですが。
彼らは子供の頃、目に見えないあるいは空想の友達なんか本当にいたのではないかとふと思ったりしました。

「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」は・・・思ったよりよくなかったです(笑)。
ううう~~~ん・・・期待しすぎたかな。
みなさんの意見はどうだかわからないけれど、これは一作目の方が好きかも。
今回はイマジネーションを膨らましたのだろうけれど、「ブレイド」はブレイドじゃなきゃダメなんだけど、なんだかこれの主人公は別にヘルボーイじゃなくてもいいじゃんって思ってしまいました。
それにイケメンが出てこないのはやっぱり寂しい・・・(そこかい)。
エルフの王子をもっとかっこよくして欲しかったなあ・・・。

「007 慰めの報酬」は・・・ダニエル・クレイグはかっこいいなあとは思いましたが、やっぱり自分はもっちりむっちり系のロジャー・ムーアが好きなんだと思い知らされました。
身体の切れが悪かろーが、年いってよーがいいんです。
あと悪役なんですが、マチューが可愛いのが意外でした(爆)。
007でいつかノリエガに悪役やって欲しいですね。
あとレイフ・ファインズとかも結構いけると思うのですがいかがでしょ?
ジェリーとかもいいかもね!
って結局自分の好みなだけじゃん。


まあこんな調子で今年も頑張りますんで(っていうか頑張ってないじゃん、全然)今年もよろひく。
コメント (26)   トラックバック (5)

あけました!!!(とっくに)

2009-01-07 23:28:05 | 日々のこと
みなさま、あけましておめでとうございます(遅いっつーの)。

昨年はお世話になりました。
本年もよろしくお願いいたしますねー。

昨年は70本の映画を映画館で鑑賞したのですが(私にしては多い)、今年は節約もかねて、本当に見たい映画だけに絞ろうかと思っています。
結局昨年ラストに見たのは(どっちを先に観たのか忘れた・・・)「ティンカーベル」と「地球が静止する日」。
もうこの二本については何も言いたくない・・・

年明けは「ラースと、その彼女」と「252 生存者あり」(内野さんを見んがために)を観てきました。
「252 生存者あり」は映画としては大したことがなかったけれど、伊藤くんがかっこよかったな~~~♪ラストはありえね~~って感じでしたが。

今年もよい男を愛でていこうと思っています。
なにとぞご贔屓に

コメント (36)