goo

6月29日(木)のつぶやき

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

6月27日(火)のつぶやき

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

6月26日(月)のつぶやき

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

6月25日(日)のつぶやき

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

6月24日(土)のつぶやき

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

6月23日(金)のつぶやき

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

▲愛西市議会、故人の印や名前の間違いのある要望書のまま「地元要望の道路拡幅工事を可決


6月議会の議案で、本部田町からの道路拡幅工事要望の件が、一番の課題となりました。
以下、本日の中日新聞の記事です。

本部田の道路中日新聞

■賛成多数で可決!!(賛成15、反対4)

【みつこは、以下の反対理由を本会議で述べました】

 地元要望書では、交通量が多い、児童が通学に利用しているのが拡幅要望の理由となっていますが、 
1.本会議では「交通量の調査はしていない」「教育部局と共同の通学路安全調査にもあがってきていない箇所である」と答弁され、実態調査をにしないまま、補正予算にあげてきたことが明らかになりました。
2.委員会でもさまざまな質問が明らかになりました。拡幅せずして解決できる手法があることなども提案がありました。副市長も「今後道路行政を見直す」と、この事業の進め方のまずさを認められたと思います。

 市長は、「進める決断」と 「とどまる勇気」 で市の運営をしていくと宣言しています。まさにこの事業は「どどまる勇気」で再検討すべきではないでしょうか? 私としては、これだけの問題がありながら、市側から議案の訂正申し入れがなかったことは残念でなりません。

 今議会では、子どもに関する施設環境や教育環境のことを、私は重点的に取り上げました。
 子どもたちを、ああいった不十分な環境に置きながら、一方で優先順位の低い道路に5千万も6千万もかけることは、私には納得がいきません。優先して使うべきものは何ですか?と申し上げたい。
 市長は、財政が厳しくなるとおっしゃいますが、説明責任を果たせない事業を進めていたのでは、市民の協力は得られません。
 なお、毎回、子育て支援や福祉系サービスが進んでいるのに、市民に評価されていないことは、広報のまずさにあると申し上げてきました。なぜ積極的に広報しないのかの原因は、「予算内に利用者を押さえよう」とする職員の意識にあり、利用者が増えすぎると予算内で収まらないと、広報をコントロールしている実態があります。福祉タクシー事業がそうでした。子育てにおいては一時保育、病児病児預かり、最近始まった産後ケアーもそうではないでしょうか。広く広報し、利用者が増えれば補正予算を組む。そういった考えで進めねば、愛西市のサービスの良さは伝わらないと思います。
 今回、議会準備で各部署を回りながら気づいたことですので、改善を申し入れ、反対討論といたします。

■付帯決議案が提出されましたが、賛成少数で否決!!(賛成8、反対11

 可決されたが執行にあたり、以下のことを留意せよという内容で、提案されました。
 私は、議案には反対しましたが、可決されたからにはよりよい状況にもっていくべきと、付帯決議案には賛成しました。
1.地元要望での公文書の不備是正
2.通過車両の調査
3.通学路での要望だが再調査を
4.隣接の総代への了解
5.採択理由の明文化

 みつこは思いました

 地元要望や市民要望は、ほかにもたくさんあります。その中で公平に扱われたのか!
 他の事業よりもなぜ優先するのか、提案者である市は説明責任を果たさねばなりません。議員は、市が説明責任を果たしているか、市民に対して公平な判断ができているのか、、、このような視点で、議員は判断していく立場です。
 今回のこの議案は、事前調査なしで安易に予算計上されたものであり、市民に対する公平性が無視された事例です。議長が地権者に含まれているからこそ、より慎重に事業提案をすべきです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

6月22日(木)のつぶやき

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

6月21日(水)のつぶやき

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

6月20日(火)のつぶやき

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

6月19日(月)のつぶやき

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

6月18日(日)のつぶやき

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

◆建設文教委員会傍聴記:道路拡幅工事に、議員の土地。地元要望は公平に扱われたか?

 6月16日午前10時から建設文教委員会がありましたので、傍聴記録を掲載します。(一生懸命記録しましたが、議会関係者の方でお気づきの点があればご指摘願います)
 事前に、本会議でこの問題(本部田町の道路拡幅事業)は質問済みですので、ご覧下さい。(参照: ■愛西市一般会計補正予算の道路整備費に納得がいかず、質問しました。納得がいくまで調べます。

 
●委員会で市は「道路用地に議長の土地ある」と答弁しました。

質問1).「道路拡幅工事の利害関係者は退出すべきでは?委員長の考えは?」と、某委員が委員長に見解を求めました

これに対し、
 鷲野委員長:「委員の中にいれば退席だが、オブザーバーならばよい」との趣旨の発言あり。

(委員からは、当事者である議員がいると、質問もしにくいし答弁もしにくいのではないかとの発言があったが、そのまま会議は進められた)

質問2).「道路拡幅の地元要望は、他にもあるのか?」

 市答弁:「12カ所ある」

質問3).「本部田を優先した理由は?」

 市答弁:「1.道路が狭くてすれ違えない 2.南側が拡幅済みだから 3.地権者の同意があるから」。現地をみて確認した」

 委員:「どこだってやってほしいに決まっている」

質問4).「地権者の名前は?」

 市答弁:「・・・・・・・・・(議長の名前あり)5名」

質問5).「同意書に議長の名前があったから、優先して決めたのではないか?」

 市答弁:「地権者としてあっただけ。」

質問6).「裏道として通行量が多いと要望書に書かれている。現地に行ったが本当に通行量は多いのか?学童の通学に使われていると言うが何人か?」

IMG_1510kuro
IMG_1511kuro

 市答弁:「2時間半で29台。通学路として利用しているのは2名」

 質問:「通り抜けの車なのか?地元の人達の通行なのか?どちらだ?」

 市答弁:「そこまでは確認していない」

 傍聴席からのみつこの感想。

 私が行ったときは、1台も車は通りませんでしたが、今回は5分に1台の計算になります(夕方の4時過ぎと朝7時頃で、農家の方々の動きのある時間なのかな?)。これを通行量が多いというのかは?????
 また、本会議では、交通量調査をしていないと言っていましたが、いつしたのでしょうか?本会議の答弁訂正があるのでしょうか?それとも、今になって急いでやった?通学学童の2名も、兄弟(?)姉妹(?)とのことです。

質問7).「この拡幅の優先順位が高いと判断したのは誰?」

 市答弁:「地元要望からあげたので・・・。」(答弁になっていませんでした)

質問8).「承諾書の名前が間違っているし、死んだ人からの承諾までもらっている書面だ。これでいいのか?」

 副市長:「道路行政を見直していきたい」

質問9).「現議長は、1回目の要望書が出たときも議員だったのか?誰が要望書を持ってきたのか?現在の議長も一緒か?」

 市答弁:「議員だった。当時の部課長に確認したところ、総代が来たが、議員が来たかどうかについては記憶にないと言っている」

質問10.)県補助金はもらえるのか?

 市答弁:「必ずつくわけではないが、要望する」

質問11).「地権者同意があれば、道路をつくってもらえるということですね」

 市答弁:「受け付けます。現地もみます」

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

6月17日(土)のつぶやき

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

6月16日(金)のつぶやき

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 前ページ